世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

200507« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200509
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
おっさんと海
磯釣りに行ってきましたよ~、久し振りに。
実際は行く気など微塵もなく村をプラプラしてたところ『PATO(パト)』つーおっさんに捕まって拉致状態で連れて行かれたんだが。
何回目だろ?島で拉致られたの。1度目はスイカの田植えやらされたっけなぁ。

兎に角楽しかったのは事実すから。

いろいろ場所変えて粘ったんだけどね、波もやたら高いし丁度潮が満ちてきてる最中で釣りどころじゃないの。
波がドババッ!と来たら必死で逃げんとならんし退いたかな?と思ってまた行くとザブン!とやられたり。
冗談じゃなく命懸け。自然の驚異つーか、ラパヌイでは常にこんななんだけど。

※1こんなのよ↓
pato_mar01.jpg

我輩は普通の格好だったんでパンツがずぶ濡れになったところで退散。
しかしおっさん頑張るのよ、「コン畜生!」とか言いながら。

※2遂には。危ねーよ↓
pato_mar02.jpg

助かったからその後「ギャハハ!」と2人で爆笑だったんだが、危険極まりなかったのですホントは。

結局収穫ゼロで今日は引き上げる事になっちまったけど、早々に明日リベンジ予定。
晴れるとい~な~。
続きを読む▼
スポンサーサイト
| 2005/08/31(Wed)00:05 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
モアイって何?
何となくロジカルに生きてる今日この頃ですが、お誂え向きにラパヌイ研究者の途中経過報告会があったんで行ってきましたよ。

会を催してくれたのは『BRAD SHEPARDSON(ブラッド・シェパードソン)』さん。当然と言えば当然ですが、モアイの研究をなさってます。
何処にモアイが位置しているかとか、そのモアイはいつ頃に造られたのかとか調べてるとの事。それによってモアイひとつひとつの意味まで見えてくるんじゃないかと。

今回の課題は後の研究に備えてのデータベース作成。
ブラッド氏が現在島内で確認したモアイは715体。GPS(Gloval Positioning System:全地球測位システム)を駆使して島内を調査したらしいです。
先ずは、島の地図上、モアイがあるところに点が打ってあって、クリックするとそこにあるモアイを写真で確認できるって資料を披露。
すげー、写真付きとは。流石研究者。雰囲気的に撮るワケにはいかなかったんですわ、ここで紹介できんのが残念。

お次は20世紀初頭に本格的な学術調査を初めて行った人物として知られる『KATHERINE ROUTLEDGE(キャサリン・ルートリッジ)』女史の説("モアイの道"と部族の所有地の境界線に、内陸に存在するモアイが集中しているつーもの。)を裏付けるような地図を見せてくれたりしまして。
まだこれから研究の余地は残っていると言ってましたがね、モアイの存在地と境界線が面白いように重なるの。
「100年近くも前、IT機材の無い時代にこの研究をしたキャサリンは偉大だぞオイ!」
地図作成者自身も感心してまして。

今まで居た研究者の多くは結果を全て持ち帰って、全て自分達の功績にしちまうのが多かったようで。尤も"学会"、"研究"つーのはそういうものなのかも知れんが。
だから島の研究なのに島にキチンと資料が残ってないってものも多いみたい。
そういう意味でブラッド氏は例外中の例外。これからも自分の資料は公開する、研究に必要な機材も島に提供する、と宣言してたし。
つーか実際もう研究に興味がある人ドンドン参加させたり資料公開してたりするし。

彼曰く
「自分のデータで様々な説が生まれれば、より良い結果になるんじゃないかな?」
ご尤もです。
でも"言うは易し、行なうは難し"よ、それをもうヒョウヒョウとやっちまってる貴方には心底脱帽です。

しかし発表会に来たのは10名弱。
まぁみんな仕事で忙しーんだろけどさ、ブラッドさんもこの研究も、もうちょっと反響があってもいいんじゃないかな?と思わずには居られん。

※未だにモアイが何個あるかさえハッキリしてないのよ
cantera01.jpg
| 2005/08/30(Tue)05:29 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ネタ募集なんてしてみたり
さてさて、常に勝手気侭更新してるワケですが今日も何もなしでして。
ホント小さい島だからね、ネタ探しにイササカ手を焼いております…

覗きに来てくれる人、
「こんなの知りたい!」
とか、
「こんな写真見せて!」
とかあったらドンドン書いて頂戴な。
なんて他力本願すがそのほうがオモシロクなりそうだし。
ご希望にはなるべく沿うように致しますんで。


とりあえず今回は近況報告って事で。

先週来てくれた旅行者サンに我輩のどアップ写真送って貰ったんだけどね、やたら頬がコケてんの。鏡なんてジックリ見ん性質だから全く気付かなかったわ。
島の連中から「お前痩せ過ぎだぞ!」なんて言われたりしてたんだけどさ、みんなやたら喰うし日本人から見れば太ってる、モトイ恰幅が良い方々ばかりなんで、アンタ等からすればだろ、と思ってたんだけど、そうでもないみたいす。
病院のドクトルにも意味深な事言われちまってるし、流石に気になってきまして。

体力、体調共に自分では良好だと感じてるんすけど。こりゃ生まれつきの少食が祟ってるとしか思えん。
遥か昔は太ってたんだけどなぁ…
あ、お陰様で風邪も順調に回復してますです。

