世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200603« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»200605
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
天気悪いわ間違えられるわ…
4月も終わりっす。
やっぱり天気は回復しないっす。
風の向きも強さも、改善の傾向は窺えんっす。
小五月蝿いようだが特にこれからは合羽、必需品っす。
明日からのツアーが心配っす。

前記事の様式、ちょっと気に入ったんで、今回も採用っす。



昨晩からの降ったり止んだりで朝起きても状況は変わらず。現時点も同様。まぁ今日の終日ツアーは旨い事それ程濡れんかったが。
ネットの天気予報も雨雨雨…
テルテル坊主1000個ぐらい作ったろか!

ハァなんとか降らんで貰えんだろうか…


雨が酷くなる前、金曜の夜中に切り株やら石やらで臨時に窯モドキを拵えて悩みのタネだった山積みのハッパをほぼ完全に焼却成功。
これで一先ず落ち着きましたわぃ、ヨカッタヨカッタ。

だけどもう既に庭の雑草がまた長くなっちまってんのよね、なんか虚しい気が…


全然知らんかったんだが、アルゼンチンにあったモアイが島に還ってきとるようで。
数日前に到着した軍艦の上にあるらしいんだけど、折からの悪天候で海も荒れて上陸に手を拱いているらしい。
予定では昨日水揚げされる筈だったんだが。

今日は終日村外に居ったんでもう降ろしちまったのかも知れんが、その類の情報は一切無し。
つーか誰か知ってるだろ?教えて頂戴よ…


最近来島してくる日本人サンに、

「日本語お上手ですねぇ~。」

とか

「どこで習われたんですかぁ~?」

と頻繁に訊かれるようになってきまして。

イヤイヤ我輩、生粋の日本人ですよ。

小さい頃から偶にガイジン顔だとは言われてたけどねぇ、記憶が正しければ日本人のオトーチャンとオカーチャンの間にできた子です。

そーいやクスコに居った時も旅行者に一所懸命スペイン語で質問された事が何度かあったなぁ。

そりゃ、最近チリの永住ビザも下りたけれども顔で許可が出されたワケでもなさそうだし。
兎に角ラパヌイとか南米人ぢゃないす。
しかしこれだけ訊かれると自らの素性にイマイチ自信もなくなってきちまうなぁ…

別に気にもしとらんけど。


ツアー後とりあえずシャワー浴びてゆっくりして、さて明日の準備終わらせちまうかねとパソコンのスイッチを押すんだが起動せず。

いやホントに焦りましたよ、来週はギッチギチに仕事だってのに、ここで最重要アシスタントたるパソコン様に機嫌損ねられちゃあ堪らん。
昨日の晩までは従順だったのに…

とりあえずハコ開けて簡易的に掃除してたらなんとなく原因が電源系の配線にあるのでは?と目敏く察知。
これ以上悪くなっちまったら不味いよなぁ、なんてビクビクしながら配線抜いてまた付けて電源入れて… を何度となく繰り返すうちにさっきやっと立ち直りまして。んでブログをアップしてる次第。
5月病かね?

しかし時間掛かっちまったなぁ。

島にゃ機械に強い人間なんて数える程しか居らんし、パーツなんて殆ど売ってないからダメになったからんじゃ買い変えましょか、と簡単にはいかんし。

更に潮風、多湿、高温、砂埃、虫…
精密機械の維持には一苦労ですよ。

つーかモノを大切に扱う事の重要さを否応無く痛感させられる僻地生活す。

こんな時「日本はなんて便利なのか知らん…」と思っちまうね。
夜中に腹減ったらコンビニに行きゃあ何でもあるし。

まぁ24時間営業の店なんかできたら島の良さが損なわれるかも知れんが。


マズイマズイ、明日から暫くゆっくりできんのだった。
早いとこ仕事片付けちまおう。

※ こんな格好もしとらんのに間違われる我輩ってイッタイ…↓
takona01.jpg
スポンサーサイト
| 2006/04/30(Sun)23:31 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
いろいろあったらしい
今日はツイてんだかツイてないんだか、さっぱり解らん日でしたよ。
天気もなんだかパッとしないし。


来るゴールデンウィーク超多忙オーじゃぱに~ずまんヨクハタラクネ週間に備え現地ツアー業者と先方オフィスにて和み系予約確認。
前日電話した時点では懸念を払拭し切れんかったのでテクテク訪問したワケ。

予想に反し予約はバッチリ。時間はそれなりに掛かっちまったけどホンワカ上機嫌で「来週ヨロシクねん」。
チャオチャオ。

★★
その足で宿予約も確認しちまえ!と勢い付いて村内一周。
コチラも問題なし。

いつもこうだといいんだけどなぁ。

途中休暇で離島中だったモアイ彫り先生の“MIGUEL(ミゲル)”発見、帰島確認。
元気なホクホク笑顔で一安心。金は使い果たして来たらしいが…

★★★
今日は待ちに待った月末給料日。ここんとこ贅沢三昧乱費人間だったんでね、もうスッカラカン。

ヤレヤレ救われたわと銀行に着いたらディスペンサ・ボックスの入り口に貼り紙が。

《FUERA DE SERVICIO(フエラ・デ・セルビシオ:使えねーよ)》



窓口は時間外なんでもうやってないし。
週末どう乗り切んべ…

★★★★
最近暇を見付けては増えてきた雨&依然猛威を奮う日差しのダブルパンチで加速的に伸び続ける我が庭の愛しき雑草やドデカく只管邪魔なバナナの枯葉をどうにかこうにか処理してるんだが、その降った雨のお陰で刈って集めて山積みにして干しておいた草にナカナカ火が付かん。本日も然り。

