世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201703« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201705
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
この夏、最後のサンライズ
コマリです。

バタバタ続きだった3月ももう終わりです。なんか最近は雨もちょくちょく降って天候も読みにくいです。なんか冬期に向かっているんやなとしみじみ感じてしまいます。

さて、そんな中、昨日の早朝に朝日を見てきました。この夏、最後の朝日やろうな。もうこの時期にはモアイの真後ろから太陽は昇りません。でも、トンガリキと朝日を一緒に見るのはできます。

昨日の早朝、朝日を見る為、6時半に村を出ました。村は曇り。村の様子だけで判断すると、間違いなく見れないやろうな、と感じさせるくらいの曇。
しかし、東の海岸に出ると雲が少ない。多いのは村の上だけ。こんな感じですから、難しい。ポイントは行ってみないと分からない点。若し、朝日を見に行きたい方は、村での様子で判断するのは危険ですよ。

この夏の最後の朝日、見事快晴で綺麗にみえました。
SnRise Mar2009 (0)
※お天道様が顔を出す寸前。

ほんま最後の朝日がビシッと綺麗に見えて満足です。
正面から見るとモアイの後ろから、お天道様は出てきません。こういう時には角度をつけると良いかも。

SnRise Mar2009 (1)

この朝日も次の夏までのお預け。これからはどんどん北の方へずれていき、このトンガリキからでは見えなくなります。
SnRise Mar2009 (2)
※サンライズツアー、次の夏までちょっとお休みです。
スポンサーサイト
| 2009/03/27(Fri)19:19 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
2009年ご来光
ラパヌイも日本の15時間遅れで年が明けました。
おめでとさんです。

怒涛の12月を何とか乗り切りましたわぃ、いやー忙しかったね。
今日の便で年末ツアー組は全員出発。ちょっと一息吐けるなぁ。

毎年恒例の初日の出にも行ってきましたよん。
雲は多かったものの、それなりに綺麗には見えました。

日が昇り切った後は茹っちまうよーな暑さっす。
風のある外のほうがまだ幾分か涼しいね、クーラーのない家ん中じゃジッとしとっても汗が出てくるぞ…

兎にも角にもラパヌイの繁忙期は未だ続きます。
元旦からチャータ便が着いたしな、また騒がしくなりそーだ。

ではでは、今年もヨロシクです。


※ 2009年の初日の出はこんな感じ↓
amanecer06.jpg
| 2009/01/01(Thu)17:08 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(9) | トラックバック(0) |
夏の時期限定、朝日とモアイ
コマリです。

今日は午前中は雨でした。ずっと晴れが続いていたんので、久々の雨。雨がないと偶には雨も降って欲しいなと思うのですが、いざ降ってみるとやっぱり晴れの方が良いななんて。いやはや、我侭な考え方ですね…。
あと感じたのが日が差していないと寒いです。特に雨が降ったら。やっぱり簡単な上着は常に必要な島です。

さて今日の午前中は雨でしたが、昨日の午前中は快晴。雲も殆どなし。
そんな昨日に朝日を見に行ってきました。いや、ほんまに昨日で良かった。ラッキーです。
僕は今夏、初めて見に行きました。久々の早起きはちょっときついかったです。

朝早くに起きるのはつらいけど、行くのはけっこう好きです。
朝日を見るのはもちろんですが、綺麗に見れるかどうか不安な気持ちで向かう道中もなんか面白い。サンライズツアーは運試しなツアーなので、そういった楽しみ方も。
朝日-20081119 (2)
※日が昇る前。雲も少なく、期待できます。

15体のモアイと朝日なんて、そう見れるもんではないですよ。運試し要素が高いとは言え、挑戦してみる価値があるのではと思います。
雨降ったり、曇っていたら残念ですが…。

今夏、最初の朝日が綺麗に見えて大満足でした。ただ、早起きでその後は少しつらかったですが…。
朝日-20081119 (1)
※因みにモアイの後ろから太陽が昇るのは夏の間だけです。
| 2008/11/20(Thu)18:40 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(1) | トラックバック(0) |
そろそろ打ち止めサンライズ
本日も晴天なり。空の端っこのほうに申し訳なさ程度に雲が浮かんどるだけでした。

