世界一の孤島、物資補給船をまだかまだかと待ちながら、毎日2人てんやわんやの駐在記。
モアイ損壊事件発生。脆いから触っちゃダメよ。
兎に角旅のお役立ち情報とか小ネタとか。

201709« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201711
記事別印刷
  • 画面表示中の記事を個別に印刷できます。
    by genshoku
いろいろ
最近10更新
月別島噺
昔を振り返る


モアイさん達 -観光ポイント-
(アイウエオ順)
  • アカハンガ
    広~い集落跡と祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • アキビ
    黄昏7体

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・カイ・タンガタ
    鳥の絵が残ってる洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • アナケナ
    白砂と椰子のビーチ

クリックすると大きくなるよ


  • アナ・テ・パフ
    一番長~い洞窟

クリックすると大きくなるよ


  • オロンゴ
    鳥人儀式村

クリックすると大きくなるよ


  • タハイ
    目ん玉ギョロギョロ

クリックすると大きくなるよ


  • テ・ピト・クラ
    まんまるお臍

クリックすると大きくなるよ


  • トンガリキ
    デッカい15体

クリックすると大きくなるよ


  • バイフ
    うつ伏せで寝てる8体

クリックすると大きくなるよ


  • ビナプ
    立派な祭壇

クリックすると大きくなるよ


  • プナパウ
    チョンマゲ工場

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・カウ
    クレーター展望台

クリックすると大きくなるよ


  • ラノ・ララク
    造り掛け約400体

クリックすると大きくなるよ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --/--/--(--)--:-- |
| スポンサー広告 |
| お便りはコチラから(-) | トラックバック(-) |
デカ魚
昨日の朝から徐々に崩れ出して、正午過ぎに俄か雨。
ムシムシし始めとるんですが、雨のお陰で土埃がちょっと落ち着きましたわぃ、ヤレヤレ。

ネットの予報によりゃあ今後数日雨が続くみたいだけど、現地じゃ既に回復傾向にあるよーにも感じます。降ったり止んだりな中、青空も見えてきとるし。

実際はどうなるかなぁ?
もうちょっと夜だけ降って、てのが最高なんだが。


話は変わって一昨日の日曜日、未だ天気が崩れる前に、ドデカいカジキが上がりました。
港に人集りができとるな、と近付いたら、中心にゃ身の丈5m近くあるんじゃなかろーか?ってなオオモノがゴロン、と。

いっつも肌身離さず携えとる…筈のカメラが、どーゆーワケかこん時に限って手元にない。
見た限りじゃシロカジキかな?吻はあんまり長くなかったっす。

釣ったのが偶々友達の叔父さんだって事で、んじゃ解体作業を手伝いに行きましょか、と。
一旦カメラを取りに帰っていざ出陣。勿論お零れ期待。

現場に着いた時にゃ既に頭と尻尾は持ち去られた後だったけど、なくても充分デカいわ。
豪快にチェーンソーで輪切り中↓
iviheheu01.jpg

「ココまでデカいのが釣れたのはホントに久し振りだ」との事。
胴回りだって優に人間の倍くらいあるんだから大したモンだ。
皮を剥いで適当な大きさにするまで、5時間くらい掛かったなぁ↓
iviheheu02.jpg

途中からバーベキューと呑みも始まって、日が暮れる頃にほろ酔い加減で作業終了。
全部で何㎏くらいあったのか知らん?切ってから順繰りに量ったんだけどあんま覚えとらん…

因みにカジキはラパヌイ語で“IVI HEHEU:イビ・ヘヘウ”だって。

帰りしなに「ちょっとだけど持ってきな!」と、切り身を数㎏貰いました。
ナハハ、ちょっとか。喰い切るのにどんだけ掛かるんだろーか…


※ つくってくれたサラダも美味かったっす。ご馳走さん↓
iviheheu03.jpg
スポンサーサイト
| 2008/12/09(Tue)23:56 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
腹痛にコーラ…
一昨昨日の夜から天候がコロコロ変わっとります。
日が出ると気温も上がって気持ち好いんだけど、一旦曇り始めると急に寒くなって雨まで降り出すってな具合。体調を崩す輩が増えてきました。

今回流行っとる風邪は腹にくるタイプみたい。斯く言う我輩も、それからコマリ氏も抗戦中。
別段痛いとかそんなんじゃないんだけど、胃の辺りが妙に張るんです。

こんな時ゃ、
「夜は何も喰うな」
なんて促されます。
消化機能が低下しとるんだろーから言わんとする事は解るね。温かい茶でも飲んで大人しく寝なさいよ、と。

んで腹が下ってきたら
「コカコーラを飲め」
ラパヌイじゃなくて、特にチリ本土人が言う。下痢が治まるとか何だとか真面目に勧められる上、連中はガブガブと飲むんですわ。

だけど何故コカコーラ?更に腹が膨れそーで飲みたくないんすけど。元々炭酸系はどーも苦手で偶にしか飲まんし。ビールは好きだけど…
因みに他社のコーラじゃダメらしい。何故?

同じ事をペルーに住んどった時もよく言われました。半信半疑で試した事があるけれど、症状が軽減した記憶はないなぁ。寧ろ更に膨満感、みたいな。

気になってちょっとネットで検索してみたら、“下痢止めにコカコーラ”は世界中で結構広く信じられとるよーです。勧める医者も居るらしい。
まぁ「んなアホな…」的な反論が目立つけど、民間レベルじゃ随分浸透した療法なんだろーな、と見受けます。

日本の医学だとやっぱり、「つーかそれって下痢を助長してんじゃん」と否定的。
我輩も自らの臨床実験を経た上でコッチに賛成。あり得んて…

“都市伝説”とはよく言ったモンで、ド田舎に根差す現地ラパヌイは別のモンを勧めてきます。
腹痛、下痢にゃあ
「レモングラスかオレガノを湯に浸して飲め」
だって。薬草茶。コッチのほうが効果がありそーな気がするなぁ。


ところで腹痛にゃ関係なく、コーラがラパヌイにガッツリ定着しちまっとるのは疑う余地のない事実。
寿司を喰うにもコーラっすよ、流石にその感覚は理解できんわ…


※ 何処の店の軒先にも決まってこんなマークが↓
cocacola01.jpg
| 2008/08/30(Sat)11:13 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ガソリン騒動
木曜日、金曜日も強風を伴った雨。荒れに荒れてます。
今日の朝方は比較的落ち着いとるものの、未だ風は強いし雲はイマイチ晴れんしで油断できん状態。

有り難い事にその後は停電しないんですが、どーやら別の問題が浮上したらしい。
ガソリンが無くなるかも知れん…

今月、チリからのタンカーが来て島へ給油する筈なんだけど、折からの悪天候でラパヌイ近海も荒れ放題。予定じゃもう到着しとる頃であるにも拘らず、本土バルパライソを出港したとか、いや未だしとらんとかの噂が飛び交っとる、そんな状態。

更には「タンカーが到着しても水揚げする手立てがないぞ。」なんて困った噂も。
ラパヌイにゃタンカーが着岸できる程の大きな港がないんで、いっつも島の南側の燃料備蓄タンクが並んどる海岸沖に停泊、海底を這うチューブにタンカーのそれを接合して給油します。
このチューブが悪天候で破損、直るまでどーしよーもない、と。

昨晩ちょっと訊き回った限りじゃタンカーの遅延は確実、一体どれだけ遅れるのかは不明、神のみぞ知るってとこ。
だけどチューブの問題までは解らず仕舞い。仮に事実で修理に時間が掛かるんだったら大問題だな。

噂が広まった昨日の午後はガソリンスタンドが大繁盛。今のうちに満タンにしとこ、つー輩が大列を成しとりました。物資の陸上運搬用のトラックやら連日運用しとるツアー車両やらは特に、燃料がホントに無くなっちまったら大変だからね。

しかし実際に「ツアーバスが動きません。」なんて事になったらどーしよう?小さな島っつったって3、4日で歩ききれる行程じゃないから、天気は大荒れでも乗馬で催行か?馬車、牛車は今から仕立てても間に合わんよな、そもそも馬の調教だって足りとらんぞ…

