世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200711« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200801
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
まだ年明け前
ジメジメした日が続いとります。暑くて敵わん。
風のない晴れた時間に外を歩くと汗がドバッと出てくるよ。
今年は猛暑かねぇ。

日本はもう年が明けたみたいっすが、ラパヌイはあと5時間、2007年ですわぃ。
今年はやたらと雨が多かったな。ここんとこ夜間に降ってくれるんで助かっとりますが。

島の年末年始はいつも、大きなイベントもなく至って静かです。
元旦は商店も殆ど開かんからねぇ、メインストリートさえもゴーストタウン化しちまう。
んま、こんな田舎じゃあ当たり前の事なのかも知れんな。

但しディスコやパブ、個人宅じゃあ酒を浴びて夜通し騒ぎます。
基本は0時になるのを待ってシャンパンで乾杯。その後朝まで呑みまくる、つーのがラパヌイ流。
我々は付き合ってられんので途中でトンズラします。元旦も仕事があるし…

先週のクリスマスは運好く呑みを1本に絞れたんだけど、どーしてもって事で今日は2件ハシゴっす。
誘ってくれるのは有難いんだが、底なしの相手を続けてすんのはかなり辛いモンでして。引き上げるタイミングだって難しいんだよね。

兎に角旨い事切り上げられるかが大晦日最大の課題。
酒に呑まれるラパヌイの群れから如何にして逃れるか?
毎年最後の試練ですな。
牛乳呑んで胃に膜張っとこ…


何はともあれ、今年もどうもありがとさんでした。

※ 2008年も宜しくです↓
atardecer14.jpg
スポンサーサイト
| 2007/12/31(Mon)19:00 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
例年に漏れず山火事
日が暮れる頃になると雨があるんですが、日中は概して晴れとります。
ツアー中は暑い。夜中に降る雨の所為でジメジメっす。

ところで一昨晩、村の南方に位置するラノ・カウで山火事がありました。
オフィシャルガイドの認定式後、コマリ氏と男子2名で怪しげに散歩しながら帰る途中、なんか南の空が赤いなぁと思ったら、山がゴォゴォと燃えとるじゃあないですか。

かなりデカいなぁ、そーいや去年の今頃も燃えたよね?なんて雑談がてら2人して写真合戦した結果、我輩のほうが旨い事撮れたんで掲載↓
incendio01.jpg

んま、去年よか規模は小さかったみたいで翌日にゃあ鎮火しとりましたが。
その後の噂によると、原因はやっぱり野焼き。前と同じ輩の仕業らしい。

これってさ、世界遺産に認定されとる“ラパヌイ国立公園”内の不始末でしょ?確か“園内の自然物を傷付けたら犯罪”みたいな法律だか何だかが制定されとる筈だよなぁ。
去年と同一人物だと言われるその人物は、まぁ仮に彼の行為によるものだとして、キチンと罰せられとるのか知らん?

若し園内の景観を損ねた場合、外から来た旅行者に対しては、確たる処罰が下ります。前例なんて何件もあるし。
しかし内に対してはどーなってんだろな?かなり緩いってのは間違いなさそーっすが、余りにも好き勝手やらせ過ぎとる気がしないでもない。

島自らが保護を示さんと、外からの人間だって注意せんと思うんだけどねぇ。
そろそろキチンと管理を始めるべきなんじゃないかな?


…と愚痴を言っても現状、島の閉鎖性とでも言うか、喩え現地人がしとる行為だとしても、旅行者が不味い事を真似たら下手すりゃ捕まって処罰されちまいます。

特に火を炊くキャンプなんかは国立公園内じゃあ認められとらんからね。
注意。

言うに及ばずラノ・カウ中腹は焼け野原っす↓
incendio02.jpg
| 2007/12/29(Sat)23:50 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
オフィシャルガイド
こんにちは、コマリです。

今日も好いお天気です。
この調子で年が明けてくれたら嬉しいんですが。

さてさて昨日の晩に島の観光促進協会的な機関タライ ヘヌア(:TARAI HENUA)の集いがありました。

このタライ ヘヌアではオフィシャルガイドの認定をしているのです。
今回はそのオフィシャルガイドの授与式。

実は僕も8月から10月初旬くらいまでオフィシャルガイドの授業をずっと受けていたんです。仕事で行けない日なんかもありましたが。

このオフィシャルガイド、島外の人間がなる際には最低2年間島のエージェントと働かなくてはならないんですね。その後テスト。500問の中から80問をランダムに厳選されて出題されます。
テストに受かったら授業に通い、認定されるんです。

