世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200801« 1234567891011121314151617181920212223242526272829»200803
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
ルールは守って楽しく観光
コマリです。

久々ですが早速本題です。

今日は島内観光の注意事項っす。
一昔前に比べれればずいぶん看板・標識も増えたんですけどね、看板を見る前にモアイに触ってしまう可能性も十分にあり。まだそれぞれの観光ポイントにあるわけでもないんですよ。
だから今回は基本的な事ですがお知らせします。

それではまず1つ目。
kanban (8)
絵でもだいたい分かりますよね。こんなんは優しいですね。
遺跡物からは距離を保って下さいねと言う事です。
モアイのある周りにはアフ(Ahu)と呼ばれる祭壇部分があるのがほとんどです。その祭壇(アフ)内には入れませんのでご注意くださいね。言うまでもなくモアイ等の遺跡物に触るのは禁止されています。うっかり手が出そうなところもありますがご注意ください。

2つ目です。
kanban (4)
遺跡物の上を歩かないでという標識ですね。特にオロンゴのところは危険ですね。道を外れなければ問題ないのですが、うっかり道を外れると石室の上を歩くことになるかもしれません。正直簡単に崩れてもおかしくないです…。危険なんで道がある所は道を外れないように気をつけましょう。因みにオロンゴはうっかり崖に近いづいて落ちたら洒落にならんですので。約300mの崖をダイブする事になりますよ。

3つ目です。
kanban (2)
もう常識ですね。ゴミを捨てていかないという事です。これは細かく説明する必要もないですね。

お次は4つ目。
kanban (3)
キャンプ禁止の標識。特にバックパッカーの方に多いと思いますがキャンプをして回ろうとしても禁止されていますのでご注意ください。キャンプは村内のキャンプサイトがあります。そこなら大丈夫です。

5つ目。
kanban (0)
遺跡物に入らないで。遺跡物には近づけないという事はもちろん入口があろうとも入れないですので。何となく入りたくなる気持ちは分かりますがダメです。しかも遺跡物が崩れてくる危険性も十分にありますので危ないですよ。

最後、6つ目。
kanban (6)
ペトログリフ(岩絵)には触らない。岩絵はどこにあるか分かりません。岩を触る際には十分に注意して下さいね。

ここに書かれてる事が全てではないですが観光の際の基本的な注意事項です。

正直言うと、祭壇内に入るなと言われても境界線が記されている訳でもなく分かりにくい所が殆どです。ガイドがついて回るのであればどこがダメでどこが良いのか聞けますが、ガイド無しでは判断が難しいです。
ガイド無しで回られるのはけっこうですが、細心の注意を払ってくださいね。遺跡物はほんまにもろかったりしますので。

皆さんルールは守って楽しく観光しましょうね。
スポンサーサイト
| 2008/02/28(Thu)20:18 |
| [お役立ち情報]観光中の注意 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
そろそろ打ち止めサンライズ
本日も晴天なり。空の端っこのほうに申し訳なさ程度に雲が浮かんどるだけでした。

この暑さ、何とかならんモンか知らん?
パソコンもへばっとって、湿気を抜いてやらんと旨い事立ち上がらん始末。
そろそろ夏が終わる筈だ、もうちっと踏ん張れ。

今年のお天道さんは2月も終わりだってのに未だ未だ弱まる気配を微塵も感じさせんねぇ。寧ろこれから夏ですよ、みたいな陽気。
そうカッカすんなよ、そろそろ落ち着け。

しかしこのあいだの日曜日に朝日を拝みに行ってみたら、随分と北寄りに傾いたなぁと感じましたよ。
昇ってくる方角が明らかに違うのよね。しかも日の出は8時過ぎ。
もう晩夏なんだわな、と。

サンライズツアーはそろそろ催行できん季節に入ります。4~9月頃は天気に恵まれん日が更に増えるし、オマケに朝日はモアイさんの後ろから昇らず、隣の半島に隠れちまうんですわ。
業者さんもお休み体制に入っちまうし。

特に今年は急遽告知されたサマータイムの延長で、3月後半は日の出の時間がトンでもなく遅くなります。
今年の夏時間最終日と予告されとる3月29日なんて8時半近くまで日が昇らんよ、ウヘェ…

こりゃあ毎日朝日を観に行くよーな調子で起きなけりゃならんって事だよな?
夜更かしと深酒は控えんとね、ガイドが寝坊しちゃあ格好が付かんからさ…

兎に角もうちっと涼しくなって欲しいモンです。


※ 因みに日曜日はバッチリ拝めましたん↓
amanecer04.jpg
| 2008/02/27(Wed)23:57 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
行きはヨイヨイ帰りは…
こんちお日柄も過剰に好く、風通しの悪いオフィス内にて汗だく状態で勤務しとります。
日曜から目立った雨がないのは喜ばしいんですがね、今度は蒸し暑くって敵わん…

住んどる家は全面ベニヤ張りだから、帰って暫くは灼熱地獄。お天道さんが沈むまで室温が下がらんのですよ、文字通り蒸し焼き。
夕暮れ時にでもパァッと降ってくれりゃあちっとは涼しくなるのに。

…しかしなんだ、人間ってのは我侭だねぇ。晴れ続けりゃあ雨よ降れだの、暑い夏にゃあ冬が恋しいだのと。
「黙って耐えろ!」なんてモアイさんから怒られそーです、我輩が…


暑い中、ここんとこ空港が騒がしくあります。
ラパヌイからサンティアゴへ戻る便がほぼ連日、満席以上な具合。
つまりオーバーブック状態。乗れん旅客が続出しとるんです。

