世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200607« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200609
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
ガス争奪戦!!
こんちは。コマリです。

今日は前振り無しです。
タイトルにもあるように今日ガス争奪戦(?)に参加してまいりました。

負けられない戦(イクサ)です。なんていってもガス無し生活約1ヶ月を経ての戦。ハングリー精神は充分です。更には力強いご近所のラパヌイファミリーと共に、いざ販売場所へ。時間は朝9時です。
因みにご近所の分も入れて全部でガス6本です。朝から空のガスのシリンダーを積み込んでの準備OK。このシリンダーがまためっちゃ重い…。
20060830181300.jpg
※いざ出陣!!勝つまでは帰ってきませんよ。

到着してみると、既に人込みが…。乗り遅れたッ。でも、まだ門が開いてない。皆待ち状態です。策の向こうにはガスが見えています。近くて遠い…。門は20分ほどで開かれました。
20060830181835.jpg
※門の前に群がる人々。

門が開かれて10人ほどの人が入れられました。1回目は見事に入れず…。次に開かれた時には絶対入りますよー。その後、15分後に2回目のチャンス。後ろから押されながら何とか入る事に成功!!

残すは会計です。
ここはすんなりパスしたかったが、ここで一番時間掛かる…。何か並んでいても進まへんなー、なんて思ってたら、横は入りしてる奴が。しかも、オバチャン皆こんだけ並んでるのに全然マイペース…。マイペースなのはヨシとしても横入りはあかんでしょ!!もちろん、小心者の僕は何も言わないですがね、代わりに他の人が「こっちが列だよー」、「早くしてくれー」なんて声があちらこちらから。何とか横入りは無くなったので、少しづつ列は進みだしました。
一緒に行ったラパヌイファミリーは見事、先に購入。残すは僕。実は会計の台カウンターに並ぶのが大変やねん。っていうのも、1人が払い終えるとその空いたスペースを皆で取り合うわけ。僕も体格の良いオバチャンに見事押しのけられた訳です。何とかそのスペースも勝ち取り、自分の番がまわってきたと思いきや、また横入り。オバチャンもすんなり訊いちゃうから困っちゃいますよ。次はその横入りラパヌイ人終わったら、即僕の名前言って、何とか購入。
んー、これでやっと安心出来ました。早速家に帰ってガス取り付けましたよ。昼休みには見事熱いシャワー浴びちゃいました。
ホンマ気持ち良いーッすね、シャワーって!!久々の極楽でしたよ。
20060830182305.jpg
※重いので転がして運ぶオッチャン。
続きを読む▼
スポンサーサイト
| 2006/08/30(Wed)20:49 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(11) | トラックバック(1) |
ガス着きそうかも知れんかも…
イヤハヤ家のガスが無くなって久しくこの間電気ポットで湯沸かしてバケツに溜めて浴びてるんだが、最近そのポットの調子も悪くなってきましたよ、過労でヤバメ。
コイツに今倒れられちゃあ適わんなぁ…
なんとか堪えて頂戴よ。

…と次の補給船を只管待ってるんだけど船影すら伺えん。
んま、一昨日の大嵐じゃあたとえ着いたとしても降ろせんかっただろうけど。
つーかこの嵐で到着が遅れてんのかねぇ?

今日は概ね快晴。ほぼ無風状態でポカポカしてたし。
久し振りにコマリ氏と庭の掃除に勤しみましたよ。木の葉は散乱しとるわバナナは倒れるわで無茶苦茶だったんでね。
なんかちょっとユックリできたみたい。ベチョベチョだったのがスッキリしたわなぁ。

んで日も暮れたんでさて湯でも浴びるかね、と服脱ぎだしたらローカルテレビから朗報が。

「次の補給船が700本、それに続いて海軍の船が900本のガス持ってきますよぉ。」

マジすか?
海軍様も出動すか?
合計1600本も持ってくるんすか?

これが着けば島のガス不足も解決するかも知れんなぁ。
んでんで、肝心の到着日は何時なの何時なの?