単なる田舎の噂、結局給油が間に合いましたとさ、で終わってくれれば好いんだけど、過去にもガスが無くなった補給船が遅れたりしとるし、強ち無視もできんのですよ。大丈夫かいな…?と。

因みに発電タービン稼動用と、島へ飛来するジェット用の燃料は蓄えに未だ余裕がありそう。
コッチまで逼迫しとったらもっと騒ぎになっとる筈だし。

兎に角今後、天候が落ち着いてくれにゃあ何にも解決せんっぽい。
あ、晴れてきた。このままこのまま…

※ ところで改めて急速に車が増えとるなぁと実感↓
punavai01.jpg
| 2008/05/17(Sat)11:16 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
月食観測
今しがた、2月20日22時頃からラパヌイにて月食観測。
面目ない事に知らなかったわ…

夜の便で到着されたお客さんの送迎中に開始。
※ 仕事が終わって慌てて撮ったのがコレ↓
eclipse01.jpg

いやぁ、我輩のカメラじゃ望遠利かんわ3脚なんて持ってっとらんかったから手ブレするわでこれが限界…

しかし月だけじゃ寂しいよな、と帰宅後更に慌てて最も近いモアイさんが居る海辺へダッシュ。
でも生憎の雲で、その後1時間程ボーっと待つ羽目に…

※ んで0時頃になんとか撮れたのがコレ↓
eclipse02.jpg

雲がスカッと晴れてくれんかったし、拝めた時にゃあ流石にもう欠け具合も小さかったけど、まぁヒーコラ走った甲斐はあったかねぇ?

って事で急遽アップ。
| 2008/02/21(Thu)02:54 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(6) | トラックバック(0) |
庭での出来事
今日は久し振りににわか雨。涼しくなるかと思いきや、直ぐに止んでその後は暑かったわなぁ。
折角戻ってきた風も止んじまったし。

んま、去年みたいに雨が多くないのは救いだな。1月に入ってからは大きく崩れる事もないっす。
このままの調子でお天道さんが居ってくれれば、ツアーも、コマリ氏の言うよーに祭も安泰なんですが…


ここんとこちょっと暇ができたモンで、普段手が届かん庭弄りを敢行しとります。
放っといたら蚊だとか害虫が湧いちまうからね。

バナナも生え放題だったから間引き。電柱にまで寄っ掛かっとったのを切って、アボカドやらマンゴーやらの落ち葉を集めて山積。

最近は隣接するレストランやホテルが繁盛しとるから、迷惑が掛からん午前3時頃に点火。
積もりに積もった雑草と一緒に燃え上がって、まさに火柱。
回りに燃え広がらんかと夜中に独りでアタフタしとんのを傍から見られたら、放火魔と混同されるかも知れんな…

んで後日、その庭で犬が行き倒れとるのを発見。
どーやら以前撒かれた毒入りの餌が未だ残っとって、それを喰っちまったらしい。

可哀想だけど、鼻と口から血の泡を吐いとるし、既に手の尽くしようがない…
家の近くじゃ見た事がない犬だよな、どーやって迷い込んで来たのか知らん?

ともあれ無視するワケにゃあいかんから、最期まで付き添いました。
飼ってたワケじゃあないけれど、生き物を看取るのって気が重いね…

翌日家主の協力を得て丁重に処分。迷わず成仏して頂戴。
しかしこの暑さだと遺体が腐るのも早い。庭にちょっとの間安置(放置)しただけでも、かなり臭いましたわぃ…

迷い犬の屍を処理した後は、鶏どもがいつも以上に寄って来やがる。
蛆だの餌になる昆虫が集まって来てたんだろーかね?
不思議な事に、その後嫌な死臭が消えましたよ。

自然の浄化能力っちゃスゲェな…


※ コイツ等に感謝すべきかな?↓
gallo01.jpg
| 2008/01/30(Wed)23:59 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
例年に漏れず山火事
日が暮れる頃になると雨があるんですが、日中は概して晴れとります。
ツアー中は暑い。夜中に降る雨の所為でジメジメっす。

ところで一昨晩、村の南方に位置するラノ・カウで山火事がありました。
オフィシャルガイドの認定式後、コマリ氏と男子2名で怪しげに散歩しながら帰る途中、なんか南の空が赤いなぁと思ったら、山がゴォゴォと燃えとるじゃあないですか。

かなりデカいなぁ、そーいや去年の今頃も燃えたよね?なんて雑談がてら2人して写真合戦した結果、我輩のほうが旨い事撮れたんで掲載↓
incendio01.jpg

んま、去年よか規模は小さかったみたいで翌日にゃあ鎮火しとりましたが。
その後の噂によると、原因はやっぱり野焼き。前と同じ輩の仕業らしい。

これってさ、世界遺産に認定されとる“ラパヌイ国立公園”内の不始末でしょ?確か“園内の自然物を傷付けたら犯罪”みたいな法律だか何だかが制定されとる筈だよなぁ。
去年と同一人物だと言われるその人物は、まぁ仮に彼の行為によるものだとして、キチンと罰せられとるのか知らん?

若し園内の景観を損ねた場合、外から来た旅行者に対しては、確たる処罰が下ります。前例なんて何件もあるし。
しかし内に対してはどーなってんだろな?かなり緩いってのは間違いなさそーっすが、余りにも好き勝手やらせ過ぎとる気がしないでもない。

島自らが保護を示さんと、外からの人間だって注意せんと思うんだけどねぇ。
そろそろキチンと管理を始めるべきなんじゃないかな?


…と愚痴を言っても現状、島の閉鎖性とでも言うか、喩え現地人がしとる行為だとしても、旅行者が不味い事を真似たら下手すりゃ捕まって処罰されちまいます。

特に火を炊くキャンプなんかは国立公園内じゃあ認められとらんからね。
注意。

言うに及ばずラノ・カウ中腹は焼け野原っす↓
incendio02.jpg
| 2007/12/29(Sat)23:50 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
不自由
イキナリ来た今年度シーズン初っ端の山場もナントカ乗り切って一息吐いとるところです。
いやー、働いたよ。コマリ氏もお疲れさんでした。

ところで天候は今んところ回復傾向にあるみたい。
昨日の午後から風も穏やか。今日は暑いくらいでしたわ。
このまま安定して欲しいモンだねぇ。

仕事のほうは落ち着いてきたんですが、今度は別の問題が。
先週の土曜日、日が暮れた後に仕事から帰って来たら、庭が水浸しなんですよ。

曇ってたけど雨は降っとらん筈だよなぁと調べてみると、上水道の配水管からジョロジョロと水が漏れてやがんの。
どーやら管の上に育ったパパイヤの根が原因らしい。

とりあえずシャワー浴びたり一通り水が必要な行為を終えて元栓を閉めたんですが、これじゃあヤッパリ生活に支障を来たすよなぁと翌日、日曜の朝に家のオーナーへ連絡。
「直して頂戴な。」

「そりゃ一大事だ。だけど週末に入っちまったから明日の朝な。」
水道管となるとキチンとした業者に頼まんとならんらしい。

まぁ当然の如く予定通りにゃあ事が運ばんで今日は修繕業者が現れず。ここ2日間不自由な生活を強いられとる次第っす。
必要な度に態々元栓を開けに行くのも面倒なんだよなぁ…

しかし漠然と解ってはいたけどさ、改めて水って意外と頻繁に使うんだよな、と実感。
シャワーは勿論、トイレだって流れなきゃ困る。飯も洗濯も、テーブルを拭く布巾を濡らすのも外から戻って手を洗うのだって水だよ。
これが旨く使えんってのは全く以って不自由なワケで。


そーいや確か数年前京都でサミットが開かれた時、
「“安全な水”を得るのは大変なんですよ。」
とニュースだか何だかで聞いた記憶があるのよね。
何でも世界じゃ毎年水が原因で億単位の人間が命を落としとるとか。

