世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
ひと○くんモアイその後
遂に発見しましたよ、『世界ふ○ぎ発見!』で作ったモアイ。
旅行者に「何処にあんすかぁ~?」なんて何回か訊かれて、その度に「さぁ…」と答えてたんですけど、その後の彼の身の振り方が気になってはいたんです。やっぱり現地ガイドだかんね、知っとかんと、と。

んで探してたらやっと見つけた。なんか原っぱの隅っこに寝てましてん。
我輩番組自体を観てないんで早速『ふし○発見』のHPで確認。多分間違いなし。
つー事で写真アップ。
hakken01s.jpg

寝ていても風格を失わない井出達。

hakken02s.jpg

見上げる姿にもその威光を偲ばせる。

hakken03s.jpg

流石としか形容し得ない堂々とした涅槃姿。
(局が違うが○リビア風に)

確かにありましたよ、転がってるけど。元考古学者で元村長さんの『SERGIO RAPU(セルジオ・ラプまたはセルヒオ・ラプ)』氏経営の宿の庭にて撮影。

ひょんな事から見つけたの。天気がいい日に何時もはあんまり通らん道をフラフラしてたら「あれ?」ってな感じで。
しかし横になってるとは思わんかったよ、これじゃあ見つけられんね。

で、脇にはもう1つレプリカモアイが立ってんの。
otro01s.jpg


多分この2つでなんか造るんだろーな、乞うご期待!
| 2005/07/17(Sun)01:03 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(1) | トラックバック(1) |
<<智利国大統領参上! │ ホーム │ 『島のガイド』について思うところをツラツラと>>
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
│ #[ 編集] │ 2010/06/28 19:59 │











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
こんにちは。 ボリビアにいるボリ男です。 こないだ行ってきたイースター島のレポを送りますので、 よければお付き合いください。 地元の人たちは島のことを「ラパヌイ」といい、 彼ら自身も「ラパヌイ語」を今も日常的に使っています。 「ヨラナー(どうよ?)」 「リ.
│ ど風呂グ(仮) │ 2005/07/19 00:26 │
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。