世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200803« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»200805
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
雲の楽しみかた
昨日後半から天候は回復傾向にあります。今日の午後なんて久し振りに半袖で居れるくらい。
でも日が暮れるとやっぱり涼しくなるな、上着も必需品。

嵐は収まってきたけれども、年間を通した統計で最も雨の多い5月へこれから突入っす。
去年なんてあわや島が沈んじまうんじゃ、と思うぐらいの豪雨にまで見舞われたし。

この時期に来島される方々は特に、雨具は必須だね。
降る時ゃバケツを引っ繰り返したどころじゃあなく、風を伴った横殴りで襲ってきますから、レインコートがお勧め。悠長に傘差しとったら煽られちまうだけ。

兎に角多雨な為に一般的にゃあ“島の観光には適さない”とされるんですが、偶にお天道さんやお月さんの粋な計らいによって幻想的な光景が目前に広がります。
雲が多いからこその絵画展。

※ 夜明け時真紅に染まったり↓
amanecer05.jpg

※ 夕暮れのコントラストにアクセントをつけたり↓
atardecer16.jpg

※ 満月に丸い虹をあしらってみたり↓
mahina05.jpg

と、雨が多くても悪い事ばっかりじゃあなくて、ちょっとした自然のフォローがあったりもします。
高い建物がなくて空に広く臨めるから、綺麗に色が変わればウワっと圧倒されるワケですよ。

但しいつでも観られるってモンでもないからね、残念ながら。
滞在中のお天気が優れんでも、「若しかしたら空が綺麗に染まってるかも…」と見上げてみては如何っすか?
スポンサーサイト
| 2008/04/29(Tue)21:10 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
カリカリダンスステージ
今週後半から天候が崩れがちっす。
昨日、今日はまるで嵐。風が狂ったよーに吹き荒れとりますよ。お天道さんが殆ど顔を出さんので肌寒いのなんのって。

有難い事に雨は今日の午後辺りから少なくなってきてるんですが、いつ降ってきてもおかしくない空模様。お陰で2日前に折角刈って貰った庭草の掃除が捗らん…


こんな日でも元気なのが屋外での催し物。
…とは言えバリエーションに富んどるワケでもなく、まぁ夜のダンスショウにほぼ限られるんだけれども、その代表格たるダンスグループ“KARI-KARI:カリカリ”、今夜も元気に踊ってましたん。

昔はハンガロアホテルで踊っとったんだけど、ホテルの大規模改装(現在進行中)によって会場のサロンは解体、活動場所をメインストリートに移しとります。

団長所有の敷地内に屋根付き広めのステージを設置。丁度人気が上昇して観客も増えてきたところだったんで、手狭なホテルからは出る時期だったんだろーかねぇ。

この会場、実は我々のオフィスと家の隣の隣くらいに位置するんで、音楽やら喝采やらが観に行かなくっても聞こえるんですわ。ショウのない晩も練習しとるのよ。
随分前にダンスを教えて貰った事があるんだけど、それがまた物凄い運動量。毎晩唄いながら踊るんだから、ダンサーの体力は尋常じゃあないよな、と変なところで感心したり…

その上ショウではグループも楽しんで踊っとります。半端ない努力を続けとるからこそ湧き出る余裕なんだろーね。
だから観る側も自然と楽しくなる。コレが人気の秘訣なんだなぁと思いますわぃ。

見応えバッチリなカリカリダンスショウは、
サマータイム期間: 月曜日、火曜日、木曜日、土曜日
それ以外の期間: 火曜日、木曜日、土曜日

の、21:00開催っす。
※注1 祝日その他で急に変更される事もあります。
※注2 大きな祭、タパティ開催中はお休みです。

島のナイトライフをも充実させたい方々は是非。
ラパヌイ独特のダンスが堪能できますよん。

※ 綺麗なおねーさんの御御足もチラリと…↓
karikari01.jpg
続きを読む▼
| 2008/04/26(Sat)23:28 |
| [お祭騒ぎ]ダンスショウ |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
ラパヌイ磯釣り体験
こんばんは。コマリです。

天気は良くないです。本当は今日天気良かったら島のガイド友達とトレッキングに行く予定やったのですが、生憎の天候…。偶にこういう時間が取れたと思えば、こんな感じでうまくいかんのよね。
個人的にトレッキングは大好きやし非常に残念。
僕の予定、ガイド友達の予定、天候この3つが合わないことにはトレッキングは難しいんですよね。
また次回の機会を楽しみにするしかないですね。

でも、今日の午後よく一緒にツアーを回ってるツアードライバーのホルヘ(Jorje)さんから釣りのお誘いが。
今まで何度となくお誘いを頂いていたのですがなかなか予定が合わずに行けなかったんですよ。だから今日は行ってきました。
ずっとしたかったんですよね、釣り。