「補給船は26日、軍艦は27日ですよ!!」


…着いてねぇよ。
(注:テレビは勿論録画放送)

※ 2、3週間前はこんなに快晴。この時だったらスンナリ着いてただろーに…↓
esmeralda01.jpg
| 2006/08/28(Mon)01:19 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
豪雨!!
こんばんは。コマリです。

僕には珍しくイースター時間の夜にアップしていますよ。もっと早くにアップするつもりが友達がオフィスにやってきまして、日本についていろいろ質問されたりして、こんなに遅くに…。

さて、ここんところずっと天気続きなのも21日の金曜日についに終わってしまいましたよ…。
この日ははっきり言って物凄い豪雨!!
今まで溜まっていた分が一気に降ってきた感じです。ホンマ、参りました。いつもの事ながら、庭はあっという間に池に変わってしまいました。この日はいつも以上やったかも。

それにしてもビックリしたのが、島民。何か外で声が聞こえると思いきや、島民が雨で水浴びしてんのよ…。女の子二人組みやってんけどね、はっきり言ってあきれました。あきれてて、写真撮り忘れちまいました。
一応、「冷静に寒くないの」って聞いてみたんですがね、「寒いのは最初だけって」という返答が。いやー、若いって良いですねー。でも、少なくと僕が若くてもやってなかったとは思いますがね。っと、そんな感じで雨を楽しんでる島民も偶には居ますよん。

来島される方は防寒対策なんかと一緒に、合羽持って来られた方がいいですよ。

この雨の影響か26日に着く予定の補給船は到着しませんでした…。近々着くのは間違いないんですがね。月曜にはガスを買いたいですよ。
20060826235450.jpg
※池と化したうちの庭。
| 2006/08/27(Sun)03:01 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
ラパヌイ画家
こんちは。コマリです。

今日は雨です…。おまけに寒いですよ。最近天気が良かったものの、それもついに終わってしまいましたよ。しかも、貨物船の到着も近いし、なんとか天候回復してくれやんと。到着しても荷が降ろせないと同じですからね。

さて、お題へ。
昨日はイースター島⇔タヒチ便のチーフ客室乗務員をしているクリスチャン シルバ(Christian Silva)の誕生日でした。
20060825114411.jpg
※タヒチから来島された方は見たことある人も多いのでは??

彼は何度かこのブログにも出てきていますね。最近ではカッパクさんが書いた“スッパ抜きタパティ2007情報”でタパティ2007のポスターを描いた人として紹介されています。

そうなんですよ、クリスチャンは画家さんなんですね。彼の家に招待されましたら彼の作品が何点かありました。凄いですね。絵を描けるって。僕は絵を見るのは好きですが、描くのは苦手…。だから羨ましいですね。

↓綺麗に写真撮れなかったけど、これなんて凄い迫力。
20060825120048.jpg


こんな絵が描けるなんて素晴らしい、カッコいいっすね。しかもクリスチャンは男前…。性格もかなりいい奴。ホンマ恨みますよ、神様。ズルイッス…。

さて、彼の誕生日会の様子は島では定番のBBQです。食べるまでに時間があったんですね。普段は酒の弱い僕、ビール渡され呑んでみると以外にいけるやん。ひょっとして強くなったんではと思いこんで1缶をいつもの倍のスピードで空けました。結果、そう簡単に強くなるわけも無く1缶空けた頃にはいつもの自分…。あぁ、我ながら情けない。

20060825124540.jpg
※最後になったけど誕生日おめでとう、クリスチャン。
| 2006/08/25(Fri)14:26 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
更にお知らせ [携帯電話]
チリ国営放送(TVN)のCMで流れてましたが、どうやら携帯電話の番号変更は固定電話からの場合のみのようですよ。

チリ国内の固定設置電話から携帯電話へ:
(08 または 09) *******

(09) 8 または 9 *******

チリ国内の携帯電話から携帯電話へ:
(8 または 9) *******

現行通り(変更)なし

因みに海外からの携帯への電話は固定設置電話、携帯電話によらず
+56 (9) 8 または 9 *******

に変更されてますんで悪しからず。


…なんかややこしーね。
情報収集にも一苦労っす。

※ 人も情報も荒れ狂った海を渡って来るからねぇ…↓
vave02.jpg
| 2006/08/24(Thu)00:53 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
TAKONA創刊
こんにちは。コマリです。

