世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200809« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200811
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
ハロウィンが祝日になった
昨晩にスコール。今日も午前中は小雨があったりしましたが、総合的にゃあ好い天気でしたん。
気温はそんなに上がらんかったな、暑くはなかったっす。

10月31日はハロウィン。チリでは今年からなんか祝日に定められたとかで休み。
ハロウィン祝日が確定したのは今月に入ってからっすよ、お上が急に「休め!」と。

んま、祝日だろーが平日だろーがツーリズムに身を置く人間としちゃあんま関係ないんだけどね、偶然にもツアーがなかったモンで、今日はユックリさせて貰いましたわ。

しかも明日は“万聖節”で元々祝日。明後日は日曜日で3連休っすか。有休以外じゃ何年振りだろ?

この機会に家の大掃除でもしよーかと昨日辺りから計画を練ってたんですが、今日はちょっと腹の調子が芳しくない上に気も乗らんから明日からにしよ、と放棄。
最近暴飲暴食気味だったからなぁ、ここいらで内臓も休ませとかんと。

んま、近所のガキンチョから「飴かイタズラか!」の襲撃があるのは目に見えとったんで、ノンビリしながらも菓子は用意。予想通り、何組もチョロチョロとやって来ますよ、好きなだけ持ってけ。


今日で10月が終わります。今年も残すところあと2ヶ月。いつもながら早いねぇ。
ラパヌイはこれからの夏が繁忙期。予約が結構詰まってきましたよ。


※ ハロウィン用の菓子詰め、なんてのも売ってるんです↓
halloween02.jpg
スポンサーサイト
| 2008/10/31(Fri)21:27 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
伝統週間
昨日午前中の小雨から一転、鮮やかに晴れ渡っとります。
序でに風も強くなってきました。土埃が濛々と舞ってますわ。欲を言えばもう少し雨が欲しいところ…

歌謡祭に続き、同時期に行われるイベントのポスターも発見。
つーか開催は来週。告知遅過ぎじゃないか知らん…

11月5日(水) 13:00~ プイの山にて
MAHANA O TE HAKA PEI
マハナ・オ・テ・ハカペイ

今年から新たに“ハカペイの日”が加わりました。しかも初っ端。
“ハカペイ”とは、バナナの幹のそりで丘の上から一気に滑り降りる競技。今までは基本的に2月の祭、タパティでしか行われなかったんだけどね、何だか勢い付いとるらしい。

11月6日(木) 10:00~ 村内 ハンガロア・オタイにて
MAHANA O TE A'ATI TUPUNA
マハナ・オ・テ・アアティ・トゥプナ

“伝統競技の日”。鶏を追っ掛けたり、トトラの浮で波に乗ったり、バナナの房を担いでリレーしたりします。
競技者は主に島のガキンチョ。ラパヌイ運動会ってとこ。

11月7日(金) 11:00~ 村内 ハンガ・バレ-バレにて
MAHANA O TE RE'O RAPA NUI
マハナ・オ・テ・レオ・ラパヌイ

“ラパヌイ語の日”。民族衣装を纏って学校のクラス単位で歌ったり踊ったり、広場にガキンチョ作の展示物が並んだり、と宛ら文化祭。
去年までは午後遅く、16:00くらいからのイベントだったんだけど、今年は気合いが入っとる模様。

最近は伝統系行事が拡大傾向にある気がします。
新しいモンやら考えかたやらが次々と入ってきて物凄い勢いで変わっとる中、何とかして島のアイデンティティを失わんよーに、なんて思いがあるんでしょーかね。

民俗芸能祭、ハカペイが加わった事で最早“ミニタパティ”だわなぁ。

※ 今年は3日間に亘っての開催っす↓
mahanaotereo200801.jpg
| 2008/10/30(Thu)15:29 |
| [お祭騒ぎ]民俗芸能祭 2008 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
新規参入か?
コマリです。
早朝には雨が降っていたのもあってか、今日の午前中は寒かった。でも、お昼からは良いお天気。こんな感じで、夏季とはいえ雨は降りますので。よく『夏は乾季と聞いていたんで、雨が降らないと思っていました』なんて言われるんですが、この島はそんな事ないので。夏でもちぃくちょく降りますよ。