祭を楽しみに来た観光客は引き上げ時だし、夏休みを利用して帰省しとった学生達も、そろそろ授業が始まるってんで本土へ向かう。
更に島で事業を営んどるラパヌイも、儲かった金で家財やらの必要物資を買い込みに行きたい時期だし。

んで追い討ちを掛けるよーに、今年は島までの片道チケットだけで来ちまった旅行者がかなり居る模様。
運行便はパンク寸前っす。

今の時期でも、去年まで事態がこんなに混乱する事はなかったなぁ。オーバーブッキングはあったけど、それが慢性的に続くとは誰も予想だにしなかった。
乗れなくても大方は次の便、翌日か翌々日にゃあ島を去って行った筈。

でもこれは既に復路のチケットが手元にある場合の話。
「現地に行っちまえば何とかなるだろ。」的に片道で来ちまうと、戻りはいつになるか解ったモンじゃあない。

チケットを確保しとらん、つー事は、島の出入りを一手に引き受けるLAN航空も責任を取ってくれんからねぇ。次の空席を販売するのみ。
それが1ヶ月くらい先なのが現状。

若しくは空港でウェイティングを掛けて、空きが出るのをただ毎日只管待つ。
とは言え既にオーバーブッキングがあるくらいなんだから、望みは絶望的に薄いっすが。

加えて島への往路はここへきてちょっとだけ空きがある様子。
これが罠だな、片道で入れる余地ができちまった。

旅程に充分な余裕がありゃねぇ、「んじゃノンビリと待ちますか。」で済むんだろーけど、そんな人ばっかりでもないだろーし。
その上物価は高いし、島に1件のみ存在する銀行と、2基のATMはあんまり融通が利かん。
殆どのシティバンクカードさえ通らんのよ。滞在が延びて手持ちの金が尽きたらどーすんだって…

兎に角予防線を旅行者自らが張るしかないよーです。
特に繁忙期に当たる12月~3月は、片道のみで来島したらドツボに嵌っちまいます。
キチンと帰りの事も計画してお越しくださいな。

また既にチケットを持ってても、安心して時間ギリギリまでフライトチェックインを見合わせるのはお勧めできませんな。運が悪けりゃ席が埋まっちまってて強制的に次便待ち、つートラブルも想定し得ます。
尤も空港までの送迎サービスを頼んでおけば、適度な時間に送り届けてくれる筈ですが。

空港から村の繁華街まで歩いても20分程度っすから、先ずはチェックインを済ませて、その後指定されたボーディング時間に間に合うよう空港へ戻る事だって可能。
自身で行動する自由旅行者は、特に気を付けて頂戴。

※ 毎日ドカドカっと乗り込んどります↓
lan11.jpg
| 2008/02/26(Tue)20:15 |
| [お役立ち情報]フライト 入国 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
スコール対策 あと雑記
今日は雨もなく穏やかな1日だったんですがね、昨日は参った。
ツアー中、それも車から降りて1時間程散策するポイント、ラノ・ララクで半端ないスコールっすよ。土砂降り。
遊歩道じゃ雨宿りする場所なんて皆無だからグチョグチョになっちまったい。

ラパヌイじゃ風も強くて横殴りの雨だから、傘じゃ煽られて結局ずぶ濡れ、てな場合が殆どっす。
どんだけ酷い雨か、前記事のコマリ氏の写真を見りゃ解って貰えるかと。

更に主要な観光ポイントだって足場が悪かったりで、手が塞がる状態をつくっちゃあ寧ろ危険度が高くなるワケでして。
街中を歩くよーな感覚で居ったら不味い。

乾季だ夏だと言ったって降るモンは降るし、ガイドが幾ら努力したって止められるモンでもないっすから、レインコートは必須。時期問わず、是非持参して常備くださいな。

悠長に傘拡げたりなんかしてたら、逆に周りから笑われちまうよ。
格好付ける必要は皆無な島っすから。


ところで全然関係ない話なんですが、チリ本土でも毎年恒例の“ビーニャ音楽祭”が何時の間にか始まって盛り上がっとる模様。
昨日はそこいら中から「お前、ジャーニーの新ボーカルに似てるな!」と散々言われました。どーやら一昨日出演したらしい。

テレビで放映されてても観てないんで、どんだけ似てるんかな?とジャーニーのホームページ(journeymusic.com)で写真を確認したんだけど、???な感じ。
ロン毛で垂れ目のアジアンなら誰でも同じに見えるんだろーか…

新ボーカルのアーネルさん、一部からは非難もあるよーですが、んま同顔属同士、異国で精進したりましょーや。


しかし近年は頻繁に雨に悩まされるなぁ…

※ コイツはびしょ濡れになっても帰ってきて寝るだけだが…↓
kuri23.jpg
| 2008/02/23(Sat)23:55 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
スコールなんて事も多々
コマリです。

今年もお祭りが終わってもランの就航便は一杯一杯のようです。
観光客の方が増えるのは大いに結構です。
でも、最近天気が難しい。まぁ、年中難しい天候でもあるんでいつもの事と言えばいつもの事やねんけどね。

スコールな雨が良く降ってきてくれます。今日の朝も結構降りましたよ。
メインストリートが川になりかけていました。
このスコールいつ来るかはもちろん読むのは難しい。天気予報もよく聞かれますが、参考にはなっても信用のし過ぎは禁物。よって島には雨合羽必要ですよ。
今の時期は夏季に当たるんですが油断大敵。
以前に比べたらだいぶ減ったんですが、それでも“乾季だと思ったんで雨合羽持って来ませんでした”と言うような声があります。

気のせいかもしれへんけど、合羽を持ってきていませんという方がいる時に雨が合う事が多いような気がします…。みんな持ってると“持ってきたけど結局使いませんでした。”なんて感じだったり。

