世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
珍客続々
やっと落ち着いてきつつある今期のハイシーズンですがね、まだまだユックリもして居れん今日この頃。

ここんとこオフィス訪問者数も伸びてきてますわぃ。「ドタバタ見てますよ」なんてウレシイ事言ってくれる旅行者も増えてきたなぁ。

今日来た中で最もオモロかったのはイタリア人とアメリカ人の女性2人組。チャキチャキのナポリ系(多分)と健康的に焼けた肌が眩しい東洋系のコンビ。

イタリアのブロンドおねーちゃんは通訳を本業としているよーで、伊語は勿論英語、西語、それに日本語まで操るツワモノ。なんと漢字も読めるらしい。
西語でのやりとりのうちにも「そーですか」とか「おもしろそーだね」なんて流暢に日本語を織り交ぜてこられたり、日本の滞在先が偶然にも我輩の地元だったり。

片やアメリカのおねーちゃんはどっからどー見てもアジアンな顔をお持ちなのに英語のみ。
「日本に電話するには何処からが一番安いの?」と訊かれたんで、恐らく日系なんだろーな、とは思うんだが。

いやぁ、いろんな人が居るもんだねぇと改めて感心しましたわ。


今週に入ってから何度も我が家へ遊びに来てるラパヌイ、“ALBERTO IKA:アルベルト・イカ”さんもオモロイ。
島のホテルの看板やらモアイやらの制作を手掛ける彫刻家。両腕にも自身で彫ったタトゥがビシッリです。

どーやら年内、多分9月辺りに来日するんだとか。
今年は日智友好110周年とゆーワケでいろいろ式典やらが予定されてるとの話。んで、以前アルベルトさんが造った3m大のモアイを彼が日本に持って行ってお披露目しよーじゃないか、とチリ政府上層部で計画中なんだか決定されたんだか、なんかそんなとこ。

そこで今のうちに少しでも多くの日本語を覚えたい、と。

生憎コッチは時間を決めて講義を開く余裕なんてマッタクない就業時間不規則系な商売に身を置いてるモンで、先方の所望する“週に3、4回の夜間授業”はおろか週に1回だって難しい状態。

でも日智友好で来日、とゆー話には興味あるな。
しかもアルベルトさん、話してみると島の伝説にも通じてるよーだし世界中の歴史やら文化、果てはテクノロジーに及ぶ迄見識が深いご様子。
聞いててオモロイんですよ、兎に角。賢人。

それでは以前何かに使えるかな?と手に入れたスペイン語圏人用日本語入門テキストのコピーを渡すから、それを読んでお互い時間のある時に呑みながらでも確認していきましょーか、と相成りまして。

今迄数え切れん程のラパヌイに「日本語教えてくれよぅ」と頼まれてきたけど、その為にウチへ何度も通ってくる人物は皆無。
アルベルトさんはその第一号、多分何事に対してもそういった姿勢だから物知りなんだろーなぁ。

ここは我輩も便乗して彼の知識を少しでも吸収してやりましょうかね。


如何せんまだハッキリとした裏を取ってない情報ですが、年内に日本でモアイさんが展示されるかも知れんですよ。
聞くところによれば東京、大阪をはじめ主要大都市幾つかと広島、長崎辺りで披露される予定だとか。
若しかしたらダンスグループ“KARI KARI:カリ-カリ”も一緒に来日して踊るかも、なんて話も。

次報を待て、ってとこですな。

※ アルベルトさん、来日に向けて勉強中す↓
alberto01.jpg
| 2007/03/23(Fri)23:55 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
<<近頃の懸念 │ ホーム │ ガイドになる為の授業>>
うそぉぉ!日本でモアイが体験(体験というのか?)出来るのぉ!!
ぬわんて素晴らしい・・・
絶対に、絶対に開催されるなら見に行こう!
楽しみ♪
│ みど吉 URL #F04PubdA[ 編集] │ 2007/03/24 05:59 │
そーいう、知的交流っていいですのー。
 おいらなんて、職場では上から一方的にマニュアル渡されて、「はい、これ覚えといてね~」てなもんですぞっ。トホホ・・・(;_;)
 
 
トモ URL #iK/IvD4k[ 編集] │ 2007/03/24 06:40 │
>みど吉さん、

どーやら持って行かれるのは近年造られたモアイさんのようです。
でもラパヌイの石でラパヌイの手によって造られたからホンモノでしょーな。

アルベルトさん曰く「輸送費が洒落にならん…」らしいす。そりゃあ3mものモアイさんっすからねぇ、V.I.P.待遇なんだろーな。


>トモさん、

仕事は多分、何処でも同じよーなモンですぞ…
兎に角今回はアルベルトさんの熱心さに打たれましたな。我輩も彼の知識で得するかも知れんし、こりゃ放っておくべきではないな、と。
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2007/03/24 09:52 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。