この暑さ、何とかならんモンか知らん?
パソコンもへばっとって、湿気を抜いてやらんと旨い事立ち上がらん始末。
そろそろ夏が終わる筈だ、もうちっと踏ん張れ。

今年のお天道さんは2月も終わりだってのに未だ未だ弱まる気配を微塵も感じさせんねぇ。寧ろこれから夏ですよ、みたいな陽気。
そうカッカすんなよ、そろそろ落ち着け。

しかしこのあいだの日曜日に朝日を拝みに行ってみたら、随分と北寄りに傾いたなぁと感じましたよ。
昇ってくる方角が明らかに違うのよね。しかも日の出は8時過ぎ。
もう晩夏なんだわな、と。

サンライズツアーはそろそろ催行できん季節に入ります。4~9月頃は天気に恵まれん日が更に増えるし、オマケに朝日はモアイさんの後ろから昇らず、隣の半島に隠れちまうんですわ。
業者さんもお休み体制に入っちまうし。

特に今年は急遽告知されたサマータイムの延長で、3月後半は日の出の時間がトンでもなく遅くなります。
今年の夏時間最終日と予告されとる3月29日なんて8時半近くまで日が昇らんよ、ウヘェ…

こりゃあ毎日朝日を観に行くよーな調子で起きなけりゃならんって事だよな?
夜更かしと深酒は控えんとね、ガイドが寝坊しちゃあ格好が付かんからさ…

兎に角もうちっと涼しくなって欲しいモンです。


※ 因みに日曜日はバッチリ拝めましたん↓
amanecer04.jpg
| 2008/02/27(Wed)23:57 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
謹賀新年 -初日の出-
新年明けましておめでとうございます。

いや、毎年恒例と言いますかお正月はやはり忙しい。
今やっとこさ仕事が片付きましたよ。

そして元旦の今日の毎年の恒例のものと言えば、そう初日の出。
今年は僕、コマリが行ってきましたよ。
結果は、、、微妙でした…。

朝6時、村の天気は良好。星も奇麗に見えていました。
でも、トンガリキに着いてみるとどんよりとした雲が…。

下の写真を見て貰ったら分かるとおり水平線の方には大きな雲があるんですよね。
この写真はお天道様が水平線より顔を出して来ている時の写真です。
全く見えんのですがモアイの後ろのわずかに切れた雲の隙間から少し見えるような見えないような…。

まぁ、仕方ないです。
雨が降ってないだけましだったのかも。初日の出はいまいちでも他の景色は奇麗に見えていましたから。

2008年の初日の出はこんな結果でしたが、今年はどんな年になる事やら。
それでは皆さん今年もどうぞ宜しくお願いします。
20080101102812.jpg
| 2008/01/01(Tue)23:21 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
昨日の朝日
コマリです。

こんにちは。
もう12月も半ば過ぎで言うてる間に年末ですな。
偶に雨が降ったりもしていますが、基本は好いお天気続き。あまりの日差しに、僕もこの前のツアーから日焼け止め使用開始。個人的には好きではないねんけど、日差しが痛すぎて好き嫌い言ってられないんですよね。

今回のタイトル。「昨日の朝日」…。“今日とちゃうんかい”と言いたくなる気持ちよく解ります。
実は昨日書こうと思ったんやけど仕事後は体力無しでした。

さて、昨日の(当日の天候次第の運試し)サンライズツアーですが結果大成功。
雲ってはいましたが、雲の上から出てきたお天道様のご来光はやはり強烈です。
20071220164406.jpg
凄いでしょ。でも、実際に見てみたらもっと凄いっすよん。

今回はいつもと視点を変えて写真撮ってみました。
いつもはセンターからなのでちょっと横から↓
20071220170014.jpg
太陽の光が海に反射してるのが好い感じだと思うんですがどうでしょ?

