世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
チリ入国時の持ち物申告
朝方はこりゃ暑くなるぞ!ってな陽気だったんですが、そんなに気温は上がらず。
昼時からは過ごし易いくらいでしたん。

雨は未だないな…


ところで最近、ラパヌイを含むチリ入国時の、特に動植物系製品の審査が厳しめ。担当の“SAG(農牧畜業を管轄するチリ政府機関)が力んどります。

若干難解な点もあるんで、ちょっと長いけど申告書の記入例を挙げとこーかと。
チリに来る時は知っといたほうが好いっすよ。


先ず、入国審査前にこんな紙が配られます↓
declaracion01.jpg
コレに必要事項を全て記入しろ、つーワケですが、やっぱりスペイン語と英語のみでの表記。
日本語は一切ありません、まぁ南米だからね…

要は、「申告するよーな事があったら教えてね」って事。
そんなにややこしい用件じゃあないんだけど、申告が漏れると罰金があったりと、ちょっと厄介…

例えば、旅費を心配するバックパッカーの小生マグロ・カパック輩が、島で飲む為に
ウーロン茶のTバッグ
と、酒のお供の
ビーフジャーキー
、それに綺麗なおねーさんが居ったらプレゼントしよーと買っといた
生花っぽいのが付いた帽子
を持ってタヒチからラパヌイへ入る場合、申告は下記のよーな具合。

(勿論要アルファベットでの記入)
Ⅰ 旅行者情報

1. 氏名
“MAGURO”… “QHAPAQ”(苗字、名前の順)、と。
2. 国籍
“JAPON”だな。
(“JAPAN”、“JAPONESA”、“JAPANESE”でも可)
3. チリ入国直前に居た所
“TAHITI”っす。
4. チリでの滞在場所
“HOTEL MOAI”に予約しとります。
(宿が決まってなかったら単に“HOTEL”みたいに記入)
5. 渡航証明書
“PASAPORTE”… 番号は“AB1234567”。
(“PASSPORT”でも可 日本人は殆どパスポート)
6. チリ入国地
“ISLA DE PASCUA”に着くぞ。
(“EASTER ISLAND”でも可)
7. 入国に利用した移動機関
LANだな、便名は“LA834”だ。

Ⅱ 税関申告

a) 荷物に中身の判らないものが入っていますか?
全部自分で積めたし、何を持っとるか知っとります。
だから“NO”。

b) 10,000米ドル、同価値の諸外国通貨、またはそれに相応する売り上げが見込める商品をお持ちですか?
いや、恥ずかしながら貧乏旅行なモンでして…
見栄を張らずに“NO”。

Ⅲ 動植物製品の申告

(マグロ注: 特にココら辺が厳しい…)
a) 動植物性の製品をお持ちですか?
お、何だか細かく書いてあるな…
ウーロン茶ビーフジャーキーは当てはまるかもなぁ。
んでタヒチで買った帽子にゃキチンと加工したんだか判らん花が付いとるぞ。
とりあえず“YES”にしとこ。


b) 72時間以内に動物と接触しましたか?
いや、独り寂しくホテルで不貞寝しとりましたわ…
“NO”。

c) お連れの18歳以下のお子様も同様ですか?
自慢じゃないけど独身のフー天っす。
子連れじゃないから“NO”。

日付を“日、月、年”の順に書いて、パスポートと同じサインを“マグロ・カパック”と。
ヤレヤレ、やっと仕上がったわぃ↓
declaracion02.jpg


空港到着時、回答した申告書をSAGの係員に提出。
Ⅲ-a)欄が“YES”なんで止められて、持っとるウーロン茶ビーフジャーキー花付きの帽子を差し出します。

ウーロン茶ビーフジャーキーはセーフ。
でも帽子に付いた花はダメっぽくて没収。折角買った小物なのにな、まぁ仕方ないか。

持っとる旨を申告書でハッキリさせてあったからお咎めなし。帽子は取り上げられたけど、コレといった面倒もなくそのまま入国。

逆にココで花付き帽子の申告漏れがあったらアウト。“ウソをついた”となって罪に問われちまいます。
SAGのオフィスへ出向いて釈明の手続きをして、審査結果通り処罰(大抵罰金 意外と高額)される破目に…


兎に角、申告があるかないかによって状況が変わるんです。
喩え「忘れちまってた」モンであれ捕まる事があるんで、判断に迷う場合は是非とも申告をお忘れなく。





こっから先は、更に詳しく知りたい人用。
SAG職員からの情報を元に我輩が意訳した案内っす。
(2008年12月5日現在)


植物性及び動物性製品を伴ってのチリ入国

植物性及び動物性製品をチリへ持ち込む際は、それら全てを申告しなければなりません。
申告がされなかった場合、所定の罰金が課されます。


申告方法:

1.- 国外からチリへの移動機関内または入国する場所にて配布される“SAGの所持品申告書 (DECLARACION JURADA)”へ、必要な情報を全て記入してください。

2.- お手持ちの植物性及び動物性の製品は全て申告対象です。

3.- (チリ入国時に、)荷物はSAG検査官の元で(手作業、目視、X線、警察犬によって)確認します。

4.- 全ての(該当する)製品について、持ち込みが可能かどうかをSAG検査官が判断します。


次に挙げる植物性及び動物性製品は、(入国時に)申告があり、且つSAG検査官から認可された後に持ち込みが可能です。

植物性の製品及び商品の持ち込みについて

チリに持ち込みが可能な物品

・炒られた穀豆 (例: コーヒー、粉末カカオ)
・冷凍製品 (例: フルーツ、野菜、豆類、穀豆、塊根作物)
・果物や野菜の果肉、搾り汁
・発酵したブドウ果汁、アルコール
・植物油、糊、小麦粉、セモリナ、砂糖
・加熱、砂糖漬け、シロップ漬け、亜硫酸処理された果物や野菜
・ジャムや缶詰となった果物や野菜
・酢漬けされた果物や野菜
・押し潰された、または砕かれた穀類 (例: コーンフレーク)
・炒って塩を塗した穀豆 (例: 摘まみピーナツ)
・乾燥粉末調味料
・お茶、マテ茶
・科学、教育目的の植物標本 (土や種は完全に除く事)
・種、加工処理されていない植物繊維、樹皮、果実及び花を含まない民芸製品、またその他の乾燥処理した植物製品
(ワシントン条約 【CITES】 にて規制されている種を含む製品は、有効な証明書を提示しなければなりません)