そして他のガイド友達やカパックさんの協力のお陰もありまして受かる事が出来ました。皆さん、ほんま有難うございます。

それでは、昨日の授与式の様子です。
みんなやっぱり嬉しそう。
下の写真は島のおっちゃん。このおっちゃんかなり頑張っていました。
個人的にはこういう島の人が多くオフィシャルガイドになって欲しいですね。
20071228175949.jpg

授与式の後は美味しいご飯。ご飯というよりカクテルパーティーみたいなもんかな。
でも、ここのご飯は美味しかった。
最近忙しいのもあってかしっかりした食事を取ってなかったような気がします。この機を逃さず美味しいご飯を一杯御馳走になりました。
20071228180300.jpg

そしてこちらが今回貰ったもの。
帽子にフリース、ワッペン。嬉しいですね。このフリースも冬には重宝しそうですし。
あと、写真には載せなかったんですが認定書。
20071228180659.jpg

因みに今現在36名のオフィシャルガイドがいるそうな。
やっぱりまだまだオフィシャルガイドは少ないですね。今後島のガイドさん達も意識を高くしてこういった活動にも参加して欲しいものです。
僕もこれを機会にもっと頑張らないと…。
| 2007/12/28(Fri)18:53 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
コマリのクリスマス 2007
コマリです。

こんばんは。
今年ももうちょっとですね。お陰様で忙しくさせて頂いています。
この時期はクリスマス、年明けと仕事もそうですが、何かとプライベート面でも忙しくなってきてます。

今年のクリスマスは先ずは去年も一緒に過ごした友達と呑み&お食事。
ここで過ごした友達の家族は居心地の良い雰囲気で、いつもそうやねんけど一度呑んだらあんまり動きたくはないんですよね。
食事を腹いっぱい食べた後に出てきたケーキ。
もちろん甘すぎ。まぁ、でも頑張りました。

他の友達のご家族にも誘われていてどうしても断れずに25日に日付が変わる前に他の友達のところへ。

2件目の友達宅に着いたら、
“やっと来たな、早速ご飯食べよ”のお言葉。
いやいや、食べておいてよ、ご飯…。0時ですよ。
まさかの2度目の夕食に断りたかったものの、ひょっとしたら待っててくれたのかもと思うと断れずに“じゃ、食べましょう”と答える自分。
流石にきつかった。この時ばかりはベジタリアンになっていました。肉は全く喉が通らないのは言うまでもありません。1度目の食事しっかり食べていますから。

こっちのクリスマスにはプレゼント交換があるんですね。今まで知らなかった…。
こっちに来て毎年クリスマスを過ごしていた家庭では無かったんですよね。

家のクリスマスツリーの下に大量のプレゼント。
それぞれのプレゼントには誰から誰へといった感じで名前が入っています。
24日から25日に変わった後、自分宛のプレゼントを探して開封するだそうです。

そのクリスマスプレゼント交換がこちらのお宅でもあったんですね。
皆がプレゼントを探してると、“これあんたの”と僕に差し出したプレゼント。
なんと予想もしてなかったんですが、僕にもプレゼントが。
何か嬉しい。しかも全部で3つ。
靴下、壁に飾る絵、UA:ウア(棍棒)。
ウア?これにはびっくりしました。何故にとも思ったけど、こんなものをプレゼントで頂けるのは非常に嬉しいです。
自分ではなかなか買えないですしね。

でも、こんな高価な物をくれるとは、まさか何か裏があるんではないだろうな。これは冗談ですがそう思いたくなるような高価なプレゼント。

そんな感じで今年のコマリはクリスマスプレゼントを数年振りに貰って大喜びなクリスマスでした。
UA.jpg
※こちらがプレゼントで貰った、約150m150cm(訂正:イースター島時間 12月27日12:05)もあるウア。
| 2007/12/27(Thu)01:07 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
ふぇりす・なびだ
昨日、今日はトンデモなく暑かったっす。ジメジメ。
風が殆どないからかねぇ、夕刻でも汗が出るくらいだな。
昨晩遅くにスコールがあったけど、日中は晴れましたん。

んで気が付いたらクリスマスイヴですよ。
毎年思うんですが、やっぱ実感が湧かんのです。
ラパヌイでの“暑いクリスマス”はもう5度目だってのに。

イメージは兎に角深々と雪が降って凍るよーに寒い日なんだよなぁ。
小っこい時分に読んだ、“クリスマス・キャロル”つー絵本の影響か知らん?

