世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200612« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200702
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
ドタバタblog ちょっとパワーアップ
2月1月(←ゴメン、間違えた…)も終わりです。

明日2月1日から最大の祭、“TAPATI RAPANUI 2007:タパティ・ラパヌイ 2007”が始まりますよん。
我輩も明日から団体アテンド。さぁまた気合をを入れねばな。
天気はあんまり崩れてないし、このまま晴れててくれればバッチリな筈。


ところで本日、当blogをチョロっと弄ってみました。
お便りとか過去ログとか並んでる左欄の下方、ちょっとスクロールした辺りに島内観光ポイントの写真を貼ってみたんです。

如何せんパソコンにゃあまだまだ疎い我輩の仕事、更にダイアルアップでの作業だからもう時間が掛かって仕方なかったんだけど、それだけに完成後は達成感で満たされてますよ。
だから報告。ハァ疲れた。

兎に角blogがちょっと賑やかになったんじゃないか知らん?
来島経験のある方々は懐かしんで、これから来たいなぁと思ってる方々は「ほぅ、こんなのもあるんだ。」と楽しんで貰えると有難いですなぁ。

因みに写真をクリックすると大きくなりますよ。
お試しあれ。

まぁまだ丁度好い写真が撮れとらんポイントが幾つかありますが…
もうちょっとだけ待っててねん。

今後もチャンスがある度にチョロチョロっと変えていくつもりですんで、ヨロシクお引き立てを。


さてと、明日からまた忙しくなるぞ。
つー事で寝ます。
オヤスミ。

※ これでちょっとは見栄えが好くなったカナ?↓
tahai00ss.jpg
スポンサーサイト
| 2007/01/31(Wed)23:36 |
| [業務案内] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
晴れましたん
despejado02.jpg
待望の快晴です。
トコトン晴れてます。
このまま晴れててくださいな、お願いします。
もう雨は暫く勘弁です…

外回りは大変ですよ。
今日は村内をグルグル回るだけだったけど、ジリジリどころかドカンとくる日差しでもうやったら汗が噴き出してねぇ。自分でもビョーキか?と勘違いするくらいの噴出度。
タダの汗っ掻きですけど、我輩。こんなところに住んでんのに暑いのが苦手。

3年前、ラパヌイで過ごした初めての夏に、「あれ?島のクセにムシムシせんなぁ。」と妙に不思議だったんだが、2年目からは不快度指数バッチリ高め。
初年が特別乾いてたのか?
それとも我輩の感覚が麻痺したのか?

んなこたぁ実際どーでもいーんですが、暑いのに代わりはないんでして。
気温は島より高いんだが乾燥してるサンティアゴ経由の旅行者は「日本みたいな暑さだねぇ。」と口を揃えて言うんだから、湿度が随分高いのは事実だろーな。

しかし昼夜の気温差はかなりありますよ。
昼でも曇って風が吹きだすと途端に肌寒くなるんで、ちょっとした上着は携帯すべき。


でもやっぱ晴れは好いな。そこら辺をウロウロしとるガキンチョも犬も馬も嬉しそーだし。
このまま晴れててくれれば祭も支障なく催されるだろーし。

なんと言っても夏だしね。
こーでなくちゃ。

※ 水浴び帰りのガキンチョはもうニッコニコです↓
chiquillos02.jpg
続きを読む▼
| 2007/01/30(Tue)20:06 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
公式プログラム~その参~
はい、それでは以下タパティ ラパヌイ公式プログラム~その参~です。

2月 12日(月)
10:00 [アタム・テケナ広場(PLAZA ATAMU TEKENA)]
●農業展示会
●民芸品ネックレスの発表会

14:00 [ハンガ ロア オ タイ(HANGA ROA O'TAI)]
●部門別カヌー競技(成年・若者)
 2月 13日(火)
10:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●ラパヌイお料理大会
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●カイカイ(綾取り)のショー(成人・子供)
●タトゥーのショー(成人・子供)

 2月 14日(水)
12:00 [ハンガ ロア オ タイ(HANGA ROA O'TAI)]
●カヌーレース
14:00 [村の運動場(ESTADIO MUNICIPAL)]
●槍投げ大会
14:00 [ガソリンスタンドの裏の倉庫からアフ・タウティラまで]
●バナナ担いでのマラソン大会
 2月 15日(木)
17:00 [アタムテケナ通とホトゥマトゥア通りの交わる角]
●パレード参加者集合・準備
19:00 [アタムテケナ通とホトゥマトゥア通りの交わる角]
●パレード開始
22:00 [村の運動場(ESTADIO MUNICIPAL)]
●パレード全員目的地に到着
 2月 16日(金)
●休憩日(イベント無し)
 2月 17日(土)
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●アーティストの公演
●クラント(UMU TAHU)
●ラパヌイ女王2006のスピーチ
●長老のスピーチ
●市長のスピーチ
●2007年度ラパヌイ女王戴冠式
●両ラパヌイ女王候補者のスピーチ
●ラパヌイ女王の応援してチームのダンス


※場所・時間→赤字 イベント内容→青字

今回は変更無かったですが、一応アップしておきます。

何はともあれ、今回のタパティにハカペイ(バナナの幹で作ったソリでソリ滑り大会)が入ったのは僕としても嬉しいですね。
僕のお勧め競技は、ハカペイ・馬術レース・ラパヌイ式トライアスロン・パレードですね。
この期間に滞在される方はチャンスあれば見物に行かれるのも良いですよ。

この公式プログラム発表が本当に毎年遅いんですよね…。もう明々後日に始まりますよ。
僕もタパティを楽しみにしていたんで、時間ある時には観に行くつもりです。
問題は天候だけですね。こればかりはどうしようもないか…。
20070129194119.jpg
※プログラムの中の1ページ
| 2007/01/29(Mon)19:46 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2007 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
公式プログラム~その弐~
引き続き、コマリです。
因みに今日は良いお天気。タパティの時期も晴れると嬉しいんですが。
ではでは、以下タパティ ラパヌイの公式プログラム その弐です。

 2月 05日(月)
10:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●貝のネックレス・フラワーレイ作りコンテスト
●テーマ別民芸品コンテスト
 ・ヴァイ ア ヘヴァ(VAI A HEVA)
 ・ロンゴロンゴ(RONGO-RONGO)
 ・オロンゴ(ORONGO)

16:00 [ハンガ ロア オ タイ(HANGA ROA O'TAI)]
●各部門別水泳競技(男性・女性・成年・若者)
 2月 06日(火)
10:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●椰子の葉っぱ・タパ布とかを使っての服・帽子作りコンテスト
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●フェスティバル:ラパヌイ女王候補者の会見・第2回民族衣装ショー
●民族ダンスショー
 