必死で着火しようと奮闘しとる脇でクリがチョロチョロ遊んでるし。

あーそろそろ害虫サンが増えてきたなー。
早く焼き尽くさんと。

★★★★★
日本から持ってきたノートパソコンの内臓アンプが喋らなくなっちまってるのを確認。これまた持参の外付けスピーカを取り付けてみるもやっぱりダメ。寿命か?

懐淋しいってのにマッタク…


なんか調子の狂う日だったのよ。忙しかったのかどうかも解らん。

ま、いいか。


あ、最近ギター練習しとらんなぁ…

※ もう寝ちまおうこの際↓
kuri05.jpg
| 2006/04/28(Fri)23:47 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(10) | トラックバック(0) |
トホホなガス切れ
朝起きて寝惚けてシャワー浴びてたらね、急に水になりやがんの。
お陰でバッチリ目が覚めたけど。

どうもボンベのガスが無くなっちまったらしい。
すぐに終日ツアーだしこれどーすんべ?なんて考えても仕方なく、待ってたコマリくんには悪いが「お湯出んよ」とだけ伝えてソソクサと出発。

そーいや前回切れたのは2月の頭だったなぁ。家に住み始めたのが去年の11月からだろ?我輩が3週間居なかった事も考慮して、そろそろ代え時だわ、なんて計算しつつモアイの園から戻ったんだが、ガス交換を頼みに行ったコマリくん、青褪めて帰ってきまして、

「島にガスがありません、売ってません…」

へ?ないの?
接客業なのにシャワー無しすか?
しかも誇り塗れで帰ってきて体洗えんのですか?
雨でガタガタ凍えてても温まれんのですか?
家計切り詰めてんのに自炊もできんのですか?
マイッタなぁ。

島にゃ勿論都市ガスなんて立派なシステムは存在せんのよ、全てプロパン。空気より重いす。漏れたら玉葱が腐ったような臭いが鼻を突いてどことなく懐かしいす。
兎に角無く切れたらガス屋に頼んで交換しなきゃならんの。

そういやホテル住まい時代にも「ガスが足らん!」と大騒ぎして、客室設置のボンベをアッチに持ってってコッチに取り付けて、なんてやってた事もあったっけ。我輩も駆り出されて大変でしたわ。

次の補給船到着は来月の5日。しかも予定。これが満タンのボンベを仰山担いでくる訳でして。
5日ってまだ1週間以上も先じゃないの、しかも来週はゴールデンウィーク景気で汗ダク必至。しかも天気予報では週末から下り坂…

マズイマズイ、フンダリケッタリナンテアンマリデス。
ダレカしゃわーカシテクレルカシラン?
マッタクジョーダンヂャアリマセンヨ…

完全孤島にて奮闘する駐在員2名で只管焦ってたら隣のホテルのエディスおばちゃんから

「余分に買ってあるから貸してあげるわよん」

とタイタニッククラスの助け舟が補給船より先に到着しまして。
ホッ、助かった…

早速交換して行湯天国す。
神様仏様エディス様。5日にちゃんと返すからねん。

しかし万事も休さんのがラパヌイ。何とかなっちまうもんだなぁ。

つーか予備も買っとけって話だわな。

※ 45㎏ボンベはやたら重いのよ↓
gastubo01.jpg
| 2006/04/27(Thu)02:03 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
で、でかい!!
今日も天気は最悪です‥。幸いツアー中に降らへんだだけましでしたよ。

今日ツアーが終わって家で一息ついてると、友達のコロさんが訪ねてきました。コロさんは以前にロブスターをご馳走してくれた方です。“どうしたの?”と聞くと、“良いもん手に入ったから買わない?”って。なんだろうって思ってると、“コッチにおいで”と車の方に誘われ行ってみると、後部座席から出てきました、ロブスター!!しかもメッチャクチャでかい!!!
20060425190840.jpg
※コロさんと比べても解るようにデカイです!!

