世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200709« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200711
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
快晴下で思う5年目
休暇で生っ白く戻っちまってた肌がコンガリと、どころぢゃなく「酔っ払ってんのか?」と疑われるくらい赤く焼ける程の晴れでしたん。
午後から日差し強過ぎ。

10月は半ば頃から天候が崩れたよーで肌寒かたんですが、最終週は夏っぽかたっす。
今日なんかアナケナビーチで泳いどるビキニでムフフなオネーチャンがかなり居ったし。

このまま雨がなく暖かいと有難いんだけどねぇ。


今月は休暇に出とったり帰ってきてからツアー三昧だったりでトンと忘れとったんですが、我輩の島生活も何時の間にか5年目へ突入ですわぃ。
早いなぁ、イマイチ実感が沸かんのですが。

んでもって、今日でオフィス開業2周年。
ここんとこ徐々に知られるよーにもなって、寄ってくれる旅行者も順調に増えとります。
ありがとさんです。

そーいや去年、“今年度の抱負”なんて自らの日本語活性化作戦とでも言うべき大そーな目標を立てたなぁと今更思い出してみたりなんですが、殆ど成就しとらんね…
和書を読むのはお座成り状態だし、ギターも思う程弾いとらんし日本の歌なんてひとつも覚えとらん。

唯一、邦画だけは寝る前にチョクチョク再生するんだが、鑑賞して日本語を意識して聞く事もなく、強いて言えば子守唄として聞いとる程度。

尤も、当然コマリ氏とは日本語で会話しとるし、日本語を話すガイドとして日々働いとるから、一応継続的に“じゃぱにーず”を活用しとるワケでして、まだ致命的な日本語彙の欠如はないと思うんですが、以前はもっとスラスラ喋れてた気がしてならんのですよ。

最近は会話中、苦し紛れに「エー…」とか、場繋ぎ音を発する回数が多くなってるよな、間違いなく。
単純な日本語が頭に浮かばん瞬間は非常に焦りますなぁ…

この状況を打破する為にゃあやっぱり読書かね?
うん、今年こそ日本語に触れる時間をもっと増やすよーにしよう。

海外生活が長くなってきたけど、日本人でありたいもんな。


※ …なんて事を快晴の下考えとった10月最終日↓
anakena06.jpg
スポンサーサイト
| 2007/10/31(Wed)23:55 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
タハイへお散歩
こんにちは。コマリです。

今日は朝に少し雨が降ったものの好いお天気ですよ。
昨日も天気好かったし、いい傾向です。ただ、何か夜はまだ風が少し冷たい気も。夜にはウィンドブレーカーくらいのものは欠かせません。

昨日の仕事後ちょっくら散歩へ。
夏時間になると仕事が終わっても明るいんですね。もちろん仕事が終わる時間にもよりますが…。

天気も好かったんでタハイまで行く事に。
買い物なんかもすませ、目指すはタハイ。とは言っても村の中心スーパーマーケット・カイネネから歩いて約20分くらいの所ですが。

天気は好かったけど雲の状況次第で綺麗に見えたり見えなかったり。こればかりは行ってみないことには何とも言えません。昨日も見に行く前はあんまり綺麗に見えへんかなとも思ってんけど、綺麗でした。

昨日の日没時間は20:30頃。タハイに着いたのが20:00頃。
夕日を観るには少し早めに着いた方が良いっすよ。
日が沈む前から綺麗に見えますんで。

ほな、前置きはこの辺にして昨日の夕日です。

先ずはアフ コテリクのモアイさんと夕日。
20071030182111.jpg

次はアフ バイウリのモアイさん。
夕日の時の空は雲の状態にもよりけりやけど、見る角度によって全然違った感じです。
20071030182443.jpg

最後は偶々釣りをしていた島のご家族。
20071030182616.jpg
続きを読む▼
| 2007/10/30(Tue)19:21 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
ペルー食道楽雑記
昨日の午後辺りから好い天気が続いとります。晴れている間はちょっと暑いくらい。
尤も、雲で陰ったり、日が沈んだ後はちと冷えますが。
やっぱ簡単な上着は必要だなぁ。