この島の観光は降ってきたら雨宿りすれば良いなんて簡単にはいきませんよ。
場所にもよるけど雨宿りできるような場所がない所も多いです。
雨合羽を持っていれば雨を楽しむ事も可ですが、無いと結構辛い(経験談)…。
一時的な雨でも一瞬にしてびしょ濡れになりますよ。
そんなんで体調崩して折角の旅行がおじゃんですよ。更には島には診療所みたいな病院しかないんですね。その辺も怖いです。ひどい病気はできません。

良い思い出にするなら備えは充分にして来る事お勧めします。

それにしてもスコールの時は涼しげで良いんですが、その後はムシムシ指数が高めです…。
スコール (0)
※雨の中、飛ばす車も多いので要注意。
| 2008/02/21(Thu)19:08 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
月食観測
今しがた、2月20日22時頃からラパヌイにて月食観測。
面目ない事に知らなかったわ…

夜の便で到着されたお客さんの送迎中に開始。
※ 仕事が終わって慌てて撮ったのがコレ↓
eclipse01.jpg

いやぁ、我輩のカメラじゃ望遠利かんわ3脚なんて持ってっとらんかったから手ブレするわでこれが限界…

しかし月だけじゃ寂しいよな、と帰宅後更に慌てて最も近いモアイさんが居る海辺へダッシュ。
でも生憎の雲で、その後1時間程ボーっと待つ羽目に…

※ んで0時頃になんとか撮れたのがコレ↓
eclipse02.jpg

雲がスカッと晴れてくれんかったし、拝めた時にゃあ流石にもう欠け具合も小さかったけど、まぁヒーコラ走った甲斐はあったかねぇ?

って事で急遽アップ。
| 2008/02/21(Thu)02:54 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
タパティのオマケ Ⅴ
コレでラスト。タパティの裏画像。
パレードその2。もう飽きたとか言わないで…

※ 何はともあれパレードの醍醐味は男性諸兄の気合いかと…↓
tapati200846.jpg

我輩個人的には思いますな。普段は温厚そーなアニキも、この日ばかりはと血相変えて踊り狂う。

※ 近付くともっと迫力↓
tapati200847.jpg

何て表現すればいーのか解らんのですが、人間が真剣な表情を目にするのって滅多にないよね?
感動、つーか、そこまで思い入れる事ができるのを、純粋に羨ましく感じます。
カッコ好いですよ、文句なしに。

※ 山車上にゃあラパヌイきっての踊り手、マヌ(左)とガビ(右)も↓
tapati200848.jpg

※ そのうちもう1人の達人、ティトも壇上へ↓
tapati200849.jpg

この3名のダンスはズバ抜けて巧い上に、画になる風貌まで備えとる。
コイツ等が組んだら向かうところ敵なしだわなぁ、3人とも女王に選ばれたルーシーさんのグループでしたわ、やっぱり。

最後に、2008年パレードで最も魅入っちまったラパヌイ2名をアップして〆括り。
※ 心から和みましたわぃ↓
tapati200850.jpg

スッと周りの喧騒が気にならなくなるよーな表情でした。
島がいつまでも平和であれば好いな、と。


てなワケでしつっこくアップしてきた2008年タパティもお仕舞い。
ご清覧ありがとさんでした。
| 2008/02/21(Thu)02:23 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
タパティのオマケ Ⅳ
今日が明けたらちと外回りが多くなるモンで、残りの秘蔵画像をスパッと紹介しちまいます。
宣言通りタパティ最大の見せ所、パレードの様子っす。

※ パレードにゃトラクタを飾った山車が↓
tapati200841.jpg

左隅に写るハンドル握ったおっちゃんが細心の注意を払って安全運転。
なんせ周囲はパレードに参加しとる輩と、我輩のよーに写真を撮りまくって縦横無尽に駆けずり回る観光客でごった返しとるからね、そこをソロソロと進むワケですわ。
縁の下の何たらだな、おっさん達のお陰で怪我なく楽しめる。ありがとさん。

※ 小っこい赤ん坊だって祭となりゃあ裸んぼ↓
tapati200842.jpg

つーかフンドシも着けとらんなぁ…
フリーダム。

※ しかしこのラパヌイはホントにかっこ好かったわぁ↓
tapati200843.jpg

何でも衣装は亡くなったお母ちゃんの形見らしい。ここ数年間誰にも見せず衣装棚の中に眠らせといたみたいなんだけど、今年は感極まってお披露目。
祭の後も、数日はラパヌイの間で「今年は何と言ってもこの親父が凄かったよな!」と評判でしたん。

※ 犬だって衣装を纏います↓
tapati200844.jpg

土佐の闘犬みたいだな。根は人懐っこいからか、噛み付かれるこたーなかったですが。
どっちかっつーと犬のほうがオドオドしとって、飼い主の足元をウロウロするばかり。

※ 全力を注いだパレード後、オバちゃんは何を想うか?↓
tapati200845.jpg

ホッとした瞬間。炎天下を数時間練り歩くんだモンな。お疲れさん。
披露された山車は、終点のメイン会場脇でその晩限りライトアップされます。

お次はパレードその2。未だ続くか…
| 2008/02/21(Thu)01:38 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
タパティのオマケ Ⅲ
昨晩遅く、土砂降りで雨漏りに悩まされましたが、今日の日中は雨なし。
ネット天気予報じゃあ“土曜日まで雨“となっとるけど、ハズれる事を祈るのみだな。

