世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
たんぎ・て・あこ 第二夜 【おまけ編】
昨日は久し振りに纏まった雨が降って、気温もグッと下がりました。
村内の土埃はかなり落ち着いたな。外はどーなんだろか?


かなり遅れちまいましたが、先週末歌謡祭のオマケ。二夜目に比較的好く撮れた写真を公開しとこーかと。未だ引っ張る…

第二夜オープニングはおねーさん達のダンス↓
katangiteako200818.jpg
露出控えめの衣装だけど、流石に巧くて絵になるな。息もピッタリ合っとりました。
後で聞いた話じゃこのステージに向けて1ヶ月くらい練習したんだとか。

お祭男、“マヌ”のグループは3ピース↓
katangiteako200819.jpg
前夜は大所帯で賑やかな演奏だったのが、ギター、ウクレレ、ジャンベと構成し直して静かめに登場。
ラパヌイの純粋に伝統的な音楽は打楽器のみで奏でるモンだったからか、アフリカのジャンベやら南米のボンボやら、太鼓系は特に重宝されますわな。

ちょっとスタイリッシュな2人組みも↓
katangiteako200820.jpg
曲調はかなりポップス寄りにアレンジしとった、それはそれで好い感じ。
ポリネシアンな色が薄いんで、顔にペインティングを施して花柄ドレスで補強。出で立ちはマオリ+ハワイアンでバラード風に演奏ってのが独特な雰囲気。

ちょんまげ頭も↓
katangiteako200821.jpg
昔の久保田利伸をもっと思い切り好くしたツーブロック。途中でテンポアップしたり語りを入れてみたり、曲にも工夫を凝らしとりましたわ。
緊張しとんのか格好付けとんのか判らん硬い表情がウケた…

オヤジもロカビリー調で活躍↓
katangiteako200822.jpg
80年代初頭くらいまで、ラパヌイじゃあ外の音楽となると米軍が持ち込んだロカビリーが主流だったそーで、今でも根強い人気を保っとります。普段でも呑み会となりゃこんなオヤジがヒーロー。最もローカルな唄い手でしたん。


他にもダンスが数組あったんだけれども写真は全部ブレブレ、アップできません。スマン…
来年は照明にももうちょっと気を遣ってくれりゃあ有難いんだけどね。

兎に角初夏の民俗芸能祭はお開き。
これからもっと大きな祭、2月のタパティへ向けての準備期間に入ります。




んで今回の唄部門優勝者は、やっぱりこの娘↓
katangiteako200823.jpg
間違いなくズバ抜けて巧かったモンな、2夜目熱唱後はスタンディングオベーション。
因みに隣のウクレレコーラスは、女の子の兄貴っす。
| 2008/11/20(Thu)11:38 |
| [お祭騒ぎ]民俗芸能祭 2008 |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
<<夏の時期限定、朝日とモアイ │ ホーム │ たんぎ・て・あこ 第二夜 【体現編】>>
「ローカルなオヤジ・ヒーロー」の歌い手さんは、Tute Harmen Pakareteさんではないのかな?と気になってしまいました。

 もしそうでしたら、島で歌っていたのを聞いたので懐かしいですね。

 島の人たちは歌うことを心から楽しんでいて、生バンドとか見てもとても良かったでしたよ!!
│ mikako URL #6gQ6adj.[ 編集] │ 2008/11/24 11:13 │
>mikakoさん、

オヤジ・ヒーローは“ESTEBAN BALTAZAR PAKARATI”つー名前っす。仲間内じゃ“TUTI HAME PAKARATI”で通っとるから、mikakoさんの知っとる人と同じ(発音が何となく似とる)かもねぇ。

剥ぎ取ったら生活が成り立たんのじゃないか?くらい、ラパヌイにゃあ音楽が浸透しとりますよ。ダンスも唄も、彼等の一部なんでしょーな。
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2008/11/24 23:48 │
すごいなぁ!! 彼の別名もあってますね。わたしの知っているTUTIさんです。

教会から海に抜ける道のバール「KAI」で、夜になると歌っていました。電話もないお店だけれどすべてTUTIの手作りで、とても素朴な島や本土の方が集まるところでしたね。

もうかえって1年半経ちますが、彼らとイースター島のことを毎日愛してますよ♪

出来たらどうぞmikakoは元気だとお伝え下さい。

シバスパラ・チレですね。
│ mikako URL #6gQ6adj.[ 編集] │ 2008/11/25 01:16 │
>mikakoさん、

あ、やっぱそーっすか。
その通り、小ぢんまりとした飲食店を経営、唄っとったラパヌイっすよ。
残念ながら店舗は転売されちまったよーで、今じゃ別人が服屋を営んどりますが…

今度見掛けたら、「1年前に来たハポネサが愛してるとよ」と伝えときますんで。

また来れると好いっすね。
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2008/11/25 10:56 │
もう、去年の4月になりますね。
わたしがイースター島にいたのは。

その頃にはTUTIさんは米国にいた経験で、島の環境整備のお仕事を手伝いすることになるって言っていましたから。今はそういうことをしているのかもしれませんね。

帰ってからも、島で会った本土の子とかとface bookでたまに連絡を取ったりしていますよ!良いお店でした。

きっとわたしは、これからもずっとラパヌイという島が好きです。

また、わたしは来ますよ。ラパヌイに。

ありがとうございます。ほんとうに歌のままで可笑しいけれど「ずっと愛している」とお伝え下さいまし☆

ラパヌイはこれから夏ですね。

│ mikako URL #6gQ6adj.[ 編集] │ 2008/11/25 12:36 │
>mikakoさん、

そうそ、実は妙に英語が達者だし。
そーいや最近村じゃあんまり見掛けんな、村外で何かしとんのかね?

いろんな人と知り合えるのが旅の醍醐味だよね。その場となるよーなラパヌイの好い雰囲気は、いつまでも変わらんで欲しいモンです。

島はこれから夏なんだけど、何だかちょっと冷えるんだよな。風邪が流行ってきとります。
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2008/11/25 16:51 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。