そーいやこの時期南米は何処でも夏なんだけど、チリのサンタは変わりなく厚着だわ。
去年テレビのCMで噴き出す汗を拭いながらコーラを飲むサンタってのが流されとりましたが、あれなんか妙に的を射とるな、と。

ツリーの飾りにも雪を模した綿が付くし、世界一般に“クリスマスは寒い”ってのが定着しとるんだろーかね?
喩えアロハで過ごすよーな場所であろーが。

もうひとつのイメージは、都市部のド派手なイルミネーション。
島のデッカいクリスマスツリーにゃ電飾が施されとりますが、それ以外は屋内にチラホラ散見できる程度。
日本の一部で流行っとるらしいキンキラキンな庭なんか、殆ど見掛けないっす。

尤も、電力に乏しいラパヌイでそれをやっちまったら停電の嵐でしょーがねぇ…


何はともあれ、今年の呑みは結局1件に絞れましたわぃ。
繁忙期だってのに毎年ハシゴでキツかったからさ、ヨカッタヨカッタ。

んじゃ、そろそろその1件に繰り出すとしますか。

メリークリスマス。


※ 民芸品市場にもツリーが飾られとりました↓
navidad03.jpg
| 2007/12/24(Mon)21:27 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
定番納涼術
ちと雲が多い気もしますが、天候は安定しとります。
つーか日差しが痛いっす。ジリジリくるね。
本格的に夏だなぁ、ガキンチョ達も夏休みに入ったし。

ヒヤっとしたモンが喰いたくなったんで、思い立ったが吉日と去年辺りから人気のあるアイス屋、
“HELADERIA PEIRO:エラデリア・ペイロ”
へ。
こう暑くちゃさぞかし賑わってるんだろーな、と思いきや、店先はガラ~ン…↓
peiro01.jpg

どーやら仕込みの時間だったみたいっす。
んま、空いてるほうが有難いモンね。即座に注文っと。

いろいろある中で今日はチリモヤ味を選択↓
peiro02.jpg

“CHIRIMOYA:チリモヤ”はケチュア語。南米アンデス地方原産の果物だそーな。

果実そのものを喰った時にゃあ口に含んだ瞬間、糖分が凝固しちまってたのかなんだか知らんですが、柔らかい果肉の中にジャリッとした激甘な物質が混在しとって、甘味があんまり得意じゃない我輩は「ムゥ…」としかめっ面になったモンですがね、この店のアイスの風味となるとそんなに甘過ぎず、スッキリしてて好い感じなんですよ。

直射日光に当てると直ぐ解けちまうんで店先の日陰でペロペロやっとったら、案の定涼を求めた大群が押し寄せてきましたわぃ。
オバちゃん独りでフル稼働。そういう季節なんだね、お疲れさん。

自家製アイスのお値段は、シングルで700チリペソ、ダブルは1,400チリペソ。大体1.4米ドルの2.8米ドルってとこでしょーか。
前の夏より高くなったけど、島の物価上昇を考えたら妥当な値上げってトコかねぇ。

どーあれ、暑い夏にゃあ冷やっこいアイス。
これで決まりですな。


西日の強い19時頃は特に繁盛しとります↓
peiro03.jpg
続きを読む▼
| 2007/12/22(Sat)20:45 |
| [お役立ち情報]食い処 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
昨日の朝日
コマリです。

こんにちは。
もう12月も半ば過ぎで言うてる間に年末ですな。
偶に雨が降ったりもしていますが、基本は好いお天気続き。あまりの日差しに、僕もこの前のツアーから日焼け止め使用開始。個人的には好きではないねんけど、日差しが痛すぎて好き嫌い言ってられないんですよね。

今回のタイトル。「昨日の朝日」…。“今日とちゃうんかい”と言いたくなる気持ちよく解ります。
実は昨日書こうと思ったんやけど仕事後は体力無しでした。

さて、昨日の(当日の天候次第の運試し)サンライズツアーですが結果大成功。
雲ってはいましたが、雲の上から出てきたお天道様のご来光はやはり強烈です。
20071220164406.jpg
凄いでしょ。でも、実際に見てみたらもっと凄いっすよん。

今回はいつもと視点を変えて写真撮ってみました。
いつもはセンターからなのでちょっと横から↓
20071220170014.jpg
太陽の光が海に反射してるのが好い感じだと思うんですがどうでしょ?