そうそう、ちょっと前に島民の友達から聞いたのですが、島に新しい銀行が入るようです。
以前からこの島ではこういった噂はつきないんです。例えば電話局も新しいのが入ってくると言うのは、僕が着いた頃から言われています。…が、3年経っても未だ電話会社は1つだけ。
今回も話半分に聞いていたのですが、どうやら建築まで開始しているとの事。これは結構本当の話なのかと思い実際に建築現場を見てきました。

ほんまに建築していました。
ここの建築気になっていたんですよね。何作るのかな、なんて。どうやら銀行らしいです。
しっかりした建築っぽいし、敷地も相当なもの。これは非常に期待してしまいます。

何でもかんでも、1社だけのモノポリーなこの島。価格競争も、サービス競争も起きないんですよね。
今現在、島で1件だけの銀行“Banco Estado:バンコ エスタード”は営業時間が13:00までで窓口が少ないので、非常に並ぶんです。たった3分で住むことでも、1時間以上たって並ぶのが普通…。1時間で終わればまだ良い方です。

そんなんでも1つしかないからそこに行くしかないんです。他に無いから。
若しこの新しい銀行が実現したら、その辺も改善されるんじゃないかな。何人かに聞いたら、新しい銀行に移ると言う人も既に居てるし。列の混雑も解消されるでしょ。

因みに今回入ってくるという噂の銀行は“Santander:サンタンデール”という銀行。
どちらにせよ、来年の話ですが無事に入ってくれる事を期待しています。
Santander.jpg
※何の工事なのか、看板が出ていないので未だ何とも言えないのですが…。
| 2008/10/29(Wed)20:35 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
あるかるでっさ誕生
雲は多くなってきたけれど、昨日、今日と雨なしっす。
気温も丁度好いくらい。こんな日がずっと続いてくれればねぇ…


さてさて今日は村長選挙、ラパヌイの今後を占う日っす。
日も明けん午前7時から受付け、総勢3,000人程度がローカルニュースによれば投票したとの事。

島民は4,000人強ってとこだから、年齢をも加味すりゃ投票率はほぼ100%だろーね。政治的関心の高さが窺えるわな。4年間は村長辞職も議会解散も先ずないワケだからね、そりゃ真剣になるか。

因みに我輩は日本で一度だけ白票を投じた事があるのみっす。当時は戸籍と違うとこに住んどって意味が解らんかったし、今は日本で選挙があってもシステム的に投票が困難なとこに居るし…

ラパヌイのそれも、“外国人居住者”つー事で選挙権なしなんですわ。
なんで今日はひがなノンビリと、数ヶ月放っといちまった家の掃除。

兎にも角にも今回は初のラパヌイ史上初の女性村長、
LUZ ZASSO PAOA:ルス・サッソ・パオア
さんが生まれました。
大方の予想を裏切らずってな結果っす。

夕方頃そろそろ確定かな?と投票所へ行ったら、「あ、もう決まった。」とパオサさん勢も退陣後。
かなりアッサリと決着がついたらしい…

同時に行われた議会の開票は未だ続いとる模様。確実な発表は明日に持ち越しだってさ。
今回はパオア家系存続ってことで、あまり入れ替わりがないとは思いますが。


んで選挙期間の島のツーリズム、昨日は夜半まで開いてたレストラン(どーやら選挙前夜0時まで営業可、となったらしい)も、当日はひとつも開いとらん閑散とした具合。無論宣告通り博物館も休館。

現状選挙日は法律上どーしてもこーなっちまうんですが、ちょっと融通利かしてくれてもいいよねぇ。
ツーリズムで潤う島で、観光客へはお座成りってのはどーかと…


※ 議会の決定は明日、立候補者も待ちぼうけ…↓
elecciones01.jpg
| 2008/10/26(Sun)23:49 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
プーアルとピザ
コマリです。