先週補給船が到着して島が随分と潤い、スーパーの棚も賑わいを取り戻したんですがね、最近の傾向じゃあこの活気も持って10日程。今のうちにモノを買い込んどかんと直ぐに売り切れちまう。

人口の増加に観光客の急増が追い討ちを掛けとる状況で、物資搬入がそれに追い付いとらんのですよ。
特に食材なんかはレストランや食堂、ホテルがガバッと買い溜めるからね、観光客を餓えさすワケにゃあいかんですから。

結局一般島民は慢性的な食材難に陥っとる始末。
ウチもこのあいだの休暇で仕入れてきたモンが尽きたら、また単調な食生活に戻っちまうんだろーな…

大半をペルーで過ごしたその休暇中はホントに食道楽だったなぁ。
日本人のお宅じゃあ“イカ飯”やら“アジの干物”やら、懐かしい喰いモンをたんとご馳走になったし。

日本食に限らず、ペルーは飯が美味いんですよ。
今回はラパヌイの話題から脱線して番外的にその料理を紹介しますです。
まぁ島の話題に乏しい時期でもあるんでね…


※1 先ずは定番とも言うべき
“AJI DE GALLINA:アヒ・デ・ガジーナ”↓
ajigallina01.jpg

“鶏の辛味ソース煮”とでも訳すのかなぁ?
香辛料タップリなソースが脇の白飯に非常に合います。カレーみたいな感じ。
鶏嫌いの知り合いと喰いに行ったんですが、残さず平らげとりました。

―クスコ “PUCARA RESTAURANT”にて―


※2 次も有名な
“ANTICUCHO:アンティクチョ”↓
anticucho01.jpg

見ての通り牛の串焼き。
アンティクチョ自体は島でも祭なんかで喰えるんですが、ペルーでは特に牛の心臓の串焼きを指します。
これもピリ辛のソースで喰うと絶品。

―クスコ “CONDORITO”にて―


※3 コレもナカナカ
“CHUPE DE CAMARONES:チュペ・デ・カマロネス”↓
chupecamaron01.jpg

河エビのスープっす。
エビの身にゃあ僅かに泥臭さが残っとりましたが、出汁の利いたスープは滅茶苦茶美味かった。

―アレキパ “EL CERROJO”にて―


※4 辛いの好きには
“ROCOTO RELLENO:ロコト・レジェノ”がお勧め↓
rocoto01.jpg

写真右の赤いパプリカみたいなのがロコト。やたら辛い。
中に挽き肉やら玉子やらオリーブやらが詰め込まれとります。
辛口ピーマンの肉詰めってとこですな。

―アレキパ とあるお洒落な呑み屋にて(名前忘れた…)―


※5 〆は
“CHICHARRON DE CUI:チチャロン・デ・クイ”↓
cui01.jpg

テンジクネズミの唐揚。
“オーブン焼き”のほうが一般的なんだけど、今回は敢えて“揚げ”に兆戦。
何故か決まって丸焼き、丸揚げで出てくるんで見た目は若干グロテスクですがね、これが鶏肉みたいで意外と美味いの。
現地じゃ“客への特別なおもてなし”ってんだから最高級の食材っす。

―アレキパ ※4と同じ呑み屋にて―


他にも“CEVICHE:セビチェ”とか“LOMO SALTADO:ロモ・サルタード”だとか、美味いモンが目白押しだったんですがね、ここらへんはメジャー中のメジャーだから割愛。
ペルーへお出掛けの際には是非ご賞味あれ。

…なんか思い出してたら腹が減ってきたなぁ。
ラパヌイにもペルーに並みに食材があったらなぁ…
続きを読む▼
| 2007/10/29(Mon)23:44 |
| [島外小咄]その他 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
初夏のお祭
コマリです。