兎に角体格改造計画始めますわ。何やるかはまだ解からんけど。
半年後はラパヌイみたく肉体派に変身してるかもよ。
島の女の子にもキャーキャー言われてたりして。

そりゃねーか。

※過去は顧みないの。前向きに。
tukuturi01.jpg
| 2005/08/30(Tue)00:58 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(12) | トラックバック(0) |
祝!だと思うんで
いや今週も終わっちまいましたよ。つーか8月もそろそろ終わり。早いね。

今日は宣言通りゆっくりさせて貰いまして。かなり調子良くなったかな?
でも外の風は緩む気配なし。これが本土の大雨持ってきてくれなきゃいいんだけどね。
そうそう、首都サンティアゴでは毎年恒例の大雨だったそうで。お互い大変ですな。

てなもんで今日もネタなし。
でも『徒然日誌』100更新記念なのよ。何時の間にかこんなに書いてたのね…
独りで祝うのもなんだし、どうしようかってんで苦し紛れのクイズでも出しましょか。

※何処で撮った写真でしょ~か?
donde01.jpg

無視されると淋し~んで誰か回答して頂戴。お願いしますわ…
| 2005/08/29(Mon)00:54 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
療養中につきグウタラ日曜日
先日からの風邪がどうも治らんの。良くはなってるんだけどね、自重しておる次第。
昨晩また現地バントとかダンスグループがパーティ開くってんで行く気満々だったんだけど、何時の間にか寝ちまったし。
『ドタバタ…』見てくださってる方々からもお見舞いの言葉を貰いまして。
まだ生きてますよぉ~、ありがとさんです。

天気もやっぱりコロコロ変わってますわ。
金曜晴れのち小雨→土曜雨のち晴れ
で今日(日曜)はさっきまで雲が掛かってたんだけど今はかなり良い天気。
風は申し分なく吹き荒れてますが。

このまま天気が良くて復調したら、来週辺りマイチャリで探検にでも行こうと思ってんだけどね、どーなる事やら。

まだ見た事ないモアイにもそろそろ挨拶しに行かんとな。

※村の外れに人知れず佇んでる『TADANO(タダノ)』のクレーン車も隠れ観光ポイントよね日本人にとっては。
tadano01.jpg
続きを読む▼
| 2005/08/28(Sun)12:03 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
ゴホゴホしとります。
今週は
月曜曇りのち雨→火曜晴れ→水曜曇り時々雨→木曜雨のち晴れ
ってなもんで、どんな格好すりゃい~んだか解からん。
前回も書いたけどね、これじゃあ風邪もひくわい。

つー事でちょっと風邪っぴきな我輩、昨晩養生したんだけどさ、咳も出始めてちょっとキツいんで今晩はゆっくり寝かせて貰います。

こっちではね、風邪ひいたときはビールにレモン汁と塩をちょっと混ぜて飲むといいとか、ワインを燗にしてオレンジとか柑橘系絞って混ぜると暖まるとか言うの。後者は美味いすよ。安いハコワイン使うのがコツ。
あれ、これ前にも書いたっけ?ま、いいや。

モアイも濡れちゃってさ。早く乾季にならんかなぁ…

※ナウナウも水曜には『怪傑ゾロ』に変身してまして
kaiketsu_zorro01.jpg

kaiketsu_zorro02.jpg
| 2005/08/26(Fri)00:07 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(1) |
乾いて濡れてまた晴れて
打って変わって今日はまた晴れ。気温もグッと上がって昼間は半袖でも平気でしたん。

こんな感じで暖かかったり寒かったりコロコロ変わるんで、ラパヌイどももよく体調崩します。そういう我輩も日が暮れた辺りから鼻水ズルズルすわ、かなわんなぁ…

ツアーでタハイに行ったら小学校の授業かなんかでお子様方が写生会に来てたの。
「懐中電灯持ってたら貸してよ~おっちゃん!(おっちゃん?)」
とか
「日本語での挨拶教えてよぅ~」
とか訊かれてさ、やたらチョロチョロしてて騒がしいったらなくて、先生もホトホト疲れ切ってた様子。

雨季の晴れ間はこんな感じで皆外に出て束の間のお天道さんを浴びるんですわ。んで笑顔が戻る。
雨が続くとやっぱり島民も鬱っぽく、愚痴っぽくなっちまうの。これだけは慣れられんのよね人間っていうのは、なんてちょっと真理を垣間見たっプリしてみたり。

しまった、ガキンチョの写真撮っとけば良かったな…
って最近カメラキチガイのケがあるな…

※豚さんは平気なのかしらん?
chancho02.jpg
| 2005/08/24(Wed)00:57 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
丸裸で試験に臨んだ雨の月曜日
今日は雨降っちまいました。また雨季に逆戻り…
ツアーもね、あんまり強くは降られなかったけど、その後部屋に帰ってくるまでにヌレネズミになりまして。

んでツアー後、ちょっと用足して買い物して帰ろうとしたところ、ガイド仲間の1人に
「今日試験あんのよ~。行くでしょ?」
なんて訊かれて、
「へ?」
ってな感じで。
前回の勉強会から忙しくって出てなかったのよ。最終日にも我輩が聞き間違えたかなんかで今日試験がある事になってたみたい。
これ聞いたの開始時間の20分前。もう慌てちゃって急いで帰ってメールチェックしてみると、キチンと「22日に試験やるゾ~」と明記してあんの。
しまったぁ~!と更に慌てて準備して会場へ。