最近良いお天気続きですよ。昼間にはホンマゆっくり散歩したくなるような気候です。生憎、晴れてるときに限って時間無かったりするんですがね…。このお天気も何時までもってくれるのやら。

ほな、お題へ。
今日は村情報誌が創刊されましたのでご案内です。
今日オフィスに島の若者がやってきまして、「村の情報誌買わない?」なんて言ってきてくれたんですよ。「とりあえず、見て頂戴な」と言うものやからパラパラっと見てみると、なかなか良いではないですか。
って言うのも、日本に居るときからこういう類の物は結構好きやってん。ちょっと時間がある時に読んだりするのにもってこい。
値段聞いてきたら2000ペソ(約US$4)です。安いので即買いです。日本ではタダでコンビニなんかに置いてたりもしますが、なんせここは島です。これもチリの本土で作ってるし、その事考えれば安いです。
TAKONAは今回がVol.1です。毎月発行するそうなんでこれからも購入する予定。少し気になるのが今後も無事に発行されるかどうか。是非毎月発行して欲しい物ですね。

最後に島の若者が来月も持ってくるなんて言っていましたが、ちゃんと来てくれるんかな?来なかったら電話してやる!!

因みにこれ買ったの僕が2人目でしたよ。折角なら1人目が良かったな。
TAKONAvol.1.jpg
※これがTAKONA Vol.1の表紙です。
| 2006/08/23(Wed)22:08 |
| [お役立ち情報]お買い物 |
| お便りはコチラから(9) | トラックバック(0) |
ちょっとお知らせ [携帯電話]
今日(2006年8月21日)朝のニュースで

「今日から携帯の電話番号変わってますよ。」

情報が流れたんで家の固定電話から掛けてみたらキチンと変更されてましたん。

だけど何故か

携帯電話→携帯電話

は未だに変更されておらず。
よく解らんなぁ…


兎に角そのうち全て変わるのは間違いなさそうです。

お手数掛けますが、ご理解頂戴。

※ なんせ“絶海の孤島”だかんねぇ…↓
vave01.jpg
| 2006/08/21(Mon)14:57 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
講習会最終日
ご連絡:
前記事にて19、20日と定期的に携帯電話の番号を確認して居りますが、未だに変更されていない模様です。
変更の確認が取れ次第再度この場でお知らせ致しますので、今暫く旧番号をご利用ください。






今日の野外授業でとりあえずガイドの講習会はオシマイ。
いろんなセンセが来てそれもオモロかったんだが、如何せん仕事との両立はキツイ…
やっと少し落ち着けそうだわ、ヤレヤレ。

兎に角真打は“SERGIO RAPU:セルヒオ・ラプ”氏、ラパヌイ出身の考古学者として知られる御仁です。
1978年、アナケナビーチに建つ“AHU NAU-NAU:アフ・ナウナウ”復元チームのリーダーだった人よ。この発掘中にモアイの目が見付かっちまって一躍有名人に。

とは言え当人はヒョウキンなおっさん風(スンマセン…)。
我輩にも
「おい、来週辺り寿司握ろーぜ!」
とか、そればっかり…

しかし喋りが巧いのよ、冗談混ぜたり身体動かしたり。コッチの疑問には丁寧に答えてくれるし。
確固たる自信があるとやっぱり違うねぇ。

当然内容も充実し過ぎるぐらいで我輩の脳味噌キャパでは付いていくのがやっと、熱病に魘されてるよーな状態だったんだが、終わってしまうとまた聞きたいような…
セルヒオ中毒だな、もう。
若しくはファンクラブ会員。