それと比べりゃ数日困ったって問題ないっしょ、なんて自分に言い聞かせてみたり。
寧ろ絶海の孤島で通常問題なく上水の供給があること自体、奇跡だよね。

…と現状を軽視すべく思いを廻らせとるんだけど、如何せん今の状態がずっと続いたら厄介極まりない。
早く直しに来てくれんかなぁ…


※ 結構な勢いで漏れとるんです↓
agua01.jpg
| 2007/11/26(Mon)23:09 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
電話回線
11月に入ってから午前中は愚図つくけど午後は快晴、なんてリズムが続いとります。
今日なんか11時頃に強く降ってこりゃあ1日ダメだな、と思いきや午後は一転して晴れ。
安定せんねぇ。


ここんとこ停電が少なくなってきたな、と思ってたら今度は電話っす。
実は昨日の午後からオフィスの回線がダウンしてました。

初めは島全体、若しくはオフィス近隣の問題か?とも考えたんですがね、どーやらウチの電話だけ死んどる模様。
だったらオフィス内のラインが切れたか抜けたかだろーか?と中継するパソコン内まで調べても異常なし。

「なんか不味そーなんですけど…」
と電話局に電話したら、慣れたよーな声で
「あー、明日の朝見に行くから。」
だって。直ぐぢゃないのかよ…

同じオフィスで働いてるオバちゃんやらが言うには“日常茶飯事”だそーで、酷い時は半月ぐらい復旧せんらしい。
ちょっと、そりゃ困るよ。仕事にならんでしょ…

今日の午前中はヤキモキさせられつつ直しに来るのを待ってたんだが生憎の雨で連絡すらないし。点検工事のおっさんが来たのは午後2時近くになってから。

「オフィス内は問題なさそーだよ。」つー一応電話の屋内配線もチョコっと解るコッチの意見は微塵も汲まれずになかった事にされ、連れてきた助手みたいなあんちゃんとあーだこーだ言いながら約30分原因調査、つーか「おめービニールテープ持って来いって言っただろが!」とかの、ほぼ向う内輪での討論のみだったな。

やっとこさ内配線の問題じゃないと結論が出たのか、挙句「外を見るからにーちゃんは飯でも喰ってきな。」なんて我輩が追い払われる始末。

丁度昼休みだったんで、オフィスを閉めて言われるままに飯喰いに出て、帰って来ても未だ復旧しとらん。
工事のおっさんは既に困惑気味。助手のあんちゃんは相変わらずボーッ…

点検にあんまりにも時間が掛かっとるからか、暫くして電話局から親方らしき人物が到着して一喝。
「外の電話線が切れとるだろーが!」
案内して貰うとオフィス裏手の線がブーラブラと。

結局親方が来てモノの5分で復旧。
おっさんとあんちゃん、アンタ等何しに来たのよ…?

原因は、恐らく背の高い車が引っ掛けて切っちまったんだろう、との事。
まぁ覚悟してたより早く直ったからいーけどね、島のノンビリ度も仕事に差障ると参るよなぁ。

兎に角ネットまで復活してこーやって記事のアップもできとるワケでして。
通信の重要性をシミジミと感じとります。


※ 当たり前なモン程ないと困るねぇ↓
telefono01.jpg
| 2007/11/06(Tue)21:56 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
デッカいお客さん
昨日と今日、昼時に家へ戻ると訪問客がありました。

招いた覚えもなければお会いした記憶さえないお方です。
以前も時折迷い込んで来られましたが、実は見知らぬお方です。
しかも特大なお方です。

なんかちょっと臭いな、と気が付きました。
ワサワサボリボリと妙な音がしました。
窓から様子を窺うと、図々しくも庭の一角を占拠して一心不乱に食事をされていました。


つーかさ、流石に驚きますわぃ、こんな客人にゃあ…↓
caballo02.jpg

借りてる家に門がなくてオープンな庭だからさ、放し飼いのなんかに侵入されるのは仕方ないんだが、今回のお馬サマは逃げんよーにシッカリと繋がれとるし。

ねぇアンタ、何故ココに繋がれとるんですか?
暫くその理解不能な光景をだたボンヤリと眺めてると、隣のレストランで働いとる20歳ソコソコのおねーちゃんが走って来て、

「ゴメ~ン、停めるとこないから勝手に繋いじゃった。」

はぁ、そーゆー事だったんすか。
まぁ、知ってるおねーちゃんの馬だし、近所のガキンチョみたいにゴミを放ったりしないし。
別に問題ないですけどね。


聞くところによるとラパヌイには人より多くの馬が居るらしく、生活の移動手段として今でもガタイの良いアニキ、オジサン等が跨って闊歩しとるのをよく見掛けます。

見慣れん旅行者にはそれだけでもオドロキでしょーが、若い、しかも可愛らしいおねーちゃんがメインストリートのレストランへ馬で出勤ってのには我輩も参ったね、スゴイ。


しかし終に我が家の庭は駐馬場ですか。
丁度好いから草刈りのにーちゃんが忙しくて来れん間、代わりに食んどいて貰いましょーか。


でもウ○コ散らすのだけは勘弁して欲しいなぁ。
臭うし…
続きを読む▼
| 2007/06/06(Wed)21:22 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
物資調達生命線が…
不味い、一大事ですぞ。
緊急事態っす。

拠り所としていた島内最大のスーパーマーケット、“KAI-NENE:カイネネ”が今週頭から閉まったままマッタク営業せん。
このままでは生活必需品調達に多大なる支障が…

しかも閉まってる理由がよく解らんのです。
オーナーをはじめ従業員は一切見掛けんし、やっとこさ捕まえた同スーパー所有のトラック運転手に訊いても「知らん。」の一点張り。
無論軒先にもなんの説明も釈明もなし。
何故教えてくれんのだ。

噂では「改装してるからだよ。」とか「なんかチョンボして営業停止でも喰らったんだろ。」とか聞くんですが、一体どーしたんだろ?
もう1件ある同名同系列のの家具雑貨専門店は営業してんだけどなぁ。

兎に角不味い。
食料品からトイレットペーパーまでありとあらゆる買い物をこのスーパーに頼ってたモンで、このまま潰れたりされたら非常に困るんですが…

他の入手手段がマッタクないワケでもないんだが、如何せんここまで手広く様々な商品を扱ってる店がないからね、必要な物を買い揃えるのに歩きまわらにゃならんのです。
職業柄ショッピングにあんまり時間を裂けん我々にとってはかなりの痛手ですよ。

しかも他の店だとちょっと高かったりするし…

ラパヌイは未だにモノポリー天国です。
空路もランチリが独占だし、病院も薬局もなんだか重要なポイントは殆どモノポリー。
だからそれがポシャったら不味いんです。代替手段がない。

あ、最近電話会社は新しいのが参入してきたな。
今まで“ENTEL:エンテル”1社だったのが、“TELEFONICA:テレフォニカ”のオフィスも建った。
しかし数年前から計画してたのが今になってやっと来たか、てな状況。
これで電信系のサービスは向上するだろーな。
これに釣られて全てのカテゴリが多様化すれば願ったり叶ったりなんだが。


とりあえず必需品はコッチに来る前からの癖でいっつも買い込んどりますんでまだ大事には至らんが、カイネネさんももうそろそろ営業再開して貰わんと。
そこら辺を歩いてたおっさんは「明日開くって聞いたぞ。」なんて言ってたけど、ホントかねぇ?