どうも天気がスッキリしません…。
雨は降っていないんですが、曇ってるんですよね。青空は偶には見えるもののスッキリしーひん。

そろそろ張り出されると思っていた島の歌の民謡音楽の祭典“カ タンギ テ アコ:Ka Tangi Te Ako”のポスターを発見。
それと島の運動会、文化祭的な行事“マハナ オ テ レオ ラパヌイ:MAHANA O TE RE'O RAPA NUI ”、“マハナ オ テ アアティ トゥプナ:MAHANA O TE 'A'ATI TUPUNA”も一緒に発見。

今年のポスター好きです。
けっこうかっちょいいっすよ。
【カ タンギ テ アコ2007:Ka Tangi Te Ako2007】
20071025164447.jpg

【マハナ オ テ レオ ラパヌイ2007:MAHANA O TE RE'O RAPA NUI2007】
【マハナ オ テ アアティ トゥプナ2007:MAHANA O TE 'A'ATI TUPUNA2007】
20071025164831.jpg


さて日程は以下の通りです。

カ タンギ テ アコ2007 :11月9日、10日
マハナ オ テ レオ ラパヌイ2007 :11月9日
マハナ オ テ アアティ トゥプナ2007 :11月7日、8日


この期間に訪れる方は是非見に行ってくださいな。僕も行けたら行くつもりです。
島文化に触れるには絶好のチャンス。
カタンギテアコは“民謡音楽の祭典”。
マハナ オ テ レオ ラパヌイは“ラパヌイ語の日”、マハナ オ テ アアティ トゥプナは“伝統競技の日”です。
これらは共に子供達が主役です。

この祭が来ると夏が来た感じがします。
毎年恒例行事で11月の第2週にやっています。
そういえば過去に雨で延期になった事もあるそうですので、そういう可能性はありえますので。
| 2007/10/25(Thu)19:08 |
| [お祭騒ぎ]民俗芸能祭 2007 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
超ヘビー級お馬さんバトル
コマリです。
今日もなんかよく分からない天気です。曇ってたと思ったら日が出てきて暑くなったり、少し雨も降ったり。
いや、やっぱわからんっす。島のお天気は。

ほな、お題っす。
今回は超ヘビー級なお馬さんのバトルを偶然にも見ちまったんです。
普段は臆病で優しい類のお馬さん。
この時は何があったのか凄く熱いバトルでした。
因みにこのバトルを繰り広げていたお馬さんは両方共にメスでした。

それでは先ずはこちら。
必死に右のお馬さんが噛みつこうとしています。
20071022175710.jpg

お次は立っての取っ組み合い。
こんなのを3度ほど繰り返していました。
ここまで来たら曲芸に近いな。思わず拍手しそうやもん。でも迫力は十分ありました。馬が立つとデカイ!!
20071022180124.jpg

左の馬が右の馬の上から押さえ込もうとしています20071022180520.jpg

右の馬が左の馬の上からの押さえ込みを巧くかわし、噛みつきあいに突入。でもやはり草食動物の性か巧く噛みつけません。
20071022181026.jpg

決着。
結局左の馬がバランスを崩して尻餅をつきました。
こりゃ、右馬の勝ちです。試合時間約5分弱っす。けっこう長かった。
20071022181517.jpg

この熱いバトルはアフトンガリキの目の前でしていました。
観光客の皆さんもこの戦い間はモアイよりもお馬さんの熱戦に夢中でした…。
| 2007/10/22(Mon)19:04 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
徐々に好くはなってるんですが、夏が来るとは到底思えんよーな天候が続いとります。
久し振りのツアーだってのに連日の雨。オマケに寒い。

8月頃のもっと寒い時期に、氷河があったりペンギンが棲んでたりするパタゴニア南部から来たアルゼンチン人の医師夫婦が、
「この寒さは危険だわな、暖房器具がないのは不味いよ。」
なんて言ってたなぁ。
島のよーに湿度が高い寒さの下じゃあウィルスが猛威を奮うんだと。