 2月 07日(水)
12:00 [ハンガ ロア オ タイ(HANGA ROA O'TAI)]
●水泳・サーフィン大会
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●大人から子供までの発表会:歌・タンゴ…  
 2月 08日(木)
10:00 [バイフ{かヴィナプ}(VAIHU{O VINAPU})]
●乗馬レース(短距離・長距離)
14:00 [ハンガ ロア オ タイ(HANGA ROA O'TAI)]
●トトラの浮きを使って水泳大会
18:00 [アピナ海岸(COSTA APINA)]
●石の彫刻コンテスト終了
 2月 09日(金)
10:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●トトラのマット製作会
●タパ布に絵画コンテスト

22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●唄の発表会(成人の部)
 2月 10日(土)
12:00 [ラノララク(RANO RARAKU)]
●クラント※タダ喰いのチャンス
14:00 [ラノララク(RANO RARAKU)]
●クラント(UMU TAHU)※競技者用
15:00 [ラノララク(RANO RARAKU)]
●ラパヌイトライアスロン(成人の部・青年の部) 
 2月 11日(日)
●休憩日(イベント無し)
※場所・時間→赤字 イベント内容→青字

はい、前回の(仮)と同様の日付で区切って紹介してますよ。
今回その弐の変更点は、
2月5日に16:00から水泳競技が入った事。これは前日にハカペイが入った為ですね。
もう一つ変更は2月8日の馬術レース。時間が10:00からに変更。そして場所もバイフかヴィナプとなっています。ん?なんか公式の方がハッキリしてない…。まぁ、ここはラパヌイ(イースター島)ですから許してあげて下さい。バイフでやるとは思いますが、天候やらの事情でヴィナプに変更の可能性もあるって事ですね。

それでは、“その参”に続きます。

20070129190512.jpg
※公式プログラムの裏面
| 2007/01/29(Mon)19:10 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2007 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
公式プログラム~その壱~
コマリです。今日は終にと言うか、ようやくタパティ・ラパヌイの公式プログラムが発表されましたのでご紹介します。(仮)日程とは少し違う点もあるのでご注意下さいね。
それでは、以下が公式プログラムです。

 2月 01日 (木)
10:00 [プラサ アタムテケナ(PLAZA ATAMU TEKENA)]
●クラント(UMU TAHU)
●長老のスピーチ
●ラパヌイ女王2007の候補者ご紹介 他…
    
11:30 [プラサ アタムテケナ(PLAZA ATAMU TEKENA)]
●民芸品展示
19:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●屋台のオープン
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●クラント(UMU TAHU)
●ラパヌイの伝統の芸術ショー
●タパティラパヌイ2007開会宣言
●ラパヌイ女王2007の候補者紹介
●長老のスピーチ
●ラパヌイ女王2006からの挨拶
●ダンスショー(バンド)


 2月 02日(金)
8:00 [ハンガ ピコ(HANGA PIKO)]
●釣りコンテスト参加者帰港、魚の重量測定
11:30 [ハンガ ピコ(HANGA PIKO)]
●魚のバーベキュー(TUNU AHI)※タダ喰いのチャンス
12:30 [アピナ海岸(COSTA APINA)]
●石の彫刻コンテスト開始
14:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●モアイ等の彫刻コンテスト
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●大人から子供までの発表会:歌・タンゴ…

 2月 03日(土)
10:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●磯釣り大会 他…
14:00 [ハンガ ロア オ タイ(HANGA ROA O'TAI)]
●各部門別ボート競技(男性・女性・成年・若者)
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●フェスティバル

 2月 04日(日)
9:00 [教会]
●タパティ・ラパヌイ特別ミサ
16:00 [マウンガ プイ(MAUNGA PU'I)]
●セレモニーのクラント
17:00 [マウンガ プイ(MAUNGA PU'I)]
●ハカペイ(バナナの幹で作ったソリでソリ滑り大会)
22:00 [ハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)]
●フェスティバル:ラパヌイ女王候補者の会見・第1回民族衣装ショー・タンゴ 他…
※場所・時間→赤字 イベント内容→青字

今回の公式プログラムの発表で期待してたハカペイ(バナナの幹で作ったソリでのソリ滑り大会)が入ってました。
大会関係者に聞くと、(仮)日程に入ってなかったのは以前あったマウンガ プイでの山火事で草がしっかり生えてくれるのか分からんかったのと、費用の関係だったらしいです。でも、草がしっかり生えて、ハカペイ催行を希望する声が多かった事で催行決定したようです。
今年のハカペイは例年に比べて早い段階でやります。2月4日(日)です。ってな訳でハカペイが入ったので2月4日が公式プログラムでは変更になってますので。

それでは、その弐に続きます。

20070129172036.jpg
※本日配布された公式プログラム
| 2007/01/29(Mon)18:12 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2007 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
け・せあ・ですぺはーど
週の頭は調子好かったんだが後半はお天気が優れません。
如何せん蒸し暑い。

24日火曜日に撮った夕日がコレ↓
atardecer12.jpg

晴れ渡る、とまではいかず雲もあったけどかなり綺麗に観えたんです。
噂をチラッと耳にしたマックノート彗星も拝めたし。
もうかなり薄くて写真には収められんかったけど。

しかし木曜辺りから下り坂。
27日土曜日のツアー中はこんな感じ↓
tahai02.jpg

この直後にザザァーっとスコールを喰らいましたよ。小1時間程度で止んだけど一瞬でずぶ濡れです。

今日も何度か降ったし。
もう“乾季”とは形容できんくらいの雨っぷり。
どーしたお天道サン?もーちょっと気張っとくれ。

あと4日で祭です。
にも拘らず雨に悩まされる毎日だしスーパーマーケットのカイネネはやっぱり暫く営業しそうにないし
大丈夫かね…

なんだか天候が最悪で漁に出れず物資補給船も到着せずで島はスッカラカンだわどーしましょってな具合だった2年前の年末年始を嫌が応にも彷彿とさせられる状況です。

まぁ今年は補給船もほぼ日程通りに到着してるみたいだし、停電が意外と少ないので助かってますが。


兎に角盛り上がれるよーに天候が回復する事を願うのみ。
年に1度のデカイ祭でラパヌイ達も楽しみにしてんだからね、晴れて頂戴よ!
| 2007/01/28(Sun)23:41 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ダンスショー見物が…
こんちはっす。相変わらずの風邪ッぴきのコマリです。
治らへんのよ、風邪が。っていっても、熱は無いんでマシやねんけど。でも喉と鼻が相変わらず。今晩・明日で脅威の自然治癒能力で治す予定やけど、予定通りいくのかね…。

