世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201710« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
続報 つー程でもないけどモアイさん来日に関して追記
昨日今日の日中と素晴らしい好天に恵まれたんですが、日が暮れたら急に雨。
通り雨だったよーでその後は星空っす。明日も晴れるといーな。


さてさて前回の記事をアゲた後の2日間、仕事の合間を縫って
「誰が日本に行くのよ?」
とラパヌイ現地調査を試みました。

来日が確定してる村長さんに訊けば直ぐに解るんですが、「忙しい」と面会叶わず。
オマケに役場の輩も誰一人詳細を把握しとらん。

知事さんは当初頭数に入ってた筈なんだけど、どーやら行かないらしい。
間接的に「近々本土へは3日の予定で行くけど、その後日本へ発つ話は聞いてない。」との情報が。
んま、知事さんが行かなきゃならん理由は政治的にも皆無だし。

んで村長との同行が有力視されてた“MATATO'A:マタトア”つーミュージシャングループのウクレレ奏者“HUGO:ウーゴ”にも訊ねたところ、来日はなし。「島からは村長しか行かないんじゃないか?」と残念そうでした。

ウーゴ自身、去年日本のテレビ出演も快く承諾してくれた親日家。すんごく楽しみにしてたのにねぇ…
グループは今週末、代わりに入れた仕事として、タヒチで演奏するんだってさ。

結局島からのミュージシャンやダンサーの来日はないみたい。
モアイ以外の島の文化を披露するチャンスだったのになぁ。

他、チリ本土に在住するラパヌイについては、調べようがないので割愛。
数名は行くかも知れんですが、ラパヌイが大所帯で、とはならんでしょーね。

まぁ今回の趣旨はあくまで日本とチリの修好記念であって、島はチリの一部でしかないワケだから、仕方ないのかねぇ…


もうひとつ。
前回の記事でも最後に我輩の思うところを述べましたがね、今回来日を果たすモアイさん、“MOAI DE LA PAZ”は一体何なんでしょーか?という点。

前述通り、喩え近年つくられたとしても、ラパヌイの石でラパヌイが彫ったんだからホンモノのモアイさんである事は間違いない、と我輩は思います。

但し、現在歴史研究の対象とされるモアイさんではありません。
そーいったモアイさんは既に、周りの自然と共に“ラパヌイ国立公園”の一部として世界遺産に登録されてます。

要するに周囲の自然と纏めて保護しなけりゃならんから、これを現在の位置からちょっと故意に動かして、僅かに景観を変えるだけでも大変な問題になっちまうんですな。
建て直すってだけでも許可を得るのが難しい現状、ましてや島外に持ち出すのはほぼ不可能でしょ。

因みにモアイや祭壇他、歴史的遺物とされるものの大規模な再建、復元行為は1ヵ所の例外(AHU RIATA:アフ・リアタ)を除き世界遺産に登録される以前の話。“MOAI HOTU ITI:モアイ・ホトゥ・イティ”と呼ばれるモアイさんが日本で展示されたのも然りっす。
今とは状況が違う時代だったのよ。

だからと言って悪戯に“意味のないモアイ”と評するワケにもいかない。
“遺物かどうか”と“ホンモノかどうか”つーのは同義じゃないし、商売としての打算があったかどーかは知らんけど、つくり手が確たる思いを込めてつくったんなら、誰も「ニセモノだ!」とは罵れん筈。

例えば日本でも未だに神社仏閣、神仏像はつくられとるでしょ?でも誰もニセモノだとは思わんし言わん。
それと同じよね。

更に何かの模倣としてじゃなく、このモアイさんは完全にオリジナルとしてつくられてます。証拠にキチッとアルベルト・イカ氏作と所在も明らか。
だから“贋作”でも、“レプリカ”でもないんですな。
単に“現代のモアイ”ってだけ。

今大量生産されとる土産物モアイだって、数百年後にゃラパヌイの重要な歴史の証拠になるかも知れんよね。

歴史は過去だけじゃなくて、今も尚紡がれてます。
つまり、今までに島へ来られた方々も、今回の来日展示を観に行かれる方々も、もっと広く言えば土産物モアイさんを貰った方々も、みんなラパヌイの生き証人なんですよ。

お?珍しくキレイに纏まった。


※ コイツ等だってニセモノじゃあないんです↓
artesania04.jpg
| 2007/08/29(Wed)23:41 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
<<ラパヌイ女王2008候補者3人目 │ ホーム │ モアイさん来日迫る>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。