さてお次はこちら↓
20071220170451.jpg
モアイの影。朝日を背にして写真を撮っても綺麗ですよ。お天道様が昇った直後は影がめっちゃくちゃ長く伸びます。個人的にはお気に入り。実際のモアイをそのまま撮るより、存在感が感じられます。
因みにラノララクも朝日に照らされると好い写真が撮れますね。

20071220172320.jpg
更にはモアイの後。朝日に照らされたモアイの後。こちらもいつもとは違った感じで素晴らしいですよ。

ただやっぱりこれだけの写真を撮るのはしんどかった…。
ダッシュですよ、ダッシュ。朝から走って写真を撮っていました。運動不足の僕には丁度好い運動でしたが…。
| 2007/12/20(Thu)18:49 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(7) | トラックバック(0) |
夕暮散歩ノススメ
若干の雨もあるものの、ここんとこ概して好天に恵まれとります。
現地人も日焼け止めを塗っとるくらい。晴れると無茶苦茶日差しが強いからねぇ。

“焼ける”つーか“焦げる”に近いな。人間ステーキ焼き具合はレアで、てな感じっす。ホントに。


島のお天道さん、そこまで威勢が好いにも拘らず、いっつも詰めが甘い。
夕焼け時になるとヘコたれちまうのか、「もうダメ、限界…」とでも言わんばかりに雲の後ろへ隠れちまうのよ。

逆に、日中ずーっと雨が降っとって日が沈む直前にパッと晴れる事もある。
丁度水平線近くだけ開いて、その上の雲が紅く染まってこれまた幻想的だったり。

雨季に限らず乾季も然り。
綺麗な夕日を写真に収めるってのは、比較的天候が落ち着いた夏でも実際難しいんです。

兎に角夕焼けが綺麗だな、と感じる日は年間を通しても数十日程度。
住んどる人間だってチャンスはザラにないワケでして。

ラパヌイの写真集なんかに素晴らしいサンセットが載ってたりしますがね、あれなんかよく粘ったよなぁと感心する次第。
若しくは強運な晴れ男でも伴っとったとか。

こんな島だからさ、「んじゃ今日行こうか」なんて、狙って夕焼け写真が撮れんのですよ。
運試し的な要素が非常に高い。

尤も、夕日のポイントとして有名なタハイ遺跡はレストランが集まる村の中心街から海沿いを真っ直ぐ歩いて約20分と、そんなに遠くない。
夕刻でも治安は悪くないし、散歩程度の距離。

晩飯を喰いに出掛けがてら、ちょっと足を伸ばして行ってみよーか、なんて事も可能ですわな。
滞在中に何回か挑戦すれば、納得できる夕焼け写真が撮れるかも知れんよ。

んま、土砂降りだったら諦めたほうが無難ですがね…


※ 曇る日が殆どですが、数回通えば何とかなるかも↓
atardecer13.jpg
| 2007/12/16(Sun)23:55 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
交通量どんどん増加
コマリです。

今日は暑かった、けっこうムシムシと暑かったです。
湿気でムシムシするのは嫌やけど、でも天気が良いのは嬉しいですね。
この調子で行ってくれれば良いんやけど。
とは言っても、来島される方は雨合羽お忘れなく。簡単に羽織れる長袖の上着なんかもね。

さて、島の交通事情っす。
一昔前まではスクーターもほとんど走ってなく、車の交通量も今よりずっと少なかったんですよ。

でもここ1、2年で明らかに増えています。
車やバイク・スクーターが増える事は全然悪い事とは思わないんですが、正直島の人の運転は信用してはダメっす。
無論、ツアードライバーなんかは話が別。ちゃんとお客さんを乗せて走れる日本で言う2種免許を取って働いてるので。