コロさん、このロブスター買う人を探してるらしく家に来てくれたんです。今迄見たことも無いこの大きさ!重さは3キロ。しかもまだ生きていて新鮮。気になるお値段はUS$100‥。お金があれば買ってたかもしれませんが、月末‥。今月なんだかんだお金使ってるんで変えませんでした‥。因みにこの島のレストランではこんな大きいのは先ず食べれないでしょう。あったとしても値段が怖いです‥。

あぁ~、喰いたかったな‥。超特大のロブスター。でも、今月は美味しい物食べてるし、節約しやんとね。

最後に最近の雲の様子を。風も本当に強くて参りましたよ。明日の終日何とか晴れてもらいたいです!!
20060425191212.jpg
※こういう雲の中のモアイは、また一味違った迫力があるんですがね。
| 2006/04/25(Tue)20:47 |
| [お役立ち情報]食い処 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
冬支度
木曜から週末に掛けてツアーだったんだが、曇りとか雨とか随分と多くなってきてますよ。今日も降ったり止んだり、ジメジメ。
洗濯物が、猫の便所が乾かんの…

前回コマリくんがチョロっと記したように、ラパヌイの冬はキビシイですよ、手足の先が悴むぐらい。
キチンと準備して来ないと寒くてずぶ濡れで、なんて事になり兼ねんです。

折角来ても濡鼠じゃあ楽しさ半減よ。

「島に売ってるでしょ、そんななら。」
って甘いす。常に物資不足状態の孤島で現地調達すんのは至難の業ですよ、住んでる人間でさえ欲しいと思った時に買えんのだから。

更に高いす、質もイマイチっす、サイズもないす。
我輩なんか12~14歳児用のでピッタリ若しくはちょっとデカ気味、悲しい事に…

兎に角皆さんがイメージする“南国”ぢゃないんで、そこんところを忘れんでくださいな。
真冬は現地人もダウンジャケット羽織って歩くぐらいだからねぇ。

かと言って冬でも日差しは容赦なくキツイんで、パッと脱いでも恥ずかしくないようなインナーも必要。
いろいろ持ってくるの面倒かも知れんですが、“備えあれば憂い無し”ですな。

雨、雨とシツコイが、アマく考えて持ってこない人が予想以上に多いんでね、ウルサクても書きまくりますよ。


んじゃ、我輩も、そろそろ毛布とジャケット引っ張り出すかね。

※ 土産物売りも露天に屋根付けて雨対策↓
matutero02.jpg
| 2006/04/23(Sun)23:24 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
めっきり‥
カパックさんがこの島に居てくれて本当に良かった。って言うのも前回のウチワエビ!!あれ、もし貰っても料理困るんですよ。勿論料理知ってる人なら良いんでしょうけど。僕1人ならウチワエビとにらめっこして終わってましたよ‥、ほんまに。カパックさんありがとさんです。

っで、今回はタイトルがめっきりっと言う事で最近朝晩がかなり冷え込むんですよ。島の冬は予想していた以上に寒そうです‥。なんせ僕は1年目、島の冬は今回が初体験です。

この島も日本と同様に異常気象と言うか以前と比べて天候が違ってきてるらしいです。以上に熱かったり、例年よりも寒くなるのが早かったりしてるそうで。
この島に来る前はそんなに寒いとは思っても見なかったんで冬物の服ほとんど持ってこなかった訳やねん‥。冬物って荷物になるやろ、だから。でも、この島物価も高いし、種類も少なく、服買おうにも気軽には買えずに‥。さて、困った、うぅーん、どうしよッ?!今のところ朝晩しか寒くないし、とりあえず我慢してみようかな。案外いけるかもね。一応昔は剣道やっていまして寒稽古とかやった事に比べれば耐えれるかな、きっと。全く冬服無いわけでもないし。

それと、これからイースター島に来られる方へ。
 *簡単に着れる長袖の服←朝晩の冷え込みと風が強い時用。
 *日焼け止め←朝晩冷えても昼は晴れるとかなり日差しキツイですよ。
 *帽子、サングラス等←これも日焼け止めと同様。
 *雨合羽←傘より合羽お勧めです。風が強く吹く事も多々あります。
 *歩きなれた靴←足場の悪い道が多いので。
以上は服装に関しての必要品やと思いますよ。持って来られる事お勧めしますね。

20060420182819.jpg
※冷え込んでもモアイはいつもの如くです。
| 2006/04/20(Thu)20:13 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
甲殻類
日々喰い倒れ状態です。

昨日村ん中歩いてたら市場の前で押し売りに遇いまして。
なんか久し振りに賑わってんなーなんて眺めてるところに

「アミーゴ、美味いもん喰いたくねーかぃ?」

なんて怪しい漁師に呼び止められてねぇ。
そんな、美味いもん喰いたくないワケないでしょ?タダでさえ足りん食材に日々頭を悩ませてるんだから。

ホイホイっと付いて行ったら“ラペ-ラペ(RAPE RAPE:ウチワエビ)”が一山。
朝から売ってたらしいんだが売れ残っちまって、誰かに買って貰いたかったんだって。

値段を訊いたら1㎏13000ペソ(26米ドルぐらい)。一山全部(多分2㎏以上あったなぁ)だったら20000ペソでいいやと叩き売り状態。

ウヘェ~、高ぇな、全部は買えんよ。
でも我輩まだ島でラペ-ラペ喰った事ないし、勧められたら無下に断れんのが日本人の心情。
結局ナケナシの金叩いて6尾だけ貰いましたよ、8000ペソ。もうスッカラカンですわぃ…