そうそう、昨晩お隣さんのレストランのオーナーにダンスショー誘われてたんですよ。若者のダンスショーで僕も楽しみにしててん。
開始は夜10時。9時半に行けば丁度良いやろうなんて頭ん中で計画たてるも、思い通りに行かないのがここラパヌイ(イースター島)…。

9時過ぎた頃の事でした。レストランで食べるのも高くつくし、家で簡単に食べてこうっと台所で料理しててん。すると、コンコンとドア叩いて、
“アミーゴ、玄関先チョット使わせてもらっていい?”っと。
いきなりの訪問客は今日踊るダンサーさん。普段から中の良い奴もいたし断るのも何やから、
“もちろん、遠慮なく使って頂戴な”

なんでもレストランは人が多くて着替えるところ無くて家に来てん。そして、せかせかと玄関先で着替えだしました。

なんか途中で
“これ紐の長さ足んねー、どうする?”、“ちょっと頭にコイツを縛りつけて頂戴”なんてドタバタな感じだったり、
“すまん、アミーゴこれでお茶作って”っと、何故持ってるかは不思議やけど持参のティーバッグ出してきたり。

なんだかんだギリギリで時間には間に合ってショーに出かけましたが、荷物は家に置き去り。ってオイオイ、そんなところに置いてっちゃ家空けれへんやん。俺もショー観に行く予定やってんけど。しかも1人は、“また戻ってくるからなー”って捨て台詞を残して言ったし…。
20070127181230.jpg
※顔にペイント中。

こりゃ、あかん。もうショーは諦め食べてなかったご飯食べて帰って来るの待つ事に。
食べ終わったら、やっぱね少しは気になりますよ。んなもんやから、玄関先の荷物全部家に入れて鍵かけて少しだけ見物に。
さっきまであたふたしてたものの、やっぱラパヌイ(イースター島)の若者。しっかり踊ってましたよ。因みにレストランは満員御礼でした。
家で着替えてたダンサーがステージが降りるの確認して家にダッシュ。家に衣装変えに帰ってきて、またステージへ。その後、まもなくしてからショーは無事に終わりました。
最後ショーが終わった後、着替えながら反省会して帰って行きましたよ。

今回ショーは見れへんだけど、何だかんだ楽しかったから良しという事で。
20070127181622.jpg
※準備手伝うのも偶には楽しいですね。
| 2007/01/27(Sat)19:29 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
物資調達生命線が…
不味い、一大事ですぞ。
緊急事態っす。

拠り所としていた島内最大のスーパーマーケット、“KAI-NENE:カイネネ”が今週頭から閉まったままマッタク営業せん。
このままでは生活必需品調達に多大なる支障が…

しかも閉まってる理由がよく解らんのです。
オーナーをはじめ従業員は一切見掛けんし、やっとこさ捕まえた同スーパー所有のトラック運転手に訊いても「知らん。」の一点張り。
無論軒先にもなんの説明も釈明もなし。
何故教えてくれんのだ。

噂では「改装してるからだよ。」とか「なんかチョンボして営業停止でも喰らったんだろ。」とか聞くんですが、一体どーしたんだろ?
もう1件ある同名同系列のの家具雑貨専門店は営業してんだけどなぁ。

兎に角不味い。
食料品からトイレットペーパーまでありとあらゆる買い物をこのスーパーに頼ってたモンで、このまま潰れたりされたら非常に困るんですが…

他の入手手段がマッタクないワケでもないんだが、如何せんここまで手広く様々な商品を扱ってる店がないからね、必要な物を買い揃えるのに歩きまわらにゃならんのです。
職業柄ショッピングにあんまり時間を裂けん我々にとってはかなりの痛手ですよ。

しかも他の店だとちょっと高かったりするし…

ラパヌイは未だにモノポリー天国です。
空路もランチリが独占だし、病院も薬局もなんだか重要なポイントは殆どモノポリー。
だからそれがポシャったら不味いんです。代替手段がない。

あ、最近電話会社は新しいのが参入してきたな。
今まで“ENTEL:エンテル”1社だったのが、“TELEFONICA:テレフォニカ”のオフィスも建った。
しかし数年前から計画してたのが今になってやっと来たか、てな状況。
これで電信系のサービスは向上するだろーな。
これに釣られて全てのカテゴリが多様化すれば願ったり叶ったりなんだが。


とりあえず必需品はコッチに来る前からの癖でいっつも買い込んどりますんでまだ大事には至らんが、カイネネさんももうそろそろ営業再開して貰わんと。
そこら辺を歩いてたおっさんは「明日開くって聞いたぞ。」なんて言ってたけど、ホントかねぇ?

あ、ビールが切れた。
ホントである事を願います…


※ トラックは物資を搬入してるみたいなんだけどねぇ…↓
kainene02.jpg
| 2007/01/26(Fri)23:53 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(1) |
誘惑にご注意
お久々に登場です…。コマリです。

カパックさんの怒涛の更新に水差させてもらいますよ。

今日の天気は雨。昨日までは天気も良かったんですけどね。やっぱ今年の天気はわからん…。

天気も優れへんねんけど、僕の体調も今ひとつ。昨日からどうも調子が悪い。幸いにも今日からはツアーの番では無かったんで良かったです。
なんとしても今週中にこの風邪治さんとね。

そういや、最近ラノララクの内側に新しい道らしきもの発見。
良く見るとお誘いの看板まで。
20070125184348.jpg
※このお誘いの標識はわかりやすいですね。

まぁ、同じような事何回か書いてる気もしますけど。この道作って大丈夫?問題増えない??
って言うのも、この道遠目から見ただけやけどモアイにぶち当たるんですよね。しかも昨日現在この看板のみ。こりゃ、触っちゃうでしょ。しかも、パークレンジャーのお方たちも今まででさえ見切れてなかったのに、更に監視せなあかんところ増えたら…。
しっかり、パークレンジャー増やすのならまだ良いのですけどね。

道作って少しでも観光客にモアイを見てもらいたかったのか、若しくは勝手に道の無いところ歩かれては困るって言うところからきたのかは分かりません。でも、僕が言うのもやけど、道作るならもう少し考えて欲しかったような。

後々、柵やら看板やらつけるつもりかもしれへんけどね。それにしても今現在の状況が問題な気も。

この看板の矢印に誘われ道に入ったらすぐ触れるところにモアイ。触っちゃったのが見付かると最悪捕まります…。
お誘いに誘惑されて行くのは問題ないですが、お触りは禁止なので。なんか怪しい店の店員になって来た気が(笑)
誤解はしないで下さいね、これはモアイの話ですよ、モアイの。