そーいや殆どのモンが凍っちまう南極にすっ裸で居っても風邪ひく事がない、なんて聞いた覚えがあるね。病原菌も凍っちまうとかで。

確かに毎年冬になると殆どのラパヌイが風邪をひくから、状況は相当不味いんだろーなぁとは思ってましたが、寒い土地から来た医療関係者に指摘されると納得せざるを得んよーな気になりますな。

とは言え実際この島に暖房器具なんてまだ1台もないよ、多分。
島民が言うには「昔はこんなに寒くなる事がなかった」そーで、寒さ対策はお座成り状態。

更に島に運んでこられるガスも限られとるし、停電も頻繁に起こるし、薪になる木も少ないから何を素に暖をとりゃいーんだか、つー状態。
今年は流石に本気でストーブを買おうかと迷いましたがね、現状買ったって必要な時に機能して貰えんのじゃ仕方ないし。

コマリ氏も書くよーに雨具は無論、冬の時期に来島する際にゃあ防寒具も必須です。
“穏やかな南国”つーイメージは全く以って間違いですぞ、寒いし風も強いし波も高い。
「タヒチと似たよーなモンだろ」なんて考えとると泣きを見ますわな。

因みに南半球だから季節は日本と逆だからね、出発時に暑くても上着を忘れんよーに願います。

…なんて書いてたらまた停電だわぃ。
トホホ。


※ しかし早いとこ本格的に回復してくれんモンかねぇ…↓
tongariki05.jpg
| 2007/10/21(Sun)23:55 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
気の抜けない島のお天気
コマリです。

天気が悪いっす。おまけに体調も少し崩し気味です…。
いや、サマータイムに入った直後から強風が2日ほど続いていて、その後は雨も降って、風も吹いてもう参っています。

今月初めは天候も良く日差しもほどほどに強く好い天候だったのに何処へ行ったのやら。

今日はこのまま愚痴ります。

この島に来られる予定の観光客の皆さん、この島の天候は油断できませんよ。
ほんまにお天道様にからかわれてる気分。
サマータイムに入ってからこの天気、天邪鬼ですよ、ラパヌイのお天道様は。

天気予報やら、ガイドブックなんかで18℃やら、20℃なんて書いてあって、“そんなものなのか、それならそんなに寒くないね”って思ったら最後。寒いですよ。気温と体感温度は違います。これかなりの落とし穴。風は冷たいんで実際は寒いんですよね。

もう昔からかなりこのブログでも書いてるとは思うねんけど、季節問わずに合羽は必需品。
結果、使うことなくて必要なかった事になろうとも持って来た方が良いです。
荷物になるものでも無いと思いますし、何なら百均なんかで売ってるのでも良いですよ。百円なら帰りに必要なかったらホテルやら現地の人にあげても良いでしょうし。
全く関係ないけど百均って便利っすよね。日本に休暇で帰った際に何度立ち寄った事か。まぁ、その都度無駄使いしてた気がしますが…。

因みに“傘はどうなんでしょう?”と思ったあなた。
辞めた方が良いです。風が強い日には危険ですし。合羽のがウィンドブレーカー代わりにもなって何かと重宝しますので。

兎に角、寒い今日この頃。
んで、晴れだしたら日差しも強くなるんで今度は日焼け止めなんかが必需品になるんでしょうけど。

いろいろ天候はややこしいでしょうけど、しっかり準備すればそれだけ楽しめますよ。
モアイは雨が降っても風が吹いててもちゃんと居てくれてますので、そこだけは安心やな。

兎に角油断の出来ない島の天気に悩まされていますよ…。
明日には晴れてくれるかな?!
20071019181340.jpg
※午後の雨が上がった時に撮った、村の写真。
| 2007/10/19(Fri)18:17 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
平和のモアイ in エキスポランド
コマリです。