因みに僕は釣りは全くの素人です。日本で川釣りを少しした事がある程度…。
磯釣りは初めてなんでわくわくです。

初めに書いた通り、今日は悪天候。でも島民はそんなのお構いなし。
今日の海、天候はこんな感じ。雨も降ったりやんだりです↓
釣り20080424 (3)

迎えに来てくれる時間ぴったりに家に来てくれて、いざ釣りへ。今回の場所はバイフ(VAIHU)近辺です。海、波の様子をうかがいながら3度ほど場所を変えました。

今回は初の島での釣り。おまけに磯釣りも初。
この島の島民のほとんどは手ぐすで釣りをします。
手ぐすとは糸と釣り針だけで釣る事です。要は竿なしの釣り。
釣り20080424 (2)
※手ぐすの道具。これだけで釣るんです。

餌は鶏肉。撒き餌はパン。
さて、ホルヘを始めその友達は順調に釣りを開始。
僕は初めてという事もあって暫く様子を見ることに。なんせ波が多くて危険。
ホルヘたちも波を見ながら高い波が来ると走って逃げる。そんな危険も楽しみながらの釣り。
こう思われる方も多いのでは“釣りってそんなに危険を冒してまでやるものなの?”と。実際僕も少し思います。

でも、様子を見てばかりではね。
波には注意しながら僕も釣り開始。
鶏肉をつけた針をグングン手で回して投げる。そしたら遠くに飛ぶはずなんですが、手前にボトッと落ちる…。再度挑戦するも手前に落ちる、しかも地球を釣ってる感触が。

でも、何回かやるうちにそれなりに飛ぶように。
投げて引くの繰り返しなんですが、最後に引き上げる時に注意しないと引っかかるんです。
今日一日で3度引っかけました…。
一度完全に引っかけてしまうと糸を切るしかないので、その度に針をつけたりで時間を取られるんです。

ホルヘらは順調に釣り上げていきますが、僕はからっきしダメ。
魚が突っつく感触があるのやけど上手くあわせられへん。

結局僕は一匹も釣れずに終了。所謂ぼうずってやつですね。
情けない、ほんま。
帰る際にホルヘが気を利かせてか魚を持って帰るか聞いてくれたけど、気持ちだけ受け取り辞めておきました。
やっぱりこういうのは自分で釣った魚が食べたいですよね。
次回はいつになるかわからんけどリベンジしたいです。
釣り20080424 (4)
※流石に島民は上手いです。
続きを読む▼
| 2008/04/24(Thu)22:25 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(1) | トラックバック(0) |
衝動買い -筍-
こんにちは。コマリです。

今日は午前中は少し雨が降ったものの、その後はずっと良いお天気でした。
でも、やっぱ日が沈みだすと肌寒くなります。上着は必需品です。

さて、前回はモアイの切手の衝動買いを書きました。
今回もまた衝動買いについてです。

事の始まりは1ヶ月近く前かな、村のハレトアと言うスーパーマーケットに買い物に行ったんです。
買い物を済ましレジで支払いをしている時にふと目に付いたのが筍の絵の描いてあるでっかい缶詰。
これはもしや筍さんではないですか。
いつもであれば実際に手をとって見てみるんですが、遠目から見ても絵が筍だった事もあり、疑う余地もなく即買い決定。

その場でスーパーのおばちゃんに筍の缶詰もおくれと言うと、
「あ、この缶詰?ダメだよ。未だ値段つけてないから。」と。

目の前に筍さんがあるのに届かない。
何とも歯痒い気持ち。
この時に目に見えたのは2缶。おばちゃんに2缶しかないのか確認したところ、どうやらそうらしい。
これは何としてでも手にいれなければ…。

ちょっと話はずれるねんけど、たぶん日本に居ると筍が特に食べたくなる事はそうないと思う。
でも、こっちにきて日本に居る時には食べたくならなかった物を食べたく感じる事がちょくちょくあるんです。
因みに筍の他は、大根、ゴボウ、白菜など。

話は戻ります。
どうしても手に入れたいんでおばちゃんに予約できるか聞いたところ、
「いいよ、とっておくから。値段つけたら知らせるからね。」とすんなり。

後は、値がつくのを待つだけ。

でも、ちょくちょくスーパーに確認に行っていたんですがなかなか値がつかない。
そんなこんなで待つこと約1ヶ月。
昨日スーパーに行ってみると、スーパーの陳列棚に筍の缶詰2缶が並んでる…。
おばちゃんすっかり忘れてた模様。こんな事態も考えちょくちょく見に行っていて良かった。
まぁ、なんとか購入出来たんで一安心。