しかし異常にムシムシ。頭がボーっとしちまいます。
ボーっとし過ぎる前にタパティのオマケ画像、アップしましょーか。

※ 11日目、貝の首飾り作成コンテストにて↓
tapati200836.jpg

左からメラヒさん、ルーシーさん、ビビアナさん。女王候補だった3人ね。
パレオを纏うメラヒさんは、大会中盤からこの日に掛けて体調を崩しちまったらしい。

しかしメラヒさんと他の2人にビミョーで意味深な空間があるな…

※ 続いてまたまた夜の部↓
tapati200837.jpg

今回のステージじゃ濃厚チークダンス的な場面も屡。ブチューとしとるみたいだね。
チラッと見える御々足がなんともセクシーっす。

マタトアも大熱唱↓
tapati200838.jpg

メタル調に弾くエレキギターやシンセ等、ゲストプレイヤーをも交えての大所帯。
近いうちに発売する予定らしいDVDに収録する為の撮影、録音もしとりました。
新曲も披露されたんだけど、なんか物凄くロック寄りになってラパヌイ色が薄れちまってたなぁ…

※ 今年のタパティで最も旨く撮れたカイカイ写真も↓
tapati200839.jpg

如何せん夜のステージにチョコンと座ってのあやとり。更に動くモンだから撮り難いったらありゃしない。
若い娘も出演してましたけどね、やっぱりオバちゃんのほうがドッシリしとってブレが少ない。

もっと観たい方々は、去年の写真(ココをクリック)も併せてどーぞ。

※ 今年はアコーディオンでの独唱もありました↓
tapati200840.jpg

ファルセット気味に唄うモンだから、好い感じに哀愁が漂います。
島じゃアコーディオンを“UPA UPA:ウパ-ウパ”と呼んどって、結構頻繁に用いられるお気に入りの楽器っす。

次回はパレードの秘蔵写真。
しつっこくアップしてますが、もうちょっと付き合ってねん。
| 2008/02/20(Wed)19:37 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
タパティのオマケ Ⅱ
正午過ぎにスコールがありましたが、概ね晴れ。
湿度も上がって暑い暑い。汗だくでパソコンを叩いとります。

兎に角タパティのオマケ写真。今回も5枚公開、と。
早速。

※ 夜のダンスはオバちゃん達だってハッスル↓
tapati200831.jpg

ある意味貴重な瞬間。昔取った杵柄で、達者な姿をアピールっす。
通常催されとるショウじゃあ若い娘しか踊らんからねぇ。

※ 犬もハッスル…↓
tapati200832.jpg

「オイラが主役!」とでも言わんばかりにステージ中心を陣取っとりました。スペシャルゲスト気取りだなぁおい。
結局ダンサーに旨い事、曲に合わせて摘み出されましたが。

※ そんなステージの裾におとーさんが↓
tapati200833.jpg

息子が踊っとるんだろか?我輩も小さい頃、何かしらイベントがある度に親父にガッチリマークされて撮られまくっとったよなぁ。
何処の父親も一緒だ。

※ 会場にゃあ仮設の呑み屋がズラリと並びます↓
tapati200834.jpg

ショウを鑑賞しがてら呑み喰い可能。営業時間は翌朝まで。
しかし今年は去年よりも現地人客率が高かったなぁ。

※ 祭の名物は串焼き“ANTICUCHO:アンティクーチョ”↓
tapati200835.jpg

基本は牛肉なんだけど、豚や鶏もありました。
店によって味付けなんかが違うから、日替わりで喰い歩いてみるのが粋な楽しみかた。

カワイイ娘やカッコいいアニキに見惚れるのもいーけど、その脇にちょっと目をやりゃまた違った意味でオモロイんですな、タパティは。
| 2008/02/19(Tue)18:22 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
タパティのオマケ Ⅰ
年間を通して最大の祭が終わったラパヌイ、心成しか静かになりました。
今日は雨もなくって平和な暑い1日でしたわぃ。


島は落ち着きましたがね、興奮冷め遣らぬうちにタパティの期間中に撮り溜めた膨大な写真の一部を、数回に分けてアップしときましょーか。

如何せん忙しくてあんまり更新してなかったモンね。
お蔵入りにゃ勿体ない“裏タパティ”を選りすぐって紹介。

※ 先ずはバナナレース直前の選手↓
tapati200826.jpg

ウォームアップも済んでいざ出陣、てな表情。
意外と重いバナナの房を運ぶに当たり、気合いを充分に補填しとかにゃあならんのです。

ハカペイだって気を抜けませんわな↓
tapati200827.jpg

丘の上じゃ競技の前に咆哮が飛び交います。
なんせ傾斜約40°の坂をプロテクタなしで一気に滑り降りるんだから怖くないワケがない。
競技者は緊張感でピリピリしとります。

※ 変わってお次は波乗り大会の後↓
tapati200828.jpg

ボーっと見学しとったガキンチョも後片付け。偉い!
祭はラパヌイ全員でつくり上げるモンだよね。

※ 当然ローカルテレビ局も撮影↓
tapati200829.jpg

放送は今週末かな?カメラを持って至る所に現れとりました。
イヤイヤ、記録するのは大切な事よ。彼等の奮闘だって馬鹿にしちゃあいけない。

※ 一息吐いた瞬間でさえ絵になりますわぃ↓
tapati200830.jpg

こんなに素敵なシルエットに出会えたのは久し振りだな。
遥か昔もこんなラパヌイが居ったかも知れんねぇ。


…と今回はとりあえず小手調べの5枚。
未だ未だ出しますんで、乞うご期待。
| 2008/02/18(Mon)23:59 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
2008年 タパティ終了
いやはや賑やかな日が続いとりましたが、2008年のタパティも終わっちまいましたよ。