サマータイムに入って天候が冬に戻ったように荒れ狂っております…。
今日は雨降ったり、止んだり。おまけに風も強く、正直勘弁して欲しいっす。
そしてちょっと前から喉を痛めてしまいました。風邪かな?
カパックさんは休暇後で久々のツアーに出て行ったのに、この天候ちょっとかわいそうです。

さて今日は“茂合由紀子”さんから書き込みで“MOAI DE LA PAZ:平和のモアイ”の新情報を得たのでご紹介。

なんと、平和のモアイさん今月24日から大阪のエキスポランドにて展示されるようです。
エキスポランドと言えば1982年にこの島にあるモアイ、モアイ ホトゥイティが行きました。
今回はその時とは違うモアイです。
詳しくはエキスポランドのホームページに出ていました。

展示内容も個人的にはちょっと見てみたいですね。
モアイ大図鑑。どんな事が書いてあるのか気になります。
他の展示もどんな感じで展示されてるか興味津々。日本でモアイを見たことの無い僕は一度日本でモアイ見てみたいです。何か変な感じなんやろうな。

こちらのエキスポランドでの展示は2007年10月24日~2008年1月14日までだそうです。
期間もけっこう長い事やっていますんで気になる方は是非行ってみて下さいね。

そういや、この平和のモアイさん広島での展示の話はどうなったんやろ?
いろいろインターネットで調べてみましたが、情報が無いっす…。
また誰か情報知ってる方いらっしゃいましたら是非教えて欲しいです。
20071018185815.jpg
※あぁ、この夏の日差しよ、何処へ行った戻ってきておくれ。ほんま寒いっす。
| 2007/10/18(Thu)19:01 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(7) | トラックバック(0) |
岩サークル
パッとしない天候が続いとります。
それ程崩れたりはせんのだけれど曇りがちで肌寒いの。この気温で半袖のみはちょっとキツイな、てな感じ。


さてさて、ここんとこ出ずっぱっとってやっとこさ休暇でナマっとった身体が慣れてきたところっす。
ペルーで美味いモン喰いまくって増えた体重もどーやら元に戻りつつある模様。

久し振りに島をまわっとって気付いたんですが、モアイさん達の様子が変化してますなぁ。
大きな変化ではないんだが。

例えばビナプの祭壇裏にあるモアイさん。
周りに岩が並べられました↓
vinapu01.jpg

以前は隣に並んで写真を撮ったりもできたんだけどね、あんまりにもベタベタと触る旅行者が多いからか、近付き過ぎんよーに岩を置いたんだろーな。

しかし露天風呂に浸かっとるよーに見えるとこがかなりオモロイ。
頭の上に手拭いでも乗せてやりたくなるねぇ。
ホントに乗せたら不味いんだけど。

トンガリキのモアイさん、ホトゥイティもこんな状態↓
hotuiti02.jpg

やっぱり足元に岩が。
つまりこのサークル内には入ったらダメですよ、て事。

並んで写真が撮れんのは残念だけど、これ以上風化せんよーに近付けるリミットを明確にするのは重要ですわな。

ラノ・ララクにも新たな看板が出現↓
ranoraraku05.jpg

“モアイに乗らんでください”標識だな、こりゃあ。
英語やスペイン語を理解せん旅行者も多いから、文字だけの看板より遥かに効果的だろーね。
個人的ににゃ手作り感タップリなこの標識は大いに気に入っとります。


来島旅行者が増えるにつれ、観光マナーが崩れてきとります。まぁ予想できなかった問題ではないんですが、だから年々観光の規制が厳しくなりつつあるんですな。
それに準じての変化でしょう、これからハイシーズンだしね。

だけどただ岩を並べたって、それがどーいった意味なのかを予め説明せんと個人的に回る初めて来た観光客達は解らんって。
もうちょっと考えて観光整備をせんと、単に骨折り損で終わっちまうと思うんだけどなぁ…