あ、ビールが切れた。
ホントである事を願います…


※ トラックは物資を搬入してるみたいなんだけどねぇ…↓
kainene02.jpg
| 2007/01/26(Fri)23:53 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(1) |
空港ダウン
ハイ!筆不精っぷりを大いに発揮して更新を怠っとりました!
気が付いたら4日もサボってたのね。
スンマセン…

イヤハヤここんとこなんだかんだでゴチャゴチャしとりまして。
ホラ、あれだ。繁忙期ってヤツですよ。
仕事で民宿のオバチャンの所へ行ったりするんだけど向こうも忙しいからナカナカ捕まらんし。居っても「ゴメン!もうちょっと待って。」なんて言われたり。
かなり時間を割いてるワリにゃあ仕事が遅々として進まん。
参ったね、こりゃ。

んまぁこのノンビリ具合がある意味島の好いところでもあるんでね、更にとんでもなく忙しく働いてんのも見て知ってるから、一概に「もう期日はトックに過ぎてます。許しません。今日なんとかして!」と強くも言えんし。

今後暫くは更新も怠らずやろうかと志す所存。
どーかお付き合いくださいな。


さてさて気を取り直して昨晩の空港噺でも。

日曜日はサンティアゴから来てラパヌイ経由でタヒチに抜ける便1本。
到着と出発は夜間、大体21:25に着いて22:25に出るスケジュール。
昨日は遅れる事もなくスパッと到着したんだが、その後に異変が。

いつも通り旅客が空港から出てくるのをみんなで待ち伏せしてたら急に停電。当然空港施設内は真っ暗。
停電自体はもう慣れっこ。重要な空港にゃあ非常電源設備があって通常は公共電力供給が滞った数秒後にソッチが立ち上がる仕組みになっているんだけれど、昨日に限っては幾ら待っても真っ暗。非常灯がひとつも点かない。

でもパッと見渡すと空港の脇の民家は明るい。
どーなってんの?これ。

旅行者数名は準備良く懐中電灯を持ってたようで、なんとか自分のバゲージを見付けて港内から脱出。残りは当然バゲージ・クレームで立ち往生。

そりゃ出るに出れんわな、外に居る我々も特別に入れて貰ってなんとかしよーと試みたんだけど、お客さんの荷物がどれだか解らんのだから仕方がない。旅行者を落ち着かせるだけで精一杯っすよ。

数10分後、空港のお偉いさんがやっと現れて状況を説明するも、要約すると
「動く筈の非常電力が供給されん。されんのだ!」
のみを連呼していたに過ぎず、原因は解らず仕舞い。
推測するに、現行している空港施設の改装を担当して居るドコゾの誰かがチョンボしてた、とか、そんなところだと思いますが。

兎に角その場をなんとか凌がんとならん。
そこで思い立ったのが車のヘッドランプでビカァーッと空港内を照らしちまおーではないか、という解決案。
税関のお役所車と偶々居ったローカル旅行社の社長さんのデッカイビックアップバン2台で煌々たるハイビーム照射ですよ。

バゲージ・クレームが駐車場に面し、その上駐車場側がガラス張りだったから可能だった離れ業だな。途端に拍手まで上がったわぃ。
便到着後約2時間、やっと旅客全員が解放されましたん。
とりあえず怪我人も暗闇に紛れての盗難被害もなかった模様。
オツカレサンでした。

しかし慣れない事とは言え空港職員はオロオロするばかり。不甲斐なかったなぁ。
ラパヌイの玄関口たる空港もこんな始末ですよ…

日本じゃされて然るべきと非難されるんだろうけど、今回の原因究明も報道されんだろうし、ましてや謝罪なんて有り得んだろうな。

どーあれ再発しないよう今後は充分に気を配って貰いたいモンです。


まさに真相は闇の中へ、ってか?
お粗末さんでした。
落としかたがもうオヤジだよ…


※ 真っ暗な空港に人が居るってのも珍しいわな↓
aeropuerto02.jpg
| 2007/01/22(Mon)19:22 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
停電の季節到来
ここ4、5日天候が優れませんよ。
もう乾季だって言われてる12月なんだけどなぁ、全く以ってカラッとせん。

昨日、今日の正午近くは日も射して「おっ?調子いいじゃん!」と思わされる程の陽気にもなったんだが、その後は一転してドンヨリ。
時折激しく雨が降ったり風が強く吹いたり、冬に逆戻りと言うより嵐だわな、マッタク…

今日はその上13時から停電。
またですかぃ… 脱力ですよ。外も雨だし仕事にならん。
勿論パソコン様はウンともスンとも言わん。

オフィスを開ける15時になってっも電力が戻ってくる気配なし。
30分程過ぎた頃に電気屋のにいちゃんが、

「ちわ~す、新しい電柱立てて電線張り替えてるから暫く電気ないんでヨロシク!」

とご丁寧にも報告に来てくださいまして。
つーかさ、そーゆーのって始める前なんじゃないかなぁ、言いに来るのは…

なんでもオフィスの前辺りの電線が物凄く弛んでて危険だから高く張り直そうって事になったらしい、急に。

結局開始5時間半後の18時半にやっとこさ復旧。
あぁ、ホントになんもできなんだ…

そーいや去年の夏は毎日のように停電があったなぁ。
今年もそうなのか知らん?

懐中電灯も必需品だねぇ、これからの季節は。

※ ひょいひょい昇って降りてやんの↓
electro01.jpg
| 2006/12/07(Thu)23:48 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
-緊急速報-
コマリです。

火事です。只今ラノカウの山が燃えてます!!けっこう広範囲で燃えてるようで大変な事に…。

ちょっと前に今日のカ・タンギ・テ・アコを見に行こうとしたら、やたらと煙ったい。カ・タンギ・テ・アコの会場に行く途中で、偶々出くわした友達からラノカウが火事になってるときいてん。
山がしっかり見える位置になると真っ赤に燃える炎が!!

カ・タンギ・テ・アコの会場に着くも、始まってなかったので火事の現場近くまで行ってみました。
風も強く火の勢いが早いようにも見えました。ホンマニオソロシイ事デス!!

その後、会場に戻るもまだ始まってない上に山から村にかけて吹く風で煙ったくて今日はカ・タンギ・テ・アコをパスしました…。
気分良く見れないのでね。まだ明日もあることやし。

帰りしなに、家まで送ってくれた友達とも話してたんやけど雨が降ってくれれば良いのに。カ・タンギ・テ・アコには申し訳ないが火事のが大切だと思うんで。
どうなる事やら…。

以上、今回は緊急速報でした。

20061110215559.jpg
※山火事のラノカウ
| 2006/11/10(Fri)22:14 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
どーもご無沙汰です
更新が滞りました。
申し訳ない。

実は先週末にパソコン様が機嫌を損ねちまってねぇ、その復旧作業でてんてこ舞いでしたわ、ハァ…

大事に使ってるつもりなんだけどさ、やっぱり動作環境が最悪なのかね?
埃は舞ってるわ湿度は高いわでかなり負担を掛けちまってるのは已むを得んのだろうけど、なんとかならんモンかなぁ。
定期的に掃除もしてんだけど。

何度か再インストールし直して本日やっと復活。
パーツもエンジニアも不足しとる僻地では自分でなんとかせんとならんからねぇ。
まぁ重要な情報を失わんかっただけでもヨシとするか。

蛇足。
今月やっと待望のADSLが島に導入されたんだけどさ、早速切り替えた知り合い曰く

「ダイアルアップよりおせ~ぞ…」

だと。30キロバイト(注:ダイアルアップだと45キロバイトくらい)だって、なんだそれ。
慌てて契約しなくて好かったわぁ、暫く様子見よ。
つーかブロードバンド整備自体もう3年くらい前から計画してた筈なのに…


兎に角またラパヌイの記事を更新し始めますんで、今後とも宜しくねん。

※ ヤレヤレですよマッタク…
paihenga09.jpg
| 2006/10/31(Tue)21:05 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
電力ぐらい安定させましょーよ…
やっとヒトヤマ越えた感。
仕事が一区切りしましたん。

と、思ったらまた嵐よ。只今大雨暴風警報発令するまでもなく大荒れ中。
ホントやんなっちまうねぇ…

先週は木曜日を除いてほぼ好い天気だったんだけどなぁ。ツアーにも気持ち好く出れてもう言う事なかったんだが。

今日は朝から雨が降ったり止んだりで嫌な天気でしたよ。
ツアーに出たコマリくんは何度か濡れちまった模様。オツカレサン。

我輩はオフィスでイソイソと事務的内職的業務。
体鈍っちまうしこれはこれで大変なんだけどね、まぁ雨に打たれるよりはマシつー事で急がん外回りは明日以降にしちまったぃ。
でも降り続いたらどーしよ…