今年は主たる女王コンテストも三つ巴の戦いとなり白熱しとったみたいで、去年よりも夜の会場屋台に呑みに来とった現地人が多かったよーに思いますわ。

何はともあれ、今年のラパヌイ女王の栄冠に輝いたのは、“LUCY HAOA TUKI:ルーシー・ハオア・トゥキ”さん。
※ おめでとさん↓
tapati200824.jpg

大方の予想を裏切ったかどーかは知りませんが、蓋を開けりゃあダークホース的な候補者が快勝。
ビジュアル的にゃあ我輩は別候補のメラヒさんビビアナさんをより推しとったんですけどねぇ…

んま、サポート陣のダンスとパレードの山車が段違いに凄かったからね、それらを加味すりゃ順当な勝利かな?
しかし大きな声じゃあ言えませんが、美少女コンテストぢゃないんだな…と思い知らされた年でしたん。


兎に角騒がしかった祭もおしまい。お疲れさんでした。
来年はどんな女の子が候補に挙がるんでしょーね?

※ 最後は花火で締め括られました↓
tapati200825.jpg
| 2008/02/17(Sun)02:04 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
テンション最高潮 パレード2008
コマリです。

昨日お祭り一番テンションの上がるイベント、パレードが無事に開催されました。
もうなんせメインストリート中見渡す限りボディペイントした人たちがわんさかと居てはるんですよね。

そしてメインストリートを練り歩くわけっす。山車もあるし、そこら辺で踊ったり、歌ったり。
なんと言ってもこのパレードは観光客も参加OK。

そんなパレードを写真でご紹介。
先ずは山車↓
タパティ パレード (0)
これはモアイがてんこ盛り。他にも木彫りの作品を並べた山車と岩絵をモチーフに作ったと思われるものなんかがありました。各女王候補者一つずつ山車があるんですね。

いろんなボディペインティングしてる人がいるんですよね。
もうあちこちにいるんで面白いですよ。
タパティ パレード (1)

こりゃ目立ちます↓
タパティ パレード (6)
真っ黄色です。島でも有名なダンサーさんお二人。
あと、これも言っておかなければならんのかな。トップレスのお姉ちゃんもたくさんいます。
ほな、写真も載せろって言われちゃいそうですが…。

メインストリートはこんな感じ↓
タパティ パレード (3)
ゆっくりゆっくり練り歩くんです。居るだけでなんかテンション上がり気味。

ボディペインティングも良いですが下の写真のようなおっちゃん。
激シブです。シブ過ぎる。もう勝手にミスターラパヌイの称号を上げたいくらい。ミスターラパヌイにしては年が行き過ぎてるか…。
タパティ パレード (4)

パレードはメインストリートを歩いてそのままメイン会場のハンガ バレバレへ。んで、そのまま各チームのダンスショー。
やっぱお祭りの中でもこれは楽しい。去年よりか若干盛り上がり方がいまいちだったような声もありましたが、充分過ぎる内容でしょう。
また来年が楽しみです。
タパティ パレード (5)
※子供達もみんなテンションあがり気味。
| 2008/02/15(Fri)07:59 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
夜のタパティ
コマリです。

只今、お祭りのパレード直前。
メインストリートではボディペインティングした人がたくさん歩いていますよ。
これがやっぱり一番楽しいかも。今日は天気も良いし、去年のような延期はなさそう。

なかなか昼のお祭りは見に行けへんねんけど、夜は比較的行けます。
とは言え毎晩は流石に無理ですが。島民も最初の中だるみか中盤からは若干少なめ。

さて、夜の部を写真を含め少し紹介。
先ずはこちら↓
タパティ 夜の部 (0)
ラパヌイ最強決定戦と言いたい所ですが違います。劇です。ストーリーの1シーンです。
なかなか演技してる方の動きが怪しげで個人的には好きでした。

お次は下の写真、ウテ(UTE)といって昔の歌。
弦楽器などは使わずに歌っています。石を叩いたりしてました。
これはこれで良いですよ。何よりも歌ってる人の顔が楽しそうで良い感じ。
残念ながら写真にそれが撮れないのが残念…。
タパティ 夜の部 (1)


最後にカイカイ(KAI KAI)。ラパヌイの綾取りです。
昔、口承伝説で伝えていたんですが時には綾取りをしながら伝えたそうですね。
はっきり遠くで見ると何やってるかよく解らんけど、それが島っぽくておもろい。
偶に失敗ってのも愛嬌です。
タパティ 夜の部 (2)


他にも日によっていろいろ。
ダンスはよくやっていますね。大人数で踊るのもあるけどおもろいですよ。

こんなお祭りも16日まで。
過ぎてしまえばあっという間ですね。

さて、それではパレード楽しんできます。
| 2008/02/14(Thu)04:32 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
フンドシトライアスロン
暑い日が続いとる上に昨日の晩は嵐。
祭の夜のステージが終わった後だったから好かったものの、翌日早朝まで土砂降りでしたわ。

オマケに今日の午前中は早い時間から停電。
参ったね…


タパティも終盤に入っとりますが、レポート先週土曜日のラパヌイ式トライアスロンまで遡りましょーか。

競技を掻い摘んで説明すると、カルデラをトトラの舟で縦断して、バナナを担いで岸を疾走、カルデラを今度はトトラの浮きを使って泳いで渡る、力技で勝利を捥ぎ取るレース。
しかもやっぱりフンドシで。

去年は忙しくて残念ながら観に行けなかったんですがねぇ、今年は運好く観光案内でその場に居ったモンだから、ツアー参加者さんと一緒に観戦。
成人クラスは見逃したけど、続いて行われたの青年クラスにゃ間に合いました。