持って帰って酒蒸し。
いやぁロブスターに負けず劣らず絶品。エビ好きのコマリくんも「美味い美味い」と喰ってましたよ。

しかし最近運が良いよなぁ、最も困ってた食で苦労せん。
市場に魚介類が卸される事なんて夏場は殆どなかったんだが。

しかし懐は寂しいよなぁ。
そろそろ贅沢は控えんと…

つーか最近趣旨から外れ気味ですなぁ、このブログ…

※ 今迄の食生活難を取り戻すような勢いですよ。
raperape02.jpg
| 2006/04/19(Wed)17:29 |
| [お役立ち情報]食い処 |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
モケカもどき
寿司を喜んで貰ったんで、チョーシに乗ってブラジル料理“MOQUECA(モケカ)”もつくってみましたん。だから別に頼まれてもおらんけどご報告。
やっぱり料理は火を使わんと。生魚もいいけどどっちかって言うと煮込みとか炒め物のほうが得意なんですわ。

今回はマグロも白身魚もなかったんでね、スーパーで売ってた“シーフード詰め合わせ”で代用しましたよ。
肉喰えんセマナ・サンタ中は特に魚が手に入り難いのよ。
まぁ常にそんな状態ではあるんだが。

当然デンデ油(椰子油)もナシ。
なんとなくピーナッツバター入れてみて誤魔化してみたり。
つーか普通の食材にも事欠いてんのにそんなマニアックな食材が島に売ってる訳もなく…

兎に角使った食材書き出してみますよ。
・エビとかイカとかホタテとか、そんなんが混ざった冷凍シーフードミックス(勿論チリ本土産):約200g
・玉葱:特大1個
・パプリカ:赤、緑各1個ずつ
・湯剥きトマト:2個
・ココナッツミルク:200mlぐらい
・オリーブオイル:大さじ2ぐらい
・ピーナッツバター:適量
・マーガリン:適量
・レモン:2個
・ニンニク:適量
・塩:適量
・粗挽き胡椒:適量
・クミン:適量

上記の分量で6人前ぐらいかな?
大食漢のチリ人2名+これまた大喰いのコマリくん+我輩でピッタリ。

出来映えは下の写真の通り。ガーリックライスに添えて頂きましたよ。
“ブラジル風カレー”みたいな。

慎重にコトコト煮込みながら味見してつくってたんでね、魚介類が硬くなっちまったぃ。ちょっと残念。
でもね、かなり美味かったですよ、とりあえず成功。
一緒に喰った友達も喜んでましたん。

これで島の飯レパートリーが増えたなぁ。ヨカッタヨカッタ。
しかし材料等諸経費〆て8000ペソ(約16米ドル)。高ぇ…

次はナニつくろうか知らん?

※ 既に酔っ払ってたんで皿も綺麗にせんと撮っちまった…↓
moqueca02.jpg
| 2006/04/16(Sun)23:32 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
寿司だよッ
またやってきました、美味しいものが。今回は寿司です。

カパックさんが書いたように昨日寿司食べに行ってきました。
作るのはカパックさん。僕は食べるのが専門なんで‥。

今回の寿司言い出したのがクリスチャン。こっちではこの名前本当に多いんですが‥。彼はランチリの客室乗務員。イースター島⇔タヒチの間乗った事ある方なら見たことあるかもしれませんね。
DSC09057.jpg
※彼がクリスチャン。ナイスガイです!!

お寿司だけかと思ったら春巻きまで。更に日本酒。このお酒はカパックさんが以前持ってきたもんです。

DSC09061.jpg
※こんな感じで出来上がり。後ろ2本はワイン。

久々のお寿司に春巻き。美味しく頂きました。食べた後みんなで話して呑んで。気がつくと寝ちゃってました‥。万華鏡で覗いて綺麗やなーなんて思ってら、自分が回ってたのかも‥。

昨日久々お客さん居なくて休みだったんで、1日ゆっくり過ごし夜は寿司食べては呑んで、いい一日でした。
カパックさん、ご馳走様でした。
| 2006/04/15(Sat)15:04 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
イースターでイースター
さぁてさて、セマナサンタ中ですよ、聖週間。
キリスト教では肉類喰えません、チリ全土で魚介類売り上げ好調っぽいす。毎年そうだけど。

ここラパヌイもみんな魚喰いますよ。
今日も
「寿司作ってくれよぅ」
と頼まれちまったぃ。丁度仕事ないんでコマリくんと行ってきますよ。

聖週間、毎年日付が変わるんだが、今年は4月9日~16日ですわ、真っ只中。春分の日の直後の満月の次の日曜が世に言う“イースター・サンデー”ですな。その日曜までの1週間が聖なる週間ってわけ。
かなりヤヤコシイす。

4月 9日(日):“DOMINGO DE RAMOS(ドミンゴ・デ・ラモス)”
・キリストがエルサレムに入場した日

4月13日(木):“JUEVES SANTO(フエベス・サント)”
・最後の晩餐の日

4月14日(金):“VIERNES SANTO(ビエルネス・サント)”
・キリストが十字架に張り付けられた日

4月15日(土):“SABADO SANTO(サバド・サント)”
・復活の徹夜祭(夜通しミサ)

4月16日(日):“PASCUA(パスクア)”
・復活祭(イースターサンデー)

と謂れのある日が続くの。
キリストさんの受難から復活までを記念した行事なんだが、もっと古く、ギリシア時代にも、春、誕生の季節の到来として祝っていたらしいな。

因みに1722年、丁度最後の日曜日に当たる日にここラパヌイがヨーロッパ人に“発見”されたんで“イースター島”なわけ。もう知ってるよね?