更に1週間やっとらんかった事務の勘も戻ってきたなぁ、それに天候もちょっと回復してきたんじゃないの?なんて午後イチでイキナリ停電よ。
そんなに長く電気がなかったワケじゃあないが、仕事意欲も殺がれちまうってなモンですよマッタク。

仕方ないから庭の掃除とかしてみたんだけどね、その後の雨風でまた元通り。
ハァ…

つーかさ、現在の人間って電気がないと殆ど何もできんのだなぁと改めて実感させられるよね、停電すると。
島に住む我輩ですら物凄くパソコンに依存しちまってるんですよ、まわりには大自然が拡がってるってのに。

これは何とかしなきゃならんでしょ。
電気がなくとも泣かない強い子にならなきゃあ。

朝日と共に起きて夕日と共に寝る。
夜動かなきゃならん時はランプと蝋燭。焚き火もいいねぇ。
外との連絡はモアイのテレパシーで…

それで許されるんだったらそーしたいけどねぇ…
早くなんとかして頂戴よ、島の電力供給…


※ それはさておき恒例のご質問。この子は何処の子でしょ?↓atardecermoai01.jpg
| 2006/09/12(Tue)01:33 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(8) | トラックバック(0) |
ガス争奪戦!!
こんちは。コマリです。

今日は前振り無しです。
タイトルにもあるように今日ガス争奪戦(?)に参加してまいりました。

負けられない戦(イクサ)です。なんていってもガス無し生活約1ヶ月を経ての戦。ハングリー精神は充分です。更には力強いご近所のラパヌイファミリーと共に、いざ販売場所へ。時間は朝9時です。
因みにご近所の分も入れて全部でガス6本です。朝から空のガスのシリンダーを積み込んでの準備OK。このシリンダーがまためっちゃ重い…。
20060830181300.jpg
※いざ出陣!!勝つまでは帰ってきませんよ。

到着してみると、既に人込みが…。乗り遅れたッ。でも、まだ門が開いてない。皆待ち状態です。策の向こうにはガスが見えています。近くて遠い…。門は20分ほどで開かれました。
20060830181835.jpg
※門の前に群がる人々。

門が開かれて10人ほどの人が入れられました。1回目は見事に入れず…。次に開かれた時には絶対入りますよー。その後、15分後に2回目のチャンス。後ろから押されながら何とか入る事に成功!!

残すは会計です。
ここはすんなりパスしたかったが、ここで一番時間掛かる…。何か並んでいても進まへんなー、なんて思ってたら、横は入りしてる奴が。しかも、オバチャン皆こんだけ並んでるのに全然マイペース…。マイペースなのはヨシとしても横入りはあかんでしょ!!もちろん、小心者の僕は何も言わないですがね、代わりに他の人が「こっちが列だよー」、「早くしてくれー」なんて声があちらこちらから。何とか横入りは無くなったので、少しづつ列は進みだしました。
一緒に行ったラパヌイファミリーは見事、先に購入。残すは僕。実は会計の台カウンターに並ぶのが大変やねん。っていうのも、1人が払い終えるとその空いたスペースを皆で取り合うわけ。僕も体格の良いオバチャンに見事押しのけられた訳です。何とかそのスペースも勝ち取り、自分の番がまわってきたと思いきや、また横入り。オバチャンもすんなり訊いちゃうから困っちゃいますよ。次はその横入りラパヌイ人終わったら、即僕の名前言って、何とか購入。
んー、これでやっと安心出来ました。早速家に帰ってガス取り付けましたよ。昼休みには見事熱いシャワー浴びちゃいました。
ホンマ気持ち良いーッすね、シャワーって!!久々の極楽でしたよ。
20060830182305.jpg
※重いので転がして運ぶオッチャン。
続きを読む▼
| 2006/08/30(Wed)20:49 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(11) | トラックバック(1) |
ガス着きそうかも知れんかも…
イヤハヤ家のガスが無くなって久しくこの間電気ポットで湯沸かしてバケツに溜めて浴びてるんだが、最近そのポットの調子も悪くなってきましたよ、過労でヤバメ。
コイツに今倒れられちゃあ適わんなぁ…
なんとか堪えて頂戴よ。

…と次の補給船を只管待ってるんだけど船影すら伺えん。
んま、一昨日の大嵐じゃあたとえ着いたとしても降ろせんかっただろうけど。
つーかこの嵐で到着が遅れてんのかねぇ?

今日は概ね快晴。ほぼ無風状態でポカポカしてたし。
久し振りにコマリ氏と庭の掃除に勤しみましたよ。木の葉は散乱しとるわバナナは倒れるわで無茶苦茶だったんでね。
なんかちょっとユックリできたみたい。ベチョベチョだったのがスッキリしたわなぁ。

んで日も暮れたんでさて湯でも浴びるかね、と服脱ぎだしたらローカルテレビから朗報が。

「次の補給船が700本、それに続いて海軍の船が900本のガス持ってきますよぉ。」

マジすか?
海軍様も出動すか?
合計1600本も持ってくるんすか?

これが着けば島のガス不足も解決するかも知れんなぁ。
んでんで、肝心の到着日は何時なの何時なの?

「補給船は26日、軍艦は27日ですよ!!」


…着いてねぇよ。
(注:テレビは勿論録画放送)

※ 2、3週間前はこんなに快晴。この時だったらスンナリ着いてただろーに…↓
esmeralda01.jpg
| 2006/08/28(Mon)01:19 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
ラパヌイに降る雪?!
コマリです。

島は現在強風真っ只中です。バナナは見事に倒れるし、参りますね。しかも、寒いのなんのって・・・。幸いツアー中、雨が降らないだけましでしたがね。これから来島される方要注意ですよ。

昨日の終日ツアーも、見事雨は降らへんでんけど、な、なんとこのイースター島で雪が降りました!!前代未聞の事です!!

・・・。

んな、訳ないっすよねー。でも、下の写真、雪に見えるでしょ。一瞬マジにそう思ってしまってん。なんせ寒かったし!!
20060722183336.jpg
※雪に見えへん??俺だけ?!

ラパヌイに降った雪の正体は泡です。泡とは言え、こんな事初めてですよ。お客さんも泡よけるのに必死でしたよ。偶に大きいのが飛んでくるんですよ。小さいのは気にしてられないんですがね(気にしないというより、よけれへん)。

それにしても、この泡何処から飛んでくるのやら。よーく見てみると、崖の下から泡が風によって高く舞っているところ発見。久々に好奇心旺盛な子供にかえった気分になり、見に行ってきました。ワクワクしながらいざ泡発生地点へ!!流石に泡が高く待ってるだけに、崖に近づくといっそう風が強くなったが、なんのその負けてられません!!それにも負けずに崖の下見てみると・・・。泡の群れです。泡とはいえこれだけあるとごっつ気持ち悪いです!!見なきゃ良かった・・・。なんかね、風で泡の群れが凄いプルプルしてるんですよ。プルプルって。泡の化け物を見た気分でして。アホみたいに変な好奇心出した自分に反省。正直気持ち悪いの苦手です、ハイ。
20060722183615.jpg
※泡の群れ。写真ではプルプルが伝わらないのが残念!!

なんせ山育ちの人間です、僕は。海にも行った事があるねんけど、こんなのは始めてみましたよ。
それにしてもこの泡の正体っていったい??何なんでしょうか?知ってる方いらっしゃいましたら、是非教えてちょーだい。
20060722183841.jpg
※今までこんなの見たことないですよー。

今後二度と出ないでおくれよ!!泡の化け物さん。
ではでは。ラパヌイの雪はなんちゃってでした。
| 2006/07/22(Sat)20:48 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(9) | トラックバック(0) |
島はお好き?
最近ポツポツと訊かれるようになった事柄。

「島に何年住んでんの?」

ハイ、3年ぐらいっす。
気付かんうちにこんな居付いちまってますよ。

「島は暮らし易いですかね?」


ここでいつも返答に困っちまう。
どうだろうなぁ、暮らし易いんだろか?