兎に角モアイさんの周りに岩が並んでたらそれ以上近付いたらダメ、と理解くださいな。
| 2007/10/17(Wed)18:42 |
| [お役立ち情報]観光中の注意 |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
連日停電
天候がイマイチ優れません。如何せん風が強過ぎで偶に雨も混じります。
季節の変わり目だから不安定なのは仕方ないんだろーけどね、回復して欲しいモンです。

んで最近気になるのは停電。
我輩が島に帰ってきてから毎日っす。

聞くところによると、何でも電力を管轄する“SASIPA”つー機関の島でのシステムが変わったよーで、それに反発する勢力が殆どの労働を自主的にボイコットしとるとかしとらんとかでゴチャゴチャしとるよーですが、結局一般村民がとばっちりを喰らう破目になっとる模様。
先々週末は3日程テレビの受信もできなかったんだってさ。

更に天候不順なここんとこに至っては益々問題が多発しとる状況。
理由はどーあれ、電力の恩恵を生活の隅々まで授かっとる現在じゃあ電気がないってのは非常に困ります。

今日も午前中、前深夜からオフィスを含む我々の住居近辺がずっと電気なし。
仕事にならんわ冷凍庫内の食料が融けちまうわで散々。
結局復旧したのは午後1時頃。実情半日以上ほぼ何もできなかったワケでして…

確かにさ、自らの意思を伝える為に抗議としてストライキを起こすのは労働者側の権利なのかも知れんですが、生活に肉薄する、今や必需要素たる電力を長時間に亘り、しかも他主的に供給されん状況に追い遣られるのは至極不本意。
まぁこんな事を世界の最果てで愚痴っても仕方ないのは解っとるんだけど。

隣に住む旅行社を営むオバちゃんとこなんか停電後の一瞬の高電圧供給でパソコンがイカれちまったらしい。「仕事にならん」と嘆いとりました。
ウチはコンセントひっこ抜いとったんで被害なし。ホッ…

とは言え電力に頼り過ぎとる現代人の弱点をマザマザと感じとるのも事実。
言い換えればそれだけ島も発展を遂げたっつー事ですが、人間って脆いよなーとシミジミ思いますなぁ。


兎に角来島にゃあ懐中電灯も持ってきたほうがいいかもですよ。


※ 3日前呑みに来たラパヌイは楽しんどりましたが。流石↓
terangi01.jpg
| 2007/10/16(Tue)23:37 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
帰宅
昨日、サマータイムが始まると共に島へ戻ってきましたん。

いやー、やっぱ島の空気は澄んどるね。外と比べて車の量が少ないからなぁ。
しかし我輩が帰ってきてからお天気は下り坂。スッキリと晴れてくれませんわ、強くないけど雨も降るし…

それは兎も角、今回の休暇は訪日なし、ペルーとチリで過ごしてました。
前半は風邪をひいちまってどーにも予定通り動けん日が続いたんですが、美味いモンも鱈腹喰ったし、友人知人にも逢えたし、買出しもタンマリしたしで総合的に満足な旅行。
忙しい中相手をしてくれた皆さん、ホントにありがとさんでした。


今週から仕事に復帰します。
これからハイシーズンだからね、気合を入れ直さんと。

ほいじゃ、今後ともヨロシクです。


※ 結局クスコにゃ10日くらい居ったなぁ↓
cuzco01.jpg
| 2007/10/14(Sun)15:08 |
| [業務案内] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
もうすぐサマータイム開始
コマリです。

今日も良いお天気でしたよ。
日差しがだいぶ痛く感じてきました。お陰様で日に日に黒くなって言ってきてる気がしますね。

さて今週の土曜日からはサマータイム。
いよいよ夏時間ですよ、夏時間。

この時期滞在される方は要注意ですよ。
なんと言っても時間が変わるのでお忘れなく。
ちょっと早いけどサマータイムの注意点を簡単に纏めました。

【サマータイム開始の注意点①】
10月13日から10月14日に日付が変わる深夜0:00に時計の針を1時間進めて下さい。
その時間より早く寝る方は寝る前に時計の針を1時間進めてから寝て下さい。