兎に角現代一番賑わうのは週末の金、土、日。チリでも祝日だし、だから旅行する人も多いしね、多分明日の便は一杯なんじゃないかなぁ?

んじゃ神話の講義はこれまでにして、寿司握ってきますわぃ。


そういや昨日が丁度満月。綺麗に晴れてましたよ。

※ シツコイかも知れんが今回も月画像↓
mahina02.jpg
| 2006/04/14(Fri)19:10 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
お空のご機嫌
最近妙に朝日とか夕日なんかをカメラに収める機会に随分と恵まれて、結構な量の画像が溜まったんで何枚か放出しますよ。

ラパヌイってホントにコロコロ天気が変わるんでね、運がやたら良くないと3、4日の滞在で拝めんのですよ綺麗な日の出や夕焼けは。

「島には行ったけど撮れんかったわ!」
つー方々は下の画像で楽しんでちょ。

※1 晴れては居らんが雲が見事に染まりましたん↓
atardecer04.jpg
[2006年2月22日 21:05 マタベリ空港近く(AV. HOTU MATUA)にて撮影]

※2 偶然にも沈む部分の雲が切れまして↓
atardecer05.jpg
[2006年4月6日 19:07 タハイ(AHU VAI URI)にて撮影]

※3 水面に映る朝日がいいね↓
amanecer02.jpg
[2006年4月7日 07:44 オバヘ・ビーチ(OVAHE)にて撮影]

※4 凄いのよ、何故か夕日が2つに観えたのさ↓
atardecer06.jpg
[2006年4月9日 19:06 プナパウ頂上(PUNA PAU)にて撮影]

※5 電気がないと月の光って物凄く明るいんだわ↓
mahina01.jpg
[2006年4月9日 19:14 プナパウ中腹(PUNA PAU)にて撮影]

大気汚染が少ないからかなぁ、晴れてりゃ月も綺麗にバッチリ望めます。
尤も光学望遠機能がないと撮影するのにはちと辛いが。

曇ってても瞬間的に晴れる場合もあるし、逆にスコーン!と晴天でもさ、一番いいところで雲がモクモクッと湧いちまったりもするし。
更に全く雲が無いってのもまた面白くなかったりね、兎に角難しいんです。

「それでもワシは撮ってみせるぞぃ」
なんて貴方、巧く撮りたきゃ三脚持ってくる事をお勧めしますよ。
シャッタースピード遅くしたほうが綺麗に色が出るからね。手ブレしちまったら折角のチャンスも台無しすから。

え?言われんでも解ってる?
あ、そ。
| 2006/04/12(Wed)19:33 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
タダノさん歓迎会
クレーン車続報す。

先週末に日本のクレーンメーカー“TADANO(タダノ)”ご一行様が到着されまして、島でクレーン贈呈セレモニーやら催して居った模様。

セレモニーは15体のモアイが建ち並ぶ“TONGARIKI(トンガリキ)”で行われましたん。
ま、一番日本に、タダノさんに関係深い場所だから当然でしょうねぇ。
しかしトンガリキは村から20㎞ぐらい離れてるし、土曜日でねぇ、我輩もコマリくんも仕事中だったんですよ、行けなかったの、残念な事に。

でも丁度日本から来た知り合いが一緒だったんで、写真撮ってきて貰いましたわ↓
tadano03.jpg
[※撮影:Mさん(仮名)]

「チャンス見計らってタダノさんへのインタビューもお願いしまっす!」
とも頼んだんだけどねぇ、取材はマッタクせんで、なんかグループのお偉方とお友達になって帰ってきましたよ。
セレモニーで何やってたんだか解らんのは残念だけど、タダノさんとお友達になれちまったのは凄ぇなぁ…

んで翌日は村の要人集めてタダノさんとクラント会食。
場所は村内にある祭壇“AHU RIATA(アフ・リアタ)”前。
「つー事だからお前手伝いに来い。」
とはクラント名人の“PATO(パト)”。このあいだコマリくんが同じモン喰ってたけど、あのパトね↓
tadano04.jpg

現地人も
「コイツぁ美味い」
と舌鼓打つぐらいの達人よ。

その場は勿論調理のアシスタントやら皿片付けやらこき使われたんだが、有り難い事にタダノさん達とも話す事ができまして。
前回、トンガリキの復元の時も来たっていうクレーン技師の方が
「前にも一度教えたからねぇ、島民も今回は操縦法直ぐに覚えちまったよ。」
なんてゴキゲンに語ってましたわ。