今日のツアー中は午前中は曇っていたけど、逆に歩きやすく丁度良かったです。午後には観光のハイライトのトンガリキでしっかり晴れて、そのままツアー終了まで快晴でした。でも、帰って村に着くと小雨がちらほら。ラッキーでした。ツアー中は出来る限り降ってほしくないので。

ツアーを終えて、ちょっと時間があったんでスーパーをのぞきに行きました。
入ってすぐにあるショーウインドウに目がいったのですが、そこには島では見た事がない珍しいものが。
それはこちらです↓
プーアル茶
お茶パック。しかもプーアル茶。けっこう好きなお茶。
やはり日本人お茶は飲みたくなるものです。日本に帰国した時もですが、今回の休暇で本土へ寄った際には買ってきました。

島でもお茶パックを売り出してくれると、大変助かります。
でも、気になるのはお値段。それなりに高いのだろうなと、思って聞いてみると、何と25,000チリペソ(約50米ドル)!!高過ぎ。何パックか分からなかったけど、僕が本土で買って来たのと同じくらいの大きさなので50パックくらいでしょう。1パック500(約1米ドル)チリペソですか…。
流石に無理ですね。本土で買ってきてよかった。因みに本土で確か7,000か8,000チリペソくらいだったかな。

値段聞いた瞬間お茶パックの事は忘れて、スーパーの中に進むと、相変わらず何もない…。
店内を一回りして出ようと思ったら、奥のパン屋の前で店のお兄ちゃんが、
『冷凍ピザ、980チリペソだよー』
なんて売っているじゃないですか。ちょっと見てみると、電子レンジで温めるだけの優れもの。しかもサイズも程よい(直径20センチ程度)。一人でパッと食べたい時には、役立ちそうなので購入。
こういうのがもっと入ってきてほしいですね。安くて便利なの。仕事も時間が不規則で、まともに作っている時間もなかなか取れないので助かりますよ、こういうの。
恐らく島民も時間なく働いている人が増えつつあるので、こういうのが常にあると喜ぶんじゃないかな。定期的に入ってきてくれる事、祈ってましょ。
冷凍ピザ
※今回はピザのお陰でスーパーに来た甲斐がありました。
| 2008/10/24(Fri)23:28 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(1) | トラックバック(0) |
民俗歌謡祭 2008
午前中は曇りがちでちょっと肌寒く、午後からは暑いくらいの陽気でしたん。
未だ降らんなぁ、土埃がトンでもなく舞い始めたんで、お湿り程度では降って欲しいんですが…

小生マグロ・カパック、長らく続いた外回りから一旦開放されとります。久し振りに内勤をこなしましたよ、なんか妙にメール溜まっとるし。


毎年11月初旬恒例の民俗芸能祭、そろそろ告知があってもいい頃に、やっぱりポスターが貼り出されました。
今回見付けたのは歌謡祭のそれ。11月14、15日に開催だって。

そーいや我輩、忙しさに感けてこの民俗歌謡祭を一度もまともに観に行った事がないなぁ。去年のコマリ氏のレポートを見る限りじゃあ結構迫力がありそーなんで、今年こそはと意気込んでみたり。

兎にも角にも、11月初旬は島の民俗に関わる祭が行われます。歌謡祭の他にも現地ラパヌイ語を披露しながらの競技やショウが繰り広げられる筈。未だコッチのポスターは見掛けんけどね、歌謡祭の前後に併せて行われます。

民俗芸能祭(勝手に命和名)は2月のタパティに次いで大きなイベント。若し滞在日が重なるよーであれば、一見の価値ありですぞ。
より島の文化に触れられますよん。



※ 絵のタッチはアメコミ風、タパティポスターと同一画家っぽい↓
katangiteako200801.jpg
続きを読む▼
| 2008/10/23(Thu)21:21 |
| [お祭騒ぎ]民俗芸能祭 2008 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
進化する“甲太郎”
コマリです。