誰でもそうなんだろうけど、生活していくに当たり我輩が最重要視すんのは間違いなく人間関係。

島民はね、裏があるかどうか知らんが、みんな我輩に優しいですよ。
住み始めた3年前、ろくすっぽスペイン語も話せんかったにも拘らず遊ぶとなると呼んでくれたし、こっちが何か困ってると親身になって心配してくれるし。
今となっちゃあ意見が喰い違って討論に発展したり時には喧嘩もするけどさ、フツーに、後腐れもなくその後は仲直りしてるし。

確かにね、島だからかなり閉鎖的、排他的なところはあるわけでして。
島民に相手にされたのも、我輩が意固地になって入り込もうとしたから仕方なく、なのかも知れんし。罷りなりにも料理と音楽ができるんで、それを武器に扉を抉じ開けたって感じ。
それでも尚受け入れて貰えたのであれば、運が良かったとしか言いようがないわなぁ。

どうあれ島民の人の好さ、純粋さは否めんと思いますよ。
一度仲間と認められれば「迷惑じゃ!」と振り払ってもくっ付いてきて家族並みの付き合いをしてくれる。
好き嫌いがハッキリしてるところとか、不言実行的にやりたい事は黙々と独りでも遣り抜く性格なんかは敬意に値するし。

酔っ払ってトグロ捲いてんのもなんか人間的で愛らしいし。
まぁそんなのに捕まった日にゃあウットオシくてならんのだけれど。

なんかね、別に戦後を生き抜いた、なんて歳でもないんだが、よく言われる「古き好き時代」ってのが島にはまだ息衝いてるんだろうな。
そういうところは非常に好きですわ。

だから、
「大好きっす、島!」
と答えてもいいんだが。


ただね…

必要生活物資足りな過ぎ。

もうね、とんでもないすよ。またガスがないの。

先週の木曜に1ヵ月半待ちに待った補給船が到着したの。んで売り切れてたLPガスの水揚げも始まって。
そろそろガスなくなるなぁ、前回お隣さんに借りたボンベもまだ返してないし(ゴメン…)。なんて思ってたからその日のうちに手を打ったんだが変な理由で空振り。
先ずは借りてる分を帰さんと、と、その人名義で申請したら

「アイツもう2本も買って帰ったから今日はダメ。」

だって。なんだそりゃ?コッチの事情を説明しても解って貰えん。

仕方ないから翌日リベンジ。
朝イチで駆け込んだら「忙しいから後でな」で一蹴。とりあえずガス頂戴とだけ言い残して2時間後ぐらいに行った時にはもうないの。売り切れだと…

2日ですよ、たった2日。しかも足掛けで計算して。
実質24時間ぐらいでソールドアウト。

あぁ、また返せん。その上ウチのガスボンベも軽いし…

つかこの状況おかしいって。ガスがなけりゃシャワーも自炊もできんわぃ。生活に支障を来しますよってんだ。
島の生活自体逼迫しがちなのになにが観光整備か!と大声で愚痴が毀れちまいますよマッタク…


こんな基盤上にあるんで素直に答えられんの。
物資に恵まれん事には覚悟して住んでるつもりですけどね、如何せんツライ…


※ コイツの次の出番は果たして何時頃くるんだろーか…↓
cocina01.jpg
| 2006/07/18(Tue)02:09 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
停電のちBBQ、その後再び停電・・・
こんにちは。コマリです。

今週に入って天気がスッキリしないんです・・・。月曜日の夜中からが酷く、強風を伴った雨!!台風みたいな感じで参りました。庭のバナナも見事に倒される始末!!
↓起きたら倒れてたバナナ
20060621105029.jpg


しかも、火曜日に起きると停電・・・。事務所へ行くとPCが電源入らず。PCと格闘する事数時間。電源のみ入るが起動せずに立ち上がらない状況!!参った。他の仕事をしつつ色々考えてみるも無理です。

そんな中、昨日は昼から島のツアー会社で寄り合い。寄り合いって言うか、みんなでご飯食べて、呑んでってな感じ。
「少し顔出すよ」なんて言ってたんで、PCは放っておいて寄り合いに参加。
屋根付で雨降っても大丈夫な状態でのバーベキューです。この時には雨止んでいましたけどね。
バーベキューをほどほどに美味しく頂いて撤収。

20060621105937.jpg
※BBQは美味しく頂きまして撤収。

オフィスに帰ってPCと格闘中にまたもや停電・・・。しかも復旧したのが22時くらい。その後はまたも、電源入らない状態からスタート。ハァ、参りました。
でも、その後数時間で立ち上がってくれたのでまだ良かったです。

本日もまた天候はスッキリしませんよー!!洗濯もできひんしー。太陽が恋しい・・・。

20060621110345.jpg
※美味しいそうでしょ。炭火焼チキン!!
| 2006/06/21(Wed)12:11 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
トホホなガス切れ
朝起きて寝惚けてシャワー浴びてたらね、急に水になりやがんの。
お陰でバッチリ目が覚めたけど。

どうもボンベのガスが無くなっちまったらしい。
すぐに終日ツアーだしこれどーすんべ?なんて考えても仕方なく、待ってたコマリくんには悪いが「お湯出んよ」とだけ伝えてソソクサと出発。

そーいや前回切れたのは2月の頭だったなぁ。家に住み始めたのが去年の11月からだろ?我輩が3週間居なかった事も考慮して、そろそろ代え時だわ、なんて計算しつつモアイの園から戻ったんだが、ガス交換を頼みに行ったコマリくん、青褪めて帰ってきまして、

「島にガスがありません、売ってません…」

へ?ないの?
接客業なのにシャワー無しすか?
しかも誇り塗れで帰ってきて体洗えんのですか?
雨でガタガタ凍えてても温まれんのですか?
家計切り詰めてんのに自炊もできんのですか?
マイッタなぁ。

島にゃ勿論都市ガスなんて立派なシステムは存在せんのよ、全てプロパン。空気より重いす。漏れたら玉葱が腐ったような臭いが鼻を突いてどことなく懐かしいす。
兎に角無く切れたらガス屋に頼んで交換しなきゃならんの。

そういやホテル住まい時代にも「ガスが足らん!」と大騒ぎして、客室設置のボンベをアッチに持ってってコッチに取り付けて、なんてやってた事もあったっけ。我輩も駆り出されて大変でしたわ。

次の補給船到着は来月の5日。しかも予定。これが満タンのボンベを仰山担いでくる訳でして。
5日ってまだ1週間以上も先じゃないの、しかも来週はゴールデンウィーク景気で汗ダク必至。しかも天気予報では週末から下り坂…

マズイマズイ、フンダリケッタリナンテアンマリデス。
ダレカしゃわーカシテクレルカシラン?
マッタクジョーダンヂャアリマセンヨ…

完全孤島にて奮闘する駐在員2名で只管焦ってたら隣のホテルのエディスおばちゃんから

「余分に買ってあるから貸してあげるわよん」

とタイタニッククラスの助け舟が補給船より先に到着しまして。
ホッ、助かった…

早速交換して行湯天国す。
神様仏様エディス様。5日にちゃんと返すからねん。

しかし万事も休さんのがラパヌイ。何とかなっちまうもんだなぁ。

つーか予備も買っとけって話だわな。

※ 45㎏ボンベはやたら重いのよ↓
gastubo01.jpg
| 2006/04/27(Thu)02:03 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
なんかもうコロコロと…
忙しいのとちょっとした電話会社のイジワル的変更でアップできないで居りまして。マコトに申し訳なかったです。

気を取り直して。

昨晩から雨降りで、つーかかなり降っててちょっとした嵐ぽくてあんまり日も差さなかったんで夕方から肌寒いですよ。“乾季”は何処へ…って感じ。
昨日まではさ、物凄く暑かったのよ。こんな毎日だからもう大変。
なんか去年辺りから天候不順なのよねぇ…

今日到着の旅客機も到着が3時間以上遅れててんやわんや。
LANの発表では「天候の所為だよ、いやホント…」って事だが。
兎に角そのお陰で空港には暇そうな観光客サン方が暇そうに時間を持て余してるし旅行業者も何時になく忙しくしてるし、もう散々ですよ。
乾季は乾季らしくあって欲しいもんですなぁ。
ジメジメせんとカラッと晴れろコノ!