最新考古学調査からの情報も勿論興味深いんだけど、セルヒオさんが最も声高に語っていたのは
“内部の教育 変革 発展”
について。

島の殆どの学術調査、島に関する殆どの書籍は外の人間の手によるものなのね、現状。管理不足で貴重な情報まで現地には残さんとドンドン持って行かれちまってるらしいの。

「その情報源たる遺跡も放ったらかし」
「挙句過失故意問わず自らの手で破壊紛いの行動多過ぎ」
なんて嘆いて居られましたよ。

己の島の価値をキチンと知り、それをコントロールする機関を内側から設けて普遍化させることが急務だと。

まぁ現実を直視してる人間なら誰でも思うところだが、当の内部が発すると重みが違うわぃ。

講習会に参加したガイドだけじゃなくて島全体で考えなきゃならん問題。折角集まったんだからこのグループを元に善処しよう、というのがセルヒオさんの最も言いたかった事だと思いますわ。
「俺とお前等が中心になるんだぞ」
と。

この声がここで留まらずに波及してくれりゃあいいんだけどね。
我輩が内部の人間かどうかは別として、少しでも貢献できると嬉しいんだが。

島共々精進します。

※ またどっかに連れてって頂戴↓
cursoconrapu01.jpg
| 2006/08/21(Mon)03:55 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
今度は携帯番号変更っす。
またまた速報です。

チリ時間2006年8月19日より、チリ共和国全ての携帯電話の番号が変わります。

今までの番号は

+56 (8または9) *******

でしたが、本日より

+56 (9) 8または9*******

となりますのでご注意ください。

※ *******部分は以前の番号と変わりません。新たな携帯認識番号9の後に、
+56 (8) *******であった携帯電話は【8】
+56 (9) *******であった携帯電話は【9】
を付け加えてください。
※ 予定通りに番号変換が行われていない可能性もあります。この新番号で繋がらない場合は従来どおりの番号もお試しください。
※ (+56)は国番号です。

例) アンデスニッポンツーリスト イースター島支店 緊急連絡先
チリ国外からの電話: +56 (9) 84291611
チリ国内固定電話からの電話: (09) 84291611
チリ国内携帯電話からの電話: (9) 84291611

今回の変更はチリ国内携帯電話の過普及によるものだと思われます。


固定電話の変更、これはもう施行されてますよ。
詳しくはコチラを参照くださいな。

んで現地深夜0時をまわってから早速試しに掛けてみたんだけどね、まだ変わっとらん…
多分日中にイキナリ変わるんじゃないのかね?ちょっと様子みて後日報告しますよ。

つーかとんでもないサプライズだな、19日の何時から変わるか情報が無いなんて…

兎に角固定電話は変わってますから携帯の番号も間違いなく変わると予想されます。
今後注意して頂戴。

※ 今度のは何処のモアイさんかね?↓
celularmoai01.jpg
| 2006/08/19(Sat)03:05 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(13) | トラックバック(0) |
Ka Tangi Te Ako 2006
こんちは。コマリっす。

今日は朝から寒い…。最近“ましになったなー”なんて思っていたら。まだまだ油断できませんな。おまけに雨っす。お客さんも“昨晩は雨の音で起きましたよ”なんて言うくらいの強風を伴った雨でしたよ。
今日のツアー午前中は寒いし、雨降るしッてな感じでしたね。午後からは少し回復したけど。

はい、ではお題へ。“今日はスクープです!!”って言いたいところやけど、実はなんちゃってスクープです。って言うのも既に村の中に貼り出されてるねん。でも、最新の情報には間違いないですよ。カパックさんのタパティ2007の様にはいかへんだけど。

なんちゃってスクープの内容は「カ・タンギ・テ・アコ 2006(Ka Tangi Te Ako 2006)」です。これも毎年やっているラパヌイのイベントですね。イースター島の歌と文化の日です。
去年行きましたが、島文化に触れるには好い機会でしたよ。歌や踊りが多かったですね。今年は全日程行ければ嬉しいんですがね。
そーいや、確か去年は正装していけば入場が無料だった気が。因みに島の正装ははアロハシャツです。僕はちょうどその時にアロハ持ってなくて5000ペソ(約10ドル)払いましたからね。今年はアロハ着て行きますよ。
日付は11月10,11,12日です。ポスターには日付のみ。詳しい場所や時間は未定です。また分かりましたらアップしますね。