「日本に帰ってきたら会社に遊びにきなよ!」
と嬉しい招待も受けちまったし。
失礼かも知れんが、意外に皆さん気さくな方々でしたよ、重機扱ってるぐらいだから堅物が揃ってるかと思ってたんだが(スンマセン…)。

このタダノさん軍団、その日曜日のうちに島を離れて行っちまいまして。
バケーションでも取って島でのんびりできたら良かったんだろうけどねぇ、沢山の島民が手を尽くして歓迎してくれただろうに。
まぁ仕事でノンビリもしてられんのだろうな、お疲れさんです。

兎に角このクレーン車寄贈で島全体が喜んでますよ、ホントに。
訊く島民訊く島民が
「スゲェ」
とか
「なんかお礼できんかなぁ」
なんて言ってるし。

この場を借りてラパヌイより厚く御礼申し上げます。
ありがとさんでした。
| 2006/04/11(Tue)21:13 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
モケカのつくりかた
先日我輩がアップしたブラジル料理“MOQUECA(モケカ)”のレシピを教えて欲しい、つーリクエストがあったんで、教えちまいますよ。
と言っても我輩流に覚えてるモンを紹介するんで、ホンモノとはかなり違うかもですけどね。

モアイとは関係ないが、ま、島の美味しい料理って事でね。

材料:
・魚の切り身またはエビみたいな魚介類
・トマト
・玉葱
・ピーマンまたはパプリカ
・ココナッツミルク
・オリーブオイル
・デンデ油(椰子の油)
・塩
・胡椒
・レモン汁
・パセリとかパクチーとか、そんな香草
・ニンニク
※分量はお好みで調整して頂戴な。2人前ぐらいだったら魚200グラム、トマト、玉葱、ピーマン各1個、ココナッツミルク40~50mlぐらいが適当かなぁ多分。

①魚は塩、胡椒、ニンニク、レモン汁で味付けして暫く、短くても1時間は置いておく。

②玉葱、ニンニクを置きおのみの大きさに刻んでオリーブオイル+デンデオイルで香りが立つまで炒める。

③仕込んでおいた魚を入れて表面に火が通るぐらいまで炒める。

④湯剥きした刻みトマト、パセリや香草を入れてもうちょっと炒める。

⑤ココナッツミルクを入れて煮込む。魚の身が崩れないようあまり掻き混ぜない、そんなにグツグツ煮ないのがポイント。

⑥塩、胡椒で味を整えてできあがり。

⑦白飯若しくはガーリックライスに掛けて召し上がれ。

つくるのはそんなに難しくなさそうだが、デンデ油入手が困難だなぁ、島では見掛けんし。まぁ無くてもつくれるだろうが。
野菜もズッキーニとか、もうちょっと別の物を加えてもいいかもね。

兎に角今冷凍エビが余ってるから、近いうちに我輩もつくってみますよ。あ、今日市場に“RAPE RAPE(ラペ-ラペ:ウチワエビ)”もあったなぁ、これでつくっても美味いかも、高いけど…
結果はまた後日ってことで。

なんか立て続けに喰いもんばっかだねぇこの食いしん坊ブログ。

※ 久し振りにエビが大漁だったらしいすわ↓
raperape01.jpg
| 2006/04/10(Mon)18:45 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ロブスターーーッだよ
連日美味しい物食べて申し訳ないです(笑) コマリです。
今日は終日ツアー行って来ましたよ。朝雨降って湿度は少し高めでしたが良いお天気で気持ち良かったです。

昨日の夜ロブスター食べに行って参りました。初めに一言。“うまい”ですッ!!!身がぷっりぷりで。ほんまに美味しかったです。もともと海老、蟹大好きなんで最高でした。コロさん最高ですッ!!
↓これが昨日食べたロブスター、幸せ盛り沢山でしょ。
20060409223346.jpg

↓コロさんが半分に切ってくれてる所。本当に良い人やねん。
20060409223942.jpg

しかも、他の料理もスパゲティーも美味しかったし、サラダのドレッシングも美味しかったし。言う事なし!!“コロさん!!ほんまにッ、もぅ”ってな感じ。これをレストランで食べたら、、、かなり掛かります。

20060409224627.jpg
↑こんなのを2つ!!大変な事です(笑)

海老、蟹食べるといつも思うねんけど、気持ち悪いよな‥。でも食べると美味しい。海老や蟹味噌も見た目悪いけど美味しい。これを始めて食べてみようって思った人って偉いねぇ。それにしても美味しかった~(←しつこいって?!)。

連日美味しい物ばかり食べてほんまに幸せでした。次はいつロブスター食べれるのかなぁ。
| 2006/04/10(Mon)00:17 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
美味続々
ご無沙汰していましたコマリです。

最近の島はかなり落ち着いてきてるんです。
っで、今日は天気も最高。昨日なんかは降ってはやんだりしてたんですよ。

前置きは短く切り上げて、今日は昨日食べたクラントのお話。
そう、昨日クラントしたんです。したと言っても僕は食べただけですが‥。クラントって言うのはこの島の料理で、地面掘ってその中にバナナの葉っぱにいろんな物(鶏、豚、芋、トウモロコシなど)を包んだのを入れます。その後、その上に焼けた石を置いて土を掛けて蒸しあげます。そんな料理です。
この料理は村で何かのイベント事なんかでは無料で配ったりもします。無料でご飯食えるならって事でイベントで配る時には良く行っていますよ。
20060408164420.jpg
※こういうお料理なんです。手に持ってるのが鶏、下の大きい塊が豚。