着いたのは開始30分後ぐらいだったけど、問題なく試験問題貰ってスタート。

勉強したつもりだったんだけど、解からん。半分ぐらい解からんのです…
皆先に終わった連中は帰っちまうしさ、最後まで居たのは勿論我輩。問題もね、こんなの絶対旅行者から訊かれんわってんで丁度サラッと眼を通しただけのところなんかがドッサリ出て、もうヒャァ~ですよ。
解からん問題は運を天に任せて勘で回答。だって解からんのんだもん…

試験後、試験管の姉ちゃん(この娘も友達なんだけど)に、
「出来が悪かったら再試験だかんね~」
なんて言われて更に意気消沈す、雨降ってるし…

ま、ダメで見捨てられるよりはマシだわな。
島の仲間意識に感謝感謝。

今週末からはいろんな専門家に頼んでまた勉強会。
先ずは金曜日にダイビングセンターにて海の知識をご教授願います。


マダマダタリンナ、モチョットベンキョウシマスデス。

※試験用の問題集。全部で500問よ、大変。
prueba01.jpg
| 2005/08/23(Tue)00:32 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
"読書の秋"を迎える皆さんへ
今日はもうとことんダメ人間化してました。
昨日の酒もちょっと残ってたんで身体ダルいし部屋もやたら散らかってたんで片付けなきゃだしで1歩も外に出なかったの。天気良かったのに。

なんかさ、部屋の掃除ってやらなきゃならんとなるとやりたくないよね。そりゃさ、綺麗なほうが気持ちいいし、片付ける意欲もあんだけど、「あれもやんなきゃならんな」とか無理矢理理由付けてできるだけ先延ばししちまったり。
今日もギリギリまでギター弾いたりネットウダウダ見てたり(やらなきゃならん事?)してたんで、今やっと終わったとこ。

てな事やってたんで、今日もまたネタ切れ。
と、本が出てきたんでその紹介でもしますか。

イースター島関連本ってなかなか見つかんないよね?我輩もこっちに来る直前、日本で本屋巡りして探したんだけどさ、絶版だとか再販未定なのが多いんで古本屋も回ったんだけど、手に入ったのは2、3冊。ホントにないの。

でも多分これなら手に入れやすいんじゃないかな~ってのが下の2冊ね。

『楽園考古学 - ポリネシアを掘る』
篠遠 喜彦 + 荒俣 宏 著
平凡社ライブラリー
rakuen01.jpg
ポリネシア考古学を語る上では外せない研究者でハワイ在住の篠遠喜彦博士と、その道では有名な自他共に認めざるを得ん博物学者(んな職業あんのかな?)荒俣宏氏の対談本。
荒俣さんの本が好きな我輩は偶々見つけて即購入しましたん。
ラパヌイ専門書じゃないけど、第1章が全てイースター島について。

『南海文明グランドクルーズ - 南太平洋は古代史の謎を秘める』
篠遠 喜彦 + 荒俣 宏 著
平凡社
nankai01.jpg
前出『楽園…』の続編。御二方が豪華客船『飛鳥』に乗船して、ポリネシアの歴史、文化を語ってます。
イースター島については、乗客に対して行った両氏の講演として収載。

篠遠博士の波乱万丈な人生自体も凄いし、『対談』とか『講演』つーカタチなんでとっても読み易いの。
どっちもイースター島に限った話じゃないんだけど、ラパヌイを知る上でポリネシア全体を見る事はとても重要なんでね、是非読んでみてくださいな。

モアイ本欲しい人は『ポリネシア』で探すといいかも。ラパヌイってポリネシア内でも特殊だから結構なページ割いてるのが多いすよ。

他にも珍しい本知ってたら教えて頂戴。
| 2005/08/22(Mon)00:40 |
| [島外小咄]日本 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(1) |
週末の楽しみ方
運良く週末フリーなんで友達の現地ガイドとバーベキューしに行ってきましたよ。
冬も中休み、雨は降らんし風も弱いから暖かいしでコンディションもバッチリ。

それぞれ魚とか牛肉、パン、ビール、ワインを買い込んで持ち寄って、途中で薪を集めて一路南海岸へ。
ガキンチョどもとかチッコイ赤ん坊も数えると総勢15名の大所帯でしたん。

このガキンチョ3人がね、元気過ぎんの。特に2歳児の腕白小僧が凄い。チョコチョコ走り回って岩に登っちゃって降りられなくて泣いたりさ、もう大変。
ラパヌイはそんな時もギリギリまで放っておくからこっちがヒヤヒヤしますよ。
ま、だからやたらタクマシク育つんだろうけどね。

我輩にもそんな時期があったんかなーなんて思い出してみたり。

※聞かん坊『HOTU(ホトゥ)』
hotu01.jpg


そんなこんなしてるうちに準備も整って調理開始。
島のバーベキューなんだからって事で先ずは遠火でじっくりと魚。

※『MATA HUIRA(マタ・フイラ)』つー現地の魚
mata_huira01.jpg


当然もう皆充分に酒入ってるし、この後肉を火に掛けてそのまま手掴みでワシャワシャやりまして。街灯なんてもの近くにないから喰い始める事には真っ暗なんだけど関係ねぇゼってなもんで。
ラパヌイはサバイバルよ。遠慮してたら何にも喰えんのですわ。

