世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
ハポン滞在記 その7 -天理のモアイさん-
なんかねぇ、一昨日辺りから虫歯が痛み出して辛いですよ。
しっかり磨いてたんだけどね、逆にセメントみたいな蓋が外れちまったようで。

日本に居た頃はさ、全然気を付けたりしてなかったんだけど、歯医者もビックリ!な歯並びバツグン児だったのに、食生活が変わったからかな?南米入りして直ぐに4本ダメになって治療したの、クスコの市場の上にある草臥れた歯医者で(←自殺行為)。最悪の治療されて今に至るワケよ。

やっぱり島の歯医者もいい噂聞かんので行きたくないし、どうしようねぇ、ホント困ってますわぃ。
ハイシーズンだし。


まぁね、パソコンはとりあえずたたけるんで、日本記でも片付けちまいましょか、とっとと。

日南のモアイさんに別れを告げて大阪伊丹に颯爽と降り立った我輩、時間がないんでイソイソと新大阪に向かって京都まで出て一緒に旅してた人とは別のお友達と合流しまして。
とりあえずそのお友達が住んでる琵琶湖畔まで行って焼き鳥屋で再会の祝杯。会うのは2年振り。更にお泊りさせて貰いまして。
アリガトサンでした。ホント助かりましたよ。

翌日はお昼頃京都駅まで送って貰ってそこから近鉄で奈良へ。
ここでもまたお友達ん家に泊まらせて貰いました。コチラは1年振りかな?去年島で会ったのよ。感謝感謝。

んで次の日そのお友達と天理市へ。市役所内にモアイさんがいらっしゃるらしいんでとりあえず直行。

んで居ましたよ、顔だけだが↓
moai_tenri01.jpg

結構デカイ。おっちゃんが通ったんでパチリ(コレじゃ大きさ解かり難いね…)↓
moai_tenri02.jpg

んで手前にはこんな石碑も↓
moai_tenri03.jpg

コレね、1970年の大阪万博に展示されたレプリカモアイさんだそうです。
天理市がチリのラ・セレナ市と姉妹提携してるんで、万博が終わった時にチリ政府から寄贈されたんだって。

この前アップした記事(晴れ続き)で女の子と一緒に写ってた"HOTU ITI(ホトゥ・イティ)"が万博に行ったと言われたりしてんだけどね、コレ不正解。
ホトゥ・イティさんも日本には行ってんだけどさ、1982年なの。万博の跡地に暫く展示されたんだと。今我輩が借りてる家の家族のうち1人が一緒に行ったらしくて、そん時の話を詳しくしてくれるんでね、間違いないでしょ。

因みにホトゥ・イティさんはかの有名な『THOR HEYERDAHL(トール・ヘイエルダール)』に歩行実験用の資料としても利用されてますわ。

んじゃホンモノのこのお方は何処に?
ってね、同じトンガリキの、祭壇上の左から2番目の顔ですよ、多分。
この手前から2番目ね↓
expo01.jpg

いろいろ探したんだけどさ、コレが一番似てんの。当時はまだ倒れてて首から折れてた筈だから、そん時レプリカとったんでしょね。


コレだけじゃ時間が余っちまったんで、明日香のほうまで足を伸ばして見ましたん。
明日香にはね、こんなのがあんのさ↓
saruishi01.jpg

"猿石"つーんだけど、よく観て頂戴な、モアイさんと手の格好が同じなの。
不思議な事に、環太平洋の遺跡には腹の前で手を組んだ像が多いんだと。
なんか関係があんのかもね、一応どこも出はモンゴロイドなんだろうし。


なんて楽しんで1週間の旅程も終了。
帰りは京都から新幹線で東京へ。無事関東へ着いた途端に準備してもんじゃ喰って長野へ出発したんだけどね。

奈良で車出してくれたSさん、最後バタバタでゴメンねぇ。
ホント楽しかったっす。アリガトサン。
| 2005/12/28(Wed)03:32 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
<<ハポン滞在記 番外編 -万博のモアイさん検証- │ ホーム │ クラント×クラント>>











管理者にだけ表示を許可する

 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。