なんか時より曇ったり、雨をもたらしそうな嫌な雲が見えたりしていますが何とか良いお天気を保ってくれています。

さて、昨晩にカパックさんと居酒屋甲太郎へ行ってきました。
ペルー、チリ本土のサンチャゴでしっかり日本食を食べてきたのですが、ここでも日本食レストランへ行ってしまいました。贅沢やな…。
でも、島の日本食レストラン“居酒屋 甲太郎”は島の物価からすれば比較的リーズナブルかも。

以前、カパックさんが紹介しているこの“居酒屋 甲太郎”ですが、実は進化しているんです。ちょくちょくチリ人のご主人が手を加えているんです。以前は無かったトイレも今や存在します。
それだけでは無く、お座敷も作ったり。料理とは別なところですが、こういうのを知ると頑張っているなと応援したくなりますね。
KOTAROCT08 (1)
今現在の外観です。なんか今は外にもお座敷を作るのだとか。初めはどうなる事やらと心配していたのですが、ちょっとずつそれっぽくなってきてるんじゃないかな。イースター島のチリ人店主の日本食レストランと考えての話やけど。そもそも、この島で日本食レストラン事態が難しい話だと思うので。

昨晩食べたのはお寿司。何と島では手に入らない、珍しいウナギがあるとの事で頂きました。
ペルー、サンチャゴの日本食レストランでも食べなった久々のウナギ。美味しかった。念の為、あくまでもイースター島で食べているのを前提にしての話ですからね。日本の日本食と比べてはいけませんよ。
島に来て行こうとお考えの方はあくまでもその辺をお忘れなく。
あと、ここに行く際には時間に余裕を持って行くと良いですよ。混んでいるとチリ人のご主人が一人でやっているので、時間が掛かります。
KOTAROCT08 (2)
※ウナギも美味しかったですが、エビも普通にいけました。
| 2008/10/22(Wed)22:20 |
| [お役立ち情報]食い処 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ペルーとイースター島の石組み
コマリです。

昨晩、雨が降りました。
今日は曇り気味。雲を見ていると、一部は雨が降っていたじゃないかと。幸いにも僕が居るところは雨が無かったですが。
明日からの天候が心配ですね。天気になってくれると良いのですが。

今日も休暇で行った、ペルーについて。休暇の事は今回で最後にしますね。
前回はイースター島にもあるトトラを書いたのですが、今日は石です。

この島の南米起源説の理由の大きな要因の一つでもあるビナプの祭壇。ここの石の切り方が南米のプレインカの遺跡に似ているのです。

まずはこの島のビナプの写真です↓
ビナプ (1)
僕はいつも見ているとは言え、見事ですね。

そして今回僕が行った、クスコの石。
PERU1040.jpg
こちらもまた見事。綺麗にピッシリしています。

いろんな仮説はありますが、実際にどうやって切ったかなどは分かりません。
でも、こうして見比べていると、南米起源説唱え、実際にコンティキ号で漂流実験までしたトール・ヘイエルダールを思い出します。彼の気持ちも分かりますね。まぁ、彼の凄いところは実際に行動に移した、その姿勢なんでしょうが。

若しペルー、イースター島を一度の旅行で回られるのであれば、この石組に注目して見比べてみるとより一層旅が面白くなると思いますよ。
| 2008/10/20(Mon)00:30 |
| [島外小咄]その他 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
チチカカ湖のトトラ
こんにちは。

コマリです。
休暇後、少しばたついて更新遅れました、申し訳ないっす。
島は良いお天気続きです。そろそろ日焼け止めが欠かせなくなってきました。

さて、今日は休暇で旅行したペルーをちょいとご紹介。
まずペルーの何処へ行ったかと言うと、

リマ→クスコ→マチュピチュ→プーノ(チチカカ湖)→アレキパ→リマ

といった旅程でした。

全部紹介していくと長くなるので、チチカカ湖をご紹介。
ここには葦のような植物『トトラ』で出来た浮島があるのです。このトトラはイースター島にもあるんですね。そんな訳もあって少しばかり興味があって、今回の旅行でも訪れたんです。
トトラとはこんなの↓
PERU1543.jpg
※チチカカ湖撮影