時間見付けて1回この道歩きに行こうかな。何処まで続いてんのか、どういう風になってんのか気になる所。

んじゃ、この辺で久々に登場して怪しい雰囲気を漂わせてしまったコマリは風邪が治るよう早めに休む事にします。
20070125190727.jpg
※こいつも監視犬として働いてくれれば言う事なしなんやけど。
| 2007/01/25(Thu)19:41 |
| [お役立ち情報]観光中の注意 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
ありふれた…
blogアップ強化週間っす。
勝手に決めたんだけど。

だけど3日目にしてネタが切れ気味…

丁度村の中で会った日本人旅行者サンに、
「島のどーいった情報とか写真が不足してますかね?」
と訊いてみたら、
「うーん、どのホームページを見てもモアイとか遺跡とかの写真しかないんですよ。もっとホラ、村の道だとかフツーの写真があればもっと様子が解るんじゃないですかね?(要訳)」
との回答。

ヨシ、それだ。フツーの写真が足りなかった。てぃえねす・らそんですよ、そーしよ。

※1 とゆー事で村のメインストリート↓
calleprincipal02.jpg

…なんか殺伐としてるな。
まぁ被写体たる村がこんな感じだから仕方ないか。

でも物足りん。

※2 んじゃ我輩のお気に入りビールの写真でも↓
cristalroja01.jpg

“CRISTAL RED ALE:クリスタル・レッド・エール”
チェリービールっぽい味のちょっと強めビール。
暑い夏はコレでプハァ~っとキマリだね。

でもなんか違うな…

※3 ウチの猫でも撮ってみるか↓
kuri10.jpg

…お猫様はその気なし。
もうちょっと駆けずり回るとかさぁ、愛想を振り撒いて頂戴よ。

コレも失敗か。

※4 それなら庭をチョロチョロ遊んでるガキンチョでも↓
chiquillos01.jpg

いやぁ夏ですね。水風船ぶつけ合ってズブ濡れ。
つーかコイツ等手加減を知らんなぁ。ホントにビッショビショだよ。
この写真は好いな。ウン、島のガキンチョっぽい。
昔の我輩はもっと捻くれてたんだろーな、こーゆー所で育つと笑顔も好いね。

んじゃもういっちょ写真。

※5 そろそろ祭のステージも完成っす↓
tapati200702.jpg

正月明けてから直ぐ設置に取り掛かってた“TAPATI RAPANUI 2007:タパティ・ラパヌイ 2007”のメイン会場。
今年のはやけにゴチャゴチャしとるな、1年に1度の晴れ舞台だろーからいろいろ描きたいのは解るが、やり過ぎでしょ…

んま、それだけ力が入ってるって事でしょーね。
楽しい祭に仕上げて頂戴。


…と我輩の身近に溢れた景色を撮ってみたんだが、これでラパヌイの様子が伝わるんだろーか?

もう現地にドップリと浸かっちまった我輩にゃ、“島でフツー”な光景を探して伝える、つー事がやたら難しかったりするワケでして。

兎に角我輩の目から見た島はこんな感じ。
TサンHサン、blog案提供感謝です。
| 2007/01/24(Wed)23:59 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(9) | トラックバック(0) |
オレンジの世界
ここ2日間は雨がないです。
外に出ても濡れません。
洗濯物が良く乾きます。
有難い。

今の時期は本来ならこーでなくちゃならんのよ。
今年のお天道様は臍曲がりだねぇ…

昨日はちょっと曇ってたけど、用事を済ましがてら久し振りに夕日鑑賞へも寄ってきましたよ。
無論モアイさんの鎮座する“TAHAI:タハイ”へ。

道中はかなり雲が多かったんで「今日は綺麗に観れんだろーなぁ…」なんて心配してテクテク歩いてたんだが、遺跡に到着した21時ちょっと前にはもう既にかなりの人集り。旅行者と思われる鑑賞者が50人程居ったかな。

それにしても雲が多いな。今日はやっぱりダメか知らん?なんて思ってるうちにお天道様がチョロっと顔を出して、あっという間に夕焼け空に。

スゴイね、一瞬で一面オレンジの世界になった。
晴れ渡ってるなか水平線に日が落ちるのもいいけど、雲の隙間から見える夕日ってのもまた格別ですわな。そのほうが色も映えるし。

写真撮ってボーっとして充分楽しんだ後に帰途へ。
いやぁ得したな、諦めずに寄ってみて正解だった。

…なんて満足げに写真をチェックしながら歩いてたんですけどね、途中で真っ暗になっちまった。
そりゃそーだわな、夕日を観た後は夜になるに決まってる。街灯が少ないから道も真っ暗。

シマッタライト持ってこなかったよ、と躓きながらの暗闇散歩。
んまそれもオツなモンですがね、偶に下水の蓋が開いてたりすんのがチョット怖い。恥ずかしながら我輩も過去に2、3度落ちてますんで…

夕日を観に行く時には懐中電灯もお忘れなく。


因みに昨日の日の入り時刻は21時15分でしたん。
随分遅いけどホント。


※ ガキンチョも見惚れてましたよ↓
atardecer10.jpg
続きを読む▼
| 2007/01/23(Tue)19:43 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
空港ダウン
ハイ!筆不精っぷりを大いに発揮して更新を怠っとりました!
気が付いたら4日もサボってたのね。
スンマセン…

イヤハヤここんとこなんだかんだでゴチャゴチャしとりまして。
ホラ、あれだ。繁忙期ってヤツですよ。
仕事で民宿のオバチャンの所へ行ったりするんだけど向こうも忙しいからナカナカ捕まらんし。居っても「ゴメン!もうちょっと待って。」なんて言われたり。
かなり時間を割いてるワリにゃあ仕事が遅々として進まん。
参ったね、こりゃ。

んまぁこのノンビリ具合がある意味島の好いところでもあるんでね、更にとんでもなく忙しく働いてんのも見て知ってるから、一概に「もう期日はトックに過ぎてます。許しません。今日なんとかして!」と強くも言えんし。

今後暫くは更新も怠らずやろうかと志す所存。
どーかお付き合いくださいな。


さてさて気を取り直して昨晩の空港噺でも。

日曜日はサンティアゴから来てラパヌイ経由でタヒチに抜ける便1本。
到着と出発は夜間、大体21:25に着いて22:25に出るスケジュール。
昨日は遅れる事もなくスパッと到着したんだが、その後に異変が。