動物性の製品及び商品の持ち込みについて

加工品について、製品本来の容器に入っているか、密封されているか、また内容物が確認可能な表示の有無、及び適切な状態にあるかをSAG検査官が判定します。

次の状態にある物品は(SAG検査官が確認した後に)持ち込みが可能です。

肉を含む製品

・加熱され骨を除いた肉の缶詰製品
・加熱され骨を除いた肉、または同様の食用肉を含み、且つ自身で消費する食品(サンドイッチや調理済みの食事)

加工肉

・加熱済みの保存肉やソーセージ製品
・加熱済みのハム製品
・原産国の衛生に関する公式な証明を有する熟成ハム製品 (例: セラーノハム、イベリコハム、等)

乳製品

・低音殺菌済みの乳製品 (例: 牛乳、クリーム、ヨーグルト、他)
・低音殺菌牛乳を用いたチーズ製品
・熟成チーズ製品 (60日以上熟成させたもの)

加熱済みの卵

以下の動物性製品を用いた商品や民芸品

・なめし革または加工済みの革
・染色済みの羊毛
・染色された、または清潔で(鳥の)排泄物や血液が残っていない羽毛
・原産国の衛生に関する公式な証明を有する骨、馬蹄、角、羊蹄

剥製 - 美術品

・原産国の衛生に関する公式な証明を提示しなければなりません。

商品、民芸品、剥製及び美術品に、ワシントン条約 【CITES】 にて規制されている種の標本またはその一部を含む場合、有効な証明書を提示しなければなりません。

| 2008/12/05(Fri)23:24 |
| [お役立ち情報]フライト 入国 |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
<<デカ魚 │ ホーム │ 巨大クリスマスツリー>>
 この用紙の色、なんとなく覚えてますね。
 けれど何をどう書いたかまではさっぱり。。。

 僕はじつはけっこうな小心者で、税関に引っかかりそうなものは全て避けて飛行機に乗り込みます。
(^^;)
 帽子の花が駄目なのは、意外ですがやはり生態系との関わりを恐れてのことなのでしょうね。
 
│ トモ URL #iK/IvD4k[ 編集] │ 2008/12/06 09:00 │
>トモさん、

引っ掛かりそーなモンを避けるってのは懸命だと思いますよ。結果問題が少なくて済むし。

だけど可否は国によって違いますからねぇ…
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2008/12/06 17:33 │
書いたかどうか全く覚えてないなぁ・・・
何か書いた記憶はあるけど。

あと、な~んも入ってないけどスーツケース開けられた。
もちろん何もない。
何か実っぽいのが写ったとか何とか。
何がそう見えたのか不思議だったわ。そっちが知りたかった。

こういうの、ちゃんとあると安心☆
日程表のちょっと間違ってたからなぁ・・・
│ みど吉 URL #F04PubdA[ 編集] │ 2008/12/08 21:29 │
>みど吉さん、

規制はその時々で微妙に変わっとる場合もありますからねぇ…

チリの検査は比較的厳しめっす。怪しいモンは兎に角申告願います。
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2008/12/09 09:54 │
こんにちは

今度チリに旅行するのですが(今ペルーにいます)持ち込み禁止のものがたくさんあると聞いてちょっと不安になっています。
ペルーのスーパーで買ったカップめんとパスタ(乾麺)、それと自分で作ったクッキーをもって行こうと思っているんですが、それはやめたほうが良いんでしょうか。
教えてください。
宜しくお願いします。
│ りょうこ URL #USldnCAg[ 編集] │ 2009/04/05 15:22 │
>りょうこさん、
スーパーで買ったカップ麺とパスタは封が空いていなければ問題にはならないかと思います。
自分で作ったクッキーはどうでしょうね。

兎に角、ご心配な場合には“動植物性の製品をお持ちですか?”の項目をyesにする事です。
申告していれば、罰金は免れるでしょう。申告しないで、出てきた場合に罰金は生じてきますので。

また没収されると困る場合には持ち込まないのが無難です。こういうのは見る係員によっても多少の違いが出てきそうな気もしますし。
特に手作りのクッキーはそんな気がします。クッキーの内容物が何なのかによっても大きく変わってきますからね。
│ コマリ URL #9ddgPdqs[ 編集] │ 2009/04/06 00:11 │
コマリさん

アドバイスどうもありがとうございます。
チリは入国検査が厳しそうなのでどきどきです。
木製品とかもだめなんですよね。。
とりあえずクッキーはボツにしたいと思います。

イースター島での生活、色々たいへんそうですがどうぞお体に気をつけて楽しくおすごしください。
│ りょうこ URL #yjwl.vYI[ 編集] │ 2009/04/06 14:39 │
>りょうこさん、

チリは厳しいですよ。
木製品のものはダメですね。丁度先日、旅行から帰ってきた島民がチリ入国時に、木製の民芸品を没収されたと。

ご心配ありがとうございます。
身体には気をつけたいと思うのですが、なかなか難しいです…。
│ コマリ URL #9ddgPdqs[ 編集] │ 2009/04/08 08:03 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。