そして浮島はこんな感じ↓
PERU1573.jpg
※手前の舟もトトラで出来ています。葦舟ですな。

奥に見える島が浮いている訳です。家なんかも見えますが、それもトトラ。
島はトトラを積み重ねて作っているそうな。乗るとふかふかしています。なんかイメージ的には走り高跳びなんかで使う、厚いクッションの上を歩いている感覚。
底が抜けないか心配で少し怖かったです…。

ここチチカカの人はこのトトラをむいて食べます。食感は甘くないサトウキビのような感じです。お世辞にも美味しいとは言えないかな。
このイースター島でもトトラがありますが、基本は食べません。島も食糧難に陥ったら食べるのかな。
PERU1531.jpg
※トトラをむいたもの。

こんな浮島の上で生活している人たちも凄いですね。
イースター島の暮らしも早3年が過ぎましたが、この浮島では住めないなと感じました。
PERU1597.jpg
続きを読む▼
| 2008/10/17(Fri)23:15 |
| [島外小咄]その他 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
やっと確定タパティ2009
ここんとこブッ飛ぶ程忙しかったモンで、コマリ氏の帰還は非常に有難いっす。
ちょっと安心。けれども続く外回り。

ずっと外なだけに天候が崩れんのも助かるなぁ。昼間は汗を掻くくらいの陽気が続いとりますよ。
お陰でラパヌイばりに真っ黒っす。

昨日役所関係のとある事務所へ寄った際、待ちに待った2009年のタパティポスターを発見。
今年は出るのが遅かったわな、待ち草臥れたとこでやっとご開帳。

兎に角2009年最大の祭、タパティは、
1月30日(金)~2月14日(土)の16日間
に亘って行われます。

この期間中は民族衣装を纏ったアニキやらおねーちゃんやらが毎日現れて、何時にも増してラパヌイ色が濃くなるワケですよ。特に最終日直前のパレードはまさに圧巻、一見の価値ありっす。

だけど現状、詳細なプログラムは発表されとりません。いつもの事だけど判るのは来年の1月だろーな…
んま、判明し次第ブログにもアップしますんで。


ほいじゃ、明日も外勤だし寝るとするか。

※ 2009年バージョンポスターはこんなデザイン↓
tapati200901.jpg
| 2008/10/14(Tue)01:36 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2009 |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
帰島報告
ご無沙汰していました。コマリです。

約3週間ぶりですね。
昨晩、無事にイースター島に着きました。

今回の休暇はチリの直ぐ上に位置するペルーへ行ってきました。
カパックさんには申し訳なかったですが、マチュピチュにチチカカ湖と気ままな一人旅を満喫していたんです。ペルーは初めてだったのですが、魅力的な国でした。ご飯も美味しいし、観光の見所も多い。また、機会があったら行きたいですな。
休暇の様子はまたアップしますね。

島に昨晩着いてほぼ一日しか経っていないのに、不思議な事ほど休暇が遠い昔に感じます…。皆さんも恐らく旅行後にはこんな気持ちになった事あるではないですか?
やはり島で現実の生活が始まるとそうなるんでしょうね。また次の休暇が楽しみです。

でも、やっぱり島はいいもんですね。
生活のベースが島だからというのもあるのでしょうが、落ち着きます。
ゆっくりとした島民に美味しい空気。島を出て毎回感じるのが、都会の空気の悪さ。臭いになれるまで大変です。
気候も帰ってきたら、少し暖かくなっていますしね。
もうあっという間に夏ですね。

そういえば、先週の土曜日から日曜日に変わる午前0時よりサマータイム導入されています。
チリ(イースター島も含む)では1時間進んでいますので。
日本との時差は-14時間となります。日本の時間から14時間引いたらOKです。

とまぁ、そんなこんなでまた宜しくお願いします。
夕日13OCT08
※島に帰って早速、タハイへ夕日を見に。久々に見るとやっぱいいですね。
| 2008/10/13(Mon)21:05 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
新製品
好い天気が続いとります。今日は少し曇ったりもしたけれど、暫くは安定してくれそーな予感。