いやぁ冗談じゃなくねぇ、多過ぎですよ、雨。
昨日仕事を兼ねて友達のとこにワインとコーラ持って行ったのよ。んで暗がりの中庭で呑んでたんだけど、いきなりザザザァーッときて慌てたっけ。

それまで呑んでたホテ(注:安ワインのコーラ割り。チリの御用達エコノミーカクテル。)が、なんか雑草みたいな味がしてたのよね。んで雨が降ってきたんで明かりのあるテラスへ逃げ込んでさ、さぁ呑み直そうかと思ったら、我輩のグラスの中にゴキブリが2匹プカァーンてな感じで何食わぬ顔で「もう酔ってんのアタイたち…」みたく浮いてんの…
極上カクテルで気持ち悪くなっちまいましたよハイ…

その時何考えてたんだか解らんが、当然すぐさまゴキブリカクテルは捨てたんだけど、手元にあったコーラでグラスをちょっと洗って呑み続けたような記憶が、というか、はっきり覚えてんだけどね、呑みましたよ、ハイ、同じグラスで、勢い良く。

もうホント野生児だなぁ、って自分で書くのもなんだけど。
つーか酔ってたとはいえワイルドでは片付けられん勢いがあったなぁ何故か。

もう日本社会に復帰する自信はマッタクありませんよ…

ハァ、取り直したつもりの気がまた滅入りましたよ…

※ コイツの鼻から雲が沸いてきちまうのよ(ウソ)
despejado01.jpg
続きを読む▼
| 2006/01/20(Fri)23:37 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(4) | トラックバック(0) |
日本のお野菜促進計画
午前中小雨がパラパラときたものの、午後は至って良い天気。
チョロッと仕事もあったんでね、お決まりのお散歩。

メインストリートから1本入った舗装されてない道をプラプラしてたらさ、見たことあるようでやっぱり知らんおっちゃんに呼び止められたのよ、ソコの坊主コッチ来いてな感じに。
面倒臭い用件ならお断りよん、と先を急ごうとしたんだけどね、いいから来なさいよ、と半ば無理矢理家に誘い入れられちまいまして。

もう逃げられんので中に入ってみると、いつも空港で土産物売ってる顔見知りのおねーちゃんが、
「あらようこそ、コレあたいのとうちゃんよ!」
なんて炊事しながらニコッ。
小さい島だからね、皆繋がってんですよどっかで。

おねーちゃんとデヘヘェとお喋りしてるとオヤジさん、庭へ行くぞと急かすんですわ。

着いてくとね、なんか見覚えのある葉っぱが生えてんの↓
nabo_japones01.jpg

我輩その時は全然思い出せなんだが、オヤジさんに
「日本の野菜だろ?」
と突き出されたのがコレ↓
nabo_japones02.jpg

ウワッ!大根ですよ、ダ・イ・コ・ン!
ここ数年、「食べたいモノは?」と訊かれたら間違いなくベスト3に入ってた白き気高き貴婦人様!オヒサシュウゴザイマス。
大根作ってるのがラパヌイに居たなんて知りませんでしたよマッタク。

なんでも日本人から貰った種を適当に植えたら美味いモンが生えてきたってんで、もっと手に入れる事はできんのか、我輩に訊きたかったそうで。

作ってくれるんだったらね、何でもしますよホント。誰かに送って貰うか日本に帰った時にでも買ってくるかして幾らでもあげちゃう!
オヤジさんも、
「このシロンボ以外にも美味いモンがあったら手に入れてくれよ」
なんて言ってるし。

んじゃまずはゴボウとサトイモでも作って貰いましょかね。
さぁて、種探しといきますかい。

島の食問題も近々解決するかも知れんなぁ、ムフフのフ。


※ 「好きなだけ持ってけ」と3本ポイッと頂きまして。
nabo_japones03.jpg
| 2005/10/17(Mon)00:54 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(11) | トラックバック(0) |
サイケさいけPSYCHE
ってな感じの写真が沢山撮れたんでとりあえずアップ。
一枚づつの説明は略。ちょっと忙しくてねぇ、すいませんねぇ。

rake-rake02.jpg

rake-rake03.jpg

rake-rake04.jpg

rake-rake05.jpg

rake-rake06.jpg

なんかもう異次元だな。
ラパヌイでは何でもありなんか?
続きを読む▼
| 2005/10/06(Thu)04:34 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(3) | トラックバック(0) |
絶海のセイカツ
昨日からまた天気が悪くなってきちまった。イヤね、気分も暗くなる。
カメラ直んないし、ハァ…

最近要購入物がいろいろあって探してんですけど、さっぱり見付からんのんですわ。
デジカメもさ、簡単に手に入れられんのです。小さい島だからね、工場なんてないし、"職人"と呼べるのも民芸屋ぐらいしか居らん。それなりのクォリティを求めると、どうしてもネット通販に頼るか日本へ行く機会に買ってくるかせんとならん。

尤も島で現地人相手に生活する上ではそれで何の支障もないんだけど。
あ、あるな。
家具ね、売ってるけど信じられん値段。なんでこんなに高いのか。輸送費考慮しても、「そこまでせんでも…」と考えされられちまう程高い。
自分で作ろうにも木材が島にないもんだから材料費で悲鳴が出ちまいますよ。

それに我輩身体がちっこいから着る服にも困るの。まぁ元来物持ちがいいほうで15年前に買ったシャツでさえ着れるもんは着ちまう性分なもんで普段着は買わんのですけど、ツアーに穿いてくパンツだとか、やっと手に入れても質悪過ぎで1年ともたんし。
因みにパンツのサイズはチリの14歳児用でブカブカ…
これじゃあ見付からんわぃ。

靴も困る。2年も同じ靴でツアーに出てるもんだからもう底はテカテカすよ。旅行者に
「滑るから気を付けてねぇ」
なんて軽やかに、如何にも「我輩は慣れてるから平気なんですよ~」的に注意しときながら自分がコケそうになったりしてるし。
通販で売ってたりするけど、歩くのが商売ですから、やっぱり履いて確かめてから買いたいのよ。

ココに来て島生活の不便さを再認識してる次第でありまして。
つーかさ、普通の島じゃないし。
"世界一離れた島"の称号は伊達じゃないっすよ。


しかしカメラだけは何とかせねば…

※先日折角撮ったトテの写真もこんななの。
tote01.jpg
| 2005/10/03(Mon)00:52 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(9) | トラックバック(0) |
カメラやばめっす
もう9月も終わりだ、早いね。
最終週は天気良かったな~。

と喜んでる場合ぢゃないんすよ!愛用のカメラがヤバイ!
終日ツアーで『ANAKENA(アナケナ)』に着く前までは普通だったのに、その後はなんだかサイケな写真が撮れるようになっちまいまして。
原因解からん。なんでよ?どうしてよ?
撮れる写真はそりゃ70年代ロック調でかなりイカす(死語)んだが、仕事用なの、ホント参った困った…

カメラの下部を指で圧迫すると普通に撮れたりするんだけどさ、そうしないとダメなのよ。多分中のボードがどうにかなってるんだと思うが。

開けて診てみよーかな…
パソコン屋かホセさんとこにでも持ってって直して貰うかな…

兎に角ヤバイ。どーしましょ?
ここんとこ通常業務も忙しいし。
blog更新にも影響しちまうよー…


あーもう混乱気味。

※パソコンで処理したんぢゃないすよ、こう撮れちまうの…
rake-rake01.jpg
| 2005/10/01(Sat)00:07 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(7) | トラックバック(0) |
(パトの)ラパヌイ釣り教室
天気は悪かったけどね、昨日の約束通りまた釣りに行ってきましたん。
パトが我輩の部屋まで迎えに来て、叩き起こされて出陣。いざ南海岸へ。