いつも通り旅客が空港から出てくるのをみんなで待ち伏せしてたら急に停電。当然空港施設内は真っ暗。
停電自体はもう慣れっこ。重要な空港にゃあ非常電源設備があって通常は公共電力供給が滞った数秒後にソッチが立ち上がる仕組みになっているんだけれど、昨日に限っては幾ら待っても真っ暗。非常灯がひとつも点かない。

でもパッと見渡すと空港の脇の民家は明るい。
どーなってんの?これ。

旅行者数名は準備良く懐中電灯を持ってたようで、なんとか自分のバゲージを見付けて港内から脱出。残りは当然バゲージ・クレームで立ち往生。

そりゃ出るに出れんわな、外に居る我々も特別に入れて貰ってなんとかしよーと試みたんだけど、お客さんの荷物がどれだか解らんのだから仕方がない。旅行者を落ち着かせるだけで精一杯っすよ。

数10分後、空港のお偉いさんがやっと現れて状況を説明するも、要約すると
「動く筈の非常電力が供給されん。されんのだ!」
のみを連呼していたに過ぎず、原因は解らず仕舞い。
推測するに、現行している空港施設の改装を担当して居るドコゾの誰かがチョンボしてた、とか、そんなところだと思いますが。

兎に角その場をなんとか凌がんとならん。
そこで思い立ったのが車のヘッドランプでビカァーッと空港内を照らしちまおーではないか、という解決案。
税関のお役所車と偶々居ったローカル旅行社の社長さんのデッカイビックアップバン2台で煌々たるハイビーム照射ですよ。

バゲージ・クレームが駐車場に面し、その上駐車場側がガラス張りだったから可能だった離れ業だな。途端に拍手まで上がったわぃ。
便到着後約2時間、やっと旅客全員が解放されましたん。
とりあえず怪我人も暗闇に紛れての盗難被害もなかった模様。
オツカレサンでした。

しかし慣れない事とは言え空港職員はオロオロするばかり。不甲斐なかったなぁ。
ラパヌイの玄関口たる空港もこんな始末ですよ…

日本じゃされて然るべきと非難されるんだろうけど、今回の原因究明も報道されんだろうし、ましてや謝罪なんて有り得んだろうな。

どーあれ再発しないよう今後は充分に気を配って貰いたいモンです。


まさに真相は闇の中へ、ってか?
お粗末さんでした。
落としかたがもうオヤジだよ…


※ 真っ暗な空港に人が居るってのも珍しいわな↓
aeropuerto02.jpg
| 2007/01/22(Mon)19:22 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
お頭クラント
また呑み会ですよ。
なんかどーしよーもない呑ん兵衛みたいだな。
実際呑ん兵衛なんだけど…

先週末の土曜日、突然“LUIS TOMAS:ルイス・トーマス”つー友達に「呑みに来いよ!」なんて誘われて、断る理由もないしってんで行ってきましたん。

友達とは言え多才な“おっさん”。切り上げれば50歳。
実は親父さんが木彫りの達人だったらしく、ルイスも相当な腕の民芸職人。民芸品の生い立ちだの歴史だの詳しく教えてくれるんで暇な時は店に遊びに行ったりしてんの。
更に農業もやってアコーディオンも弾いてと、やらせたらなんでもやっちまう。

前々から「呑もうぜ!」と約束はしてたんだけどね、お互い忙しくて実に2年以上振りの呑み。
折角だからちょっと高いけどウィスキー持参で訪問。

家に着いたら“CURANTO:クラント”まで用意してやんの↓
umu01.jpg

「折角お前と呑めるのにフツーじゃ申し訳ないからな。」
だって。ウレシイねぇ。

中から魚だの芋だの肉だのが無造作にゴロゴロと取り出されて「うおぉい、個人的につくるクラントとしちゃスゲェな。」なんて驚いてたんだけどルイスはいつまでもニタニタ。
なんか隠し種を持ってるらしい。

んで最後の最後に現れたのがコイツ↓
chancho05.jpg

豚チャンのお頭ですよ。しかも姿蒸し。なんだこれ。

南米生活も5年となれば羊の頭が浮いてる寸胴スープだとか牛のヒラキのバーベキューだとか、丸焼き系は既に見慣れてんだけどね。ペルー時代も丸焼きの天竺ネズミを何度も喰ったし。これが結構美味いんだけど。

しかし流石に地面から豚チャンが出てくるとは予想してなかったわぃ。
これには多少なりともビックリしちまった。
一緒に居たオバチャン共もゲラゲラ。

喰うんですか?あ、そーですか。ハイ、頂きますとも。
喰うのには抵抗なし。
もう現地人つーか原人の域だな、我輩も…

その後はルイスとお決まりの演奏会。
我輩も下手糞ながらギターで合わさせて貰いまして。
やっぱり巧いな、ルイスは。
つーか、アコーディオンってどうやって弾くんだろ?
昔触った記憶があるけど忘れちまったぃ。

んで持って行ったウィスキーの酔いも丁度いい加減どころか異常にまわってお開き。いつもの通り千鳥足で帰宅。

あー、好かったな。豚チャンもみんなに喜んで喰って貰えて成仏したでしょう。

しかしそろそろ呑みを抑えんと、ホントに腹が弛んできたわ…
でも楽しーからなぁ…


※ ルイス。昔は教会の賛美歌も彼の伴奏だったらしーです↓
luistomas02.jpg
続きを読む▼
| 2007/01/17(Wed)23:08 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
¿新・世界の七不思議?
こんちはコマリです。
今日もいいお天気。日差しが痛いのは嫌やけど、そこまで我侭は言えませんね。晴れてるだけでも嬉しいです。

お題の通り今回は世界の七不思議。
ちょっと前に某ホテルで働いてる友達とおしゃべりしてたんですね。(以下その内容を簡単に)

友達:そういやさ、今"新世界の七不思議"の投票やってるの知ってるか。
コマリ:ん?何そんなのやってんの?何処で投票してんの?
友達:インターネットなんかでやってるらしいぞ。何でも今年の7月7日に発表されるんだとよ。'07年7月7日に7不思議の発表ってなわけよ。
コマリ:へぇー、そりゃ知らんかった。
友達:幾つかの候補があってイースター島のモアイ像も候補の一つやねん。
コマリ:ほな、またチェックしてみるよ。

っと言うわけで、帰って早速調べてみました。どうやら調べた結果投票の話はほんまでした。
調べた結果ニュー 7 ワンダーズ オブ ザ ワールド(The New 7 Wonders of the World )と言うところが提唱元となって投票行ってるようです。

実際にこの公式サイト見てもらえば分かると思うけど、見てみると何かおかしい。候補地が21ヶ所あるねんけど、"何故ここが世界の七不思議?"っと思うところがちらほら…。

例えば"自由の女神"。これって不思議なの?他にも日本の清水寺なんかも。不思議でも何でもないような気が…。

どうやらここで考えられるのはニュー 7 ワンダーズ オブ ザ ワールドの訳し方。これを訳して新世界の七不思議。
ポイントはワンダーズ(wonders)のようです。ここで長い事使ってなかった英日辞書のお出番。
調べてみるとやっぱり"不思議"と言う意味の他に"驚嘆する"、"驚く"なんて意味も。今回はこちらの意味をも踏まえてと言う事になるんでしょう。
そうなるとおかしいのが日本語の"世界の七不思議"。若し自由の女神やシドニーのオペラハウスが入ってくると、全く以って不思議ではなくなるわけですね。

こうなるとどうなるんかな?考えられるのは名前の変更。
変わるとしたら、どんな名前になるんやろ?