大食い戦争も落ち着いてマッタリしたところでお月さん登場。
水平線から昇るのなんて初めて見た。魂消たね、赤いの。
『URA URANGA TE MAHINA(ウラ・ウランガ・テ・マヒナ)』つー祭壇があるんだけど、これ『赤い満月』って意味。なぁ~る程これかぁ~と得心させられましたよ。


満足満腹。パーフェクトディ。

※前日が満月だったんだけど、今日も海から昇りましたん。
tunu_ahi01.jpg
| 2005/08/21(Sun)10:50 |
| [お祭騒ぎ]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
そこのけそこのけモアイが通る
今日も昼間はいい天気でしたよ。
なんで前々から計画してた『モアイの道』散策に行って参りましたん。

モアイを切り出してた『ラノ・ララク』から、運んでる途中のモアイが転々と道なりに打ち捨てられてる場所があって、『CAMINO DEL MOAI(カミノ・デル・モアイ:スペイン語)』または『ARA O TE MOAI(アラ・オ・テ・モアイ:ラパヌイ語)』なんて呼ばれてんの。これが『モアイの道』。

案内役は以前本blogに登場して貰った友達のトミー。我輩自身も前から興味があったんだけどナカナカ暇が作れんでさ、今回が初挑戦。

まずは南ルート、『ハンガ・テテンガ』から『ラノ・ララク』へ。んで切り出し場を1周して今度は北ルートで『アナケナ』まで、全行程6時間掛かりましたわ。勿論全部徒歩。
途中モアイは勿論昔のカマド『UMU PAE(ウム・パエ)』とか洞窟とかトミーも知らん祭壇とかもあって退屈なんてまるでせんの。周りは何処までも自然だしさ、言う事なし。

って事で今回は
【モアイの道写真展】
やってみましょか?

※1 『ハンガ・テテンガ』付近に転がってるヤツ。終日ツアーのバスからも見えますよん。
ara_o_te_moai01.jpg

※2 移動中のモアイは200体ぐらいあるらしいんだけど、70%はうつ伏せなんだって。つー事は?
ara_o_te_moai02.jpg

※3 南ルート『ラノ・ララク』直前には何故か3体固まってあんの。
ara_o_te_moai03.jpg

※4 草むらん中からもイキナリニュ~と現れるんで油断できません。
ara_o_te_moai04.jpg

※5 トミーの右隣にあるカタマリがモアイ。ここまで風化しちまうと普通の人には判らんよな。
ara_o_te_moai05.jpg


いやいや、充実した1日でしたん。
今日だけで何個新しいモアイ見たんだろか?数え切れん。
| 2005/08/20(Sat)00:45 |
| [参加型お楽しみ]トレッキング |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
再び復活
イヤハヤ、また更新出来なかったっす。
やっぱり観光客サンが多いとそれなりに忙しいんで。
勘弁くださいな。

天気は今の時期にしてはそれほど崩れる事もなく、最後の終日ツアーなんて皆喜んでましたよ。
「運が良かった!」
ってね。
ガイドも雨降ってない方が楽なんですよやっぱり。日ごろの行いの良さが効いたんかね(ウソ)。我輩も助かりましたん。

お盆休みで集まって来た方々、我輩も面白かったですよ~。
是非また来てくださいね。
今度は一緒に飲みましょか?

※オロンゴにて。この後火口に入ってきてる霧で何にも見えなくなるんだけど、それはそれで神秘的でしたん。
crater_nube01.jpg
| 2005/08/18(Thu)22:56 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ラパヌイ祝日情報
今日も晴天。終日ツアーも全く問題なし。
毎日こうだと本当に助かるんだけどナァ…

日本ではお盆休みシーズンですね~。ラパヌイに来られる方も、何時にも増して多いっす。明日からもかなりの日本人サンが来るんで、お天道様にもう一踏ん張りしていて貰いたいものですな。

明日(8月15日)はチリの祝日、『聖母被昇天祭』です。カトリック信者が9割を超えると言われてる現代ラパヌイも当然祝日。

『聖母被昇天祭』と言われても解からんよね?んで調べてみましたん。
簡単に説明すると、明日はカトリックの教義で、聖母マリア様が復活、そして聖天した日だそうです。
息子さんのキリスト昇天と区別する為に『被昇天』と言うんですと。
一般的なカトリックでは8月15日がその日になって、ユリウス暦を採用してる会では、今年は8月28日に祝うそうです。

祝日なんで、銀行、電話局、村役場なんかはお休み。個人商店も閉めるところが多いです。
旅行者には不便だけど、仕方無いっすね。チリは日本より遥かに『国民の休日』が少ないし、振り替え休日も無いの。だからこういう時ぐらい休まないとね。

因みにチリ全祝日は:
1月 1日:新年
4月初旬:聖週間(年に因って日付が異なるみたい)
5月 1日:メーデー
5月21日:海軍記念日
6月15日:キリスト聖体祭
6月29日:聖ペドロ、聖パブロの日
8月15日:聖母被昇天祭
9月第1月曜日:国民団結の日
9月18日:独立記念日
9月19日:陸軍記念日
10月12日:アメリカ大陸発見の日(その週の月曜日にくっつけるらしい)
11月 1日:万聖祭
12月 8日:聖母マリアの日
12月25日:クリスマス
これしかないのよ。
これらの日はいろんな所が予告無く休むんで、チリを旅行される場合はご理解と共に充分気を付けてくださいな。

も1つ因みに我輩とかガイドは明日も出動ですよぉ~…

※今日は馬もトンガリキで日向ぼっこする陽気でしたん。
hoi_tongariki01.jpg
| 2005/08/15(Mon)00:18 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
島の愉快な仲間たち [動物編] 第2弾
今日は快晴ですよ!
早朝は雨がチラホラ降ってたんで「またかよオイ…」なんて落ち込んでたんですが、その後は見事に晴れまして。
風が強いんで少し肌寒く感じるんですけど、兎に角気持ちイイ!

