世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
よ、久し振り
今日はナカナカいい天気でしたよ。
久し振りにお天道様も顔を見せたし。
でもまだジメジメ、洗濯物は乾かんなぁ…

陽気に誘われてかオフィスに珍客が現れまして。

“ESTEBAN TEAO(エステバン・テアオ)”、通称“TEBA(テバ)”さん↓
teba01.jpg

この人何度も日本に行ってんのよ、しかも親善大使として。

更に我輩の知人の友人でもあんの。前に紹介した事あるから知ってる人も居ると思うけど、葦船のオッサンね。
あ、もう1年も前か、紹介したの。

四国→伊豆諸島航海も無事成功したらしいすよ。
お次は北米西海岸を目指すとか。その後は
ラパヌイ→ニュージーランド→日本(何故か)→ハワイ→タヒチ
つー壮大というか、普通に考えたら無茶なルートを予定してるそうで。
だって葦で編んだ船でよ、この人達以前それで死に掛けてんのに…

それから博物館所有の女性のモアイ、頭の部分はこの人が発見したのよ。
頭部発見当時、その身体と思われる石はスペイン、カナリヤ諸島の博物館に収蔵されてたんだって。島民の誰かが食料品と交換しちまったらしい。
それに対しテバさん等が「頭と身体はひとつところに置いとかにゃあ可哀相だ」と猛講義。島のモンを盗むな、と。
すったもんだしてやっと返還、繋げてみたらほ~らピッタリ。
これも彼の功績らしいす。

今日はラパヌイに無事帰還した事を報告に来てくれまして。
先月から1ヶ月、ペルー、ボリビアのチチカカ湖周辺の遺跡巡りに出てたんですわ、テバさん。あっちの石像とこっちのモアイさんの関係を見出したいらしい。
んでこのあいだの火曜日に帰ってきたんだって。

クスコの知り合いから
「もうそろそろ島に着く頃だぞ~」
と聞いてたんで、我輩も丁度待ってたのよね、いつ逢えるんだろうかと。

開口一番、
「いやいや高山病にやられて酷かったわぁ」
なんて言ってたけど、今迄文献でしか知らなかったインカやプレインカの遺物を自身の目で観れたと満足気でしたよ。

久し振りに逢ったんで話に花も咲いちまって2時間ぐらい喋ってましたん。
日本の古本屋で見付けてきた30年以上前の島の写真が大量に載ってる本を引っ張り出してきたら、
「この女の子は俺の兄貴の娘、この先生は向かいの宿の奥さん…」
なんてね、ポンポン知り合いが出てきたり。
だから年配の人達と居るの好きなのよね、オモロイ事いろいろ教えてくれる。

いやぁ充実した日でしたよ。
また来て頂戴。
| 2006/05/21(Sun)02:38 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
<<お得情報 │ ホーム │ キリなく物価上昇中…>>
こんにちわー。
ブログ初心者です・・・
いろいろ回ってるうちに
ここににたどり着きました。
よろしくです☆
│ momo URL #z8Ev11P6[ 編集] │ 2006/05/21 02:13 │
こんにちはー。
そろそろこのブログも人気が出てきたのカナー?
また覗きに来てねん。
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2006/05/21 02:30 │
はじめまして、れなです。
私は親の転勤のためシカゴに住んでいる高1です。
学校で今イースター島について調べているので、よかったら民族衣装や伝統文化(音楽や踊りなど)について教えてください。
rena URL #Vbzw.gRc[ 編集] │ 2006/05/21 09:51 │
はじめまして。

シカゴですか、B.B. キングとかマディの街ですな、ブルース聴きに行ってみたいわぁ。

北米ではイースター島ブームなのかね?
兎に角島がもっと知られるようになるのはいい事だと思いますぞ。

さてさて、

民族衣装:

原材料となる所謂“布”っていうもの無かったんです。織物の文化はゼロ。

んじゃイッタイ何を着てたのか。
“MAHUTE(マフーテ)”と呼ばれる木の皮を剥いで、海水に濡らして棍棒で叩き、繊維を潰して生地を作ってたのよ。”TAPA(タパ布)”と呼ばれてます。

これでフンドシを作って身に着けてました。
男性も女性も基本はこれだけ。
木も生地も貴重な物で、極力使わんようにしてたらしいです。
因みに偉くなると、その生地で作ったマントも羽織えんの。

現在はこんな格好した人が普通に居るわけもなく、お祭りの時期やダンスショウでのみ観掛けますよ。


音楽や踊り:

残念な事に、昔から代々伝わる音楽や踊り、というのは殆ど残ってません。
19世紀後半、一度絶滅しかかってるからね、生き延びるので精一杯だったんでしょうな。

現在のダンスは30年ぐらい前かな?唄の歌詞は言い伝えられてたんで、その節に合わせてタヒチやハワイ、ニュージーランドとか、ポリネシアのいろんな島の踊りを混ぜてつくられたものだとか。

言ってみれば伝統がないんだが、2年前にそれでオセアニア1位になってんのよ、エンターテイメントとしては一流。
特にバックミュージシャンの打楽器演奏には感服致しますな、我輩も。


参考になったかな?
│ マグロ・カパック URL #TPVSc45U[ 編集] │ 2006/05/22 01:56 │











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。