"世界の七大驚嘆場所"
"世界の七大ビックリ場所"
なんてのになるのかな。それにしても我ながらセンスのない訳…。

この際、横文字も入れて、
"世界の七大ワンダフルポイント"

更には訳す気もなく、
"世界でワンダー気分味わえる七大ヶ所"

不思議なもの、驚嘆するもの両方の意味で
"世界五不思議・二驚嘆"

とか、自分で色々考えてみるも、考えた事に後悔…。
ほんま、ネーミングセンスの欠片もないです、僕は。
名前が変わるのかどうかは分かりませんが、結果発表を待ちましょう。

発表は前述通り、今年の7月7日。投票も公式サイトからも出来るようなんで興味のある方はどうぞ。
20070115164128.jpg
※イースター島代表してモアイさんが出馬。
| 2007/01/15(Mon)17:13 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
開発か否か
晴れて気分がいーんで今日はもう1件。

偶にお便りをくださるラウタ郎さんのブログを覗いて居たところ、産経新聞のウェブサイトにイースター島の記事がある、との情報が。

知らんのは現地駐在員の沽券に関わるんで早速拝見。もう4日前の記事だけど。
(以下リンク)
モアイ像は悩む 開発か保存か揺れるイースター島
どーやらラパヌイは今、重要な岐路に立たされ大揺れに揺れてるらしーです。

???
それにしちゃあ現地は暢気過ぎやしないかい?
特に近頃コレと言った大きな動きがあったワケでもないんですが。

チリの高級ホテルチェーン“EXPLORA:エクスプローラ”が島へ参入してきたのはもう1年以上前だし、“HOTEL HANGAROA:ホテル・ハンガロア”の改装案はとっくの昔から決まってる事だし。

改革派の村長さんが彼の“カジノ認可”の一声で島が沸いたのも随分前だし。
これは現状反対派が押し切ってるけどね。

更に
「このまま金儲けばっかり考えてちゃ不味いよ」
つー声だって昔からある。

産経記事中で“CHINA PAKARATI:チナ・パカラティ”さんも触れてるが、金銭絡みの島内の摩擦、事件も近年増加傾向にあって治安も徐々にではあるけれども悪化してきてるワケで、それに現地人が危機感を抱いてんのは当然でして。

別に産経ウェブの批判をするつもりではないんです。
批判どころか寧ろ逆。こういった記事が増えれば今日の島の状況がより島外にも知るところとなるんだろーから、今後もいろんな場で沢山の人にドンドン書いて欲しい。

よく解らんのは島の内側ですな。
全く以って開発、非開発の論議、それによる危機感など表面化してきて居らん。

インタビューを受けた時は
「んだんだ、これは由々しき問題じゃろて。」
と誰もが言う。

だけれども誰も解決案、善処策を語らんのです。
「不味いよ不味いよ」と言うだけ言って、後は誰かがやってくれるまでは「アタイの仕事じゃないモン!」的姿勢。
これが確たる機関のお偉いさんまでそーなんだから状況が好転するワケがない。

ラパヌイの皆さん、アンタ等ホントに考えてんのかい?
…と、現地に住む所謂ガイジンである我輩は思ってしまうんです。

村長さんの観光施設誘致案だって、そりゃあ結果的に収入が増えて島も潤うんだろーけどさ、かなり安易でしょ。
だって観光客が増えるって事はモアイに触っちまったり祭壇に登っちまったり、挙句落書きしたりする輩も増えるって事よ。

現在の遺跡管理状態で客足の増加を見込んだら下手すりゃ儲けた金で保存しようとなった日にゃあ既に保存する対象がない、なんて事態にもなり兼ねん。

パークレンジャーの増員だとか島民自身に遺跡の重要性を充分に理解させる為の教育だとか、そういった活動が先行すべきじゃないのかね?

その運営費の主要捻出元であるべき国立公園入場料だって100%徴収できてない、「現地人だからモアイに触っても構わない」なんていう風潮が蔓延る現状、外に新しい収入源を求めても旨くいきっこないだろーし。

先ずは足場、“ラパヌイ”という器を整備しなきゃ。
その後に開発を考えても遅くないんじゃないの?

…という意見は至るところから出てるんですけどね、外からの声は如何せん島に届き難い。
我々余所者、ガイジンの意見を汲みたくないのは仕方ないとしてもだ、それだったら自分達がもっと現実を真摯に受け止めないとなぁ。

あれはイヤだ、これもイヤだと言うばかりじゃガキンチョの駄々となんら変わらんのですよ。
開発推進派、反対派双方歩み寄ってジックリ膝を摺り寄せて話し合って行く先を決めるべきでしょ。

なんてエラソーに非開発論紛いの文章を綴ってる我輩もある意味では島の迅速な発展を願っているんですけどね。
物資不足やら高速インフレやらはもうイヤですから。

それに観光地としてここまで有名になっちまったらもう開発せざるを得んというのも事実だと思うし。


やっぱり難しい問題だわな。
要は丁度好く折り合いが着けば一件落着なんだが、歴史上モアイをデカくし過ぎたりとことん倒しちまったり木を最後の1本まで切り尽しちまったりする“猪突猛進型民族”ラパヌイは、今回果たして踏ん張れるんでしょうね…

兎に角過剰に開発されて何処にでもあるリゾート地のよーにだけはならんでください。


※ 島開発と遺跡保存の折り合いはつくんだろーか?↓
akahanga01.jpg
| 2007/01/14(Sun)23:08 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
晴れ過ぎでボー
本日快晴。
やっと晴れましたよ。