んで散歩ついでに友達の民宿にちょっと行ってきましたん。
最近ね、『民宿パッケージ』なる企画をウチでやってるんですわ。そこで紹介してる『PUKU RANGI UKA(プク・ランギ・ウカ)』っていう所に、用事もあったんで寄ったワケ。
只今到着したばかりの日本人サン2名滞在中。明日から我輩とツアーにまわるんです。
「ど~ですかぁ~」なんて挨拶もしちゃったり。

民宿ならではのアットホームな感覚は、ホテルではちょっと味わえんもんね。現地の雰囲気をより楽しみたい方々にはオススメですよ(宣伝宣伝)。

用事も済んだ後、大広間のソファで寛いでたらネコがチョコンと膝に座ってきまして。
blogのお題に困ってんで常日頃持ち歩いてるカメラでパチリ。今日はこれに決定。

島ではネコの事を『KURI(クリ)』と言います。"リ"にアクセントを置くのがコツ。
モアイ作ってた時期には居なかったの。最近誰かが持ってきたんだろうね。
ラパヌイ内、犬や馬、牛、鶏をもっと良く見掛けるけど、今はチャンとネコも居るんです。多くは各家庭の残飯貰って生き抜いてるみたい。ノラでも見捨てんのがラパヌイ。
勿論飼いネコも居ますが。

見付けても虐めないでネ。

…ネコに関してはこんぐらいしか書く事無いっすわ。

※ウチの母ちゃんも同じ毛色の飼ってんのよ。どうしてるかな?
kuri01.jpg
| 2005/08/13(Sat)18:36 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
お勉強と遺跡保護と
今日も天候不順。予報では天気良くなると出てたんだけどね、当たらんかった。

ツアーに出た観光客サンに、
「そんなに当たらんのなら予報と逆を信じた方がい~かもね~」
なんて事まで言われちまいまして…
これからそうしようかな?

さてさて、何時の間にやら第4回目のガイドお勉強会、今日も行ってきましたよ~。
先週から月金の夜やってます。
仕事がもたつくんで毎回遅刻しとるんすけど、とりあえず今のところ皆勤。我輩にしてはそれで既に上出来だったり。

今回は前3回と趣旨を変えて、全員で試験問題作案者でもある博物館長『FRANCISCO TORRES(フランシスコ・トーレス)』氏を囲って予め貰ってた試験問題集の答え合わせ。何でそうなったかは遅刻したんで知らん。
あ、前回の最後に何か言ってたような気も…

順調に進んで100問程度明らかになりましたん。

しかし問題作った本人が教えちゃって不味いんじゃないの?なんて考えてたら、今回は試験を見送るような事言い出しまして。ガイドの集まりがイマイチ悪いし、勉強しっかりする時間も足りんしってんでそうなるらしいの。でも勉強は続けなさいよなんて言われちまった。

多分問題作る方も忙しいんだろうね。
「こっちだって忙しい中時間割いて勉強してきたのに今更ナニをほざいとるんだいアンチャン?」
と文句の1つでも言ってやりたいところだけど、こっちも丁度盆シーズンで更に忙しくなる時期だから助かっちまったいホッ。

ガイドライセンスの話がなくなるわけじゃないみたいだし、実際どうなんのかな?

んで勉強会の最後にガイドの幾人かが我輩が疑問に思ってたのとバッチリ同じ事をズビズバッと指摘して論争となりまして。
「知識を身に付けるのも大切だけど、遺跡保護とかツアーのこなし方も重要でしょうよ!」
つーのが論点。

ガイドに因ってモアイにどれだけ近づいていいかとか、そういうのもマチマチなの。つまり、何処からが重要な文化財本体かの認識まで個人に託されてんのよ。
それじゃあツアー参加者は混乱しちまいますよね?目の前で他の観光客が入ったりしてるのに、「そこに入っちゃダメよ!」と叱られても意味解からんし。
そういう事もキチンと定めて教えんと、ガイドとか観光のレベルって上がらんでしょ?

ラパヌイはまだまだこれからの島なんです、なんて悠長に構えてると、そのうちモアイも祭壇も踏み付けられ過ぎてなくなっちまうかも知れんな。
そーゆーの普通の現地人とか他のガイドとかどう考えてんのんだろうか?