さて、この筍はしばらく保管して時間のある時にゆっくり味わいたいと思います。
折角の筍を、失敗しても嫌なんで筍ごはんにでもしようかと思っとります。

因みに850gで4000ペソ。約10米ドルです。
買うときは意外に安いと思ったけど、よく考えたら高いな…。

衝動買いはこれからも続きそうです。
IMG_2789.jpg
※中国産の筍でした。なるべく近いうちには食べたいですね。
| 2008/04/22(Tue)21:31 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
衝動買い -モアイの切手-
コマリです。
じょじょに寒くなってきていますよ。
でも、昼間に歩いてるとそうでもないんですよね。
正直言って住んでる者にもとっても服装は悩みます。暑かったり、肌寒かったり、雨降ったりと。1日に何回かこんなの繰り返してたりするんですよね。
僕は寒いのは嫌なんで薄手のジャンパーを持って出歩いています。

さて、今日はまたしても衝動買い(若しくは無駄使い)のお話。
先日立ち寄ったお土産物屋さん、バイアヘバ(VAI A HEVA)。
土産物屋 バイアヘバ

今までそんなに立ち寄る事のなかったお店。
でも、ここけっこう良いアクセサリー類を置いてるんですよ。
特に何かを探している訳ではないんですが、なんかの気まぐれで立ち寄ってみました。

小さなお店で店内のものはざっと見終わります。
アクセサリー類もかわいいのがあるねんけど、特に最近はつけないので興味なし。

その後、おばちゃんと簡単な世間話を終えて店を出ようとした時に目に入ったのがこちら↓
hoahakananaia-stamp(2).jpg

モアイの切手。
こちらは大英博物館にあるモアイさんです。
切手も英国のものらしい。

こりゃ欲しいけど、値段次第。
とりあえず恐る恐る値段を聞いてみることに。
「この切手は特別に取り寄せてるから高いよ」とおばちゃん。
ま、まずい、やっぱり高いのか。
「んで、幾らなの?」
「1枚1500ペソだよ」とおばちゃん。

1500ペソ。そりゃ安いんじゃないかな。僕のポケットマネーでも充分に間に合う。
ちょっとびびって損しました。15000ペソなんて言われたら考え物ですからね。
(因みに1米ドルは店にもよってですが約400ペソ:2008年4月)

即買い決定。
この時、お店には全部で4枚しかなかったんですが2枚買いました。

でも後々やっぱり思うのが、切手欲しかったのかなと自問自答。
切手コレクターでもないのにね。

でも、こんな衝動買いは皆さんにもありますよね。

いやでも良いんです。僕の興味を引いた記念切手として大切に保管します。
自己満足ですんで後悔はなし。
続きを読む▼
| 2008/04/21(Mon)19:40 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
らんさみえんと
昨日の午後までドンヨリでしたが、今日は若干の霧雨があったもののほぼ快晴。
だけど風が冷たかったんで暑くはなかったな、ちょっと肌寒いくらいっす。

未だダウンジャケットを着る程じゃあないけどね。

雨が多くて寒くなるこれからの時期、一般的に言うシーズンオフになって、比較的暇があるモンでガイド連中が集まって勉強会を開いたりします。
こーゆーとこは意外と真面目。狙いは最新の情報をソコで共有する事。島全体のツーリズム向上にも繋がるからねぇ。

所謂外国人ガイドの我々も類に漏れず声が掛かる。一応現地ガイドだからさ。
しかし小さなコミュニティで蚊帳の外に追い出されんで居れるのはこの上なく有難い事なんですわ、誘ってくれるだけでもホントに嬉しいモンでして。

ともあれ勉強会で常々痛感させられるのは、現地人ガイドとのベースの差。幾ら在住だと頑張っても、物心付かん頃から島の言い伝えだとかを聞いて育った彼等とは歴然とした土台の違いがあるワケ。

この差を極力埋めるべく各方面へアプローチを常々試みとるんですが、この度助力となり得る書物が出版されました。
んで一昨日の金曜日、その祝賀会に列席。

今回出版されたのが、“PUA A RAHOA:プア・ア・ラホア”と“MA'EA TAPU:マエア・タプ”の2冊↓
libro01.jpg


“プア・ア・ラホア”は、如何にして初代の大酋長“HOTU MATUA:ホトゥ・マトゥア”率いる民が島へ渡ってきたか、その伝承を伝える初スペイン語訳本。
30年以上島で現地語普及に尽力しとるチリ人、“アルトゥーロ・アラルコン”著。

“マエア・タプ”は、ラパヌイ各地に散らばって存在する岩に刻まれた絵“PETROGRYPH:ペトログリフ”を紹介するラパヌイ語の資料。
チリ本土で生まれ育ったラパヌイ、“メリンカ・フッケ”の著作。