さてお次はこちら↓
20071220170451.jpg
モアイの影。朝日を背にして写真を撮っても綺麗ですよ。お天道様が昇った直後は影がめっちゃくちゃ長く伸びます。個人的にはお気に入り。実際のモアイをそのまま撮るより、存在感が感じられます。
因みにラノララクも朝日に照らされると好い写真が撮れますね。

20071220172320.jpg
更にはモアイの後。朝日に照らされたモアイの後。こちらもいつもとは違った感じで素晴らしいですよ。

ただやっぱりこれだけの写真を撮るのはしんどかった…。
ダッシュですよ、ダッシュ。朝から走って写真を撮っていました。運動不足の僕には丁度好い運動でしたが…。
| 2007/12/20(Thu)18:49 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(7) | トラックバック(0) |
モアイと日の出
コマリです。

今日は午後からお天気好調ですよ。
それでも晴れると良いんやけど、曇ると少し肌寒いっす。

さてと、今日は朝5時起きっす。
こんな早起き久々でしたよ。ん?何で早起きかって?
夏の時期に早起きと言えばサンライズですよ、サンライズツアー。

そう、今朝早起きしてサンライズを見に行ってきましたのよ。
お天道様がトンガリキのモアイの後ろからグァーっとご来光を見せるのを見に。
因みに今シーズン初のサンライズツアーでした。

久々の早起き自信無かったので、昨晩は22:30に就寝。寝るのは得意なんやけど起きるのは苦手。早く寝る分にはまかして下さいな。

さて出発前の天気は曇り。星が若干雲の隙間から見えるくらい。
んでもって、今回サンライズツアーに参加されるお客様をホテルに迎えに行っていざ出発。

サンライズツアーの難しいのは村から15体のモアイが立っているトンガリキの様子が分からん事です。
村が曇っていても奇麗に見えた事は何度もあると、この日の一緒に行った島民のトミーが言っていました。
ってこた、お日様が出るか出んかは行ってみないと分からんって言う事やね。サンライズツアーは運も必要。

曇ってる中不安を抱えながらトンガリキに到着。
日の出予定時間の約30分前に到着。
太陽は出てないものの辺りは薄明るくなっています。でも、太陽の出る水平線の上にはしっかりお暑い雲が。
20071117200353.jpg
こんな感じです。
駄目だな、こりゃ。内心はそう思っておりました。

でも、時間が刻々と経つにつれ、お天道様も昇ってきて明かりがだんだん強くなってきます。
日の出時間が過ぎてもお天道様は見えません。更にもう少し待っていると雲の下からお天道様のご登場。
20071117200500.jpg
凄いな。何かよくわからへんけど奇麗に見えとります。雲もそれなりに良い感じ。登ってみないと分からへんもんやね。

でも、良く考えるとこの逆も十分に考えられるんやねんな。
運試し要素が強いこのサンライズツアーですが、見れればほんまに奇麗ですよ。

今シーズン1発目にしては上出来のサンライズツアーでした。
因みに日の出がトンガリキの後ろから登るのは10月~3月上旬くらいまで。

これからの夏季シーズン島に来られた際にサンライズを見に行くのもお勧めですよ。但し奇麗に見えるかどうかは時の運ですよん。
| 2007/11/17(Sat)23:24 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(7) | トラックバック(0) |
ITE MATAHITI API ~謹賀新年~
新年明けましておめでとうございます。
こちらラパヌイ、日本の14時間遅れで2007年になりましたよ。

いやぁ~、今年の正月は働いたわ。
早朝4時半に起きて初日の出ツアーの催行確認がてら我輩も便乗。
そんで空港に見送り、出迎え。
その後にもう1本ツアーってな感じ。

昨晩に呑むの控えて早く寝て正解だったわぃ、とりあえずナントカ終了。
オツカレサン。

因みに島は至って静か。
店も殆どやってないしツアーに出ても観光客少ないし。

コッチは習慣的に正月つったら家族でノンビリ過ごすもんだからね、カウントダウン後朝まで賑わってたディスコを除き結局年明けの大きなイベントもなく、各家庭でドンチャン騒ぎしてたらしい。
起きた時はまだ隣も騒いでたもんな、ウラヤマシイ…

しかし張り切って早起きして観た初日の出も、曇ってはいたけど充分綺麗に観えたし、その後も天候が大きく崩れる事もなかったし、とりあえず最高の状態で正月を迎えられたと思いますわ、ハイ。