※バッチリ悪天候。向こうに見える筈のテレバカ山も見えん。
この後回復して星まで見えるんすけどね、今また曇ってきた…
nublado01.jpg
| 2005/08/13(Sat)00:56 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
え~モアイは要らんかね?
いやぁ昨日は久し振りの晴天。気温も半袖で動けるぐらいで、丁度終日ツアーで一緒にまわった旅行者さん達も喜んでましたよ。我輩も天気良い方がラクだし、何時もこうあって欲しいんだけど。

昨日アップしようと思ったんだけどね、帰った途端に爆睡しちまったのよ…

打って変わって今日は1日中時折雨を交えての曇り。もう寒いのなんのって。
やっぱり冬だなぁなんて再度認識させられてますわ強制的に。

ラパヌイではツアー中、行く先々でお土産物屋サンが露天出して待ち構えてんの。だからそのポイントで観光が早く済んだら、残りの時間で、上司サンや同僚サン、友達サンなんかに買わなきゃならん土産物が物色出来ちまうんです。
ちょっと忙しく動き回る観光客には便利よ。

村外で売るのには現地人にしてもちょっとした理由があんの。
我輩達がツアーしてる時間帯、村内には旅行者が殆どいない。皆村外に出ちまいます。当然よね、現地に来て生モアイ見んと話にならん。
更に、島内通信事情つーか、村を離れると携帯もトランシーバも繋がらんので、何か事故が起こった時助け合えるように、どのツアー会社も行き先は毎日ほぼ一緒。
だからお土産物屋サン達は予想してそこへ先回り、待ってた方が売れるのよ。村でボーッとしてる手はないってワケ。

但し雨降ったら大事な商品が濡れちまうってんで残念ながら来ません。
濡鼠で売っても風邪ひくだけだしね。

因みに島ではツアーポイントで物売る輩を『MATUTERO(マトゥテーロ)』と呼びます。本来のスペイン語では『密輸人』ってあんまり良くない意味なんだが、自分等でもそう言って堂々と行商しとりますわ。

今日もケッパレ闇商売(?)

※手前のおっさんは遅刻したの。イソイソと準備中。
matutero01.jpg
| 2005/08/11(Thu)22:56 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
お茶菓子万歳!!
最近喰い物運がまわってきたのか、またまた旅行者様から貴重な食料を頂きましたん。

我輩本blogとは別に『イースター島質問掲示板』も管理してまして。こっちでは主に質問を受け付けておるんですわ。

つい先日、
「イースター島で銀行口座から出金できるんかね?」
という質問を受けたんで、
「いやぁ~現金がいいすよ」
と答えたんです(以前にアップした【イースター島にはドル持参で】参照)。

で、その質問されたご夫婦が来島され、見事逢う事も叶いました。

このご夫婦、ブラジルのサンパウロに住んでいらっしゃるそうで、情報のお礼にと、ご丁寧に羊羹の手土産まで頂いてしまって、何ともはや有難い限り。

ブラジルには100万単位で日本人とか日系人が生活してるから、日本独特のもんも作ってんのよ、需要がそれなりにあるからね。
そう言えば畳屋もいるって話も聞いた事あるな。ひょっとしたら今の日本より日本的かも知れん。

我輩基本的に甘いものは苦手なんだが、お茶菓子には目がないの。
今回頂戴した羊羹もだし、餡子(漉し餡より粒餡派)とかきな粉餅とか、大好きなんです。
渋~いお茶とほんのり甘い和菓子の絶妙なハーモニー。これって絶対に日本人にしか解からん楽しみよね?多分。
日本人で良かった、と思う瞬間ですな。

因みに当然日本茶のストックは切らさんの。これだけはね、海外でも捨てられんので、申し訳ないと思いつつも実家から送って貰ってます。
我輩の経験では、海外で1番困るのが飲み物なのね。飯は美味い所見つけたり自分で作っちまえばまず問題ないんだけど、飲み物はなぁ、売ってるの水か酒か砂糖入りの炭酸飲料とかジュースだけなんだもん。

とか熱談しときながら、今回はビールのツマミとして喰ってみたワケで。
結果、羊羹とビールの相性はイマイチだと判明。当たり前だっつーの。
羊羹は実に美味かったすよ、ブラジル産もなかなかでした。

残りはお茶で喰うとすっか、普通に大人しく。

※ビールは定番のチリ産『ESCUDO(エスクード)』
yookan_azuki01.jpg
| 2005/08/09(Tue)00:47 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
「もしもし今ラパヌイに居んのよ。」
もう1年前になるけど、近代化の波に逆らわずと言うか逆らえず、ラパヌイでも携帯電話使えるようになったんです。でもまだ村内だけ。

我輩も仕事上持ってるんだけど、そんなに掛かってくる事もない。村内だけだからツアー中は受けられんし。
ラパヌイは島内だったら備え付けの電話同士であれば基本料だけの無料通話。だから島内では携帯に、滅多に掛けんの。特に急ぐ用事も殆どなさそうだし、狭い村ん中だったらどっかで会うからね。

で、日本から持ってきた携帯も、『VODAFONE(ボーダフォン)』と『DOCOMO(ドコモ)』のであれば使えます。

世界の『ボーダフォン』はそのままで使用可。簡単ね。どんどん掛けまくっちゃってください。

『ドコモ』は『国際ローミングサービス』の手続きが必要みたい。でも説明し辛いのよ、我輩最近のじゃぱに~ず携帯の事全く解からんし。
詳しくは『iモードクイックマニュアル』←ここを右クリック(普通に左クリックしたら白ページ)でファイルに保存すれば説明書がダウンロードできます。これは絵付きで解かり易いと思う。
このマニュアルの手続きを踏めば、イースター島から「お元気かしらん?」なんてお友達に自慢できちゃう筈。

但し携帯電波環境あんまり良くないです。何時も確実に使えるとも限らんので悪しからず。


以前は携帯で写真撮ってる日本人見て「何やってんだ?」と質問してきたラパヌイも、今やカメラ付きで遊ぶ時代。
そんな世の中になっちまいましたよモアイさん。


そう言えばポケベルとかPHSってどうなったんだろ?