未だザっと目を通しただけですが、口承に頼っとるばかりだった情報が文字によって記録されたのは画期的、と感嘆せざるを得ませんな。
これによって、より後世へと伝え得るものになったのは疑いのない事実。
んま、ラパヌイ語本のほうは読解に労しそーですが…

更にドッチの著者も生粋のラパヌイじゃあないってのにより感銘を受けましたわ。余所者の我々でも島に貢献できる事があるかもなぁなんて思わせてくれる。

何にも増して光栄なのが、著者である“アルトゥーロ”から「絶対に来いよ!」と直々に招待された事。
2年前にガイド連の講義で知り合って直ぐに我輩の名前を覚えてくれて、すれ違う度にいろいろ教えて貰ってる恩人。
理由は解らんけどホントに買ってくれとるんだなぁ、有難う。

祝賀会は今まで見た事ない程の人が集まって、大盛況の内に恙無く終了。
さて、資料が増えた分勉学にも励まんとな。
続きを読む▼
| 2008/04/20(Sun)23:56 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
フッと湧いた懸念と動画アップ
一昨日、昨日と日中の雨がなくって助かったんですが、今日は朝から崩れちまって降ったり止んだり。
夕方近くからは落ち着いてきたけれど、気温が下がって長袖を着とります。

そーいや先週も金曜日に大きく崩れたなぁ。
その後は蒸し暑くなったけど、これからは如何に推移するんでしょーか?

ところでここんとこ外勤三昧だったのが今日は久し振りにオフィスでパソコンと睨めっこ。
しかし悪天候だったにも拘らず、メインストリートの人通りはそれなりにあったなぁ、例年ならもう閑散とし始める頃なんだけど。

まぁそれだけ観光客が増えたんだろーね、引っ切り無しに走っとる。
絶海の孤島も賑やかになったモンだ。

更に来月からは夏の臨時便として運航されとった水曜日のサンティアゴ⇔ラパヌイのローカル往復便(LA841-LA842)が再就航されて定期になるって話だし、若しかしたら近いうちに金曜日にも1本入るかもね、なんて噂も聞きます。
空路もドンドン忙しくなってくるわぃ、5年前は週に4本しか降りて来なかったのに。

なんかチョッとした切欠でラパヌイがコロンと風変わりしそーな気がしないでもない。モアイさんも色とりどりのネオンに煌々と照らされるよーな時代がいずれ来ちまうのかなぁ?
…なんて島の先行きが何故か妙に気になった一日でしたん。


※ 自然なままで聳えとるのが魅力なんだよね↓
tahai06.jpg




追記:
動画第2弾としてラノ・カウのカルデラ全景をアップしてみました。
写真だと広角レンズを使わん限りスポンと納まらんのですよ、地上からは。
それだけデッカい火口って事っす。

※ 前回と同じく画像をクリックすれば動画が観られますんで↓
動画へジャンプ
| 2008/04/18(Fri)23:02 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
ライトアップモアイ
コマリです。

ブログを書き始めるとともに雨が降ってきました。
昼間のうちに洗濯しておいてよかった・これからの時期はほんま気が抜けへん。天候が変わりやすいんですよね。雨降ったり、晴れたりとお天道さんのご機嫌次第。
これから冬になると空が違んですよ。
雲が多く寒くなる…。もちろん雨も多め。

因みに昨日の写真ですがこちらが昨日の村のメインストリート↓
ハンガロア村
夏はもっと青空が多いんですよね。

先週の金曜日に大雨の終日観光でした。一日ザーザー降り。もう合羽を着ていても濡れるくらいでしたんで、合羽が無ければ大変なんてもんじゃないでしょうね。ビチョ濡れで寒かったら最悪です。
皆さん来られる際には合羽はお忘れなく。

さて、昨日の仕事後にちょっと村内散策。
散策とは言っても、村の中心を少し回っただけですが。

19時過ぎに行ったんですが、日が沈むのが早くなったなーと再実感。
今日のネットでの日の入り時間は19時丁度です。これからどんどん早くなって行くんですよね。

散策途中に足を止めたのがライトアップモアイ。
なんか久々に見た感じ。日が沈むのが早くなって今じゃ19時半くらいにはライトアップされていましたよ。

まぁ、それにしてもライトアップモアイは違和感を感じます。
奇麗なのは綺麗なんですけどね。僕はやっぱり太陽に照らされたモアイのが好きです。
でも、折角来たのであれば一目見ていても良いんじゃないかと思いますよ。
(偶に何かしらの問題が起こったら、ライトアップがされてない事もありますので。)

