世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201703« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201705
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
新車到着
スタートが出遅れた4月の日記です。

すんません。暫く天気が良かったんで庭の手入れだとか晴れぢゃないとできん事に従事してましたんで…

んでね、見付けましたよ、クレーン車。
このブログでも過去に何度か触れましたがね、日本のクレーンメーカー“TADANO(タダノ)”が新しいのを送ってきてくれたんですわ。

タダノのクレーン車といえばトンガリキの復元に利用された事で有名なんだが、前代、1992年に持ってきたのも島に寄贈されまして。
1998年の“AHU RIATA(アフ・リアタ)”復元までは動いてたらしいのよ、当時のチリの新聞に載ってるのを確認したから間違いない筈。

それと同じぐらいの時期に、アナケナで波を被ったんだか海に落ちたんだかしたみたいで。
その後洗いもせずに放って置いたもんだからさ、当然錆びて動かなくなっちまってます。

島から「なんとかして頂戴」の打診を受けて去年の5月辺りにタダノの技師サン等が来たんだけど、修理不可能と判断されましたん。

それで今回の新クレーン車寄贈に至ったようですがね、しかしタダノさん、気前いいよなぁ。

今回送られてきたのは“60t吊りラフテレーンクレーン(GR-600XL)”。前回のよりも大きくて、特別な防錆塗装が施されてるそうな。去年の11月に日本から出航しとります。時価約6000万円。

水揚げも大変。大きな港がないからチリ海軍の上陸用艦艇ってビーチから戦車を降ろす為の特殊な船を使ってアナケナから上陸させなきゃなんなくて。

3週間程前にもう島の沖に到着してたんだけどね、海が荒れたりだとかいろいろあって実際に船から降りたのは1週間ぐらい待ってからでしたん。
しかも早朝に作業が行われたらしいんで、残念ながら観に行けませんでしたよ…

先週辺りに島のガソリンスタンドで給油してんのをチラッと見掛けたんだけどそれから何処行ってたんだか隠れちまいまして、あんなにデカイのが。

んで一昨日やっと見付けてカメラに収められましたよ。

いやぁ綺麗綺麗。折角上等な機材貰ったんだから今度は丁寧に扱って欲しいもんだねぇ。


※ これダメにしたらもうきっと貰えんぞぉ↓
tadano02.jpg
| 2006/04/04(Tue)20:20 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
<<ラパジル折衷料理 │ ホーム │ デンキヲタイセツニネ>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。