今回はパトさんのお宅でのクラント。パトさんの家族やら友達やら呼んで。このパトさんには良くご飯誘われるんですが、この人お酒すっごい飲むんです。しかも、“一気”とか“乾杯”とか、そういう日本語だけ覚えてて。でも、言うだけで、強引に飲ましてこないんで良いんですが。ただ、実は来た当初物凄くお酒飲めなかったんですが、最近少しずつ飲めるようになってきた気が‥。このパトさんもそうですが、他の島民もお酒大好きなんで。因みに僕が飲んでたのは“ホテ”と言って、赤ワインのコーラ割り。これが呑めない僕でも飲みやすく頂けるんですよ。
なんか、話がお酒の話に脱線してしまったんでこの辺で修正‥。クラントの話です。そう、クラントってこのパトさんの家のが一番美味しいねん。でも、このクラント人にもよると思うねんけど、食べ過ぎると胃にもたれる事があったりもして、僕は結構食べる前には胃薬を。胃もたれの原因は多分肉の食べ過ぎなんやろうけど、ついつい肉ばっか食べてしまいます。今回も一応念の為、胃薬飲んでの参加。やっぱり肉ばっか食べたんで、薬飲んで行って良かったです。いつもの如く美味しかったです。
食べ終わった後はもちろん飲んで喋ってです。昨日はかなり酔ってしまいましたよ‥。
20060408164814.jpg
※緑のアロハシャツ着ているのがパトさん。立派なお腹してるんですよ(笑)

それから、今夜はなんと!!ロブスターです。クラントに続きロブスター、島の美味しい物連日で食べれるなんて幸せです。今日はコロさんという方に誘われてご馳走食べに行って来ます。
20060408165159.jpg
※コロさん、わざわざ家まで生きたロブスター見せに来てくれました。有難い事です。
| 2006/04/08(Sat)18:31 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
ラパジル折衷料理
今日は午前中からスコールみたいな雨が断続的に続いてて、そんな事予想だにしなかっただろう旅行者サン達がずぶ濡れになってメインストリートを歩いてますよ。
あ、島民もだわ、急だったもんなぁ。

これから暫くはこういう季節なのよね、何しろ雨季だから。
合羽は必需品ですよ。

さてさて、最近は暇ぢゃないとなかなかできない事しようってんでいろいろやってみてますわぃ。

先ずは喰い道楽。

今期一緒にツアー回った人達が「美味かったぁ!」と絶賛してたレストランをとりあえず再調査がてら喰い散らかして回ってんですがね、オーナーが変わった店なんかもあってちょっと心配してたんだけど、まずまず。以前と変わらずイケてます。

日本人サンからよく聞くのが、
「食事がタヒチより美味しいのが意外でしたよ。」
というコメント。
食材が豊富じゃないからバラエティには乏しいんですが、さっぱりした味付けで我々の口に合うのよこれが。
ラパヌイの大多数が薄味派ってのがいいんです。

新しい店も幾つか出来てるんで、そっちにもお邪魔してまして。
ガイド仲間の“VICTOR(ビクトル)”の奥さんが経営する“TE RA'AI BRAZIL(テ・ラアイ・ブラジル)”つーレストランも最近開店したひとつ↓
te_raai_brazil01.jpg

その名の通りブラジル風料理ですわ。実はこの奥さん、ブラジル人。
できてから何度か行ったんだけどさ、その度に刺身切らされたり寿司握らされたりだったんで、この店の料理を喰うのは今回が初めて。
新装パーティの招待状も来たんだが忙しくって行けなかったし。

「何が美味いの?」
といつも初めてのレストランでやるように訊いてみたら、
「ブラジルっぽいのだったら“MOQUECA(モケカ)”だわねぇ」
なんて言うからそれをチョイス↓
moqueca01.jpg

魚のカレーみたいなの。
ブラジル、バイア地方の郷土料理で、現地では白身魚で作るらしいんだけど、ラパヌイ式は島のマグロ。
これが美味いのなんのって。

他に牛肉、鶏肉料理もありましたよ。
ご予算はお1人25ドルぐらい。ちょっと高いけどオリジナルの香辛料、油をブラジルから持ってきて作ってるそうですわ。
島の食材で喰う異国の料理、ちょっと変わったモノを味わいたい方は是非。


レシピも教わったんで、我輩も今度島の食材でモドキ作ってみよ。
続きを読む▼
| 2006/04/06(Thu)22:28 |
| [お役立ち情報]食い処 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
新車到着
スタートが出遅れた4月の日記です。

すんません。暫く天気が良かったんで庭の手入れだとか晴れぢゃないとできん事に従事してましたんで…

んでね、見付けましたよ、クレーン車。
このブログでも過去に何度か触れましたがね、日本のクレーンメーカー“TADANO(タダノ)”が新しいのを送ってきてくれたんですわ。