これからの時期は暗くなるのも早いし、懐中電灯が重宝するかもしれませんよ。
場所によっては街灯も少ないですし、道はまだまだ舗装されてなかったりでつまずいてこけられる方も少なくないです。
夜道を歩かれる際には足元にご注意下さいな。
モアイライトアップイ
※村の運動場前のモアイです。
| 2008/04/15(Tue)21:17 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
新標識
金曜日に虹が出てからは、天候が比較的穏やかっす。
但し明け方にスコールがあるね、雲は多め。
今日は日中でも、陰ると肌寒いくらい気温が下がったし。

もう冬は目と鼻の先っぽい。


さて、モアイさんの耳が壊されちまった後、森林局のパークレンジャー達は以前にも増してピリピリしとります。管理体制がちょっと厳しくなったよーな。
まぁイキナリどやされる事はないでしょーが、「そんな事しちゃダメだよ」と言われたら従って頂戴な。

更にはいろんな遺跡に新しい標識が立てられましたよ。
景観を損なうのは不本意だろーけど、問題が発生したからにゃあ何とかせにゃならんワケで。

ここ1週間で新たに増えた標識を紹介しときましょか。

※1 “VAIHU:バイフ” 観光マナーが列記されたボードが↓
vaihu01.jpg

入り口付近の目立つ所に設置。かなりデカいし、スペイン語と英語に加え、フランス語、ドイツ語、日本語にまで訳されとります。
「もう『知らなかった』とは言わせんぞ!」てな意気込みが感じられますな。

※2 “VINAPU:ビナプ” 祭壇に登らないで↓
vinapu02.jpg

標識の後ろにある大きめの岩がモアイさん。祭壇の境目もハッキリしとらんから、目印がないと解り辛いよね。
因みに文字では“距離をとってください”と書かれとります。祭壇に近付き過ぎるなよ、と。

※3 “AKAHANGA:アカハンガ” 進入禁止↓
akahanga02.jpg

「こっから先は行っちゃダメよ!」って事。モアイさんや祭壇の欠片が散らばっとったりするんですわ。
これだって標識がなかったら解らんよなぁ。あって然るべきものがやっとできた。
つーか、ココに限っちゃ3、4年前まで通り抜け可能だったんだけどね…

※4 “TONGARIKI:トンガリキ” モアイさんに登っちゃダメ↓
tongariki08.jpg

このモアイさんは見晴し台として丁度好い具合に寝そべっとるから、よじ登られちまう事が随分と多かったんですよ。
寄っ掛かったり触ったりするのも当然禁止行為。

しかし標識の効果は否定せんけど、コレで大丈夫、なんて高を括ってたら不味いだろーな。「誰も見てないから…」なんて輩も少なからず存在するワケで、結局は何処まで監視できるか?がカギじゃないか知らん。
無論、訪れる各々がマナーを守るってのが理想だけどね…

それから今回立てた標識が何時まで持つか?ってのも疑問。
キチンとメンテナンスしないと、風雨に晒されるんだから直ぐダメになっちまうかも。
引っこ抜かれるかも知れん。

また喩え監視しとったって、管理側はモアイさんは島が想像する以上に人を惹きつけとる事を熟知すべきだよね。
耳泥棒は人が見とる前でも堂々とやってのけたんだし。

兎に角酷い事件が起こらん事を祈るばかりっす…

※5 標識がなくても問題なしってのがベストなんだけど…↓
tongariki09.jpg
| 2008/04/13(Sun)23:58 |
| [お役立ち情報]観光中の注意 |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
虹動画
昨日は朝からずっと雨。終日ツアーに出掛けとって旅行者さん達と一緒にびしょ濡れでしたわ…
レインコートがないと物凄く辛いっすよ、冷たい風も吹くから体温奪われ放題。

ツアーが終了して暫く経った夕刻、やっと雨が上がりましたん↓
arcoiris16.jpg

コマリ氏の前記事と被っちまうけど、2重で綺麗だったから虹画像。
まぁ好しとして頂戴な。

しかし虹がデカ過ぎてファインダに収め切れん。
よってムービーでも撮りました。
最近ブログに動画が挿入できるよーになったみたいなんで、コレを試しに利用してみましたん。

だけどブログにそのまま貼り付けると、どーしてもテンプレートが崩れちまう…
昨晩からいろいろ試してみたけど我輩の知識じゃあどーしよーもないみたいなんで、申し訳ないですが虹の動画はリンク先で。

※ 下の画像をクリックすると虹動画↓
動画へジャンプ

全体が拝めます。

このムービー、カメラの画質設定を最高にして撮っちまったから、たった7秒なんだけど10MBもあるんですわ。ダイアルアップでも何とかなるだろ、なんて軽く考えとったらアップに1時間以上掛かりまして…