そうそう、ひょっとしたら去年あった「マハナ・オ・テ・レオ(MAHANA O TE RE'O)」って言うラパヌイ語の祭もその辺りでやるかもしれませんね。こちらは去年行けへんだから、今年もあったら是非行きたいねん!!
夏にはやっぱりイベントが増えてきますね。また速報あったらお知らせしますんで。
20060818192101.jpg
※ガラス張りで写真がアップで上手く撮れへんだのよ…。
| 2006/08/18(Fri)21:43 |
| [お祭騒ぎ]民俗芸能祭 2006 |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
映写機から映し出されたのは…。
こんにちは。コマリです。

今日は早速お題から。
昨晩、なんと映画見に行ってきました。って言っても、もちろん島に映画館なんてものはありましぇん。一言で言うと移動映画館的なもの。偶にあるそうで、今回は学校の講堂でありました。
実はこの前の13日の日曜日にもあったんですね。でも、仕事で行けへんでん。ショックなんて思っていたら、“明後日までやってるよー”なんて事で行ってきた訳ですよ。

皆さん、“どうせ古い映画なんでしょ”なーんて思っていません??僕は少なくても思っていましたよ。ところがどっこい、昨日の映画はなんとミッション インポッシブル3、そう略してM:i:IIIです。多分日本でも公開中のはずですよ。旬でしょ。きっと乗り遅れてないはず。

いつもテレビで映画のCM見る度に観たいなーなんて思っても諦めるしか無く悔しい日々送っていたんですよ。そんなんやからほんま移動映画館に感謝感謝です。

日曜が19:00からやったんで、昨日も19:00やろうと思いきや20:30から・・・。20:30に出直してい行ってみると意外に少ないの。なんか座れきれないくらい居るのかと思ってたんやけどね。まぁ、少ない分には問題なし。
我侭言えば、字幕が見えにくいとか子供が駆け巡ったりなんてのはありましたが、そんな贅沢は言いませんよ。
もう、映画館の雰囲気を少しでも味わえただけで感動です。音も迫力満点でしてあっという間に約2時間が過ぎてしまいましたよ。次はいつやってくれるんやろう??こういう事はドンドンやって欲しいですな。因みに入場料は無料でした。

いやー、映画って本当に良いもんですねぇ。

20060816195844.jpg
※この映写機で映し出されましたのよ。

20060816202535.jpg
※スクリーンが低く、ちょうど字幕部分が見え難かったのが残念。
| 2006/08/16(Wed)22:15 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
本日より法律改正
こんちはコマリです。

島の物不足は前からやねんけど、最近は著しくそれを痛感してますね…。なんか買おうと思ったら、売り切れで暫く入ってこない。売ってる所も限られてきますしねー。ガスが無いのなんてのはありえんですな!!ありえん事が起こるんのがこの島なのかも。でも、そういうのも程ほどに楽しんではいますよ。

それはそうと、今日からチリの法律が変わりました。
タバコの喫煙に関しての法律改正なんですね。なんでも、喫煙のない環境を生み出すために、保育園・幼稚園、小・中・高校、重油・可燃物・薬品、食品を消費・製造・保管している場所では、庭、空き地も含めて全面禁煙です。公共のスペースでも同様に禁煙です。レストランなんかでは喫煙席と禁煙席を分けてある、もしくは全面禁煙やと思います。

今日からという事で知り合いのおばちゃんと話したら、そんなの島では気にすること無いよー。ってさ…。まぁ、確かに法律改正って言ってもこの島でもともと守られていたのか??と言う疑問が出てきますしねー。ノッペルで走るバイクなんかもそうですしねー。島には島の暗黙のルールがありますしね。
だからと言ってこの法律を無視して良いとは言ってませんよ。島が今後どう変わっていくんやろうとは気にはなりますがね。
空港ロビーも勿論禁煙になってるので旅行者の方ご注意くださいね。違反者へは違反料金が課せられるそうですのでお気をつけくださいね。