つーか暑過ぎで日差し強過ぎ。
日中村内をブラブラしてただけで真っ黒っす。
んま、やっと夏っぽくなったって事でヨシ。
雨よりはいいもんね。

しかし妙にムシムシしてたなぁ。
散歩中会う現地人がみんな
「この風はまた雨雲を持ってきちまうぞ…」
なんて不吉な予言を…

んなこたぁないようお願いしますよお天道サン。
暫く踏ん張ってて頂戴。

兎に角久し振りに好いお天気だからラパヌイは元気。
村の前の入り江はサーファーだの水浴びする旅行者だのでごった返してるし、日曜なのに我輩宜しく意味もなくプーラプラしてるのも多かったし、3週間後に控えた祭の舞台設置は随分と捗ったよーだし。

村の運動場ではサッカーの試合も。
普段は「へぇ、頑張ってんな。」くらいで通り過ぎてしまうんだが、何故か今日は立ち止まりたい気分でそのままボーっと観戦。

ドッチもチームの名前なんて知らんけど、片やローカルミュージシャン“MATATO'A:マタトア”のオレンジ、片やレストラン“ARINGA ORA:アリンガ・オラ”の黄色の両軍がとんでもなく暑い中走り回ってぶつかり合ってましたわ。

我輩はその横で買ってきたエンパナーダ喰いながらボーっと座って。
不味いよなぁ、最近動かんで呑んでばっかりだったから脇腹が弛んできてんのよね、運動せんとなぁ、とかいろいろ考えながらボーっと…

そーいやこんなにボーっとしたのは久し振りだなぁ。
イヤイヤ、これはこれで有意義に過ごしたって事で…


やっぱり晴れがいーよね、うん。


※ 馬もボーっと…↓
futbol01.jpg
| 2007/01/14(Sun)21:46 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
雨多過ぎ
今日はね、景気よく降りやがりました。
雨が。
「ナンダコノ!」と怒鳴りつけてやりたいくらいの豪雨でしたわ。

しかもなんだかイケズなお天気。
一頻りザッザァーとやってちょっと止んでみて「お?青空が見えてきたじゃんか、ウフフ…」と思わせつつまたザバァと降っての繰り返し。

“バケツを引っ繰り返したよーな~”
つーのはまさに今日の天気だね、ホンの10秒足らず外に居っただけでもグショグショ。
こりゃ土砂降りのモアイさん写真が撮れるかも、と出掛けようとしたんだが、流石にそれどころじゃなかった。

ここまで降ってくれるともう外回りは諦めるしかないワケでして、オフィスで黙々とパソコンを叩いたりそーいやツアーは無事出発したかいな?と電話してみたり床の泥を拭き取ったりその周りをウチの臆病猫が「濡れるのヤだよ」とオロオロしてたり日本に居った頃近くの那珂川が決壊して避難警報が発令された時もこんな感じで土手脇に建てられてた明らかに無謀な立地じゃねーかと我輩含む近隣から危険視されてた某ホテルの下層がやっぱり水浸しになってたなぁ確かその後“元気君”なんて名付けられた哀れな牛が上流那須高原辺りから流されてきたっけまだ元気なのかな?と思い出して島のホテルは大丈夫か知らん?と心配してみたり雨のお陰であんまり暑くないから最近ビールがあんまり美味くないのよねハァ…と嘆いてみたりで脳内は忙しかったんだが運動不足気味。

んま、コマリ氏と雨の合間を縫って本土から届いたドデカイ荷物を引き取りに行ったりもしたんですがね。
途中歩道下部に埋められてた筈の水道管がそこの土が雨で流れちまったかなんかで剥き出してんのを見付けてコリャウチ方向ニ続ク管ヂャナイデスカ、破レチマッタラ不味イネェ…なんて愕然としてみたり。

いやぁ今年の雨量は物凄いんじゃないかね?2年前もこの時期随分濡れたのを覚えてるが、ここまでじゃなかったように思う次第。

何らかのカタチで毎日降ってるし、一般的に言う“ラパヌイは12月から乾季”つー情報もそろそろ改めざるを得んのかも知れんなぁ。


明日こそスカッと晴れますよーに。


※ オフィス前も大洪水でしたよ↓
lluvia03.jpg
| 2007/01/11(Thu)23:28 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
準備着々と
こんにちは、コマリですよ。

こんなに天気が良いのに何か安心できない今年の夏。今年2回目の夏です。今年は何か天候が安定しない様な気がしますね。そもそも、そういう島なんでしょうけど。
でも、今は晴れて気持良いです。ずっとこの調子でお願いしますよ。

はい、ではお題。ってか、昨日散歩中に見つけたタパティ準備の様子。
2月1日から17日に行われる島のお祭、タパティ・ラパヌイがもうすぐですね。約3週間後ですよ。気付けばアッという間ですね。
祭のメイン会場になるハンガ バレバレ(HANGA VAREVARE)のセット製作が開始。でも、まだ始めたばかりなんでどうなるのかさっぱり分かりません。これからどんな風になっていくかが楽しみです。
20070109163951.jpg
※海岸線の道沿い、共同墓地すぐ近くです。

先日発表した、タパティの仮プログラムで分かるように、ここでのイベントは結構あります。夜もここで色々やったりしますからね。昼ツアーや島内の散策行って、夜はここで文化に触れるってのも良いかも。夜はここで屋台も出ますし、簡単に食べる事もできますよ。

そうそうちょっと話はずれるかもしれへんけど、最近は若者も多いですね。チリ本土なんかに勉強しに行ってた若者が夏休みで島に帰ってきてるんでね。若者も島に戻ってくるとちゃんと働くんですよ。僕の学生時代とは違い偉いです、島の若者。タパティの準備も若者には良い働き場の一つ。

タパティ・ラパヌイに若者の帰島、島に活気が出てきて良いことですよ。
後は天気が安定してくれれば良いんですが…。
20070109173421.jpg
※彼はこの時期のみツアードライバーとして働いてますよ。
| 2007/01/09(Tue)17:53 |
| [お祭騒ぎ]タパティ 2007 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
これでも強くなったんですよ
こんにちは。コマリっす。

今日の午後は良いお天気。午前中は雨降ったようでしたが、その頃の僕は夢の中(笑)

っていうのも、昨日は島の友達と呑み。帰ってきたのが4時くらいと久々にゆっくりしてました。

そもそも僕が昨日呑んだ友達トゥッティーの家に着いたのが夜の12時くらい。皆は夜8時くらいから呑み始めてたらしいです。
行ったらもうみんなかなり呑んでる様子。とは言っても基本的に酒豪の島の人達はそこまで壊れません。(もちろん、壊れる人も居ますが…)テンション上がってはいるけど。