ネットの天気予報じゃ金曜日から若干崩れるよーに出とりますがね。我輩が正しいか?予報が勝つか?
外回りの予定が詰まっとるんで、暫くは雨なしであって欲しいところなんですが。


頻繁に通っとる、よく新しいモンを仕入れたりで重宝する店で、このあいだオモロイ商品を見付けましたん。ちょっとした土産にも使えそーなんでご紹介。

こんなヤツ↓
perfume01.jpg
車用の芳香剤だね、引っ掛けて使うタイプ。
因みにコレは“鳥人間”。首から上が鳥で下が人間、つーラパヌイじゃあよく見掛ける図案っす。

その他
モアイ・カバカバ(ラパヌイの精霊)↓
perfume02.jpg
や、

モアイさんが2つ重なっとるヤツ↓
perfume03.jpg
もありますわ。

薄くて嵩張らん上に軽いからか、纏め買いして持って帰る旅行者も多いとか。
確かに持ち運びは安易だね、壊れるよーなモンでもないし。

確認した限りじゃあ匂いはバニラ、マンゴー、ココの3種類。カタチは他に島の文字だと言われるロンゴ・ロンゴをモチーフとしたモンが数点。

完全にアイディア勝ちだねぇ、今まであるよーでなかった新製品。
お値段は1個1,500チリペソ、約3米ドルってとこ。

更に実用的ってのが得点高いな、車内じゃなくても使えそーだし。
お知り合いへのラパヌイ土産として如何か知らん?
続きを読む▼
| 2008/10/08(Wed)23:14 |
| [お役立ち情報]お買い物 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
ラパヌイ生活6年目
見事に天候が回復しました。
昨日から晴れが続いとって、多少暑くもありますなぁ。
兎に角ツアーも順調。このままあって欲しいモンです。

ところで、今日からラパヌイ生活6年目に突入しとります。
渡って来てからもう5年も経ったのか、早いなぁ…

この5年で、島は随分と変わった気がします。賑やかになってきた。
運航便が当初の倍以上になって観光客が激増したし、レストランやら宿やらはドンドン増えてきとるし。

伴って島民の生活リズムも速くなった。ノンビリしとる人間が減りましたよ。
以前は道で会ったらその度に話し込んだりしたんだけど、簡単に挨拶を交わすだけになりつつあるし、昼間100%以上で働いとるからか夜の呑み会も少なくなったし。

人との距離が遠くなった。
“活性化”つー意味じゃ好い方向で変貌を遂げとるんだろーけど、マッタリとした雰囲気が薄れつつあるのはちょっと淋しいな。それがラパヌイらしさだったんだが。

んま、んな事言っとれん程忙しいのが現実。
でも、好い意味で気の抜ける環境はでき得る限り変わって欲しくないね。

さて、6年目も気張りますか。

※ 今後ともヨロシクです。
anakena08.jpg
| 2008/10/06(Mon)23:56 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
選挙間近
一昨日夜半からの風が、懸念通り雲を運んできやがりました。
昨日の昼間は未だ、風が強いなぁってなだけで暑くもあったんですが、夜から雨も混じって今日の朝までちょっとした嵐っぽかったな。

飛び込みで明日は終日ツアー確定。今日の昼過ぎから晴れ間もチョロっと見え隠れな具合、回復傾向にはありそうだけどね。気張って頂戴お天道さん。


今月26日は、4年振りの村長選挙っす。半年くらい前からの公道整備やら、俄かに貼り出された候補者ポスターやらで、何となく、そろそろだなぁなんて気配が漂い始めました。

長年勤めた現村長、エドムンズ・パオア氏は今期を以って勇退。噂じゃ本土の高官に出世するとかしないとか。
つーワケで決戦は2名とも新規っす。

昨日の夕方は、歓声やら奇声やらクラクションやらを掻き鳴らして、車数十台がお祭り騒ぎ。
LUZ ZASSO PAOA:ルス・サッソ・パオア”さん↓
alcalde03.jpg
“パオア”家は政治的な力をかなり持っとるみたい。現村長も前知事もパオアだし。
言ってみりゃサラブレッド。更にゃあ女性候補とあって、追い風は充分ってな感じ。