昨日の写真で気付いた人もいるんじゃないかな?竿持ってないの。
ラパヌイの多くはテグスで釣るの。伝統的な釣り方なんだと。
これが結構面白いんです。魚が餌を突付いたら手に直接「ビクビクッ」と感じちゃう。
溜まらんすよ、この「ビクビクッ」。

つー事で、今回はパト大先生に『島での釣り方』をご紹介頂きます。

※1 用意すんのは下の通り。テグスを巻いた手が入る太さのプラスティックパイプ、鶏腿肉(これが餌なの)、パン(撒餌)。
pescar01.jpg

※2 鶏肉を針に仕掛けて海をジロリと睨みます。先ずは「海なんかに負けちゃなんねぇ!」と昂揚しとく。
pescar02.jpg

※3 間髪入れず海水でふやかしたパンを徐ろに目の前の海へ投げ入れます。
pescar03.jpg

※4 テグスぶん回してこっちも投下したら魚が喰い付くまで巻き上げながら指先でチョコチョコ動かします。
pescar04.jpg

※5 ほ~らね、釣れた釣れた。
pescar05.jpg


岩場にテグスが引っ掛かんないように注意しながらこれを繰り返すの。
場所とタイミングが良ければワンサカ釣れる事もあるんですわ、こんな単純な方法で。

しかし釣る方もだが、鶏肉とパンで釣られちまう魚もすげ~なと思うのは我輩だけかしら?
パト曰く
「島の魚の好物」
なんだと。フーン…

今日も悪天候で早々に切り上げた事もあって、大漁には程遠いっすがこんだけ釣れましたよ。

※6 脇に鎮座しますは『PISI(ピシ)』(以前紹介した『NANUE(ナヌエ)』の小さいヤツ)、真ん中に居るちっこいのは全部『KOTEA(コテア)』だって。
pescar06.jpg


「じゃ、村に帰って飯でも喰うか。」
つー事になって、パトの家に招かれて昼飯。

でも何故か鶏肉とパスタでしたん。
何故か我輩が作りましたん。

…何故?
続きを読む▼
| 2005/09/01(Thu)00:25 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(1) | トラックバック(0) |
おっさんと海
磯釣りに行ってきましたよ~、久し振りに。
実際は行く気など微塵もなく村をプラプラしてたところ『PATO(パト)』つーおっさんに捕まって拉致状態で連れて行かれたんだが。
何回目だろ?島で拉致られたの。1度目はスイカの田植えやらされたっけなぁ。

兎に角楽しかったのは事実すから。

いろいろ場所変えて粘ったんだけどね、波もやたら高いし丁度潮が満ちてきてる最中で釣りどころじゃないの。
波がドババッ!と来たら必死で逃げんとならんし退いたかな?と思ってまた行くとザブン!とやられたり。
冗談じゃなく命懸け。自然の驚異つーか、ラパヌイでは常にこんななんだけど。

※1こんなのよ↓
pato_mar01.jpg

我輩は普通の格好だったんでパンツがずぶ濡れになったところで退散。
しかしおっさん頑張るのよ、「コン畜生!」とか言いながら。

※2遂には。危ねーよ↓
pato_mar02.jpg

助かったからその後「ギャハハ!」と2人で爆笑だったんだが、危険極まりなかったのですホントは。

結局収穫ゼロで今日は引き上げる事になっちまったけど、早々に明日リベンジ予定。
晴れるとい~な~。
続きを読む▼
| 2005/08/31(Wed)00:05 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(5) | トラックバック(0) |
怪獣アパゴン襲来!
「やっぱり僻地だなぁ」と感じる事物は島にいっくらでもあるんすけど、今日は流石にかなり参りましたよ。

運良くツアーがなかったから前夜から久し振りに酒盛りしてたんですが、部屋に戻ってblogとかウダウダ観てたら午前4時頃突然停電ですわ。別に珍しくもないんで落ち着いて「もう寝ろという事ね」と0.2秒後に悟りソソクサと就寝し掛けた途端に電気復活。
だけどもう随分眠かったんで、とりあえず電気消してオヤスミ。

朝起きてみるとまた電気が来てないの。外は昨夜からの風と大雨で台風状態だし、これでどっかの電線が切れちまったかショートしたみたい。
「またすぐ点くんだろ~な」なんて呑気に構えてたら、一向に回復しない。
話に拠るとまた7時過ぎに落ちて、村の半分ぐらいがダメだったらしいです。

結局ね、復活したのは午後4時頃でした。
その間パソコンも使えないんで仕事が殆ど出来んし自慢のホームシアターで優雅に映画鑑賞ともいかんし。
我輩ギター弾いたり本読んだり、それも飽きて唯唯ボーッとするより仕方なかったワケ。ゆっくりできたからいーんだけど。
でも髭も剃れん。我輩の給湯器が電気式なんでシャワーも浴びられん。

こういう場合、旅行者にはローソク貸すぐらいしかできません。これだけじゃ結構暗いすよ。
ちょっと明るすぎかなぁぐらいの懐中電灯も持ってくると、島で役に立つかも。夜道歩く際にも便利だしね。
停電で困ったのはコレで何度目か、もう覚えとらんです。
因みにタイトルの『アパゴン(apagón)』ってスペイン語で停電の事ね。島ではそう言わんのだけど。

田舎気取るのはいいけどさ、我輩も好きだし。
でも何とかしようよラパヌイ諸君。

んで今、夜の12時。昼間の分今パソコンぶってます。
コレって自然災害に等しいんだろーなー。誰に怒りをブツけりゃいーんだか…
vela01s.jpg
| 2005/07/04(Mon)00:59 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(0) | トラックバック(0) |
危うし!ラパヌイ
最近海が荒れに荒れて。
ハンガロア村沖は何時にも増して波が高いす。

流石に地元サーファーもね、これじゃあ海に出ん、つーか、出れんで鬱屈してます。

一緒にツアーに出るガイド仲間で

「1週間以上も海に入ってないわ、息苦しいよぅ。生きて行けん、パクパク…」

なんて「エラ呼吸か己は!」と突っ込みたくなるようなサーフィン好きが居たり。どーでもいーが祖奴の苗字がIKA(イカ:ラパヌイ語で魚という意味)さんだったりして成る程とか妙に納得してみたり。

我輩はサーフィンやらんのですわ。引き篭もってギター弾いとる。

この状態で、月1で本土から来る補給船からの物資水揚げが大幅に遅れてます。
随分前、3週間ぐらい前からかな、島の付近には居るんですけど、波の様子見てあっち行ったりこっち行ったり、挙動不審状態。
島には補給船すら着岸できんのです。

本土からラパヌイまで、積荷の量にも因るそうですが、補給船は大体1週間の航海を経てやってきます。
通常は7日間ぐらいでバタバタと艀を通じて荷を降ろして、そそくさと帰っていくんですわ。
で、また1週間程海の上を彷徨って本土のバルパライソ着。そこで荷揚げにまた1週間。
計算すると丁度1ヶ月。これを船1隻でこなしてんの。しかもオンボロの。

この補給船がラパヌイの生命線でもあります。
今、こっちで手間取ってるんで、次回の来島は必然的に遅れるワケ。

ガスが足りなかったりスーパーの商品棚が寂しくなってきたり、既に影響は出てるんですがね、結構頻繁に、こういう事態に陥ります。

食料から生活用品まで、殆どを本土からの供給に頼ってるから辛い。物価が高いのも納得なんだが、どうにかしようとせんもんかね、普通。

またいろいろ困った事になるんだろ~な。ハァ…

※遠方の補給船
cargo02s.jpg
| 2005/06/30(Thu)00:11 |
| [トンデモ体験談] |
| お便りはコチラから(2) | トラックバック(0) |
 │ ホーム │  次ページ
情報

Click for Easter Island, Chile Forecast Click for イースター島, Chile Forecast

コマリ



リンク
お便り頂戴
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。