※我輩のはチリの大手電話会社『ENTEL(エンテル)』携帯(カメラなし)
celular01.jpg
| 2005/08/08(Mon)02:56 |
| [お役立ち情報]その他 |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
モノポリーホスピタルその2
昨日再診に行ってドクトルに
「超飯喰わな過ぎかも~ ヤバイよヤバイよ」
と言われちまいまして。

なんでも血液中の『水溶性たんぱく質』つーのが常人よりやたら低く出ちまったとか。通常3.8以上のところ、見事に2.3を記録。
と言われても全く知識のない我輩は「へぇ~そうなの」ぐらいしか思わんのだが。

我輩昔っからの少食。肉とか別に暫く喰わんでも平気だし。まさに低燃費日本車みたいね、メイド・イン・ジャパンだし。
それが不味かったのかな?
多分病院で血採ったりすんのが実に久し振りなんで、今まで気付かなかったんすね。

「何かの間違いかもしんないでしょ~ もう1回調べてみよっか」
とドクトル談。
んで面倒な事に今朝再採血に出向かされまして、終日ツアーの前にも拘らずバッチリ血抜かれましたん。

確かに最近自分で痩せてるような気がしてたのよね。やっぱり無理してでも喰うべきか?
それとも胃腸を大事に無理はせんべきか?前回の数値が不正確かも知れんし。
どうであれ1日4食の大食漢チリ人並みに喰えん事だけは確実。

しかし普通に動けるんだけどね、空腹感もないし。
たんぱく質以外は健康人以上だそうで。

我輩にとって医学は未知の世界っす。

※先週に引き続き2度目すわ…
extracion01.jpg
| 2005/08/06(Sat)00:59 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
踏ん付けられちまったよ
『VINAPU(ヴィナプ)』という所にモアイが倒れててツアーでも寄るんですが、今日行ったら登っちゃあいけない筈の祭壇やモアイの上で何かが群れてまして↓
chivo01.jpg


あ、隣の祭壇にも!いけないんだぞぉ↓
chivo02.jpg


我輩達が近付いても怖気もせずに堂々と座ってんのもいるなぁ↓
chivo03.jpg


なんとヤギさんでしたん↓
chivo04.jpg


ヤギさんだから許されるんですよ、言っても聞いてくれんから。人間だったら首根っこ掴まれて放り出されちまう。

モアイはね、凝灰岩っていうホントにモロイ石で作られてんです。今その保存に力を入れ始めたところ。

更に土台となっている祭壇も、"墓"だったという説が有力です。先人に敬意を払うべきだし、世界遺産の保護という意味も含めて進入禁止。

観光中は間違っても登らないようにお願いしまっす。我輩が怒られちまうからね。


しかし動物だって風化の原因なんだけどな。そこら辺はどうなんだろ?
続きを読む▼
| 2005/08/04(Thu)23:39 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ヨキカナヨキカナ
今日も寒い!兎に角寒い!
ツアーに出てた昼間もさ、雨こそなかったけれど終日ドンヨリした天気で、ダウン製のジャケット全く脱げんの。

もっと寒いサンティアゴから今晩到着した日本人さんも「この寒さは意外」だそうで。

巷ではこの寒さ、去年よりは全然マシと言ってるんですが、我輩にとっては同じように寒いだけ。どっちがマシかなんてどーでもいーわ。
手足も悴んで巧くキーボード叩けん。
こりゃ本気でストーブ買ったほうがいいかもなぁ…

で、こんなに寒いし雨多いから、現在島的にはシーズンオフ。
尤も北半球にお住まいの方々は夏のバケーションに入ったばっかりでしょ?当然来島者数はそれなりにあるのよね今の時期も。日本人に限って言えば、特にお盆前後は毎年沢山来るし。
だけど雨と寒さは覚悟してくださいな。こればっかりはどうしようもないの。
雨具(合羽)と防寒具は必須です。

旅行者は来るんだけど今しかやるチャンスがないからね、島内はシーズンに向けてのホテル改装、改築や補修ラッシュです。観光地に続く道路や駐車場整備もしてます。

今日、現地語で『HANI-HANI(ハニハニ)』と呼ばれる赤い石を切り出してた丘『PUNA PAU(プナ・パウ)』付近も改善工事開始。
多分島で最も水捌けの悪い地域。舗装がされとらん粘土質の車道で、轍で抉られた箇所に何ヶ月も水が大量に溜まってたの。主要観光地の1つなのに今まで放って置いてた事自体がおかしいんだけどね、最近の水溜り具合が尋常じゃなく既に危険な状態だったんで、ラパヌイもやっと重い腰を上げました。

どんな補修をしてんのか、実際に行って見てないから何とも言えんのですが、良くなるに越した事はないし。ってか本当に良くなるのかも判らんし。

思い返してみると去年はこんな事してなかったなぁ。
昨今の観光セミナーその他で島民達が開眼し始めたのかしらん?
どうであれ実際状況を目の当たりにしてたガイドやドライバーにとっては嬉しい限り。