【サマータイム開始の注意点②】
・日本との時差
サマータイム中:-14時間
ウィンタータイム中:-15時間

・タヒチとの時差
サマータイム中:+5時間
ウィンタータイム中:+4時間

【サマータイムの期間】
10月第2週土曜日から日曜日に変わる深夜0:00から翌年の3月第2週土曜日から日曜日に変わる深夜0:00迄。

サマータイムが開始直後はどうしても朝がツライ…。
開始時には1時間早くなるわけで寝る時間が1時間少ない為やねんけど。
逆にサマータイム終了時には1時間ゆっくり寝れるんやけどね。

あと、日が落ちるのが遅くなります。
一番長い時には22:00近くになりますね。これは初めてやと不思議な感じです。

もちろんサマータイムによって飛行機の時間も変わってきます。
この辺はしっかり確認して下さいな。

いや、僕も忘れんようにせんと。後は寝すぎてしまわんように気をつけんと。体調管理の為にも早めに寝ます。っと言いたい所やねんけどこの日は友達の誕生日。早く寝るのはムリっぽいな…。でも、ほどほどで切り上げるつもりですがね。
20071012000727.jpg
※当然ですがサマータイムはこの島だけではなくチリ全土で導入されていますので。
| 2007/10/12(Fri)01:17 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
島で利用できる通貨は?
コマリです。

いやいやちょくちょく雨降ったりしていますが、なんだかんだ良い気候が続いています。

観光客もドンドン増えてる様子です。
だいぶ雰囲気は夏っぽくはなってきました。

さて、今日は島滞在の基本的な情報を。
先ず今回は基本的なお金の情報を。

よく聞かれることでもありますが、この島で一番使える通貨はチリペソ。もちろんこの島はチリ領になるので当然ですね…。
それと同様に使えるのが米ドルです。但し、レートは店によって違うのでご注意を。店によっても若干違うレートですが1米ドルを500チリペソで換算してるところが多いですね。
ちょっと他の通貨も含め簡単にまとめてみると↓

・チリペソ:使用可
・米ドル:使用可、両替可

 ※島のレートはよくないので、そのまま使用も有り。
・日本円:使用不可、両替不可
・ユーロ:一部で使用可、両替可
・フレンチ・パシフィック・フラン:使用不可、両替不可

・トラベラーズチェック:一部で使用可、両替可
・クレジットカード:一部で使用可、キャッシング可

 ※ATMでのキャッシングはMASTER CARDのみ

【注意事項】
・外国通貨を使用するとお釣りはペソで来る事が多い。
・トラベラーズチェックやクレジットカードも使用できる所があるが、やはりまだまだキャッシュが強い。
・クレジットカードでのキャッシングは銀行で出来る。銀行の営業時間は平日営業の午前中(8:00~13:00)のみになるので要注意。また、ATMは壊れていて使用できない事も有り得る。

と言った感じですね。
簡単に言うと(日本からお越しになる場合は)米ドルのキャッシュが一番便利という事です。
そして滞在中に買い物をしていくとチリペソでお釣りを貰う事も有るでしょうから、その時にはチリペソから使っていってもらえば良いと思います。
更に付け加えれば、こちらの方はお釣りを十分に準備していない事も多いです。100米ドル札で細かい物を買おうとしても断られる事もありますので、キャッシュもなるべく細かくしてご準備してきたら尚ベストです。
20071009225704.jpg
※島で唯一の銀行バンコ・エスタード:Banco Estadoです。
続きを読む▼
| 2007/10/10(Wed)00:07 |
| [お役立ち情報]通貨 換金 物価 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
丸虹
コマリです。