タダノのクレーン車といえばトンガリキの復元に利用された事で有名なんだが、前代、1992年に持ってきたのも島に寄贈されまして。
1998年の“AHU RIATA(アフ・リアタ)”復元までは動いてたらしいのよ、当時のチリの新聞に載ってるのを確認したから間違いない筈。

それと同じぐらいの時期に、アナケナで波を被ったんだか海に落ちたんだかしたみたいで。
その後洗いもせずに放って置いたもんだからさ、当然錆びて動かなくなっちまってます。

島から「なんとかして頂戴」の打診を受けて去年の5月辺りにタダノの技師サン等が来たんだけど、修理不可能と判断されましたん。

それで今回の新クレーン車寄贈に至ったようですがね、しかしタダノさん、気前いいよなぁ。

今回送られてきたのは“60t吊りラフテレーンクレーン(GR-600XL)”。前回のよりも大きくて、特別な防錆塗装が施されてるそうな。去年の11月に日本から出航しとります。時価約6000万円。

水揚げも大変。大きな港がないからチリ海軍の上陸用艦艇ってビーチから戦車を降ろす為の特殊な船を使ってアナケナから上陸させなきゃなんなくて。

3週間程前にもう島の沖に到着してたんだけどね、海が荒れたりだとかいろいろあって実際に船から降りたのは1週間ぐらい待ってからでしたん。
しかも早朝に作業が行われたらしいんで、残念ながら観に行けませんでしたよ…

先週辺りに島のガソリンスタンドで給油してんのをチラッと見掛けたんだけどそれから何処行ってたんだか隠れちまいまして、あんなにデカイのが。

んで一昨日やっと見付けてカメラに収められましたよ。

いやぁ綺麗綺麗。折角上等な機材貰ったんだから今度は丁寧に扱って欲しいもんだねぇ。


※ これダメにしたらもうきっと貰えんぞぉ↓
tadano02.jpg
| 2006/04/04(Tue)20:20 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
デンキヲタイセツニネ
さてと、アップする意気込みはあるんですけどね、なかなかネタが浮かばんのでして。

仕事が落ち着いたら島も落ち着いちまったからねぇ、執りたてて特筆すべき事も起きてませんよ。
なんかのほほんです。

今日はソーラーパネルを島に導入しようって輩が図書館でセミナー開くってんで行ってみたんですわ。

成る程ラパヌイのお天道様は容赦ない日差しを我々に浴びせ掛けるんでそれを利用するって魂胆ね。つーかなんで今迄使ってなかったのかそのほうが不思議…

なんていろいろ勝手に考えながら図書館に辿り着いてちょっと間話を聴いてたんだが、なんか退屈。
よくよく考えたら、これと同じ事を2年前のセミナーでも言ってたじゃないのって内容ばっかりなの。

確かにねぇ、新しいモノを導入すんのには時間が掛かりますよ、そりゃ解る。2年前だってすぐには普及せんだろなと思ってたしさ。
だけれども同じ対象に同じ事を同じように開設しても、覚えてる人間にとっちゃあ退屈以外の何物でもないんでして。

結局堪り兼ねて途中で逃げちまいましたよ…


やたら日差しと風が強いラパヌイなんだけど、まだまだ太陽光発電も風力発電も本格的には導入されてないんです。極少数、何世帯かは既に活用してるみたいだけどね。

理由はいろいろ、設備投資が高額だったりまだ利用価値がはっきり理解されてなかったりするからなんだろうけど、最も危惧される得る点は、島民にメンテナンスの意識がないところだ、と我輩は思うわけでして。

以前モアイの復元で日本から寄贈されたクレーン車もとっくに錆び付いて動かんしさ。何でも波を被ったか海に落ちたかしたのを洗浄せずにそのまま放っといちまったらしいんだわ。
潮風だけでも不味いのに、そんな扱いされちゃあ車も働きたかなくなっちまいますよホント。

あ、この間新しいクレーンが届いたなぁ。
ま、その件は後日改めてって事で。

兎に角何でもこんな調子。だから公的に島の電力として例えば大きな風力発電機が設置されたとしても、何年も持たんかも知れん。維持費も馬鹿にならんだろうしな。

んで各家庭に小型の機材を設置、できるだけ自家発電して現在村内に電気を供給しているパブリック発電機の負荷を減らそうってのが電気屋サンの思惑なんですがね、果たして旨くいくんだろーか。

ラパヌイは
「タダでくれるんだったら付けてやる」
みたいな態度だし…

原油価格の高騰が続く中、燃料発電で成り立つ島の電力を如何にコストを下げて安定させるか、これってかなり重要な事だと思うんですけどねぇ。
稼動中の旧型発電機もそろそろ寿命みたいだしな、息継ぎするように停電繰り返してるし。

なんか導入する側もされる側もイマイチ危機感が足りんような気がしないでもないですよ。


※ とりあえず帰りしな撮った夕焼けでも↓
atardecer03.jpg
続きを読む▼
| 2006/04/01(Sat)00:32 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。