だからって画質を落とすとよく解らん動画になり兼ねんし。
動画もちょくちょくアゲていきたいんだけれども、この環境じゃあかなり厳しいなぁ…
| 2008/04/12(Sat)17:33 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
虹の季節
コマリです。

偶に雨が降ったりもしていますが、全般的には良い気候ですよ。
相変わらず風が止まるとジメジメを感じますが、日差しが和らいでくれただけでも助かります。

これからの時期は雨が比較的多くなります。
とは言っても、この島の良い所は雨が降っても観光が出来るところ(※一部の観光ポイントは悪路で行けなくなる事はあります)。
モアイは雨でもちゃんと居てくれますのでね。
だから、これからの時期に来られる場合は雨、寒さ対策を万全にしてきて下さいな。
しっかりした雨合羽を持ってれば雨なんてそんな嫌なもんでもないですよ。
僕は普段活用の無い合羽を着れる楽しみだって沸いてきますよ。

因みに傘は殆ど役にたたんです。強い風を伴った雨なんてしょっちゅうある事なんで合羽が一番便利。
強風の中傘なんて逆に危ないですよ。

これからの時期には虹が見れる確立があがります。
大きな虹が出てるとやっぱり綺麗です。
虹 (6)
こんな虹はけっこうあります。もっと綺麗な弧を描いたのも珍しくないですよ。
僕は海でていた方が好きです。

下の写真はモアイの後ろにちょろっと出ていますね。
これはいまいちですね。もう少し大きく出てくれたら綺麗なんですが。
虹 (0)

今回はあんまり良い虹ではなかったですが、これからの時期に期待したいですね。モアイの後ろに綺麗な弧を描いた虹なんて写真に撮ってみたいですね。
よく見れると言っても毎日のように見られるわけでも無いから、結局は運が必要なんですけどね…。
| 2008/04/09(Wed)18:30 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
耳泥棒その後
未明に雨が降ったよーで、その後はジメジメな1日でしたん。
午後のツアー中にゃあ遠くで雨が降っとるのも見えたし、そろそろ本格的に雨季が始まるのかねぇ…

これから寒くもなってきますんで、レインコートと上着はお忘れなく。

さて本題、先日の耳泥棒事件
先週現場へ行った際に、耳を壊されちまったモアイさんの写真を撮ってきました。

※ アナケナビーチ、アフ・ナウナウの向かって左から3番目↓
naunau06.jpg

生憎の曇り空でバックが真っ白、ちょっと見難いっすが、右耳の最下部が抉り取られたよーです。
随分角度が違うけど、以前の写真と見比べれば解りますかね?

※ つまりココが破損箇所↓
naunau07.jpg

写真じゃちょっとだけ削ったよーにしか見えんでしょーが、このモアイさんは3mを優に超す体躯の持ち主。実際は両手に余る程の塊を削ぎ落としたそーです。

今日弁護士を生業としとる知人に訊いたところ、結局犯人へは、

・賠償金1万7千米ドル
・以後3年間ラパヌイへの渡航を禁止
・公な謝罪表明
・禁固刑(刑期未確定だが最長5年)


以上の刑が言い渡されたそーな。
更には5,600米ドルに昇るだろうモアイさんの修繕費も負担させられる見通し。この請求は禁固が確定する前にするそーで、そこで幾ら積まれるかによって刑期が変わるんじゃないか?と。

この罰金が適当かどーかは解らんですが、ラパヌイの遺跡を傷付けた旅行者に科せられるものとしては過去最高の額なんだって。


変わって別事件発生。
未だ事件直後と言うべき時なのに、今度はラパヌイが2名、島南部アカハンガの遺跡内に穴を掘ったとかで逮捕されちまったとの噂も。何でも家畜に与える水を得る為に地下水脈を探っとったとか。

これに対して現地人は、「いや、あそこは問題ないだろ?」と、かなり擁護的。
いやさ、喩えそーであっても今は疑わしい事をすべきじゃない時期だろ…

しかしウチの庭を掃除しとっても「こりゃどー見たってモアイさんの欠片だよな…?」なんて石がかなり出てくる現状、今後何処から何処までが遺跡なのか、だとか、キチンと線引きしていかんとさ、住んどる人間でさえワケが解らんよーになるぞ…
| 2008/04/07(Mon)23:55 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
空港大混乱
朝から降ったり止んだりっす。ザーッとスコールが来て晴れて、の繰り返し。
お陰でジメジメ。予定しとった庭掃除ができんなぁ…

それはそうと、ここんとこ空のダイヤが乱れとります。

先ずは水曜日のタヒチへ抜けるLA833便が、機材故障で約4時間の立ち往生。
旅客は全員出国審査を受けちまったモンで、空港から出るワケにもいかずに復帰を待つ破目に。