すみません、いろいろバタついててアップが滞っていました…。

最近良いお天気続きですよ。とは言っても今朝少し雨降って曇っていましたがそれ以外は問題なしな天候。
お天道さんの調子が良いモンですから、連日ツアーに出てた僕はまた夏に向け肌が焼けてきましたよ。
特に昨日1日で焼けた気がする。もう夏ですよ、夏。
10月に入りましたね。今月第2週の日曜日よりサマータイムですね。
サマータイム後はフライトスケジュールもサマータイムに合わせて若干時間に変更有り。
この辺はまたお知らせ致しますんで。

んじゃ、お題っす。
先日のツアーですっごい珍しいモノを見てしまいました。
いや、こんなのは生まれて始めてみましたよ。
それは下の写真の丸い虹。
20071006154443.jpg

珍しいでしょ。見たことあります?
虹の見える条件は太陽の光線のが水滴に入る角度と見る人の位置が大切らしいですね。
その条件が太陽がまだ高い位置にあるにも関わらず、上空でぴったり合うところに水滴の雲があったんでしょう。
にしても珍しい。虹の色が薄いのは残念ですが、見れた事に感動。

そして調べてみたら虹は本来丸いらしいですね。これにはちょっとビックリじゃないですか?
本来丸いんですが、水平線に若しくは地平線などで虹の下半分が遮られていて見えないんだそうです。
こういう丸い虹は山や飛行機からも稀に見えたりする事もあるそうです。

この丸い虹の事を島在住のチリ人に話したらこんな事言っていました。
何でもチリではこんな迷信があるそうな。
“丸い虹はと天災が起こる兆候”と。なんと不吉な。
こんな綺麗な虹がそんな訳は無い。現に今現在何も起こって無いですので大丈夫でしょう。
20071006155539.jpg
※ここぞとばかりに近くに居たモアイさんとも一緒に撮ってみました。虹がちょっと薄いのが残念…。贅沢は言えないか。
| 2007/10/06(Sat)17:16 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
春の草木-栴檀(センダン)
コマリです。

こんばんは。イースター島は現在23時過ぎです。
今日は筆不精の僕には珍しくもう1つ更新しておきます。

今日で9月も終わりです。
明日より10月です。(←当たり前やけど)

今は季節で言うと春。
犬や猫に馬・牛は子連れが多いです。この時期出産シーズン。
島内をレンタカーなどで回られる方は動物の飛び出しにいつも以上に注意が必要ですよん。

この時期特に村内で目立つ木がこちらだと思います↓
20070930223647.jpg

観光客の方からもよく聞かれたりもしますよ。
こちらの木は栴檀(センダン)です。

因みに分類を簡単に紹介すると下記の通りです。
目:ムクロジ目
科:センダン科
属:センダン属
種:センダン

こちらの栴檀の実はこんなのです。
花や葉が散った後はこの実だけが残りまた変わった感じがでます。
20070930225833.jpg


栴檀の花はほのかに香り好きです。
また調べてみると葉には強い除虫効果があるそうです。

この島ではこの栴檀をタヒチミロと呼びます。
これこう呼ぶんでタヒチから持ってきたのかなと思いきや、チリ本土から持ってきたそうな。
何でも昔この島に植林の為タヒチから持ってくる事が多かったからその流れでこうなったんだと。

木材として使われる事もある栴檀。
当然この島ではこの木を使ったお土産用のモアイもあります。

因みにこの栴檀の実と樹皮は乾燥させて漢方として使ったりするようですね。
実を乾燥させたものを苦棟子(くれんし)と言って整腸作用があるようです。また樹皮を乾燥させたものを苦棟皮(くれんぴ)と言い回虫駆除に良いそうです。

見た目も良く、ほのかに香りがして、薬ともなり材木としても使えるこの栴檀は素晴らしい木なのかもしれません。
20070930231413.jpg

| 2007/10/01(Mon)00:37 |
| [島の植物] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(1) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。