着いて先ずトゥッティーがご飯出してくれました。相変わらずここの料理は美味しいんですよ。
そこから呑みに参加。初めはワイン。その後、ウィスキーのコーラ割り。

呑んだ量はたいした事ないねんけど、実はかなりの進歩。って言うのも、僕は一言で言うと下戸の類に入る人でした。今もそうやけど、下戸からすればウィスキーなんて呑めたものじゃなかった。そう、少なくても1年前までは。今はなんかコーラで割ってはいるけど、呑みやすいかも。いやー、怖いっすね、お酒。
今でも普通の人からすれば全然呑めない方やけど、自分の中ではかなりの進歩。そういや、着いた時にはビール1缶を空けるのも無理やったもんなー。それが今は呑めますもの。

来年にはひょっとして更に進歩があるのかも?!
まぁ、お酒に溺れる事はないと思いますが、ほどほどこれからもお酒にチャレンジしていこうかな。

そうそう、この後深夜3時過ぎくらいに皆ディスコに出かけていきましたよ。元気も底なしですよ…。
20070107171647.jpg
※天気も安定してくれると良いんですが。
| 2007/01/07(Sun)17:47 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
どーせなら酒を浴びたいね
正月1日に記事を書き終えてからサァ呑むぞ!と勢い込んで帰宅したんだが、遊びに来てたトミーとその兄貴は既にグデングデン状態。
話を聞くとサンライズの後はツアーがなかったんで兄貴とずっと呑んでたらしい。

オマケに島じゃ手に入れ難い上に高い、ゆっくり楽しもうと大事にとっといてあった我輩のバーボンまで空っぽ。
呑み過ぎだよ、アンタ達、ハァ…

んま、仕切り直して隣のレストランに移りワインで乾杯。
んー、仕事後の1杯は格別ですな。
腹も減ってる我輩はステーキも注文。目玉焼きも付けてね。

酔っ払いの前でムシャムシャ喰ってたら、
「俺達充分呑んだしもう帰る。」
へ?コッチはまだ全然酔ってないんすけど…

取り残されて白けちまったのとやっぱり風邪気味だったんでそんじゃお開きと。
それから殆ど呑んでねーな、今年の正月は酔っ払い損ねちまった。


お陰で体調はほぼ完治しましたよ。
あとは喉のガラガラが治まれば文句なし。
ご心配お掛けしましたん。
そろそろ本腰入れて呑もうか、と…


しかしラパヌイのお天気は解らんねぇ。
1日は好かったんだが2日は曇り→雨、3日もドンヨリ時々雨でツアーもやっとこさこなしたようなモン。
あんなに濡れたのによく風邪がぶり返さなかったなぁ…

かと思いきや昨日は晴天。スンゴク蒸し暑かったし。
今日も好い感じなんだけどねぇ、スコールはあった。

乾季、観光に適した季節とは言え、やっぱり雨具は必須ですな。
最近は島でもレインコートを売ってるけど、9米ドルくらいするよ。
外から持ってきたほうがいいだろね。
何度も言うようだが傘はあんまりオススメしません。
風が強いから。

あーあ、旅行者が多い時期だけでももうちょっと安定して晴れてくれると有難いんだがなぁ。
濡れるのにはもう飽きちまいましたよ、マッタク。

※ 夏なのにビーチもドンヨリでしたわ↓
anakena02.jpg
| 2007/01/05(Fri)16:30 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
ラパヌイでの年越し
明けましておめでとうございます。コマリです。

1月2日の今日の島は雨です…。降ったり止んだりしてたんが、降りっぱなしの状態に。夏とは言え、こんな感じなんで合羽なんかは常に持ってた方が良いでしょう。晴れると日差しも強いし、日焼け止めも欠かせない所。

はっきり言って全然正月の気分ちゃいますよ。何でやろ?
暑いからかな?それとも忙しいから?色んな事が重なってそう感じさせてるのかな。

因みに今年の年越しは友達の家で。個人的にも大勢よりもこういうのが良いねん。こじんまりと過ごすのが一番リラックス出来て好きやねん。
しかも、島の人達もそれぞれ家族や友達なんかと呑んで過ごしてました。島では特に大きなイベントも無かったり。
仕事が終わって友達の家駆けつけ、年明けカウントダウンと共にシャンパンでポンってな感じですよ。しかもかなりアバウトなカウントダウン。個人的にはアバウトなカウントダウンでも気にならへんけど、南米っぽいなと感じました。日本ではTVに合わせたりしそうですよね。中には時報聞き出したりなんてのも有りえそう。この辺はお国柄が出てるんでしょうか。

シャンパンで乾杯後、みんなでハグしてのニューイヤー挨拶。そしてご飯。ご飯の後は呑みですよ。近所のガキンチョ達も来てて大変でしたよ。
なんせ深夜やのに元気一杯な事。はっきり言って新年早々ガキンチョに体力負け…。酒呑んでたとは言え、完全にノックアウトされました。

それでは本年も宜しくお願いします。
MOIKO.jpg
※ほんま、この子の元気は底なしですよ。
| 2007/01/02(Tue)20:18 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
ITE MATAHITI API ~謹賀新年~
新年明けましておめでとうございます。
こちらラパヌイ、日本の14時間遅れで2007年になりましたよ。

いやぁ~、今年の正月は働いたわ。
早朝4時半に起きて初日の出ツアーの催行確認がてら我輩も便乗。
そんで空港に見送り、出迎え。
その後にもう1本ツアーってな感じ。

昨晩に呑むの控えて早く寝て正解だったわぃ、とりあえずナントカ終了。
オツカレサン。

因みに島は至って静か。
店も殆どやってないしツアーに出ても観光客少ないし。

コッチは習慣的に正月つったら家族でノンビリ過ごすもんだからね、カウントダウン後朝まで賑わってたディスコを除き結局年明けの大きなイベントもなく、各家庭でドンチャン騒ぎしてたらしい。
起きた時はまだ隣も騒いでたもんな、ウラヤマシイ…

しかし張り切って早起きして観た初日の出も、曇ってはいたけど充分綺麗に観えたし、その後も天候が大きく崩れる事もなかったし、とりあえず最高の状態で正月を迎えられたと思いますわ、ハイ。


さてと、一緒に日の出を観に行ったトミーも来た事だし、昨日の分を取り返す勢いで呑みましょかね。

あ、でもまた明日ツアーだわ。
自重します…

※ 今年もヨロシクねん。↓
anonuevo2007.jpg
| 2007/01/01(Mon)21:53 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報
  • ラパヌイ時間

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

  • 島のご機嫌

コマリ

  • 作ってる人:コマリ
  • 島生活4年目、なんちゃって関西人の浮世離れのほほん駐在員
  • RSS

  • 管理者用


リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。