世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
“モアイの道”
コマリです。

今日もお天気ですよ。偶に曇ってはいますが、過ごしやすい1日です。

さて昨日も同じような1日でした。そんな好いお天気の中、昨日はトレッキングに行ってきました。
昨日の歩いたコースは、その名も“モアイの道”。このモアイの道には運搬途中のモアイがたくさんあるのです。
Ara o te moai 020409- 059
※ラノララク直前です。

歩き始めたのはマウンガ プイの辺り。そこからラノララクを経由してハンガ テテンガと呼ばれるところまで歩きます。

今回の案内人はチウさん。ベテランガイドです。小さいですが、そのスタミナは底なし。この日もフライトアテンダントの仕事から帰ってきてすぐに案内をしてくれました。疲れた様子は全くなし。

Ara o te moai 020409- 099
※ラノララク、火口湖内側のモアイ。

ラノララクでは火口湖の内側を歩きます。
ここのモアイは個人的に好きですよ。みんな好い表情しています。

ラノララクを見た後、そこで小休止して出発。

Ara o te moai 020409- 142

ラノララクを出ると一気に運搬途中のモアイは増えていきます。
大きいのもあるし、いろんなタイプのモアイが倒れています。

Ara o te moai 020409- 152
※手がはっきり、綺麗に残っているモアイ。

ドンドン歩いていくと、小さな山が(下の写真)。マウンガ トアトアです。
ここに登ると、また好い景色です。但し登るのは少しきついかな。角度が急すぎる。

Ara o te moai 020409- 175
※快晴の中、歩くのはほんまに爽快ですよ。

ここまで来たら残りも僅か。あっという間に最後のモアイ。
全部で3時間半ほど。半日のトレッキングですがお勧めです。もちろん天候にも左右されますがね。
滞在に余裕のある方は是非歩いてください。
昔の人もここを歩いていたんだな、なんて思いながら歩くと楽しいですよ。
Ara o te moai 020409- 220
※歩くのは個人的にも大好きです。
今回歩いたルートはこんな感じ。島の中から歩き始めて海岸線に抜けていきます。
Ara O Te Moai-2
| 2009/04/03(Fri)18:43 |
| [参加型お楽しみ]トレッキング |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
<<MINI TAPATI │ ホーム │ 奉仕作業>>
 いろいろ凄惨な歴史なども乗り越えてきたラパヌイでしょうからね。

 昔の人と同じ道を歩みながら、その苦労や喜びの声に耳をすませてみるのもいいかもですね。

 モアイさんたちの多くが、目玉がなくて倒れたりしているのは、ひょっとして涙を流しすぎて卒倒してしまったんだりして。。。(^^;)

 今となっては、すべてはモアイさんたちのみぞ知る、なのでしょうね。
 
トモ URL #-[ 編集] │ 2009/04/05 10:51 │
モアイさんのみぞ知る
 いろいろ凄惨な歴史なども乗り越えてきたラパヌイでしょうからね。

 昔の人と同じ道を歩みながら、その苦労や喜びの声に耳をすませてみるのもいいかもですね。

 モアイさんたちの多くが、目玉がなくて倒れたりしているのは、ひょっとして涙を流しすぎて卒倒してしまったんだりして。。。(^^;)

 今となっては、すべてはモアイさんたちのみぞ知る、なのでしょうね。
 
トモ URL #-[ 編集] │ 2009/04/05 10:52 │
先日とうとう行きました。
3日間モアイ攻めでラノララクあたりで
足が笑っちゃって笑っちゃって
(普段の運動不足がたたる)
夜は出かけられずにホテルでシップはって
寝てました。
個人的にはホテルの海に落ちる夕日を眺めながらの食事もよかったです^^♪
│ カサちゃん URL #-[ 編集] │ 2009/04/05 16:37 │
天気が良くて気持ちよさそう♪
私もオロンゴまで歩いたことがありますが
とても気持ちよかったです。
歩くとまた違った景色が見れますよね^^
mayu URL #-[ 編集] │ 2009/04/05 21:48 │
>トモさん、

分からない事が多いラパヌイ。仰る通りモアイのみが知るという事でしょうか。いろんな状態のモアイを見て昔の様子を自分なりに推測するのは楽しいですね。


>カサちゃんさん、

先日ご来島されたんですね。島の観光は意外に歩きますからね。
更には道も良くないし。湿布を持ってこられたのは正解でしたね。

夕日を見ながらの食事は贅沢ですね。


>mayuさん、

mayuさんも歩かれたんですね。
オロンゴの道は歩きやすいですね。村から気軽に行けるのが良いですよね。

次回ご来島されたら、“モアイの道”などのトレッキングもお勧めです。風景も良いですが、やっぱ所々に出てくるモアイが面白いです。
│ コマリ URL #9ddgPdqs[ 編集] │ 2009/04/06 00:25 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。