※『ANAKENA(アナケナ)』の駐車場拡張工事も着々と進んでおります
estacionamiento01.jpg
| 2005/08/04(Thu)00:34 |
| [お役立ち情報]お天気と服装 |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
カリカリカリカリカリ…
今日は天気良かったんだけど寒くて寒くて。今も震えながらアップ中。
日本の知り合いからのメールでは、そっちは暑いとか。関東は熱帯夜とか言ってるし。何か変な感じよね。

さて今晩も踊ってたんで今回は本blogにも登場してる島のダンスグループ『KARI-KARI(カリカリ)』について。

団長の『LINN RAPU(リン・ラプ)』氏が島の暇してる輩を集めて創立したのが'97年。当時はメンバーの誰一人所謂『プロ』としての経験がなく、単に踊れるだけだったとか。島民は子供の頃に一応ダンス覚えるから。

そんな素人団体から団長を中心に猛特訓を重ね…たかどうかは知らんが、今では多くの現地人からも認められた、島を代表するラパヌイダンスグループ。我輩は有名な顔しか知らんのよ、こっちに来た当初もかなり巧くて圧倒されたもんなぁ。

実際毎日のように練習してんのよ。ショウ前にはお祈りまでしてるし、皆舞踊に対してかなり真摯なの。

近年は海外からも祭とかに招待されてしょっちゅう巡業に出てますわ。去年なんか『パラウ(Palau)共和国』にて行われたダンスコンテストで優勝したか特別賞貰ったかして、大統領から直々に晩餐会の招待を受けたんだと。更にうち1人はオセアニア最優秀ダンサーの称号を与えられたらしいし、とんでもないね。

彼等には【HOTEL HANGAROA(ハンガロアホテル)】にて、毎週火、木、土曜日に会えちまいます。ショウだけで食事は付いてないけどカクテルぐらいだったらホテルに注文可。
時間は夏期が22:00~23:00頃、冬期は21:00~22:00頃。最近人気があるんで毎回ほぼ満席で立ち観もでる始末。受付は各開始1時間前からやってるんで早めに来るべし。ベシ!

すんげぇ近くまで来て踊るよ。

※ダンサーは精悍な顔してます
bailarin01.jpg

続きを読む▼
| 2005/08/03(Wed)00:47 |
| [お祭騒ぎ]ダンスショウ |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
久し振りに学生気分
ガイドライセンス試験のお勉強会が催されたんで行ってきましたん。
なんだかね、集まりが悪かった。我輩含めて11名のみの参加でした。

予習なんか殆どしてる暇なくってさ、問題に眼を通すぐらいしかしてなかったの。今日もちょっと遅れちまったんですが、有難い事にお咎めなし。つーかグループに分かれてあーだこーだ言いながら皆解からん問題を本から検索する作業に従事しっぱなしでした。
そりゃそうよね、本読みながら
「これ一般論と全然違うやんけ!」
とか、
「まぁそうだったのねー」
なんて、確かに予習時間なさ過ぎ、全員他にも仕事も持ってるんだし、全部はやり切れんわ。

しかも英字文献。読めん輩もいるから尚更です。
我輩、学生時代の卒業研究で資料が殆ど英書だったお陰で読むの慣れてはいるんですけど、やっぱり専門が違う(実は理系)から解からん単語も多いのよ。頭もいつもは使わん箇所までフル稼働させて、いやぁ苦労してます。

我輩のグループは22時近くでとりあえず解散。500問中50問程クリアしました。次回は金曜ですわ。

しかしね、実に面白い。特に我輩の専門に近い島の地形だとか鉱物関係の資料からも、結構知ってたつもりだけど「へぇ~」と関心させられる事もワンサカあるし。何よりもガイド連中で協力し合えるのがいいね。お互いの知識を交換し合えるし。
いや、雑学深める為だけでも価値ありますよホントに。こんなオモロイ勉強タダでやらせて貰って感謝感謝。

勉強内容は申し訳ないが秘密。ガイドの武器すから。

※博物館の名前にもなってる『SEBASTIAN ENGLERT(セバスティアン・イングラート)』神父の著書からも出題
padre_englert01.jpg
| 2005/08/02(Tue)00:55 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
学校嫌いの子供等で…
今日は平和でしたよ、昨晩の酒も残っとらんし。

友達尋ねたりちょっと散歩したりWEB内ブラブラしたり、久し振りにゆっくりしましたん。
天気はそんなに良くなかったんだけど雨はないしで気分は上々。

そう言えば『カメハメハ大王』の唄って知ってます?
「風が吹いたら遅刻して 雨が降ったらお休みだ!」
って歌詞でしょ?

これね、強ち間違ってないんだな、と最近思う。
だって『風』って簡単に言うけど半端じゃないし、『雨』も実際は『暴風雨』なんすよこっちは。
「こんなんで小っちゃい子が学校行ってたら命幾つあっても足りんわ!」
とポリネシア人は言うかも知れんです。

因みに今は冬休み。児童生徒は本土に行ったり、休みももう明けるんで島には帰ってきてるけどポケーとしたりしてますわ。
でも普段の彼等、特に学校嫌いつーようにも見えんですよ。これは唄と違うかも。

そんな事をボーッと考えながら1日過ごしてみたり。

※今日は夕日まで完璧に見えましたわ。
atardecer02.jpg
続きを読む▼
| 2005/08/01(Mon)00:58 |
| [徒然日誌(雑記帳)] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。