しかし小一時間に亘りメインストリートを半ば占有して、後ろでツアーバスが泣いとったぞ、元気なのは好いんだけどねぇ…

対抗馬は島内で特にコレといった選挙活動はしとらんなぁ。我輩が知らん、見とらんだけかも知れんけど。
“AKAHANGA RAPU TUKI:アカハンガ・ラプ・トゥキ”さん↓
alcalde04.jpg
ガキンチョや若い輩にラパヌイ文化を伝える人物。
面構えからも判るよーに堅物なんですが、楽器も弾けるしダンスも踊れるしで、数年前は低迷しとったダンスグループ“カリカリ”を、今や毎ステージ立ち見が出る程の人気にまで押し上げた陰の立役者でもある才人。

実はウチのお隣さん。去年ウチの猫が居なくなった時に手厚く保護してくれた恩人でもある。
因みに村内のポスターはコッチのほうが多め。

まぁ我輩は外国人って事で今回も選挙権がなさそーなんで傍観するのみ。ドッチの選挙公報も貰っとらんしで蚊帳の外ってとこか。ローカル放送で演説しとるのかも知れんですが、時間がなくって観れんし。


一番気になるのは、選挙前日から村の機能がマヒする事なんだよね… アルコールを扱っとる店舗は営業できなかったり、公的機関も警察を除いて当日サービス全面停止だったり。

博物館長にも訊いたんだけど、「とりあえず、選挙当日に開館できるよう申請はしてるんだけど、本土から未だ返答がないから多分閉める。」だって。
この日は“モアイの眼”もお休み。

法律でそーなっとるから仕方ないんだけど、レストランもミニストアも軒並み閉まります。
10月25、26日辺りに島に居る予定の方々は要注意っす。
| 2008/10/04(Sat)19:37 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
とけらう
火曜日、水曜日と天候が徐々に回復。今日は半袖で汗掻く程の陽気でしたわぃ。
このまま暖かくあって欲しいモンだ。寒いのはもう勘弁だな…

しかし気温の上がりかたが急ですよ。湿度も高い気がする。
こーゆー時は決まって雨になるんだが。ホラ、嫌な風が吹いてきた…

“風”を、ラパヌイじゃあ“TOKERAU:トケラウ”と言います。
吹く方向によって今後天候がどー変わるか、大体判ったりするんですな。

北寄りの風
TOKERAU KO PAPAKINA:
トケラウ・コ・パパキナ

湿って生温い風。雲が湧いて雨が降り易い。

南寄りの風
TOKERAU KO PUHI 'ORONGO:
トケラウ・コ・プヒ・オロンゴ

冷たく乾いた風で概して晴れ。だけど気温は下がりがち。日本で言う空っ風。

東寄りの風
TOKERAU KO ROTO O NIU:
トケラウ・コ・ロト・オ・ニウ

かなり好い感じ。そんなに寒くもなくってあんまり雲も湧かない。

西寄りの風
TOKERAU KO MOTU TAKARUA:
トケラウ・コ・モトゥ・タカルア

その後北に回るか南に回るかで善し悪しが変化する、ギャンブル要素満載の風。

風が無茶苦茶に回りだしたら要注意。大抵嵐っぽくなっちまいます。
因みに、
“天気”は“HURU O TE RANGI:フル・オ・テ・ランギ”。
“晴れ”は“RARA KI TE RA'A:ララ・キ・テ・ラア”。
“雨”は“'UA:ウア”。
“曇り”は“KO PURU 'A TE RANGI:コ・プル・ア・テ・ランギ”。

何でも好いけど、雨だけは暫く御免被りたいところ。
もう10月だからなぁ、お天道さんにもそろそろ気張って貰わんと。

※ やっぱり晴れが気持ち好いんですよ↓
tongariki11.jpg
| 2008/10/02(Thu)23:51 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。