コッチも如何せん手の出しようがなく、万が一の事態に備えて空港の外で只管待機。
結局深夜01:30頃にやっと離陸。ヤレヤレ、お疲れさんでした。

同じ機材で翌日帰ってくるタヒチからのLA834便も当然4時間の遅延。
予め解っていた遅れだから島での混乱はそれ程なたっかんですが、先のサンティアゴでの乗り継ぎミスは何件かあったんじゃないかなぁ…

んで昨日と今日のLA841便は、逆に予定より40分以上早く着いて、早く出ちまった。
LANのホームページで確認する限りじゃあサンティアゴは定刻通りに出発しとるんだよな。気流に押されたか何かで飛行速度が増したのか知らん?

確実な現地到着時間はその便が出発してから1、2時間後にされるんで、送り出す島の旅行社もそれから送迎時間を変えたりと対応が大変。
その上今日は丁度日曜ミサの時間と重なっちまったから、出発する観光客も観に行っちまったよーで連絡すらとれん…

仕方なしに各ホテルにメッセージを残してグルグルまわって、帰ってきた人に事情を説明して順繰りに空港へ送る、なんて事を午前中一杯やっとりましたわぃ。

何とか全員無事チェックインさせて到着するのを迎えにまわったら、今日に限って半端ない人集り。
チリの“PELOTON:ペロトン”つー番組で5千万チリペソを獲得したラパヌイ、“マルティン・ヘレベリ”が帰って来るんだって。
実に予定より3週間遅れての凱旋帰島。それだけ便が混み合っとるって事か?

前にもちょっと書いたけど、5千万チリペソっつったら約10万米ドルっすよ、スゲェなぁ。
ちっこい島じゃあテレビで大金稼いだラパヌイが帰って来るのも一大事件。唄って踊って最上級のお迎えってなワケですよ。

(多分今だけだろーけど、ココをクリックしたらペロトンページでヘレベリさんの授賞式動画が観れます。)

しかし空港出口の前で通せんぼ状態での騒動だから、他の旅客が外に出れん。
到着したお客さんを探して引っ張り出すのにまた一苦労…
盛り上がるのは好いけどさ、もーちっと場所を考えれ。

運航便ダイヤの乱れにも要注意っすが、最大の混乱はヘレベリさんの到着だったわな。

※ 中央坊主頭が故郷に錦を飾ったヘレベリさん。人多過ぎ…↓
aeropuerto03.jpg
| 2008/04/06(Sun)17:39 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
明るい写真?
コマリです。

昨日、今日と過ごしやすいです。
日差しも強くなく、風も心地好いです。多少のジメジメはあるものの快適。
でも、油断ならないのが島の天気。この間までの晴天は何だったのと思うくらい天候は変わりやすいです。

今日のテーマ明るい写真です。イースター島のブログなんでモアイの写真をメインで。
ブログをざっと見ていて前回2記事の写真が非常に暗いのが妙に気になりました。
今回の写真は明るく行きましょうということです。
20080405 (0)
まずは今日のモアイ。
午前中日の当たりもよく綺麗に撮れました。
ここタハイは夕日が綺麗に見える場所で有名ですが、モアイを綺麗に撮るなら午前中が良いです。しかもなるべく早い時間がお勧め。

20080405 (1)
モアイとは違うけど、この写真なかなか明るいんじゃないですか?
ランタナ(和名:紅黄花)のつぼみです。この島ランタナよく咲いています。これも個人的にけっこう好きな花。
流石のモアイも明るさでは花に勝てへんか…。仕方ないです。迫力勝負だったらモアイの勝ちです。

20080405 (2)
次の写真は白い雲、青い空、青い海、お昼寝モアイ。
昨日のラノララクです。天気も良くて気持ちよかったですよ。この調子で天候が続いて欲しいもんです。

20080405 (3)
最後にもう1つラノララクのモアイさん。

こうして見るとモアイの写真あんまり明るくないな。やっぱりランタナの写真が一番明るいか…。
でも、夜の写真よりはずっと明るいので良しとしましょ。
| 2008/04/05(Sat)18:05 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
サザンクロス
こんばんは、コマリです。

今日はほとんどオフィスに居たんですが、オフィスの中は何かじめじめしましたよ。
外に出ると風があって気持ち良いんですがね。
でも、日が沈んで、暗くなってくると少し冷え込みますよ。

さてさて、今日は柄にもなくお星様について。
この島は当然南半球に位置するわけです。だから観光客の方からよくこんな質問が。
「南十字星ってみえますか?」
答えはもちろん見えます。これから冬の時期は比較的見えやすい。
夏は遅くまで起きてないと見れないんですよね。でも、今の時期なら暗くなるのも早いし、見やすいですよ。
もちろん、天候次第なのは言うまでもないですが。
今さっき南十字星撮ってみました。下の写真で南十字星分かりますか?
南十字星
※写真クリックしてくれれば少し大きくなります。

