世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201707« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201709
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
新規作成案内板
ここんとこね、やっと
「観光整備って重要なんじゃない?若しかして…」
と島が気付いたようで、いろいろ新しいモンができてますよ。
もう既に“各観光ポイントに遊歩道を敷こう”つープロジェクトは紹介してるけど。

尤も効果のあるモンは少ない、と言わざるを得ん状況でもありまして。
“進入禁止”を指す標識なんかも折角設置したのにその後の管理が疎かだし。
更にスペイン語表記のみだったりするし。
なんかさ、詰めが甘いのよね。

兎に角観光中、

『NO SUBIR AL AHU』

なんて今にも朽ち果てそうな標識を見付けたら、

『そこから先には登っちゃ(入っちゃ)いけませんよ!』

つー事なんで、無視して進まんでください。

ただね、標識自体も見付け難かったりするんだが…


そんな中でも「これはいーんでないかい?」と思えるモンが“TONGARIKI:トンガリキ”前に突然出現しましたよ。
ポイントの案内板す。
今までなかった事が不思議なくらいなんだが、ホラ、日本でも名所の前に「前方の○○は××年前に建立され云々…」って板があったりするでしょ?それ。

「とっくに存じておりますよ」と仰る方も多いでしょうがね、島の観光ハイライトとも言えるこのトンガリキ遺跡、復元には日本の企業が携わっておりまして。
タダノさんが結構な大金を積んでじゃぱに~ず考古学者さん達も尽力してやっとこさ復元したわけですよ。
その事について簡単に触れた説明書きがされてんの。

案内板にはスペイン語、英語、それから日本語でもトンガリキ復元に関する説明が記されてますよ。
とりあえず日本語部分をそのままここでご紹介。


チリ領土イースター島に存在する巨石像モアイは、神秘につつまれた人類の文化遺産です。
アフ・トンガリキ遺跡の15体のモアイ像は、17世紀頃部族間の争いで倒されたと言われており、また1960年5月チリ地震により発生した津波は、これらのモアイ像と祭壇を押し流してしまいました。1992年10月、チリ共和国政府と日本のモアイ修復委員会の合意に基づき、チリ・日本の考古学者とイースター島民達の協力で、遺跡の発掘・修復が始まりました。
1996年、両翼を伴う祭壇・モアイ像の修復が完成しました。

                        1996年
                        チリ共和国政府
                        日本・モアイ修復委員会



捨て看板っぽい他の標識とは一線を画す仕上がり。材質的にもかなり丈夫そうだなぁ。
文章の隣には初代タダノクレーン車の雄姿が収められた当時の写真も嵌め込められてます。日本人としてはちょっとウレシイお出迎えですわぃ。

これを機に各ポイントにも同じような案内板を設置するみたいな噂を聞かなくもないが、ホントなのかねぇ。
何れにせよ後のメンテナンスが重要な事に変わりないわな。
そこんとこ、大丈夫なのか知らん?

実はね、2年ぐらい前まで同じくトンガリキの前に
“モアイ修復プロジェクト”
と仰々しく(もなかったか…)日本語で書かれた看板があったんだけど、見事に朽ち果てまして。
それで少なからず懸念を懐いておる次第。

願わくばモアイさん同様、大切にされて欲しいモンです。


※ に、しても天気悪いよなぁ…↓
tongariki01.jpg
| 2006/07/16(Sun)05:02 |
| [お役立ち情報]観光中の注意 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
<<島はお好き? │ ホーム │ チリワイン入手場所>>
随分りっぱな看板が出来上がりましたね。
立てかけている石…まさかモアイの一部ではありますまいな?しかし相変わらずお天気悪そうですねー。
│ もも URL #-[ 編集] │ 2006/07/17 05:10 │
そうなんですわ、かなり立派です。
この立派な出で立ちを維持できればいいんすけどねぇ…
因みに下の赤い石は許可された場所からキチンと新たに切り出してきたモンだそうですよ、ご心配なく。

今ね、やっと晴れ間が覗き始めましたわぃ。何日振りだろ?
これが続いてくれると我輩達も大いに助かるんですけどねぇ。
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2006/07/17 12:51 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。