観光客の方がレンタカーで島内散策されるのは良いですが、運転にはくれぐれも注意して下さいな。
一般的なルール、どっちの道が優先だからなんてのは知らない人がけっこういますよ。
島で運転される機会があったらその辺も知っておいた方が良いかも。
なんせこの島、保険の制度なんてありません。事故ったりするとややこしくなるのが目に見えてます。事故らないように気をつけるしかないですね。

ここ最近、交通量が増えた所為か島の警察の方たちも厳しくなりつつありますよ。
警察の検問もやっていたりなんて事も最近は以前に比べてずっと多いです。飲酒もそうですが免許のチェックも。

そんなんなんで、ちょっと前までは国際免許証なしでも貸し出していたレンタカー屋さんもあったんですが、今では国際免許なしでは貸してくれなくなりました。

これからも車どんどん増えそうですね。
その内、島にも信号が!!なんて事は嫌ですが、そんな日が来るかもしれませんな。

島で車、バイク等をレンタルされる方は安全第一で島を満喫してくださいな。
もちろん今までと同様、動物、子供の飛び出しなんかは多いですよ。
レンタルされる際の注意事項はこちらもご覧下さいね。

因みにレンタカーされない方も歩行中、車・バイクにはくれぐれもご注意くださいな。若者はけっこう乱暴な運転してるのも見かけるので、治安は良い島ですが、この辺は充分気をつける必要ありです。
20071214224242.jpg
※さてこの標識ですが、なんだか分かりますよね?
| 2007/12/14(Fri)23:03 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
犬問題
昨日、今日は好天。風が吹くと涼しいんですが、日差しは滅茶苦茶強いっす。
雨もかなり少なくなってきたねぇ、ヨカッタヨカッタ。
今年の夏は穏やかであって欲しいモンだ。


近年不安定な天候の次に困っとるのが野良犬の増加。物凄い勢いで増えとるっぽい。
随分前からそこいらを徘徊する犬がやけに目立つ島だったんだけど、最近はトラブルもかなり起き始めとります。

以前から懸念されとったのが急速に増え続ける犬と車の事故。
結果犬は速く走るモンに敵対心を持つよーになっちまって、タクシーから降りる際に足を咬まれた、なんて話もチラホラ。

また1ヶ月くらい前だったと記憶しとるんですが、メインストリートに設置されとったゴミ箱が一斉に消え去った時期がありまして。
撤去した役場の挙げる根拠のひとつが“犬が漁るから”だそーな。

確かに、「こりゃあ犬の仕業だな」的に、朝方そこいらにゴミが散乱しとるのをよく目にしたわな。
だけどゴミ箱がないと、夜中に来る収集車にゴミを回収して貰えん。

結局いろんなところからクレームがついたんだろーね、その後また設置し直されましたが。

更に衝撃的だったのは、毒入りドッグフード散布事件。
ドコゾの誰かが犬の横行に頭にきたんだか何だかで村内の数ヶ所に撒きやがった。
ちょっとそりゃあ不味いでしょ…

結果それを喰って死んじまった犬が多発。島の放送局で「んな馬鹿げた事すんなよ!」とニュースにもなりました。
当たり前だ。そこら辺の土を手当たり次第穿り反して遊んどるガキンチョだって居るんだぞ…

もうここまでくると、結局最も被害を被っとるのは犬なんじゃないかねぇ?と感じちまう。

島民は「犬好きだから」なんて島へ際限なく連れて来て、観光客は「可愛い」とか「お腹空いてるかも」と無責任に残飯与えて野良化に拍車を掛けて、人間の身勝手な理由でこうなっちまったにも拘らず、挙句繁殖し過ぎたら毒殺っすか。

犬にとっちゃあいい迷惑ってな状況だよな…

ペットを飼うんだったらしっかり管理するのが当然でしょ。
庭で囲うなり、鎖で繋ぐなり、獣医だって居るんだから去勢だってできる筈。
そこまでしなくても、キチンと躾けて面倒を見りゃある程度言う事聞かんでもないだろーに。