知ってる方ならさほど難しくないですよね。
星は1度見えたら簡単なんですが、見えるまでは見つけにくい。

南十字星は近くに分かりやすい2つの恒星があります。
僕ははじめの頃この2つを目印に覚えました。因みに2つの恒星はケンタウルス座のハダルとリギルケンタウルス。
明るく並んだ二つの点の近くに小さな十字架があればそれが南十字星。
偽十字ってのもあるんですよね。こっちのが大きいんです。でも近くに2つの明るい恒星があるかどうかで分かるかと思います。
一応念の為、雲にかかって見えない事もありますのでその辺は見極めて下さいな。夜空では雲によっては雲があるのが分からない事もありえますので…。
因みに時間帯によっては横に見えたり縦に見えたりしますので。南の点を中心に回転していますので当然ですよね。

それにしても星の写真は難しい…。
今回は僕がいつも使っている普通のコンパクトデジカメで撮影。
マニュアルモードで15秒レンズを開けっぱなしで撮りました。この場合三脚は必需品。
三脚使ってセルフタイマーまで使って撮影したのに若干ぶれています。地面が緩かったのかな…。
何回か撮り直していると雲が出て来て終了。星が全く見えません。

この島は雲が無くて月の光が無い時には星がめちゃくちゃ奇麗に見えますよ。
天の川もいつもの事ですし。流れ星も直ぐに見えます。

気をつけないと行けないのは星が奇麗でも星を見ながら歩かない事。
舗装状況の悪い上に街灯も少ないここでは夜道を歩く時には足元しっかり注意して下さいな。
間違っても星見ながら歩かない事です。それでつまずいてこける方がいますので…。
星を見るなら歩かない、歩くのであれば足元注意です。

上の写真で見つけられなかった方は下の写真を見たら分かりますよね。
南十字星-2
※写真クリックしてくれれば少し大きくなります。

| 2008/04/03(Thu)01:01 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
スッキリしない停電
コマリです。4月に入りましたね。

サマータイムが終わりまして急に日が沈むのが早くなって変な感じです。でも朝は日が昇るのが早くなったお陰で朝日の登る前に起きなくて良いので助かります。

最近は雨も少なめです。
昼間は暖かくて気持ちよかったりもしますが、朝晩は冷え込みます。そんな天気なので体調崩し気味な島民も多いですよ。
実はそんな事を言ってる僕も体調崩し気味。鼻水と咳。
風邪なのかなと思ってたんですが、最近アレルギーなのかもと思うように。鼻水がアレルギーっぽいし、偶に鼻水が出るんですよね。偶に出るというのがアレルギーっぽい。しかも1回出ると止まらない。
なんか変な花粉でも飛んでるのかな。それ以外は至って健康です。

さて今日は昨日の停電について。
ここ最近は停電が少なかったんですね。以前はよくあったんですがね。
整備もだいぶされてきたのかななんて思っていたんですよ。

そして昨日、久々に停電したんです。

オフィスに居たらいきなり電気が落ちたんです。
いつも停電があるとコンセントを抜くんですね。電気が復旧した時に過電流が流れるかもしれないからです。
いつもの如くオフィスのコンセントを抜いて家のコンセントを抜きに行こうと外に出ると、隣のレストランは電気がついてます。
うちのオフィスだけかと思い周りを見渡すと、オフィスの前のスーパーは電気が消えています。

更によく見ると、ミニマーケット、インターネットショップ、レストランと3件並んだ所は真ん中のインターネットショップのみ消えています。なんかめちゃくちゃやな…。

停電はする時には区画単位でしますよね。若しくはうちのオフィスだけならまだわかるんです。
今回のは何かいい加減と言うか中途半端な停電です。
停電するなら区画単位でして貰わないとスッキリしーひん。
そもそもなんでこんな事が起こるのかがちょっと不思議。

その約1時間後には何区画か纏めて停電。
これでスッキリです。普通の停電ですね。

外の様子を見に行くと停電復旧の為の工事を近くでしていました。
ひょっとすると復旧工事の為に電源を落として、数区画単位で停電になったのかも。
復旧工事の甲斐もあって22時半頃には電気が来ました。

こういう工事の方は大変ですね。
ほんまお疲れ様でした。

因みにご来島の際には懐中電灯を持参するといざという時に役立ちますよ。あと、暗い夜道にも。
停電工事
※島にも高所作業車があるんですよ。
| 2008/04/01(Tue)18:48 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。