会場はモアイさん観光のハイライトでもあるラノ・ララク。

※ 山の内側にあるカルデラで開催↓
tapati200817.jpg

幾らシーズンの観光日和っつったってここまでは集まらんわな、てな程観客がギッシリ。
我々の到着とほぼ同時に青年クラスのレース開始。

メインの観戦場所とは対岸からスタートするんではじめは何をやっとんのかサッパリなんですが、近付いてくるとトトラで編んだカヌーみたいなのを漕いでんのが解ります。

※ こんな感じで↓
tapati200818.jpg

※ 岸に辿り着いたらソコに置いてあるバナナを担ぐ、と↓
tapati200819.jpg

んでズダダッと走ってくワケですが、観る側もおしくら饅頭状態で写真が旨く撮れん…

※ これが精一杯。勘弁…↓
tapati200820.jpg

青年クラスはカルデラを半周してスタート地点へ戻り、また水中へ。
(因みに成人クラスはカルデラ1周半…)
波乗りに使うよーなトトラの浮きを利用して只管泳ぐ。

※ 最後は観客の前でゴールイン↓
tapati200821.jpg

…と写真を選りすぐってもイマイチ雰囲気が伝わりそーにないな。
如何せん今回は場所取りに失敗しちまった為、あんまり好いのが撮れんかったんですわ、スンマセン…

兎に角夏のアツい漢気レース。お疲れさんでした。
続きを読む▼
| 2008/02/13(Wed)23:58 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
遠くでバシャバシャと…
申し訳ない事に先週は祭の中継が儘ならん程忙しかったんですがね、一段落着いたんで再開っす。

因みに天候にゃあ月初めに荒れた後は概して恵まれとるんだけど、如何せん暑い。
申し分ないくらい夏。ちょっとは加減しろ…

オマケに昨晩は強いスコールも。
夜のステージへは疲れ果てとって行かなかったのが功を奏して被害なし。
音楽もピタッと止まったんで、ステージも中断したんだろーね…

世間じゃ“暑い夏は海”と相場が決まっとるよーに、タパティでも海の競技がありまして。
先週の木曜、炎天下で波乗りと水泳の大会が催されました。

毎年仕事と重なったりで撮った写真もなく、ジックリ観るのは今年が初めて。
カメラ片手に息巻いて観戦してきましたん。

※ んで、撮れた写真がコレ↓
tapati200812.jpg

…つーか、岸からじゃ何やっとんのか全く解らん。
会場たる海岸はいつも通りサーフィンしとるし、ダイビングの船も頻繁に横切るしで、誰が競技者なんだか望遠鏡でもなきゃ区別できん状態。

以前チラッと横目で見た時は岸辺のすぐ近くまでまでスゥーっと波に乗っとったと記憶しとるんですが、今年は干潮の時間だったらしく、沖のほうで何やらバシャバシャとやっとるのみ。

完全に計算ミスだと思うわな、潮の満干時間くらい調べりゃ解るだろーに…

※ 因みに競技者はこんな格好で波に乗るワケですよ↓
tapati200813.jpg

折角フンドシで気合入れとんのに勿体ないよなぁ。
担いどるデッカいのがトトラを束ねた浮きっす。

※ 更に同日の水泳大会もこんな感じ↓
tapati200814.jpg

やたらズームの利く一眼レフでもなけりゃ、単に溺れとるよーにしか見えん…
足が攣っちまったか、ホントに溺れる選手まで居る始末…
んま、大事にゃ至らんかったみたいですが。

※ 水泳大会だって男性諸兄はフンドシが参加条件↓
tapati200815.jpg

もうちょっと会場を工夫すりゃいーのにね。
それとも恐ろしく眼がいい輩が多いラパヌイにゃあシッカリ観えとるのか知らん?

タパティはあくまで「ラパヌイ自身の為の祭」と言い切られるよーな祭ですからなぁ、意固地なまでにオーディエンスを無視したよーな競技も、まぁ島の特徴をよく表しとると感じなくはない。
観衆はそんな理不尽さも含めて楽しむのが正しい観戦法なのかもね。


しかし当日最も目を引いたのは、祭のスタッフに邪魔者扱いされながらも浜辺でゲリラ的に踊り始めたラパヌイグループだった事は言うまでもなく…

※ そりゃあ派手なダンスにゃイヤでも注目しちまいますわな↓
tapati200816.jpg
続きを読む▼
| 2008/02/11(Mon)19:17 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
2008年 チリ サマータイム延長
祭続行中っすが、ブログはやや停滞気味。スマン…
今年のハイシーズンはバタバタし過ぎ。チャーターやら客船やらがやたら多い。

天気はね、それに応えてくれてんのか今週に入ってから崩れませんなぁ。
暑過ぎて砂埃も舞い放題で寧ろ雨が欲しいくらい。
我輩も真っ赤っす。酔っ払ってるワケじゃないよ。


さてさて祭の中継、といきたいところですがね、今回はちょっと逸れて別の情報。
チリの今年度サマータイム適応期間が3月29日まで延長されました。

例年であれば3月の第2週土曜日から日曜日に変わる午前0時で終了。今年もつい2日前までそうだった筈なんですが、急に変更されちまいました。
昨日チリ政府閣議の決定が公布されたんで、間違いないでしょうなぁ。

この変更の目的は、電力消費を抑える為だそーです。
チリ本土は雨が極端に少なくて深刻な水不足みたい。発電の多くを水力に頼っとる身としてはこりゃ不味い、と。

何でも通常の60%程度の発電量しかないとか。
節電を呼び掛けると共に、明るい時間を有効に活用する為、今回のサマータイム延長に踏み切った模様。

単純に考えりゃ「明るいから遊べる時間が増えてラッキー」なんですが、予定してた時間設定が変わるんで、ちょっとした混乱が予想されます。

例えばフライトの時間。延長適応期(3月第3週~29日)にチリ絡みの航空機を利用する場合、チリの空港発着に限って予定されとった時刻とは1時間のずれが生じますなぁ。

タヒチとイースター島を結ぶ便(LA833 - LA834)の予定時間であれば、
イースター島→タヒチ (LA833) 22:25発 23:20着
タヒチ→イースター島 (LA834) 00:30発 10:45着
が、29日まで固定される、と。