それらの行為を「可哀相」だとか「面倒」だとか言うんなら、端から島になんか連れて来るなよ。

それから、後々面倒が見れんのだったら旅行者も一時の感傷で動物に餌を与えんほうがいい。
それで犬は家に帰らなくなっちまうんだから。

…と、我輩も犬が好きなモンで、島の犬騒動を強く悲観的に観てしまうワケでして。

犬が苦手なのや動物アレルギーを持つ観光客だって今となっちゃあ来るんだからさ、この問題は蔑ろにせんで、この際真剣に考えるべきだよね。

※ “可愛い”だけじゃ済まん時代になっちまったのよ…↓
paihenga10.jpg
| 2007/12/13(Thu)23:58 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
船の季節
本年度シーズン2発目の山も何とか越えまして。
今年はイキナリ忙しくなる事が多いなぁ。
兎に角先週から週明けまで何時もに増してドタバタとしとったんですが、やっと落ち着いてきましたわぃ。

天候、好くはなってきとるんですがね、未だ1日に1度はスコールがあるよーな状態。
今年はやっぱり雨が多い。

とは言えスカンと晴れてかなり暑いなぁと感じる事も多くなったこの頃。
先週末にゃあ客船が続けて2本あって、我々も駆り出されたし騒がしかったしで、夏だねぇと感じとる次第っす。


ラパヌイに船で来た場合、海の状況にもよるんですが通常村の沖に投錨し、底の浅い艀みたいなボートに乗り換えて陸へ渡ります。
デッカいのが着岸できるよーな港がないからねぇ。

海が荒れると“転覆の危険あり”つー事で海軍から艀の運航許可が出ないから、比較的穏やかな夏の時期にしか来ないのよ。
幾ら穏やかっつっても外海なんで、それでも稀に下船できない事もありますが。

今回の2隻も艀の運航を見合わさずを得ん瞬間があったよーで随分と難儀しとりました。
そんな時ゃ陸に待機しとる側もヒヤヒヤモンですわな。

まぁ最終的に2本とも下船乗船をなんとかクリアして出航していきましたが。
ヨカッタヨカッタ。


年々島に寄る客船が増えとります。自然な流れなんだろーけど。
その度港の付近は、降りてくる観光客とそれを待ち受けるガイドと車両と土産物屋台で賑わって、客船の到着は宛ら一大イベント。

市場以上に売り子が集まって見た事のない民芸品が出てくる事もあるし、安い喰いモンやジュースの屋台もあるし。
文字通りお祭騒ぎ。結構楽しめたりするんです。


※ 今年の夏は何本来るのか知らん?↓
barco01.jpg
続きを読む▼
| 2007/12/11(Tue)21:08 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
モアイ様
コマリです。

最近どうもネタ不足気味…。
マイッタです。
もうそんな時には困った時のモアイ様。
神様、仏様 モアイ様と。

そんなわけで今回は全天候いつでも見れるいろんなモアイ様をアップします。
このイースター島は天候は至って気紛れ。
お天道様のご機嫌次第ですよ。

でも、ご安心あれ。
雨が降ってもモアイ様は見れます。(とは言っても一部雨が降ると通れない道がある可能性はありますが…)

前置きはこの辺にしておいて先ずはお天気なモアイ様。
20071207224904.jpg
15体の立派なモアイ様方。爽快です。ここはやっぱいつみても気持ち良いですね。数も多いしモアイ様も大きい。見所ですよ。

まぁ、どんなモアイ様でも良ければ15体以上も有り。
20071207230612.jpg
こりゃ、ちょっとずるかったかな。お土産物モアイ様。でも、一応モアイやね。

他にも倒れたモアイ様も実はたくさんあるんですよ。
20071207230137.jpg
手前2匹は馬が昼寝中ですよ。警戒心の強い馬もこの島では寝てお昼寝。

そういや以前、雲が凄く低い所流れていて霧に包まれたようになったこともあったな。下の写真は冬季に撮った写真です。
20071207230855.jpg
これはこれで良いもんなんですよね。霧に包まれたようなモアイ様はあんまり見ない気もしますが。雨のモアイ様はよくあるんですがね。
今回雨のモアイ様の写真は載せませんでしたが、雨が降ってもモアイ様は居てますので。