さてと、一緒に日の出を観に行ったトミーも来た事だし、昨日の分を取り返す勢いで呑みましょかね。

あ、でもまた明日ツアーだわ。
自重します…

※ 今年もヨロシクねん。↓
anonuevo2007.jpg
| 2007/01/01(Mon)21:53 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
やってきました日の出シーズン
サンライズシーズン到来っす。
記念すべき今年度のツアー1本目、去る10月11日に催行されましたん。

しかし当日は生憎の空模様。
宿出発予定時間直前の5時30分になっても曇ったまま…

と言ってもね、絶対に見えん、というワケでもないの。
何時だったかなぁ、2年位前に「曇ってても行きたいゾ!」つー方が居って、んじゃ行きますかと失敗覚悟で催行させたんだが、お天道様の機嫌が直ったのか昇ってくるところだけ雲が切れて「おはようさん!」と元気に顔を見せてくれまして。

そんな事もあるんですわ。

兎に角参加者に行ってみるかどーか最終確認。
「可能性は非常に低いが若しかしたら観れるかも知れんけどどーしましょ?」

皆さんそりゃそーだわなつーくらい悩んで悩んで悩んだ挙句全員参加。
予定時間をちょっとだけ過ぎた6時に村出発。
僅かな希望に一寸の望みを託し神聖なる彼の地へといざ出陣。

途中日の出方向の雲がちと切れて赤く染まったんで「おぉ!」なんて期待を膨らませながら車に揺られ30分、既に白み始めた薄闇の中15体の巨躯がその雄姿を魅せびらかす“TONGARIKI:トンガリキ”へ到着。

…お空は真っ白。ドンヨリと重たそうな雲が全天に拡がってやんの。
デカイ団扇で煽って退かしてやろうか!と考えたんだが残念な事に持ち合わせておりません。

息をフーフー吹き掛けてみるも何故かちっとも効果が表れず刻々と迫る日の出時間の6時46分。
最後の一吹きで水平線近くの雲を若干飛ばす事に成功(ウソ)し、ホンのちょっとながら朝焼けは拝めましたよ。

期待してたぐっども~にんぐオハヨウサン今日モ朝カラさんしゃいんシテルネべり~はっぴぃ♪とゆー奇跡は起こらなんだが、その後各々満足いくまで遺跡内を巡ったり近くのペトログリフ(岩面に掘り込まれた絵)を眺めたりボー然と自失してみたり思い思いの時間を過ごして業者サンサービスの温かいコーヒーとクッキーを頂きちょっと幸せな気分になった後8時30分宿前で解散。
村の中なんか雨降ってやんの…

今回は少し残念な結果でしたが晴れればこんなに(←クリックしてねん)キレイだったりもします。

朝のラパヌイ運試し、如何っすかね?

※ もうちょっと雲の切れ間が拡がってくれたらねぇ… 無念!↓
amanecer03.jpg
続きを読む▼
| 2006/10/12(Thu)23:40 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(1) | トラックバック(0) |
お空のご機嫌
最近妙に朝日とか夕日なんかをカメラに収める機会に随分と恵まれて、結構な量の画像が溜まったんで何枚か放出しますよ。

ラパヌイってホントにコロコロ天気が変わるんでね、運がやたら良くないと3、4日の滞在で拝めんのですよ綺麗な日の出や夕焼けは。

「島には行ったけど撮れんかったわ!」
つー方々は下の画像で楽しんでちょ。

※1 晴れては居らんが雲が見事に染まりましたん↓
atardecer04.jpg
[2006年2月22日 21:05 マタベリ空港近く(AV. HOTU MATUA)にて撮影]

※2 偶然にも沈む部分の雲が切れまして↓
atardecer05.jpg
[2006年4月6日 19:07 タハイ(AHU VAI URI)にて撮影]

※3 水面に映る朝日がいいね↓
amanecer02.jpg
[2006年4月7日 07:44 オバヘ・ビーチ(OVAHE)にて撮影]

※4 凄いのよ、何故か夕日が2つに観えたのさ↓
atardecer06.jpg
[2006年4月9日 19:06 プナパウ頂上(PUNA PAU)にて撮影]

※5 電気がないと月の光って物凄く明るいんだわ↓
mahina01.jpg
[2006年4月9日 19:14 プナパウ中腹(PUNA PAU)にて撮影]