サンティアゴからの便時刻も同様。コッチのラインは出発も到着も。

因みにサマータイムが終わったら、太字は1時間くらい早まります。
つまり、延長期間内にあたるフライトの時刻を既に案内されてたとしたら、実際の予定時刻はそれより1時間くらい遅れるって事。

もう、ややこしいんですわ…

まぁ出発予定時刻が遅れるんだから乗り遅れる事はないでしょーが、知ってりゃギリギリまで時間を活用できるねぇ。
フライト以外も時間的な変更は充分予想されるんで、兎に角この延長期間内にラパヌイを含めたチリ国内を旅行される方々は要注意っす。

※ 夏が延びたって事かね?↓
tapati200811.jpg
| 2008/02/08(Fri)21:47 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
HAKA PEI 2008
コマリです。

今回はお祭りのメイン競技の1つハカペイです。
この前の日曜日に無事に行われました。

先ずはこのハカペイ。これはバナナの幹で作ったソリ滑り大会。
バナナの幹で作ってるでかいソリです。
ハカペイ (2)
こんなソリで滑り降りるところはめっちゃ急な坂。マウンガ プイ(Maunga Pu'i)という山なんですが、ここの坂はジェットコースター並みです。

このハカペイの前にクラント(肉、芋なんかを地面の中で蒸した料理)が一般に配られました。
因みにこういう一般に配られるクラントなんかはビニール袋やお皿なんかの受け取るものが必要です。そこまでは用意してくれないのでね。あと、手で食べるのが抵抗あるかたはフォークなども必要です。

話は戻ってハカペイ。
開始前には円陣を組んで開会の儀。選手たちの為に用意されたクラントを食べます。こういうのをウムタフ(Umu Tahu)と言います。
下の写真の真ん中2人が肉を取り出しています↓
ハカペイ (3)

開会の儀が終わると早速ハカペイ開始。
上からの眺めはまるでジェットコースター…。ジェットコースターと大きく違うのは安全性の保障は無し。整備もしてへんので、途中でソリが跳ねたりなんて事も。もちろん予め下で救急車待機です。
ハカペイ (1)

見てる分には面白いです。
通常は滑り出すとあっという間に滑っていきます。でも、今年はマウンガ プイのコンディションが悪かった所為か途中で止まってしまうソリがいくつか…。中には途中で完全停止、自らソリを押してる方も。いやでも全員がそんなんだとつまんないですが、逆にそういうがあっても面白かったです。
ハカペイ (4)

止まってしまうのなら笑いもので済んでしまうだけですが、今回1人ソリから転落しました↓
ハカペイ (5)
ソリが何かの拍子で横向いてそのまま転落。かなり派手にいきましたが奇跡的に擦り傷のみ。流石ラパヌイの方ですね。転落したら骨折、脱臼してもおかしくないんですけどね。

転落者も大事には至らずに無事にハカペイ終了。
最初のメイン競技が無事に終えて安心です。今後もなんとなく天気が心配ですがうまくいってくれるといいんですが。

因みに今日も雨が降ったり止んだり…。
| 2008/02/05(Tue)19:00 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
今年のお祭り序盤は雨多し
コマリです。

今回も現在開催中の島のお祭りタパティ・ラパヌイの様子を載せます。

さて初日の夜の開会式は雨で泣かされ、延期しました…。
そしてその翌日の午前も雨が降っていました。

2日目午前中はトゥヌアヒ(Tunu Ahi)がありました。
これは一言で言うと魚のバーベキュー。ほんとの昔は石で焼いたらしいんですが今では網で焼いてます。今回のトゥヌアヒは皆に配られるので石では焼いてられないですね。
このトゥヌアヒも11:30からと言うのが雨で大幅に遅れました。その頃にはまだ魚を焼き始めていなくて、焼き始めたのは12時過ぎ。魚食べたさに並んで待ちました。
出来あがって配られたのは40分後くらいです。まぁ、午前中雨降ったんやし仕方ないですね。
Tapati08 tunuahi

そしてこの日の夜にもばっちり雨が降ってきました。
と言う事で2日目の夜も延期…。
今回は候補者が3人だからか、夜は連日イベントがぎっしり。延期になるとそれを取り返す余裕がないんですね。聞いた話では少しづつ遅れを取り戻していくそうですが。

さてそして3日目の日曜日。
お昼には20㎏のバナナの幹を担いでのリレーがありました。
11:30となっていたけど始まったのは12時過ぎ。これまた雨は関係ないけど準備に時間が掛かったようです。
まぁ、でもこれくらいの待ちは普通です。
飛行機着く時間に走り出しました…。空港の前の道走るのに、送迎なんかで一番道が混む時にやんなくてもいいのに。
まぁ、でも混み合う前にぎりぎり出来ましたね。
Tapati08 platano(1)
※これはリレー形式です。交代のポイントまで選手を車で運んでいます。

Tapati08 platano(2)
※交代の瞬間でしたがいまいちな写真で申し訳ないです…。

なかなか天候に恵まれないスタートを切ったお祭りですけど、何とか今後晴れていって欲しいもんです。
次回は3日目午後に行われたハカペイです。
| 2008/02/05(Tue)02:20 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
夜も始まりましたん
更新が滞っとて申し訳ないっす。
何だかブログの調子が悪いモンで…