夏に入ったとはいえちょくちょく雨が降ってますよ。合羽はお忘れなく。

晴れた事に越したことはないやろうけど、雨が降ってもその備えがあれば怖いもん無しです。
20071207225608.jpg
※モアイ様、明日の天気が好くなりますように。
| 2007/12/08(Sat)00:03 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
夜な夜な散歩
訳あって本日未明にモゾモゾと起床。
実は昨日着く筈だったタヒチからのLA834便が遅れに遅れて到着しまして。
運航プログラムから実に17時間の遅延。参ったね。
lan10.jpg

一昨日タヒチへ抜けるLA833便、深夜2時頃まで離陸を見合わせてたんですが、結局何らかのトラブルで旅客とフライトアテンダントを降ろしてサンティアゴへ引き返しちまったのよ。

んで昨日の午後に機体を変えて再度飛来。LAN自らが急遽手配した宿に預けられた旅客を連れ戻し、慌ててタヒチへ飛んで行きました。
どーやら機材に問題があったらしい。

LA833便とLA834便、往路と復路は同機での運航。当然の如くラパヌイにもタヒチにも予備の機体は待機させとらん。
つまり、行きの航空機が遅れりゃあ自動的にとばっちりを喰らう帰りも同じだけかそれ以上遅れる、と。

ラパヌイにあるマタベリ空港。
タヒチのパペーテ空港。

どっちに航空機やら修理パーツやらを置いとくにしろそれなりの金が掛かるんだろーけどさ、天候が悪かったり島で何ともならん機材故障が起こり得るんなら、可能でありゃそういった対策も考えるべきなんじゃないか知らん?
…と航空法を熟知しとらんド素人の考えですが。

しかし島の殆どの宿がフルに稼動しとる状態で、よく旅客全員分のベッドを確保したなぁ。
若しも更に忙しい時期に同じ問題が起こったら、今度は旨くいかんぞ、多分…


なんて事を考えながら遅延便の到着に合わせて独り空港までプラプラとしてきたんですわ。
途中、電飾が施されたデッカいクリスマスツリーの写真なんか撮ったりして。
navidad02.jpg

昨晩辺りから点灯されとるみたいっす。
何でも天然木じゃ世界一の大きさだとか。
以前と比べて確実に電球の数が減ったな。
電力消費を抑える為かねぇ?丁度クリスマスが最も消費量の多い夏だし。

んま、綺麗なツリーも拝めたし、夜の散歩も悪くないかも。
| 2007/12/04(Tue)06:04 |
| [お役立ち情報]フライト 入国 |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
クラントを食べる
コマリです。

もう12月ですね。今年もいよいよ最後の月。
毎年、12月には時が経つのは早いなと実感します。

島のお天気は偶に雨も降ったりもしていますが、晴れると日中はだいぶ日差しが強いです。
僕も日に日に色が黒くなってる気がしますよ。でも夜は肌寒い日がほとんど。いつも言っていますが、簡単に羽織れる長袖の服は必要です。

さて、11月の終わりに募金活動のクラントがありましたよ。
なんでも島の若者2人がカヌーの大会でブラジルに行くんだとさ。
そこで資金集めで島の郷土料理的なクラントにダンスショーをして観光客の方にも楽しんで貰いつつお金を集めようって事ですよ。

こんなイベントがある時には余裕があれば参加した方が良いですよ。
なんせ安い。ダンスにクラントでUS$30。普通にダンスを見ても安くてUS$20。そこから考えてもお得度は高いです。

さて、今回は島の郷土料理クラントに注目。
簡単に言えば、地中蒸し料理。ポリネシア圏ではよくある料理です。
因みに島の言葉でいえばウム(UMU)です。

先ずは地面に穴掘って、赤く焼けたような石を使って地面で蒸します。
だから兎に角、手間がかかる料理。だからレストランなんかでお気軽には難しいです。
最近は予約を受け付け、曜日限定で出すところもありますが基本的には難しいです。

蒸すのに数時間かかるので準備はその前から。この日もイベント開始時間に蒸しあがるようにしっかり準備していました。

着いて間もなくするとクラント開封。
下の写真は蒸し終えて開封するところ。土を丁寧にどけています。
IMG_2376.jpg
最近はやはりビニールシートを使わないと問題になるそうな。衛生的な面を考慮しての事でしょう。