大気汚染が少ないからかなぁ、晴れてりゃ月も綺麗にバッチリ望めます。
尤も光学望遠機能がないと撮影するのにはちと辛いが。

曇ってても瞬間的に晴れる場合もあるし、逆にスコーン!と晴天でもさ、一番いいところで雲がモクモクッと湧いちまったりもするし。
更に全く雲が無いってのもまた面白くなかったりね、兎に角難しいんです。

「それでもワシは撮ってみせるぞぃ」
なんて貴方、巧く撮りたきゃ三脚持ってくる事をお勧めしますよ。
シャッタースピード遅くしたほうが綺麗に色が出るからね。手ブレしちまったら折角のチャンスも台無しすから。

え?言われんでも解ってる?
あ、そ。
| 2006/04/12(Wed)19:33 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
2006年
明けましておめでとうございます。

"イースター島ドタバタ生活記"をご覧の皆様、本年もどうぞ飽きる事なく、見捨てる事なく、「渋谷にモヤイがあんじゃん」とか「別にモアイなんて…」とか思う事もなく、どうぞ宜しくお願い致します。

このblogを観て「イースター島って面白そうだわぁ」なんて考えてくれる人が1人でも居てくれたらもうサイコウですわ。

今年も精進しますんで。

んでね、観てきましたよ、2006年初っ端ご来光。
今年はかなり当たり年よ、水平線から、とはいかなかったが綺麗に観えましたん。
態々島の反対側のトンガリキまで行った甲斐がありました。

しかし暑いす、昨日までに降ってた雨のお陰で湿度グングン上昇中。
今年はアツイ年になんのかね?

※ 皆サンも良い年を
ano_nuevo2006-01.jpg
| 2006/01/01(Sun)00:37 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
隠れちゃって困るの
昨日お流れになったサンライズツアーは今日無事決行。でもね、曇っててお天道様全然拝めんかったみたい。
残念ですが、参加した日本人有閑マダム御一行様、
「もう一度トンガリキ観れたからねー」
なんてこちらの心配を屁とも思わん様子。なんてポジティブ。旅慣れてるって凄いね。

ガイドのTOMY(トミー)も巧いのよ。ま、日本語は喋れんが、島の歴史をポロッと披露したり話にタイミング良くオチつけたり、実に面白いガイディングしてくれるんです。いつも「スゲーな」と感心させられている次第。
tomy01s.jpg

どうでもいいが、奥さんもカワイイし。
chiutomy01s.jpg


でこの夫婦、よく朝日観にお出掛けするんですが、彼等曰く、
「ベストは10月~3月頭頃だね、丁度トンガリキのモアイ越しに朝日が昇ってくるのさぁ~。」
だそうです。

正月とか時期的にはバッチリだとか。
但し曇ったり雨降ったりする事無きにしも非ず。
結局運なのです…
| 2005/06/27(Mon)00:58 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
恥ずかしがり屋SUN
モアイと一緒に朝日若しくは夕日を撮った写真って相当島外に出回ってるんですがね、実はこれ、あんまり見れないんです。

前にもチョロっと書いた事あったと思うけど、朝日、夕日の時間帯って、大抵曇って隠れちゃうんですね。職業柄旅行パンフとか日本や世界的に出版されている本とか目を通す事も少なくなく、サンライズとかサンセット写真見て、「ほぉ~、よく撮ったなぁ~」とか、「一体何日間ネバって撮ったんだろ?」とか勝手に老婆心が膨らむ訳で。

今ね、こっち朝の7時です。今日も日本人旅行者の『モアイ越しに拝むお天道様お早うさんツアー』催行予定だったんですがね、嵐ですよ、風強いしパラパラ雨降ってるしで一緒に行ってくれる筈のラパヌイから
「しゃぁ~あんめぇ、今日は中止だぁ~よ」
なんて連絡受けて明日に順延。

雨季だし仕方ないっちゃそうなんすけど、やっぱり残念よね?
だからっつーのも可笑しいけど代わりに我輩が運良く撮った写真アップしときます。
amanecer01s.jpg


今日午前中の半日ツアーもあんのよ。でも全く天候回復する様子なし。
大丈夫かねぇ…

とりあえず早起きしたんで我輩は洗濯中であります。
| 2005/06/25(Sat)10:09 |
| [参加型お楽しみ]サンライズ |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │ 
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。