ともあれ先週の金曜に始まったタパティ2008ですが、初日同様2日目も天候不順で夜の部は開催不可。去年珍しく1日延期だったのが、今年は初っ端から2日ですよ。
先が思い遣られるねぇ…

んでやっと回復してきた昨日、日曜から夜もスタート。
予定全てをこなせそーにないから、若干割愛して纏めるんだってさ。
んま、何とか始まったからヨシ、と。


兎に角写真を何枚か紹介します。
詳しくはまた、後程アゲますんで。

※1 3晩目にしてステージが遂にライトアップされました↓
tapati200806.jpg

やっぱ昼間観るよりカッコ好いね。
目が光っとるのが何とも不気味で、好きだったり。

※2 天気が回復した昨日はハカペイも無事行われまして↓
tapati200807.jpg

競技場の丘、プイのコンディションが芳しくなかったらしく、途中で止まっちまうバナナのソリが続出。
ホントは物凄い速度で滑るんですがね、こーなったら照れ笑いで誤魔化すしかないわなぁ…

※3 夜のイベントも何とか開始↓
tapati200808.jpg

唄っとるのは静かめの“RIU:リウ”つー類の楽曲。
こーゆー時にラパヌイはチョコンと正座するんですわ、不思議。
昨晩は女王第1候補ルーシーさんのグループでした。

※4 可愛い女の子達もワンサカと↓
tapati200809.jpg

今晩も雨なし。踊ったのは女王第2候補者メラヒさんのグループ。
イヤハヤ大所帯。ステージ上じゃ100人くらい踊っとったんじゃないか知らん?
因みに女の子の間でブレとんのは男性諸兄の踊り子勢。やたら動くな…

※5 カメラ泣かせのボディペイント品評会も↓
tapati200810.jpg

去年も散々泣かされたけどね、いやぁ今年も撮り難い。
現地ラパヌイ語だから理解せん観客はボー然。ステージからの咆哮と、時折掛かるラパヌイ語の喝采やら野次やらに圧倒されるのみ。
殆どが観光客でもあくまで貫くラパヌイスタイル。硬派だねぇ。


…と資料写真は集まっとります。
ブログの問題を改善できたら詳細を、と。

しかし今晩は涼しいと言うより寒かったなぁ。
夏でも上着、ちょっと上に掛けるよーな長袖があると祭鑑賞に役立ちますぞ。
| 2008/02/05(Tue)02:13 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
タパティ ラパヌイ2008 開幕
コマリです。

本日は早速お題です。
昨日、イースター島のお祭り、タパティ ラパヌイの初日でした。

午前中10:00より初日のイベント開始。これ以上ない日差しの中、開会のイベントが行われました。
先ずはウムタフ。地面の中で蒸した料理です。今では一般的にはクラントって呼ばれています。
その後チリ国旗、島旗の掲揚。長老の挨拶。去年の女王ロサ パコミオさんの挨拶、本年度の候補者3人が自己紹介して最後に簡単にダンスショーと簡単に執り行われました。
20080202093318.jpg
※左から3番目が去年の女王のロサ パコミオさん。

その後、流れるように民芸品市場へ移動。
11:30からは民芸品のコンテスト。
コンテストの前に立食パーティー的なものが民芸品市場中にはで開催。
お腹がすいていたんでラッキーでした。フルーツにパンケーキなどなど。取りそこなったけどエンパナーダもありました。

簡単に腹ごしらえした後、審査がいつの間にか開始。
展示されている民芸品を審査員がチェックしていきます。
でも、悲しい事にほとんど全員立食パーティーを終えると帰っていきました…。候補者も気づいたらいーひん。
1時間弱の審査をして結果発表。優勝はルーシーチーム。
先ずはルーシーさん、リードです。無論、今後多くのイベントがあるのでどうなるかは分かりませんが。

そして今日の17:00より沖釣り舟の出発式 。
数ヶ所からの出発。僕が向かったのはハンガ ピコと呼ばれる漁師の舟着場。
着いてビックリ。誰もおらん…。
もちろん、出発していく漁師さんは居るねんけど、他はその家族と大会スタッフ1名。
場所の選択ミスでした。恐らく女王候補者たちは他の場所で居たんでしょうね。
20080202093926.jpg
※準備できたら出発していたんで、予定の17時前にはここから出る舟は全部出発していました。

初日の一番のメインは21:00より開催の開会式でしょ。
時間には着いていたんですが、予想通り時間には始まらず。
メイン会場でやっているハレ マウクと呼ばれる屋台へ串焼き(アンティクーチョ)を買いに。
これ美味いんですよ。でも、去年の2,000チリペソ(約4米ドル)より値上がりしてますな。2,500チリペソ(約5米ドル)。まぁ、仕方ないですね。

20分くらい焼きあがるまで待っていたんです。
そしたら突然、空からポツポツと嫌なものが降ってきました。
雨です…。しかもかなり強烈な事。会場に居たみんな一気に近くの屋台に避難。僕たちは串焼き買った所へそのまま避難。
暫く降り続いた結果は延期。この後も予定ぎっしりなのに延期して大丈夫なのかな。

それにしてもタパティ初日しょっぱな雨…。
そして2日目の午前中今現在も雨…。参ったな。
今年もタパティは雨に泣かされるのかね。嫌だけど。
20080202094223.jpg
※今年タパティの3人の候補者。
(写真左から)候補者ルーシーさん、村長、候補者ヴィヴィアーナさん、候補者メラヒさん、立食パーティーでワイン配ってたお姉ちゃん。
| 2008/02/02(Sat)11:29 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2008 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。