土をどけると凄い煙。
やはり相当熱く焼けた石を置いていたのが伺えます。ビニールシートの下はバナナの葉っぱでぎっしり。手袋はめてる人もいますが、素手でバナナの葉っぱをとる人も。これかなり熱いんやけどな。ラパヌイの人は凄いっす
IMG_2382.jpg

更に鉄板の蓋があってその下にはまたもやバナナの葉っぱ。そのバナナの葉っぱの下がお肉(今回は豚肉)とタロイモ。ぎっしり詰まっています。
IMG_2408.jpg

銀紙のも豚肉です。何でも骨有りと骨無しで区別する為だとか。この辺今回のクラントは気が利いていました。
IMG_2411.jpg

僕も募金に協力。
そして遠慮なくクラントを食べましたよ。
久々に食べたクラント美味しかったです。
そのままよりも少し塩をつけた方が美味しいかも。

こんなポリネシアな料理を食べる機会があれば試してみるのも良い思い出になるかも。
正直言うと食べ過ぎると飽きる感じやねんけどね…。あと、けっこう当たり外れがある気が。使ってる肉とか作り手によっても。おっと、そんなこと言い出したらどんな料理も一緒か。
でも良くても悪くても、きっと良い思い出になりますよ。
IMG_2414.jpg
※なんかたくさん盛られてしまいました。
| 2007/12/04(Tue)00:54 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
益々増便
昨日の午前中は若干肌寒かったんですが、今日は朝からギラギラとお天道さんが輝いとります。
イキナリ夏が来たな。暑いわぁ…

島は夏がハイシーズン。近年は大きく崩れる事が徐々に多くなってるけれども、一応“乾季”だからね、観光客がドバッと増える。
今年は既にフル稼働状態。今日はちょっとユックリできてるけどさ。

それに合わせて島への就航便も増やされます。
この夏季臨時便、年々数を増して、今年は週9本になる予定らしーっすよ。
我輩が住み始めた4年前と比べると随分多くなったなぁ。

先ずは今月から、新たに水曜日中到着便(LA841 - LA842)が1本、続いて来月にゃあ金曜日中到着便(LA841 - LA842)がもう1本入ります。
どっちもサンティアゴ、イースター島間単純往復のローカル線。
恐らくこの2本は3月くらいまで運航し続けるんじゃないか知らん?

最終的に今夏の運航プログラムは、以下のようになりますな。

日:
SCL (09:10)IPC (12:50) [LA841] 臨時便
IPC (13:50)SCL (20:30) [LA842] 臨時便
SCL (17:55)IPC (21:25) [LA833]
IPC (22:25)PPT (23:20) [LA833]
月:
PPT (00:30)IPC (10:45) [LA834]
IPC (11:45)SCL (18:25) [LA834]
火:
SCL (09:10)IPC (12:50) [LA841]
IPC (13:50)SCL (20:30) [LA842]
水:
SCL (09:10)IPC (12:50) [LA841] 臨時便
IPC (13:50)SCL (20:30) [LA842] 臨時便
SCL (17:55)IPC (21:25) [LA833]
IPC (22:25)PPT (23:20) [LA833]
木:
PPT (00:30)IPC (10:45) [LA834]
IPC (11:45)SCL (18:25) [LA834]
金:
SCL (09:10)IPC (12:50) [LA841] 臨時便
IPC (13:50)SCL (20:30) [LA842] 臨時便
土:
SCL (09:10)IPC (12:50) [LA841]
IPC (13:50)SCL (20:30) [LA842]


※注
IPC: イースター島
SCL: サンティアゴ (チリ)
PPT: パペーテ (タヒチ)
[LA***]: 便名
運航時間はあくまで予定。天候等の事由で変更される可能性もあります。

LAN航空のページで調べたら、サンティアゴ⇔イースター島のシートは3月まで埋まっとるじゃないの。満席で現状空きが皆無っす。
この時期に移動しよーとなるとキャンセル待ちか。
パペーテ⇔イースター島はまだ若干余裕があるかもですが、こりゃあ島全体が忙しくなるぞ…

兎に角天候が落ち着いてくれりゃあ有難いですな。
折角のシーズンだし、気持ち好く観光したいモンねぇ。


※ 今日の日中便からもドバッと降りてきました↓
lan09.jpg
| 2007/12/02(Sun)16:18 |
| [お役立ち情報]フライト 入国 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。