20060814210950.jpg
※法律も大事やけどこれが島スタイルやねー。
| 2006/08/14(Mon)22:42 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(1) |
どう思う?
盆休みシーズンに突入して齷齪働いてる駐在員'sですが流石に土曜の夜はちょっと時間があるモンで。
コマリくんはまだ働いてますけどねぇ、オツカレサン。

天気も上々、とまではいかんがそんなに悩まされずに済んでる今日この頃。
ガイドもキツイんですよ、雨降ったら。
まぁ何時崩れるか解ったモンぢゃないが…


ガスに貧窮して居る昨今、終に我が家のもキれまして…
現在電気ポットで沸かして行湯してるんです。
一応接客業なモンで身体洗わんワケにもいかんし、嗚呼、来月の電気代請求が怖いわぁ…

ろくに自炊もできんのですが、運良くというか知り合いからの貰いモンの卓上電気コンロがあるんでなんとかやっとります。
いやぁ助かってますよ、カサニートさん、アリガト。

んなこんなで火力を必要とせん食材を探してまわってるんだが、その途中寄ったミニマーケットに変な飲料が売ってましたよ↓
conmiel01.jpg

なんだコレ?
はちみつ緑茶ぁ~?
ヤバそうなんで当然購入。

…。

物凄い味ですよ、緑茶の特徴たる渋みもスッキリ感もありゃしない。
飲んだ途端ハチミツ、飲後もハチミツ。でもなんか青臭いつーか…

多分お子様時分だったら喜んで呑んだと思いますけどね、腐ってもお茶大好きな我輩、今となっちゃあちょっと受け入れられんわぃ。

つーか基は、
「緑茶って苦いからハチミツ入れたら美味いんじゃねーの?」
つー発想でしょ?これ。思い付くのは解るがコレを売ろうと考えた人間はスゴイ。ある意味偉人。

勿体無いんで飲み干したけど、もう絶対買わんな、コレは。

…とか思ってたらその後商品棚からスッカリ姿を消してましたん。
コレはどう捉えるべきか?美味い!ってな感じで飛ぶように売れたのか?ハタマタ店側が自主的に下げたのか?


blogを閲覧されてる皆さんはどう思います?
甘党も渋党も挙って意見訊かせて頂戴な。


最近タイ米だとか米国産日本酒だとか、島ではアジアの食品が氾濫気味だな。
もうちょっと使えるモンを持ってきて欲しいんだが…


つーか、それよかガス!
続きを読む▼
| 2006/08/12(Sat)23:18 |
| [お役立ち情報]食い処 |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
気づいた時には…
ご無沙汰していました、コマリです。

最近は嬉しい事にお天気続きなんですねー。観光客も増えてるし良い事ですね。この調子がもうちょっと続いてくれると更に嬉しいんですが。

この前撮ったお気に入りの雲の写真。
20060810231743.jpg
※雲の道が出来てて良い感じでしょ。

青空に雲。そして、山に青い海。良いですねー、癒しです。雲フェチには溜まりませんな!!こう言う天気ばかり続くとありがたいんですがねー。流石に天気は予約出来んので、来島される方は合羽はお持ちになられた方が良いですよ。勿論、防寒対策も。タヒチからそのまま半袖で来て、あまりの寒さに服を現地で買われる方も居ますんで。

それにしてもこの島に来てまだ1年も経たんけど、かなり日常化してきてる事が増えましたよ。
例えばこんなの↓↓
20060810233221.jpg

この前ツアー車両が牛の大群によって停止。偶にあるねんけど、お客さんが驚いてるの見て、これは普通ではないんだと気づきました…。他にも馬が普通に歩いてたり、馬に乗ってる人たちも普通ではないのかも。確かに来た当初はそんなのに驚いてた気もするねんけど。んー、でもこういうのも気づいた時には日常となっているんですねー。って、当たり前か。

それでは、明日もいい天気やと良いんですが。
| 2006/08/11(Fri)00:47 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ふえ・こんてんと
終に新PCが到着しまして。
ネット環境は好転してるんだが、相変わらずの忙しさに加えちょっと設定に梃子摺ったりしてるモンでやっぱり更新がトギレトギレですよ、すんません…

さてさて、何時もの事ながらガイド講習会に参加してきましたん。
今日からは今までと趣向を変えて、現地の民芸職人、『ISABEL PAKARATI:イサベル・パカラティ』つーオバちゃんを迎えての授業。

前回までは、その道では知られた研究者若しくはよりよく通じたと認められた御仁があーだこーだ講義してくれたんだが、今日はどこからどー見ても現地のフツーのオバちゃん。
ま、我輩が知らんだけかも知れんけど。

その御女将が助っ人使ってパワーポイントでプレゼンするんですよ。
しかもかなり強引な論拠だとはいえその力説、その説得力は流石ラパヌイって感じ。
スゲェ、やる気満々だね、感服致しました。

んで気になる内容だが、彼女が小さかった頃に“TONGARIKI:トンガリキ”が津波によって破壊された時の話から始まり伝承の独自の検証まで多岐に亘るもの。

「津波の後にね、魚とかロブスターがワンサカ沖に打ち上げられてたのよ、もうウッハウハ!」

とか冗談半分で、でも当時は心から喜んだんだろーなーてな口振りで聴視者を沸かせたかと思いきや、

「最近の民芸屋は商売に走り過ぎて民芸たる本質を見失っとる…」

と嘆いたり。
ハタマタ大多数が信じる言い伝えのウラを暴いて(彼女の)真実を紐解いたり。

そう、まさに我輩はこれを望んでたのよ。
勿論考古学的なアプローチがオモロクないなんて言うつもりは微塵もないんだが、どっちかって言うと我輩の興味は今現在生きてる人に傾いてんの。

・日本で言う国宝たるモアイ、世界に名立たる遺産を背負い込んだ人間は果たして何を考えてんのか?
・近年、所謂近代文明との接触後、“絶海の孤島”とも形容される世界的にもトンデモない僻地で何が起こったか?
・そこに現地人として生を享けた人々の思考、意識は如何なるものか?何処まで我々と違うのか?

こんな事が気になって仕方ない。

だって“文化遺産”なのよ、その文化を継承してる筈の現在現地人を見ずして何が語れるかね?
それもひっくるめて島の価値があると思う次第。
そりゃあこのblogで何度も彼らを非難するような言い回しもしてるけど、タイムリーでガスがなくて困ってたり問題も山積みだけど、実際そーゆーのも含めてオモロイの、自分でも。

講習会を受け始めて今日が最も充実した日だったなぁ、我輩にとって。
だからちょっといい気分ですよ。


我輩が案内する観光客サンにもそういったところまで感じて帰って欲しいね、ホントに。

※ お土産モンつくってるオバちゃんがイチバン現地っぽい(よく考えたら当たり前か…)↓
artesano02.jpg
| 2006/08/08(Tue)03:22 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(1) | トラックバック(0) |
電話番号変わりますよん
緊急速報です。

現地2006年8月5日より、イースター島の全ての固定電話(所謂宅電)の番号が変わります。

本日までの番号は

+56 (32) ******

ですが、明日より

+56 (32) 2******

となりますのでご注意ください。

※ ******部分は現行の番号と変わりません。市外局番32の後に【2】を付け加えてください。
※ 予定通りに番号変換が行われない可能性もあります。この新番号で繋がらない場合は従来どおりの番号もお試しください。
※ (+56)は国番号、32は市外局番です。

例) アンデスニッポンツーリスト イースター島支店
チリ国外からの電話: +56 (32) 2551991
チリ国内からの電話: (032) 2551991
島内からの電話: 2551991

今回の変更は人口増加によるものだと思われます。何分現地への通達が直前であった為、案内も直前となってしまいました。ご容赦ください。



なーんてカタい案内ですけど、ホントに急な変更。
初めて聞いたのが2日前。今日やっと電話で公式な通達を受けた次第でして。
なんなのよ、遅過ぎ…

まぁ変わっちまうのは事実なんで、今後島に電話しよーかなーと思ってる方はご注意くださいな。

ウチの支店事務所も新番号ですよ、ヨロシクです。

※ どこのモアイさんだか解る?↓
telefonomoai01.jpg
| 2006/08/04(Fri)23:15 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。